海外介護事業

Home 海外介護事業

中国における介護事業

<施設開発事業>

【南通市】

2014年12月より、650床の病院を保有する総合医療グループとパートナーを組み、106床の大型有料老人ホーム「南通瑞慈美邸護理院」を運営しています。ローカライズされた日本式サービスは高い評価を受け、開設後1年半で、同業態では日系企業として初となる満床・黒字化を達成し、以降入居希望者が絶えない状態が続いています。

ホームページはこちら

【広州市】
2018年6月1日、大手国営投資会社とパートナーを組み、広州市最大となる144床の大型有料老人ホームをオープン致しました。当施設は、自立、半自立、重度、認知症の4種類のフロアを用意し、長期的な介護を必要としている高齢者やリハビリニーズのある方、今後の介護に備えたい健常者など、様々なニーズに応える多彩なサービスを提供します。

 

【天津市】
2018年10月23日、14床の認知症専門施設「MCS中福中新生‿态城認知症センター」をオープン致しました。
中国における認知症ケアの需要の高まりを受け、弊社がこれまで培ってきた実績を活かし、「自立支援」を重視した個別ケアを提供してまいります。同敷地内には、リハビリデイサービス、脳障害からの回復リハビリセンターも併設されており、多職種との連携のもと身体機能の回復にもアプローチしやすい環境となっております。また、NPO団体とも提携するなど様々なサポート体制を整えております。

<教育・企画コンサルティング事業>

【上海市】
2016年12月に独資会社「美邸養老服務(上海)有限公司」を設立し、教育・企画コンサル事業を行っています。また、中国最大手介護事業者の幹部社員や大手病院のナースを対象とした教育・研修を実施しています。

【中国子会社】美邸養老服務(上海)有限公司ホームページはこちら

マレーシアにおける介護事業

マレーシアでは、首都クアラルンプールを中心に高齢者介護施設の開設を進めています。

【ペタリンジャヤ】
2018年に現地の介護事業者とパートナーを組み、33床のグループホーム型有料老人ホームを開設しました。

【クアラルンプール】
日系総合商社、国有不動産会社と連携した100床の有料老人ホームの開設を予定しており、3月9日ショールームをオープン致しました。

≫ホームページはこちら

フィリピンにおける介護事業

2011年から日系フィリピン人の介護スタッフを養成してきました。言語・介護技術の教育を施すことは勿論、外国人ならではの不安や生活上のトラブルをサポートする専門部署を設置し、長期就業を可能とし、日本で深刻な問題となっている介護現場の人材不足に対応しています。

海外教育支援に関するインタビュー記事はこちら