「岡谷市民新聞」に掲載されました。

「愛の家グループホーム岡谷幸町」の取り組みが「岡谷市民新聞」に掲載されました。

「愛の家グループホーム岡谷幸町(長野県)」の関ホーム長が、岡谷市内の笑福商事にて「認知症サポーター養成講座」を開きました。

当講座は、地域で認知症の方やその家族を支えようとする、認知症キャラバン活動の一環で、地域の方々に認知症について理解していただきたいと開催されました。意見交換では、家族が認知症になった時の対応などについて話し合いました。
関ホーム長は、「今後も地域ぐるみで認知症の人をサポートできるよう、活動を続けていきたい」と話しました。

「認知症サポーター養成講座」とは・・・
特定非営利活動法人「地域ケア政策ネットワーク全国キャラバンメイト連絡協議会」が実施する「認知症サポーターキャラバン」の取り組みの1つ。認知症に関する正しい知識と理解を身に付けた「認知症サポーター」を養成するための講座で、認知症の基礎知識やサポーターとして役割などについて学びます。

詳しくは、記事をご覧ください。

2017年3月9日(木) 「岡谷市民新聞」 この記事・写真等は、市民新聞グループ(7社)提供のもと転載しております。

無題

No comments

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>