ホーム

認知症を学ぶ

down compression

介護を学ぶ

down compression

専門家から学ぶ

down compression

書籍から学ぶ

down compression

健康を学ぶ

down compression
健達ねっと>障害を学ぶ>障害者雇用の給料の真実|手取りから平均額、職種別の比較まで

障害者雇用の給料の真実|手取りから平均額、職種別の比較まで

障害者雇用における給料は、多くの人々が関心を持つ重要なテーマです。
しかし、その現実は一般的な認識とは大きく異なることがあります。

障害者雇用の給料がなぜ低いのか、またそれはどのように改善できるのか、という疑問があります。

そこで、本記事では以下の項目を中心に解説します。

  • 障害者雇用の給料は安いのか?
  • 障害者雇用の具体的な給料
  • 障害者雇用の給料が高い職種について

本記事を最後まで読むことで、障害者雇用の給料についての理解を深め、社会全体の理解を深めることに貢献できるでしょう。

下記では、障害にはどれくらい種類があるのかについて詳しく解説していますので、こちらの記事も合わせてお読みください。

関連記事

私たちの社会にはさまざまな障害を持つ人々が存在します。それぞれの障害には、独自の特徴や困難があります。障害の種類について知ることは、理解や共感を深めるための第一歩となります。しかし、障害にはどのような種類があるのでしょうか?本記[…]

スポンサーリンク

障害者雇用と給料|一般的な認識

障害者雇用に関する一般的な認識と実際の状況には、しばしば大きなギャップが存在します。
特に、給料に関する誤解は多く、障害者雇用の現実を理解する上で重要なポイントとなります。

障害者雇用の現状

障害者雇用は、多くの企業にとって重要な課題です。
しかし、障害者をどのように雇用し、どんな仕事を任せるべきかについての不明瞭さが問題となっています。

障害者雇用の難しさは、仕事の適性の見極め、短期間の離職率の高さ、社内での立場の理解の難しさ、障害者の得意分野を見つけることの困難さなど、多岐にわたります。

これらの問題を解決するためには、障害者に対する偏見の減少、採用体制の強化、障害者の現実を理解した枠組み作りが必要です。

障害者雇用の給料の現実

障害者雇用における給料の実態は、一般的な認識とは異なることが多いです。
障害者の賃金は、障害の種類や雇用形態、労働条件によって大きく異なります。

障害者雇用の賃金決定には、業務内容や必要な配慮、人事評価などが考慮されます。
また、最低賃金制度の適用や特例制度の存在も重要な要素です。

スポンサーリンク

障害者雇用の給料|手取り額はどれくらい?

障害者雇用における給料の実態は、多くの人にとって関心の高いテーマです。
障害の種類や勤務形態によって異なる給料の実情や、手取り額を増やす方法について、深く掘り下げてみましょう。

手取り額の計算方法

障害者雇用における給料の計算方法は、一般的な雇用と同様に基本給と諸手当の合計で構成されます。
しかし、障害者雇用では、障害の種類や程度、勤務時間、雇用形態によって給料が大きく異なることがあります。

例えば、身体障害者、知的障害者、精神障害者、発達障害者それぞれの平均月収は、厚生労働省の調査によると、

  • 身体障害者:約21万5,000円
  • 知的障害者:約11万7,000円
  • 精神障害者:約12万5,000円
  • 発達障害者:約12万7,000円

となっています。

これらの数値は、基本給に加えて諸手当を含んだ金額です。

また、障害者雇用における給料の計算には、障害者手帳を用いた所得控除も重要な要素です。
所得控除により、税金が低く抑えられるため、実質的な手取り額が増える可能性があります。

障害者手帳の種類や障害の程度によって、所得税や住民税の控除額が異なります。
例えば、所得税率10%の場合、軽度の障害者では年間約5万円以上の税金を抑えることが可能です。

手取り額の現実

障害者雇用における手取り額の現実は、一般的な雇用と比較して低い傾向にあります。

これは、障害者雇用が多くの場合、

  • 正社員ではなく契約社員や派遣社員といった非正規雇用であること
  • 勤務時間が短いこと
  • 仕事内容に制限があること

などが影響しています。

例えば、身体障害者の平均年収は約258万円、知的障害者は約140万4,000円、精神障害者は約150万円、発達障害者は約152万4,000円となっています。
日本の給与所得者全体の平均年収443万円と比較すると、障害者雇用の給料は全体的に低めです。

しかし、障害者雇用においても、収入を増やす方法は存在します。
正社員登用制度の活用、資格の取得、公的な制度の利用などがその方法です。

また、福利厚生や手当に着目することで、実質的な手取りを増やすことも可能です。
例えば、住宅手当や食事補助などの福利厚生を活用することで、給料面ではなく生活全体のコストを抑えられます。

障害者雇用の給料|平均額はどれくらい?

障害者雇用における給料は、障害の種類や事業所の規模、雇用形態などによって大きく異なります。
平均的な給料額と、それに影響を与える要因を理解することは、企業が適切に給料設定する上で重要です。

以下では、障害者雇用の給料の平均額と、その背後にある様々な要因について詳しく解説します。

平均給料の計算

障害者雇用における平均給料の計算は、障害の種類や事業所の規模によって異なることが多いです。

厚生労働省の「平成30年度障害者雇用実態調査結果」によると、障害者全体の平均給与は約14万6,000円で、中でも身体障害者の給与が平均約21万5,000円と最も高い水準です。

一方、知的障害者の平均給与は約11万7,000円と最も低い水準にあります。

これらの数値は、障害者の雇用形態や勤務時間、業務内容などによって左右されることが多く、給料の計算にはこれらの要素を考慮する必要があります。

平均給料に影響を与える要因

障害者雇用の給料に影響を与える主な要因には、雇用形態、勤務時間、業務内容があります。

障害者雇用では半数以上の人が非正規雇用で働いており、非正規労働者は正規雇用に比べて低待遇になる傾向があります。
また、障害者の中には短時間勤務で働いている人の割合も多く、勤務時間が短ければその分給与も低くなります。

さらに、障害の特性によって担当できる業務に制限がある場合も多く、これが給与水準を下げる要因となっています。
これらの要因を理解し、適切に給料設定することが、障害者雇用における重要な課題です。

スポンサーリンク

障害者雇用で給料が高い職種って?

障害者雇用において、給料が高い職種は特定のスキルや資格を要求されることが多いです。
ここでは、障害者雇用で給料が高い職種と、その理由について詳しくみていきましょう。

給料が高い職種

障害者雇用で給料が高い職種には、

  • CADオペレーター
  • エンジニア職
  • IT・通信関連のマーケティング職
  • 経理職

などがあります。

これらの職種は、専門的なスキルや資格が求められるため、給料が高く設定されていることが一般的です。

例えば、CADオペレーターは、機械部品や建築物の設計・製図するためのシステムを使用します。
この職種では、CADの操作スキルや設計・製図の基礎知識が必要とされます。

また、エンジニア職では、Web系のシステム開発や運営保守などが主な仕事内容で、プログラミング等の基礎知識が必須です。
IT・通信関連のマーケティング職では、企業SNSやメディアの運営戦略策定や広告運用などが主な仕事で、高いコミュニケーションスキルと分析力が求められます。

経理職では、管理会計業務や月次報告・資料作成などが主な仕事内容で、実務経験や簿記などの専門的なスキルが必要です。

給料が高い理由

障害者雇用で給料が高い理由は、主に専門性の高いスキルや資格が必要とされるためです。
例えば、CADオペレーターやエンジニア職は、特定の技術や知識が必要とされ、これらのスキルを持つ人材は市場でも高く評価されます。

また、IT・通信関連のマーケティング職や経理職も、特定の業務を遂行するための専門知識が求められるため、給料が高くなりやすいです。
これらの職種では、障害の有無に関わらず、専門性が高いために高い給料が設定されているのです。

さらに、これらの職種は、障害者雇用枠があり、年収500万円以上を目指せる可能性があることも、給料が高い理由の一つです。

健達ねっとECサイト

障害者雇用で給料が安い職種と改善案

障害者雇用における給料の実態と、それがなぜ低いのか、どのように改善できるのかを探求します。
障害者雇用の現状を理解し、より良い労働環境を目指すための提案を行います。

給料が安い職種

障害者雇用において給料が比較的低いとされる職種には、一般事務、清掃、軽作業などがあります。
これらの職種は、障害の有無に関わらず、一般的に給与水準が低い傾向にあります。

また、障害者雇用の場合、フルタイムでの勤務が難しいこともあり、給与が低くなる要因となっています。

しかし、障害者雇用でも技術職などの特定分野では、一般雇用と同等の条件で働くことが可能です。
例えば、システムエンジニアやマーケティング職などは、障害者雇用でも高い年収を得られる職種です。

給料が安い理由と改善策

障害者雇用で給料が低い理由の一つに、障害の特性によりできる仕事の範囲に制限があることが挙げられます。
また、非正規雇用で働いている障害者が多いことも、給与水準が低い一因です。

改善策としては、特定分野の知識や経験を積むことで、より高い給与を得られる職種への転職が可能になります。

また、障害を理解し、体調を安定させることで、フルタイム勤務や新しい業務への挑戦が可能になり、給与アップにつながります。
転職エージェントの活用も有効で、非公開求人など、より良い条件の求人をみつけられます。

薬の使い方

精神障害者の雇用と給料|現状と課題

精神障害者の雇用と給料に関しては、多くの進展とともに未だ解決すべき課題が存在します。
国の法改正やSDGsの推進により、障害者雇用は進んでいますが、現実には離職率の高さや平均給与の低さなどの問題が残っています。
ここでは、その現状と課題について詳しくみていきましょう。

精神障害者の雇用の現状

精神障害者の雇用は、国の推進により進展しています。
障害者雇用促進法により、民間企業や公共機関における障害者の法定雇用率が設定され、障害者の雇用が促進されています。
特に、2018年の法改正以降、精神障害者の雇用が増加しています。

しかし、実際の雇用率は目標に達していない企業が多く、障害者を一人も雇用していない企業も存在します。
また、障害者雇用の多くは短時間労働や非正規雇用であり、正社員としての採用は依然として低い割合にとどまっています。

精神障害者の給料の現状と課題

精神障害者の給料に関しては、平均的に一般労働者よりも低いという現状があります。
特に短時間労働者の給与はさらに低く、生活を支えるのが難しいケースも少なくありません。
障害者雇用での給与の低さは、離職率の高さにもつながっています。

また、障害者雇用の求人が大都市圏に集中しているため、地方在住の障害者にとっては就職の機会が限られているという課題もあります。
これらの問題を解決するためには、雇用の質の向上や、地方での雇用機会の拡大が必要です。

精神障害を患っている方で障害年金を受給している方もいらっしゃます。
うつ病で障害年金をもらう方法について詳しく知りたい方は、こちらの記事も合わせてお読みください。

関連記事

うつ病の初期症状には、気分が落ち込んだり、眠れなくなるなどの症状があらわれます。また、治療には十分な休養が必要で、職場などのストレスがある環境から離れて休むことも必要です。しかし、経済的な理由で仕事を辞められず、休養が取れない方[…]

発達障害者の雇用と給料|支援と改善案

発達障害者の雇用は、社会的認知の広がりと法制度の改正により増加しています。
しかし、採用や定着に関する課題も多く、企業には発達障害への理解深化と適切な対応が求められています。

以下では、発達障害者の雇用の現状と給料の実態について、具体的な改善策とともに掘り下げていきます。

発達障害者の雇用の現状

発達障害者の雇用は、法制度の改正や社会的認知の広がりに伴い、近年増加傾向にあります。
特に、精神障害者の雇用義務化が施行された2018年以降、発達障害者を含む精神障害者の雇用が急速に伸びています

しかし、発達障害者の採用や定着には多くの課題が存在し、企業側の適切な理解と対応が不可欠です。
発達障害者の雇用においては、特性を理解し、適した業務への配置や合理的な配慮が重要とされています。

発達障害者の給料の現状と改善策

発達障害者の給料に関する具体的なデータは限られていますが、一般的には障害の有無に関わらず、同じ業務を行う場合は同等の給料が支払われるべきです。

しかし、発達障害者が直面する職場での困難や、適切な業務への配置が行われない場合、給料に影響を及ぼす可能性があります。
改善策としては、発達障害者の特性を理解し、彼らの能力を最大限に活かせる業務への配置、適切なサポート体制の構築が重要です。

また、職場内での公平な評価システムの確立も、給料の適正化に寄与します。

スポンサーリンク

障害者雇用の給料が低い理由と解決策

障害者雇用における給料の低さは、多くの関心を集めています。
この問題には複数の要因が関与しており、それぞれの解決策も考慮する必要があります。

ここでは、その理由と可能な解決策を探ります。

障害者雇用における給料が低い理由

障害者雇用における給料の低さには、主に三つの理由があります。

雇用形態の違い

障害者の多くは非正規雇用で働いており、これが給料の低さに直結しています。
正規雇用と非正規雇用では、基本給や賞与の額が異なるため、平均して給料が低くなります。

労働時間の短さ

障害者の中には、労働時間が週30時間未満の方もいます。
労働時間が短いと、それに比例して給料も低くなるのが一般的です。

業務の難易度

障害者雇用では、障害を考慮した業務が多く、これらは比較的難易度が低いことが多いです。
給料は業務の専門性や難易度によって決まるため、結果として給料が低くなることがあります。

障害者雇用における給料が低い問題の解決策

障害者雇用における給料の問題を解決するためには、以下のような対策が考えられます。

障害者雇用の相場を知る

自分のスキルや勤務条件に応じた給料の相場を知ることが重要です。
これにより、適切な職場を選ぶ際の基準となります。

働く上での優先順位を整理する

給料の高さ、正社員での雇用、希望する仕事内容など、自分が働く上で何を重視するかを明確にし、それに基づいて職場を選ぶことが大切です。

応募する企業の制度を理解する

応募する企業が障害者雇用に対してどのような制度を持っているかを知ることも重要です。

企業の制度を理解し、自分のニーズと合致するかを確認することで、より良い職場選びが可能になります。

スポンサーリンク

障害者枠の給料|生活できるレベルは?

障害者枠での就労は、障害を持つ人々にとって重要な雇用の選択肢です。
しかし、その給料が生活に十分かどうかは、多くの人にとって大きな関心事です。

この章では、障害者枠の給料の現状と、それが生活にどのように影響するかを探ります。

障害者枠の給料の現状

障害者枠での就労は、障害を持つ人々に特別な配慮を提供する一方で、給料面での懸念があります。
障害者枠の給料は、一般的に一般枠の求人と比べて低い傾向にあります。
これは、非正規雇用や短時間勤務が多いこと、特定の障害のためにフルタイム勤務が難しいケースがあることなどが原因です。

2018年の「障害者雇用実態調査」によると、障害者雇用で働く人の平均月収は、身体障害者で約21万5,000円、知的障害者で約11万7,000円、精神障害者で約12万5,000円とされています。

これらの数字は、障害者枠の給料が一般的な生活費を賄うのに十分かどうかを考える上で重要な指標となります。

生活できるレベルとは

障害者枠の給料が「生活できるレベル」とは、具体的にどのような状況を指すのでしょうか。
生活できるレベルとは、基本的な生活費、住居費、食費、医療費などを賄える収入のことを指します。

2021年の家計調査によると、単身者世帯の平均消費支出は約15万5,000円です。
障害者枠の給料だけでは、特に大都市圏での生活は厳しい可能性があります。

また、障害者雇用では、障害厚生年金や障害基礎年金などの制度を利用することで、収入を補うことが可能です。
これらの年金は、障害の程度や条件に応じて受給できるため、給料と合わせて生活費を賄える場合もあります。

しかし、障害年金の受給資格や金額は個々の状況によって異なるため、個々の状況を考慮した上で、生活できるレベルを判断する必要があります

障害年金の金額についてより詳しく知りたい方は、こちらの記事も合わせてお読みください。

関連記事

「障害年金」は、障害者支援の一環として提供される重要な経済的支援です。障害年金は、日本国内で障害を持つ人々の生活を支え、安心して社会参加できるようにするために設けられています。ですが、障害年金の受給条件をご存知でしょうか?また、金[…]

スポンサーリンク

障害者雇用の給料まとめ

ここまで障害者雇用の給料についてご紹介しました。
要点を以下にまとめます。

  • 障害者雇用の給与は一般的な労働者の平均給与と比べると低い傾向にある
  • 障害者雇用の具体的な平均給料としては、身体障害者は215,000円、知的障害者は117,000円、精神障害者は125,000円くらいとされている
  • 障害者雇用の給料が高い職種についてシステムエンジニアやマーケティング職があるが、専門的な知識が必要であり、この点は一般的な労働者と変わらない

これらの情報が少しでも皆さまのお役に立てば幸いです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

監修者 メディカル・ケア・サービス

  • 認知症高齢者対応のグループホーム運営
  • 自立支援ケア
  • 学研グループと融合したメディア
  • 出版事業
  • 社名: メディカル・ケア・サービス株式会社
  • 設立: 1999年11月24日
  • 代表取締役社長: 山本 教雄
  • 本社: 〒330-6029埼玉県さいたま市中央区新都心11-2ランド·アクシス·タワー29F
  • グループホーム展開
  • 介護付有料老人ホーム展開
  • 小規模多機能型居宅介護
  • その他介護事業所運営
  • 食事管理
  • 栄養提供
  • 福祉用具販売
  • 障がい者雇用

スポンサーリンク