弊社社員が北海道石狩市の「広報紙」に掲載されました。

弊社社員が認知症サポーター養成講座のキャラバンメイトとして掲載されました。

一條ホーム長(愛の家グループホーム石狩花川)のインタビュー記事が、石狩市の広報紙「広報いしかり」に掲載されました。認知症やグループホームについてお伝えするために、5年前より認知症サポーター養成講座の講師として活動しています。

一條ホーム長は記事の中で、下記のように話しています。

認知症については誤解が多いのが事実。一番苦しいのは認知症の方です。だからこそ『周りがもっとサポートしてあげよう』と講座で話しています。認知症の方への声の掛け方一つでガラリと変わることもあり、そのことを皆さんに早く知っておいてもらいたいです。認知症は早期発見とケアが大切なので、若い方にもぜひ知ってほしいです。
市民の皆さんが認知症を理解し、積極的に関わってもらえれば、誰もが住み慣れたところで長く生活していけるのではないかと思います。

詳しくは記事をご覧ください。

(2016年12月号 「広報いしかり」 この記事・写真等は、 ㈱キューブコーポレーション、北海道石狩市の許諾を得て転載しております。)

0001-1

No comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>