介護経営月刊誌「介護ビジョン」に掲載されました。

介護ビジョン12月号に「第8回 認知症ケア実践・研究報告会」の様子が掲載されました。

今年で8回目を迎える今大会では、全国27都道府県約270事業所での日々の取り組みの中から、広く共有すべき事例として特に推薦された7事例が発表されました。

開会あいさつで、山本専務取締役は「この報告会は、常に最先端の認知症ケアをめざし、どう高めていくかを共有する場。持ち帰って職場の仲間と共有し、確認しあい、一つでも具体的なアクションにつなげてほしい」と呼びかけました。

報告会では、一日中傾眠がちで食事・水分量の少ないご入居者に対し、認知症薬の見直しや食事・水分の工夫と活動の活性化、他のご入居者によるケアの参画に取り組んだ事例などが発表されました。

詳細は、記事をご覧ください。

株式会社日本医療企画様 提供のもと転載しております。
「介護ビジョン」2016年12月号 2016年11月20日(日)発行

※「第8回認知症ケア実践・研究報告会」の詳細は、下記よりご覧ください。
http://www.mcsg.co.jp/2016/09/10057/

0001

 

 

No comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>