災害対策訓練「ライフライン寸断 シュミレーション」を実施しました。

「愛の家グループホーム帯広西11条」で災害対策訓練を実施しました。

弊社では、近年多発する災害を受けて、各事業所で災害対策を進めています。

その一例として、「愛の家グループホーム帯広西11条(北海道)」で、災害対策訓練として「ライフライン寸断シュミレーション」を実施しました。
防災会社と電気保安会社に、事前に連絡をしたうえで訓練を実施。実際に水道・電気・ガス全てのライフライン止めて行いました。

訓練は、10:00の災害発生想定から、13:00の復旧まで。この間、ガスコンロを使用した昼食づくりとお食事、水や電気の確保、情報の取得、お手洗いまでの誘導など、災害時の行動や指示決定事項をスタッフ全員で確認し、利用者さまにも体験いただきました。

今回の訓練から、
①事前の備品準備や、保管場所の把握
②ルールを可視化し、避難のタイミングや場所を素早く決断・行動する準備
上記の必要性を再確認し、より実践に近い訓練の重要性を痛感するものとなりました。

弊社では、『大規模災害対策マニュアル』を全事業所に配布することで防災意識を高めるとともに、いつどこで発生するかわからない災害に備えて、今後も訓練を実施して参ります。

図1

災害時の行動や指示決定事項を確認

28.10 020②

断水した中で調理を実施

28.10 024

お皿にラップを敷くことで繰り返し使用できるよう工夫

No comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>