2017年度内定者研修を行いました。

2月2日、「ユニバーサルマナー」について内定者の皆さんに受講いただきました。

 

ユニバーサルマナーとは、高齢者や障がい者、ベビーカー利用者、外国人など、多様な方々と向き合うためのマインドとアクションのことを言います。

4月から介護の仕事に携わる内定者の皆さんに、MCS社員として、仕事・プライベートに関わらず、多様な方々の視点で考え、行動してほしいという想いからこの研修を行いました。

 

講師を務めてくださったのは、日本ユニバーサルマナー協会に所属し、自身も聴覚に障がいのある薄葉(うすば)さん。

内定者の皆さんからは、「無関心と過剰の間のさりげない配慮が大切」という声が多く聞かれました。

 

 

新卒採用課