求める人物像

会長メッセージ

充実した人生を実現するためのパートナー

今、介護は変革期を迎えています。
従来の介護は、出来ない部分を補う、生活をサポートすることでした。
今、介護に求められているのは、人生の最期の瞬間まで充実した人生を送るためのパートナーとしての役割です。
私たちMCSの使命は、高齢者の生きがいや充実感を生みだすことです。そしてそれは、働く私たち自身が感じるやりがいや充実感につながります。

世界に求められる日本の介護

日本は繊細な技術のものづくりを世界に誇ってきました。
その繊細な技術を支えたのは、目の前の物事に真剣に向き合い、取り組む姿勢や心であると感じています。それは介護にも当てはまることだと考えてます。
私たちの取り組みの先には、日本から世界に向けて、介護の心と技術を伝え歩く未来が待っているのではないでしょうか。

介護その先へ

時代を切り開く若い世代の可能性

就職活動をしているみなさんは、これからの社会を担っていく存在です。みなさんが歩む道が未来を形作っていくのです。
MCSはたくさんの若い世代を必要としています。
柔軟な考え方で挑戦し、新しい価値、文化や社会を創っていきたいと考える人。
目の前の人と真剣に向き合いたい、人に寄り添って歩んでいきたいと考える人。
若い世代のみなさんには、多様な価値観や考え方を受け入れ、共感できる強みがあると感じています。だからこそ、時代を切り開く可能性を持っているのです。

介護 その先へ

介護はもはや特別なことではありません。誰もが経験する時間であり、生き方そのものです。その時間をどのように過ごし、生き方をデザインしていくのか。
それを考え続けた先には、大切な人の幸せや、自分自身の成長や充実した人生、待ち望んでいた未来が待っていると信じています。
変革期を迎えた介護、みなさんとともに未来を創っていけることを楽しみにしています!

介護その先へ