認知症ケア

ABOUT MCS

トップページ   認知症ケア

認知症高齢者対応の
グループホーム運営居室数

認知症高齢者対応のグループホーム運営居室数NO1

認知症の方やご家族が住み慣れた地域で安心して生活を送れるよう 、
認知症⾼齢者対応のグループホームを中心に展開しています。
現在は、全国で300 か所以上の介護事業所を運営し、
グループホームの運営居室数は日本一の実績を誇ります。

グループホームサイトはこちら

ケアの質の向上を目的とした
認知症ケア実践・研究報告会

全国の事業所の日々の取り組みを検証・共有する「認知症ケア実践・研究報告会」を、毎年開催しています。全国約 300 事業所の中から選ばれた事業所が発表し、全国の社員が今後のケアに生かせるよう社内ツールを活用した動画配信も行っています。

報告事例はこちら

認知機能の緩和・改善に向けた
ツールの導入

  • タクティール®︎ケア

    スウェーデン生まれの「タクティールケア」は、手足や背中などにやわらかく触れるタッチケアです。身体の痛みの緩和や、興奮状態や不安を抑える効果が期待されるため、認知症ケアとしても注目されています。

    「タクティール®ケアIコース」講座やフォローアップセミナーも定期開催しています。

    READ MORE

  • ふまねっと

    50センチ四方のマス目でできた大きな網を床に敷き、この網を踏まないように歩く運動プログラムです。網目を踏まないよう学習しながら取り組むため、歩行バランスや認知機能の改善が期待されます。

  • ミッケルアート

    回想法の一つで、高齢者に親しみのある懐かしい絵画を使うことで会話を生み、コミュニケーションの活性化を図るツールです。認知症の周辺症状を緩和する効果も期待されます。

地域との取り組み

認知症ケアは、地域の皆さまのご協力なしでは成り立ちません。
日頃お世話になっている皆さまに感謝の気持ちを込めて、
地域交流に取り組んでいます。

地域とのつながり

地域とのつながり

ご利用者に住み慣れた地域の方とつながりを持って⽣活していただくため、積極的に地域交流活動を行っています。地域の方をお招きした季節のイベントや清掃ボランティア活動、子どもたちの下校の見守り活動なども、ご利用者とともに行っています。

認知症啓発イベント「RUN伴」への協賛

認知症啓蒙イベント「RUN伴」への協賛

RUN伴の理念に共感し、協賛しています。ご利用者にもランナーや応援として参加していただき、タスキをつなぐことで地域の方との輪が広がっています。

認知症・介護を考える絵本
「おばあちゃんの おうち」監修

認知症・介護を考える絵本「おばあちゃんの おうち」監修

介護・認知症について考える絵本『 おばあちゃんの おうち 』を監修しました。この本は、学研ホールディングスによって、全国の小学校・図書館・児童館や幼稚園・保育園など約28,000か所に寄贈されています。

社員をつなぐ社内報「Tsunagari」
社内報アワード受賞

社員をつなぐ社内報「Tsunagari」社内報アワード受賞

社内報「Tsunagari 」が、社内報アワード2020の紙社内報部門(1冊子19ページ以下)でブロンズ賞を受賞しました。当社内報は、認知症の方を“支援する”対象としてではなく、趣味を楽しんでいる様子など、一個人として輝いている姿や日々全国でともに頑張る社員を取り上げることで、全国の社員をつなげたいという思いで制作しています。