共感を広げるコミュニケーション。

Home MCSビジョン 共感を広げるコミュニケーション。

MCSでは、認知症に関する膨大な経験則を社内にとどめることなく、認知症や介護の課題に直面した、多くの方へ情報発信をすることや、一般社会に広く理解を求める活動も促進していく必要があると考えています。今後、私たちの培った経験をどのように活用し、どう活動していくことが認知症介護の発展、社会に対する貢献につながるのかは、まだまだ未知数ですが、大切なことは「プロとしての自覚と誇りをもって、行動を起こすこと」だと考えています。

認知症に関する啓蒙普及活動

イベント・セミナー等の実施

認知症について社会全体で正しく理解し、共に支えあっていくために、MCSでは各地域において勉強会や研修会などを通しての啓蒙活動を積極的に実施しています。また、各ホームを訪れた際にも、認知症を少しでも理解していただくための書籍等を通じて、広報PR活動にも注力しています。

社員とともに

事業計画会議の開催

毎期、期首に開催される事業計画会議は、各事業所の責任者が一堂に集い、心と目的をひとつにして一年間のスタートをきります。また、ここでの新たな出会いは、複数事業所間のコミュニケーションをより一層深め、互いに刺激し合える良い連携づくりに役立てられています。

努力を称え賞賛する「表彰・インセンティブ」制度

MCSでは豊富な褒賞制度を設け、お互いに切磋琢磨しながら、質の向上に向けた努力を続けています。毎年確実にレベルが上がっており、甲乙付けがたい競争が繰り広げられています。より高みを目指す「人」そして「チーム」が、夢に向かって着実に歩み続けています。

ご利用者様とともに

ふれあいあったかフォトコンテスト

人と人とがいつまでもつながり合い、ふれあいや愛情を育むことの大切さは、歳を重ねても決して変わることではありません。MCSでは、スタッフとご利用者様の「ふれあい」をテーマにしたフォトコンテストを実施しました。
ひとつひとつのシーンの裏には様々なエピソードがあり、私たちにとって明日への大きな力になっていきます。

匠自慢コンテスト

たとえ認知症になっても、ご利用者様の名人芸が衰えることはありません。自慢の絵を描いたり、書道をしたり、俳句を詠んだり、思い思いにご自身の特技を披露していただきました。このような取り組みは、ご利用者様の新たな一面を引き出したり、自信を回復させることに繋がっています。何といっても、長年の経験と技術には驚かされるばかりです。

100歳のご長寿お祝い会

MCSでは、人生の節目となる100歳のご長寿を記念して、ホーム全体で祝福する会を催しています。ご家族様とともに100歳を祝福できることは、私たちスタッフにとっても大変大きな喜びとなっています。

社会とともに

MCSルサイ愛の家学校を建設

「その人らしく快適で穏やかな生活をサポートしたい」というMCSの想いをカンボジアの子供たちに届けたいと考え、ルサイ村に学校建設費用の寄付を行い、無料で通える学校をつくりました。2010年10月1日より約180名の子供たちが学校に通い始めています。

地域福祉活動への寄付

福祉の輪を地域に広げていくための活動として、本社のあるさいたま市の福祉活動へ毎年100万円を寄付しています。また、社会福祉事業の発展に功績のあった企業として、さいたま市社会福祉大会にて感謝状を授与されました。今後も、全国の地域社会に貢献していくための様々な取り組みを推進していきます。

MCSハートフル設立

障がい者雇用の促進を目的として、2010年9月、MCSハートフル株式会社を子会社として設立しました。また同10月には、厚生労働大臣より特例子会社の認定を受けました。介護と医療の連携と同時に、障がい者福祉を含めた総合福祉サービスを提供し、地域社会に貢献したいという想いがカタチになりました。