ホーム

認知症を学ぶ

down compression

介護を学ぶ

down compression

専門家から学ぶ

down compression

書籍から学ぶ

down compression

健康を学ぶ

down compression
トップページ>生活>クレジットカード>債務整理をするとクレジット カードはどうなる?使えるかどうか紹介

債務整理をするとクレジット カードはどうなる?使えるかどうか紹介

債務整理を行うと、借金の返済額を減らせたり、支払期限を延ばしたりできます。
その反面、債務整理を行うとクレジットカードは利用できなくなってしまいます。

債務整理後、クレジットカードはまた使えるようになるのでしょうか?
そもそも、債務整理は行った方が良いのでしょうか?

本記事では、債務整理をするとクレジットカードはどうなるかについて、以下の点を中心にご紹介します。

  • 債務整理とは
  • 債務整理をするとクレジットカードが利用できなくなる理由とは
  • 債務整理後にカード審査を通すためのポイントとは
  • 債務整理後でも使えるカードとは
  • 債務整理は行った方が良いのか

本記事が債務整理とクレジットカードの関係を理解するための一助になると幸いです。
ぜひ最後までご覧ください。

債務整理とは

債務整理とは、借金の減額や免除、支払期間の延長などによって借金問題を法的に解決する手続きのことです。

債務整理の方法としては主に以下の4種類があります。

  • 任意整理:裁判所を介さずに主に弁護士が代理人となって債権者(お金を貸している側)と交渉し 、3年から5年かけて債務を返済していく方法
  • 個人再生:弁護士を代理人として、裁判所を介して債務の大幅な減額や返済期間の長期化を認めてもらったうえで債務を返済していく方法
  • 自己破産:弁護士を代理人として裁判所に申し立てを行い 、裁判所に債務の全額免除を認めてもらう方法
  • 特定調停:裁判所を介して債権者と債務者が直接話し合い、借金の減額や支払期日の延期を交渉しながら返済内容を決めていく方法

以上のどの方法でも、債務者と債権者との間で借金の返済額や支払期限、支払い方法等が調整され、債務者にとって無理なく完済することができるようになります。

債務整理をするとクレジットカードが利用できなくなる理由

債務整理をするとブラックリストに載り、現在利用しているクレジットカードが利用できなくなります。
理由や経緯はどうであれ、債務整理を行ったことで経済的信用を著しく損なったと見られてしまうためです。

ブラックリストに載るとは、「債務整理を行なった事実や支払・返済が滞った等の事故情報が個人信用情報機関に登録されている状態のこと」です。

クレジットカード会社は個人信用情報機関のリスト情報を照会して、クレジットカードの発行、利用、更新の可否を判断しています。
したがって、クレジットカード会社が個人の信用情報を照会した際に事故情報が登録されていると、「クレジットカードの利用が停止される」あるいは「クレジットカードの更新がされず使えなくなる」ことがあります。
また、新規クレジットカード発行のための契約も、事故情報が消えるまでは行えません。

リボ払いでも債務整理は可能

クレジットカードの支払い方式の一つにリボ払いがあります。
リボ払いを使用し、気づいた頃には返済が不可能な状態まで利息が膨れ上がり、結果としてブラックリスト入りしてしまうようなケースも少なくありません。

では、リボ払いも債務整理が可能なのでしょうか?

結論としては、リボ払いでも債務整理は可能です。
お金を借りたクレジットカード枠でのリボ払いやカードローンだけでなく、買い物で利用したショッピング枠のリボ払いも、債務整理の対象となります。

リボ払いの利息(手数料)の年率は実質15%程度と決して低くはない利率です。
利息が膨れ上がってしまったら、債務整理を検討することも1つの手段です。

債務整理後、クレジットカードはいつから利用できる?

債務整理を行って利用停止となったクレジットカードは、永久に利用できないのでしょうか。
結論として、債務整理の内容に沿って返済が完了し、個人信用情報機関から事故情報が消されれば、クレジットカードはまた利用できます。

例えば、任意整理の場合には完済後およそ5年で個人信用情報機関から事故情報が消されるケースが多いです。
一方で自己破産の場合、裁判所が出した免責許可決定の確定日から5~10年間はかかると言われています。

自己破産をすれば債務は全額免除となります。
しかし、自己破産は他の債務整理の方法と比べ、クレジットカードが利用できない期間が最も長くなりやすいです。

債務整理後にカード審査を通すためのポイント

個人信用情報機関に事故情報が登録されたことが一度でもあると、通常よりもクレジットカードの審査は通りにくくなります。
ここでは、債務整理後であってもクレジットカードの審査を通しやすくする方法を紹介します。

①信用情報開示を行う

自分の信用情報は、開示請求を行えば確認することができます。
債務整理などの事故情報が残っていると、クレジットカードの申し込みを行ったところで審査はほぼ通らないでしょう。
自分の信用情報に事故情報が載っている可能性のある方は、クレジットカードの申し込みを行う前にまず信用情報開示を行い、事故情報が消されているか確認しましょう。

②取引の実績を作る

個人信用情報機関から事故情報が消されると、過去の取引履歴もすべて消去されます。
取引履歴が全くない状態では、過去に事故情報があったことを疑われ、審査に落ちる可能性があるのです。
そのため、審査に通りやすくするには、審査を受ける前に取引履歴を作っておく必要があります。

取引履歴を作る上でおすすめなのが、携帯電話・スマートフォン契約時の機種代の分割払いです。
携帯電話・スマートフォンの契約はクレジットカードに比べて審査が甘く、取引履歴を作るのに適していると言えます。

なお、10万円以上の高額機種では審査が厳しくなるため、10万円未満の機種を選ぶようにしましょう。

③初めてのカード会社に申請する

事故情報が抹消されたとしても、それまで利用していたクレジットカード会社には、債務整理に至るまでの情報が削除されずに残っている可能性が高いです。
したがって、今まで使ったことのないクレジットカード会社に申請した方が、審査に通る可能性は高くなるでしょう。
また、比較的審査が通りやすいクレジットカード会社を事前にリサーチしてみるのも良いでしょう。

クレジットカードを申し込む際のNG行為

少しでも審査に通りやすくするためにも、以下で紹介するNG行為をしないように注意しましょう。

①複数の会社に同時申請をする

審査に通る可能性を少しでも上げるために、複数のクレジットカード会社に申し込みたくなる方もいるかもしれません。

クレジットカードを申し込むと、申し込みの記録が信用情報に登録されます。
短期間に複数社に申し込んだ記録が残ると、複数申し込んでもカードを発行できなかった、あるいは、利用限度額を超えてカードを利用する可能性があるなど、審査担当者に悪い印象を与え、審査に落ちる可能性が高まります。

したがって、比較的審査が通りやすいクレジットカード会社を事前にリサーチし、1社に絞って申し込むことがおすすめです。

②審査が通らない理由をしつこく聞く

クレジットカードの審査に落ちた場合、クレジットカード会社に問い合わせても審査に落ちた理由は教えてくれません。
その際、クレジットカード会社に何度もしつこく聞いてしまうと、クレーマーといった類の要注意人物として扱われてしまい、より審査に通りにくくなってしまいます。
クレジットカード会社に悪印象を与えないよう、審査に落ちた理由を問い合わせるのは控えましょう。

③虚偽・不備のある申請をする

クレジットカードの申請を行う際には、内容に虚偽や不備がないようにしましょう。
少しくらい虚偽や不備があっても気づかれないだろうと思っても、大抵は気づかれます。
結果として審査が通りにくくなるため、虚偽や不備のある申請は絶対しないようにしましょう。

債務整理後でもカードを利用する方法

債務整理後、クレジットカードの審査に通る自信はないけれど、それでもカードを使いたいという方もいるでしょう。
ここでは債務整理後であっても利用できるカードを紹介します。

①デビットカードを利用する

デビットカードは、クレジットカードと異なり、契約時に信用情報を元にした審査がありません。
そのため、債務整理後であっても契約がしやすいです。
また、銀行残高以上の買い物はできないものの、基本的にはクレジットカードと同様の利用ができるようになっている点も、デビットカードの特徴です。

②家族カードを利用する

家族カードとは、クレジットカードを契約した本会員の家族が使うことのできるカードです。
利用料金の引き落としは、本会員のカードと家族カードで同一の口座から行われます。

家族カード発行の際も基本的に本会員の信用情報が重視されるので、使用する家族への審査は甘いです。
そのため、自分の契約ではクレジットカードが作れない方でも、家族カードなら発行してもらえる可能性が高いです。

なお、本会員のカードと家族カードの利用限度額は、それぞれに設定されているわけではありません。
例えば限度額が60万円の場合、本会員のカードと家族カードすべてあわせて、利用できる合計額が60万円まで、ということになります。

③プリペイドカードを利用する

プリペイドカードは事前に入金・チャージした金額までしかカード決済できない仕組みのカードです。
また、事前審査も不要なことから、債務整理後であっても利用しやすいカードであるといえるでしょう。

債務整理をして困ったことは?

任意整理経験者への調査で、任意整理をして困ったことを聞いたところ、クレジットカードが使えないという回答が圧倒的に多く、約5割に上りました。
その他にも「家や車などの財産を失った」「仕事に悪影響を及ぼした」という回答もありましたが、いずれも1割以下でした。

一方で、任意整理をしてよかったと思うかという質問には、9割を超える方が「してよかった」と答えています。
理由としては、

  • 月々の返済額が少なくなり、無理なく返済できるようになった
  • 精神的にとても楽になった
  • 完済のめどがついた

などが挙げられています。

なお、任意整理をして「困ったことはない」と答えた方も2割いました。
任意整理に向かないケースも確かに一部あるでしょう。
しかしアンケート結果を見る限り、債務に困っている方は、任意整理をはじめとした債務整理について、一度弁護士に相談してみると良いのではないでしょうか。

債務整理のクレジットカードまとめ

ここまで債務整理をするとクレジットカードはどうなるかを中心にお伝えしてきました。

  • 債務整理をすると事故情報が登録され、クレジットカードは利用停止、加えて更新ができなくなる
  • 債務整理をして完済した後、一定の期間が経つとクレジットカードが利用できるようになる
  • 債務整理後は審査に通りにくいが、信用情報の開示、取引実績の作成、初めてのクレジットカード会社への申請などにより、審査に通る可能性を上げることができる
  • 債務整理後でも、デビットカード、家族カード、プリペイドカードは利用できる
  • 任意整理について、9割の方が「してよかった」と答えている

これらの情報が少しでも皆様のお役に立てば幸いです。
最後までご覧いただき、ありがとうございました。

監修者 メディカル・ケア・サービス

  • 認知症高齢者対応のグループホーム運営
  • 自立支援ケア
  • 学研グループと融合したメディア
  • 出版事業
  • 社名: メディカル・ケア・サービス株式会社
  • 設立: 1999年11月24日
  • 代表取締役社長: 山本 教雄
  • 本社: 〒330-6029埼玉県さいたま市中央区新都心11-2ランド·アクシス·タワー29F
  • グループホーム展開
  • 介護付有料老人ホーム展開
  • 小規模多機能型居宅介護
  • その他介護事業所運営
  • 食事管理
  • 栄養提供
  • 福祉用具販売
  • 障がい者雇用

スポンサーリンク