メッセージ

Home MCSビジョン メッセージ
MCS 高橋誠一

1999年、メディカル・ケア・サービスは三光ソフラン株式会社のオフィスの一角から始まりました。設立より一貫して「認知症介護」にこだわり続け、現在では全国でグループホーム270棟以上を運営し、国内屈指の介護サービス企業へと成長しました。こうした発展は、皆様方のご理解、ご支援によるものと心より感謝いたします。創業当時、日本は既に深刻な高齢化の時代を迎えていました。 「高齢者がいつまでもいきいきと暮らせる社会を創りたい」「地域社会に貢献できることをしていきたい」。このような二つの想いが重なり、私は介護施設の運営を決意しました。介護施設を開設するにあたり調査を進めると、日本中に認知症の方を抱えているご家族がたくさんいること、またその方たちを支えるための施設が圧倒的に不足していること、認知症の介護が通常の介護の何倍も負担がかかることを知りました。 認知症のケアは専門性が高く、ノウハウの標準化が難しいことなどから、敬遠する事業者も多い中、私は2000年の介護保険法施行(民間事業者による介護業界への参入が可能に)と同時にこの業界に参入しました。 会社設立後、1年半にわたり様々な準備を整え、2001年6月、埼玉県の桶川市に念願の1棟目のグループホームをオープンさせることができました。あれから10年以上経ち、規模が大きくなった今も私の想いは変わりません。 認知症を患うご本人様とそのご家族様を全力で支え、運営をサポートしてくださっている地域社会の皆様とともに、誰もが自分らしく活き活きと暮らし続けられる場所を創っていきます。また、今後は国内だけではなく、海外にもその輪を広げ、積み重ねたノウハウをもとに、より多くの方々へ私たちの「想い」と「サービス」を届けていきたいと思います。

●中長期の事業展開

私たちは今後とも、「認知症」を軸に据えたサービスの拡充を図っていきますが、その中でも高い専門性が必要とされるグループホーム事業を中心に展開していきます。さらに、介護付有料老人ホームを計画的に拡充し、居住系介護サービスを主軸とした事業展開を継続していきます。 まずは、「認知症分野のリーディングカンパニー」に向け、ケアサービスの質の向上に取り組み、認知症ケアの専門性、信頼性を高めるための体制を構築していきたいと考えています。軽度者から重度者への対応が求められる中、特に医療と介護の連携は極めて重要なテーマであり、医療面のサポート強化が求められています。私たちは協力医療機関や往診医とより密接に連携するとともに、グループホーム密集地に認知症ケア・看護体制の充実した介護付有料老人ホームを計画的に開設するなど、重度化した際も、一貫してサービスを提供できる体制を構築していきます。 また、住み慣れた地域や自宅で暮らし続けるための支援体制として、小規模多機能事業所とグループホームの複合施設を展開するなど、「認知症介護」をキーワードとした在宅サービスの展開にも力を入れていきたいと思います。また、海外においては、高齢者数の急激な増加と一人っ子政策による介護の担い手不足に直面する中国にて、事業展開を図っていきます。 長期的には、サービスの向上はもとより、各種医療機関、大学等と連携し、「認知症専門の研究機関」を設立するなど、認知症分野のリーディングカンパニーとして、社会的課題の解決に向けての活動を進めてまいります。私たちの展開する事業を通じて、行政機関・医療機関・他の介護事業者・自治体・地域住民等と一層の連携を図り、高齢者とそれを取り巻く人々が安心・充実して暮らすための各種サービスを提供していきたいと考えています。あわせて、総合福祉の観点から、障がい者の雇用を積極的に促進し、障がい者の自立支援と活躍の場を提供するなど、広く地域社会への貢献に努め、社会的責任を果たしていきたいと思います。

●夢の実現に向けて

誰もが安心して暮らせる場所を創るためには、果敢に挑戦し続けなければならないことが山ほどあります。しかしながら、当社が培ってきた卓越した経験とノウハウ、そして「日本の介護を変えたい」という熱い志があれば必ず実現できるものと信じています。 また、これらを実現するためには、私たちだけではなく、地域社会の皆様をはじめ関係者の皆様のご支援とご協力があって成し得ることです。なお一層の努力を積み重ねていく所存ですので、今後とも、私たちの取り組みに対して厳しくも温かい目で見守っていただければ幸いです。

会長サイン
message02

役員メッセージ

介護には、日本を変える力がある

介護は国内産業の中において、市場拡大が見込める 数少ない成長産業の一つです。 将来の担い手不足や制度を支える財源の問題など、課題は山積していますが、介護がいきれば、きっと未来は変わります。 民のチカラで介護を変え、経済のチカラで日本を変える。 高齢者も日本も元気にしたい― 私たちの介護は、これからが本番です。