スポーツを通じた健康増進活動

ABOUT MCS

トップページ   スポーツを通じた健康増進活動

URAWA REDS

浦和レッズ

浦和レッズ

埼玉県で創業した MCS は、埼玉県をホームタウンとする浦和レッズのオフィシャルパートナーを務めています。

新人選手研修
01

新人選手研修

毎年、新人選手の研修を介護付有料老人ホーム「アンサンブル浦和」で実施しています。
ご利用者と一緒に過ごす時間を通して高齢者を思いやる気持ちやコミュニケーションの大切さを感じていただく機会になっています。

元浦和レッズ水内猛氏によるシナプソロジー体験会
02

元浦和レッズ水内猛氏による
シナプソロジー体験会

介護付有料老人ホーム「アンサンブル浦和」にて、元浦和レッズの選手でシナプソロジーインストラクターの水内猛氏による体験会を実施しました。シナプソロジーは、「2つのことを同時に行う」「左右で違うことをする」といった普段慣れない動きで脳に刺激を与えることで、脳の機能が高められると考えられている運動プログラムです。

埼玉スタジアム2002での活動
03

埼玉スタジアム2002での活動

2016年より2年間、誰もが楽しめるスタジアムづくりのプロジェクトとして、埼玉スタジアム2002で高齢者や体の不自由な方を対象にオリジナルクッションやひざ掛けの無料貸し出しの活動を行いました。

浦和レッズを応援する施設アンサンブル浦和
04

浦和レッズを応援する施設
アンサンブル浦和

埼玉スタジアム2002から車で10分程のところに位置する介護付有料老人ホーム「アンサンブル浦和」は、浦和レッズを応援する施設としてレッズ仕様とし、様々な浦和レッズのグッズを展示しています。試合当日には、ご利用者と一緒にテレビで応援するなど、施設全体で浦和レッズを応援しています。
アンサンブル浦和はこちら

レッズを応援するレッズGOはん会
05

レッズを応援するレッズGOはん会

浦和レッズのホームゲーム当⽇に、介護付有料⽼⼈ホーム「アンサンブル浦和」で、レッズGOはん会を開催しています。ご提供するのは、試⾷会でレッズサポーターに選ばれた「⾚」や「埼⽟スタジアム」をモチーフにした応援飯です。サポーターに召し上がっていただくことで、試合を盛り上げるイベントとなっています。

URAWA REDS

Tリーグ

Tリーグ

卓球は幅広い世代に愛され、オリンピックでもメダル獲得が期待される国民的スポーツです。
Tリーグのオフィシャルパートナーを通じて、ご利用者の健康促進や地域交流などの取り組みを目指していきます。

本社への卓球台の設置
01

本社への卓球台の設置

さいたま新都心の本社には、Tリーグのオフィシャルパートナーとして卓球台を設置しています。デスクとしての機能もあるため、デスクワークはもちろん休憩時間など社員の楽しみとして活用しています。

元チェアマン松下浩二氏による卓球イベント
02

元チェアマン松下浩二氏による卓球イベント

2019年、松下浩二氏が「愛の家 練馬西大泉」にお越しくださいました。当日は、ご利用者とともに卓球を楽しまれ、事業所の見学もしていただきました。