認知症ケアの事例報告会が「上越タイムス」に掲載されました。

新潟県上越市内、4事業所の事例報告会の様子が「上越タイムス」に掲載されました。

本事例報告会は、認知症ケアを専門に行う「愛の家グループホーム」の日々の取り組みについて、日頃お世話になっている地域の皆さまに向けて開催されました。

報告会では、ご家族など約30名を前に、各事業所の日々取り組みや改善方法などが紹介されました。

4事業所を担当する細谷エリアマネージャーは、「社内で毎年4月に行う各事業所の報告会を今回、地域の皆様に知って頂くために開き認知症ケアに役立ててもらいたい」と話しました。

ご家族の方は、「各施設の風土に合わせた認知症ケアがされ、若い職員が利用者を良い状態にしたい思いが伝わった」とお話し下さいました。

詳しくは、記事をご覧ください。
(2016年11月15日上越タイムス この記事・写真等は、上越タイムス社の許諾を得て転載しております。)

<発表事業所>

・愛の家グループホーム上越名立
『テーマ:本当は何にもしたくありません』

・愛の家グループホーム上越石橋
『テーマ:地域交流を通じて地域の拠点となるホームを目指す』

・愛の家グループホーム上越源
『テーマ:もう一度、あの素敵な笑顔を取り戻したい!!』

・愛の家グループホーム上越吉川
『テーマ:「郷土料理」をきっかけに 入居者様の昔の思い出を引き出したい!』

161115_上越タイムス_事例報告会

事例報告②

上越報告会

No comments

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>