事業内容

事業内容

メディカル・ケア・サービスのなりたち

1999年に設立したメディカル・ケア・サービス

創業19年目を迎える現在、290か所以上の介護施設を運営する会社にまで成長しました。

創業当時、日本はすでに深刻な高齢化の時代を迎えていました。「高齢者がいつまでもいきいきと暮らせる社会を作りたい」「地域社会に貢献できることをしていきたい」という2つの想いが重なり、創業者高橋誠一は介護施設の運営を決意しました。

介護施設を開設するにあたり調査を進めると、日本中に認知症を患う方を抱えているご家族がたくさんいること、またその方たちを支えるための施設が圧倒的に不足していることを知りました。

認知症のケアは専門性が高く、ノウハウの標準化が難しいことなどから敬遠する事業者も多い中、MCSは2000年の介護保険法施行と同時にこの業界に参入しました。会社設立後、1年半にわたり様々な準備を整え、2001年6月、埼玉県の桶川市に念願の1棟目のグループホームをオープンさせることができました。

認知症を患うご本人さまとそのご家族さまを全力で支え、運営をサポートしてくださっている地域社会の皆さまとともに、誰もが自分らしくいきいきと暮らし続けられる場所を創っていきます。また、今後は国内だけではなく、海外にもその輪を広げ、積み重ねたノウハウをもとに、より多くの方々へ私たちの「想い」と「サービス」を届けていきたいと思います。

「愛の家グループホーム石巻開北」
「愛の家グループホームみずなみ」

介護のスタイルは多種多様

MCSの事業の中核を担うグループホームは、260棟以上。
認知症のケアは専門性が高く、ノウハウの標準化がむずかしいなどの理由で敬遠する事業者も多い中、わたしたちは2000年の介護保険法施行と同時にこの業界に参入しました。会社設立後、1年半にわたりさまざまな準備を整え、2001年6月、埼玉県桶川市に1棟目のグループホームを開設。会社設立から19年目の2017年には260棟以上となりました。
コーポレートGH棟数グラフ-01
ニーズに特化した介護付有料老人ホームを展開。
介護を必要とする人の数だけ、介護サービスの数も必要です。わたしたちは、グループホームの運営で培った専門性をもとに、入居者さまのニーズに合わせた施設運営、介護サービスを提供しています。医療体制を充実させた施設、リハビリを充実させた施設など、施設ごとに特長を持たせ、入居者さまの求めるスタイルを追求した有料老人ホームを展開しています。
「アンンサンブル大宮日進」
介護のノウハウをさらに活かしたサービスを充実。
2013年に訪問介護事業を開始しました。高齢者の自宅に介護職員が訪問し、介護サービスや生活支援サービスを提供します。
また、さらに決め細やかなサービスを実現した小規模多機能サービスを展開しています。「通い」「訪問」「泊まり」を自由に組み合わせたサービス提供が可能です。在宅介護から施設介護までをサポートできる体制構築に向けて、事業の幅は広がっています。
家
ご利用者は、全国5,000人を超えました。
24時間365日、わたしたちは全国5,000通りのその人らしい生活ができるようにサポートしています。MCSのグループホームと介護付有料老人ホームなどの事業所は、全国28都道府県290事業所以上。全国462万人といわれる認知症高齢者数からみればまだまだ少ない数ですが、一歩ずつ笑顔の輪を広げています。
日本地図