都市型軽費老人ホーム

Home 都市型軽費老人ホーム
top_slide_tk20161215

都市型軽費老人ホームとは

従来の軽費老人ホームと比較すると、居室面積や職員配置に関する基準が緩和されており、所得の低い高齢者でも安心して生活できる場所です。
ご入居者様が安心して、生き生きと明るく生活できるように見守り機能を備えたサービスをご提供します。
地域に根差した施設を目指し、第一種社会福祉事業というフィールドでMCSの新しい社会貢献の形を創り出していきます。

都市型軽費老人ホーム

都市型軽費老人ホームのご利用について

入居条件

1. 60歳以上の方
2. ご利用いただく施設が所在する区内に住民票がある方
3. 身元保証人がいる方
4. 身体機能の低下等により自立した日常生活を営むことについて不安がある方
5. 財産管理及び日常の金銭管理等について、自己管理ができる方
6. 感染症がなく、医療について自己管理できる方
7. 家族による援助が困難な方
8. 住居の状況など、現在置かれている環境の下では、在宅生活を継続することが困難な方

※詳しくは下記の各施設のご案内チラシ(PDF)をご覧ください

愛の家都市型軽費老人ホーム 生活相談員、スタッフ募集中!