ホーム

認知症を学ぶ

down compression

介護を学ぶ

down compression

専門家から学ぶ

down compression

書籍から学ぶ

down compression

健康を学ぶ

down compression
トップページ>生活>クレジットカード>クレジットカード「最強の2枚」を見つけるためのガイド

クレジットカード「最強の2枚」を見つけるためのガイド

毎日の生活でクレジットカードは欠かせない存在となっています。
しかし、数多くのクレジットカードが存在する中で、どれを選べば最も得をするのか、多くの人々が疑問に思っています。

クレジットカードの選択は、ポイント還元率や年会費、付帯保険など、様々な要素を考慮する必要があります。

そして、近年注目度の高い「クレジットカードを2枚持つこと」は一体どのようなメリットがあるのでしょうか?
また、どのような基準で選ぶべきなのでしょうか?

そこで、本記事では「クレジットカード 最強の2枚」を持つために以下の項目を中心に解説します。

  • クレジットカードを2枚持つメリットデメリット
  • クレジットカードを選ぶ基準
  • クレジットカードは何枚持つ人が多いのか

ぜひ最後までご覧ください。

クレジットカード「最強の2枚」について

クレジットカードは現代社会における重要な決済手段であり、その利便性と多様性は日々の生活を豊かにしています。

特に、「最強の2枚」の組み合わせは、ユーザーのライフスタイルやニーズに合わせてよりメリットを引き出すことが可能と考えられています。

クレジットカードの重要性

クレジットカードは、現金を直接持つことなく、さまざまな商品やサービスを購入するための便利なツールです。

基本的な機能として、クレジットカードは購入した商品やサービスの代金を一時的に立て替え、後日一括または分割で支払うことができます。
これにより、ユーザーは現金を持ち歩くリスクを減らし、大きな購入をスムーズに行うことができます。

また、多くのクレジットカードにはポイント還元やキャッシュバック、旅行保険などの特典が付与され、これらはカードの利用を通じて得られる付加価値になると考えられます。

クレジットカード2枚持ちのメリット

2枚のクレジットカードを持つことには、多くのメリットがあります。
まず、2枚のクレジットカードには異なる特典やサービスがあるため、ユーザーは自身のライフスタイルに適切なカードを状況に応じて選択できます。

例えば、一方のカードが高いポイント還元率を提供し、他方のカードが充実した旅行保険を提供している場合、ユーザーはショッピングには前者のカードを、旅行には後者のカードを使用することができます。

また、一部の店舗やオンラインサイトでは特定のカードのみが利用可能な場合がありますが、2枚のカードを持つことで、より広範な利用範囲を確保できます。

さらに、もし一方のカードが紛失や盗難に遭った場合でも、もう一方のカードがあれば生活に支障をきたすことなく、新たなカードが発行されるまでの間に必要な支払いを行うことができます。

クレジットカードを2枚持ちするデメリット

クレジットカードを2枚持つことには多くのメリットがありますが、一方でいくつかのデメリットも存在します。

管理が面倒

クレジットカードを2枚持つと、それぞれのカードの支払い日や利用明細を把握する必要があり、管理が面倒になる可能性があります。

支払額が増える可能性

2枚のカードを使い分けることで、無意識に支出が増えてしまう可能性があります。

年会費が増える

カードによっては年会費が発生することもあります。
2枚持つとその費用も2倍になります。

盗難や紛失のリスク

カードを持つ数が増えるに比例して、紛失や盗難に遭うリスクも高くなります。

特典を把握しきれない

各カードの特典やサービスを理解し、しっかり活用するためには時間と労力が必要になります。

これらのデメリットを理解した上で、自分のライフスタイルや金銭管理能力に合ったカード選びをすることが重要です。
クレジットカードは便利なツールですが、その利便性をより活用するためには、適切な管理と利用が必要です。

クレジットカードの選び方

クレジットカードの選び方は、個々のライフスタイルやニーズによるとされます。
年会費の有無、ブランドの特性、ポイント還元率など、様々な要素を考慮に入れることが重要と考えられます。

年会費

年会費無料のカードはランニングコストが0円で、継続的に使いやすいと考えられます。

ただし、年会費無料のカードは付帯保険や付帯サービスが物足りない傾向にあるとされます。
自分のライフスタイルやニーズに合ったカードを選びましょう。

ブランド

ブランドごとの特性を理解することは、クレジットカード選びの重要なポイントです。

例えば、一部のブランドは特定の店舗やサービスでの利用でポイント還元率が上がるなど、ブランドごとに独自の特性があります。

ポイント還元率

ポイント還元率が高いカードを選ぶことは、長期的な節約効果が期待できます。

ただし、ポイントの交換先によってレートが大幅にアップするカードもあるため、基本のポイント還元率だけに囚われず、振り幅にも注目しましょう。

同じブランドのクレジットカードを2枚持ち

ここまでで、クレジットカードを2枚持つことには多くのメリットがあるのがわかりました。
それでは、同じブランドでクレジットカードを2枚持つことには、メリットやデメリットがあるのでしょうか?

以下では、その具体的なメリットとデメリットについて詳しく説明します。

同じブランドのクレジットカードを2枚持つことのメリット

同じブランドのカードを2枚持つ最大のメリットといわれているのは、ポイントの二重取得です。

例えば、一部のカードでは、特定のショッピングサイトやリテールストアでの購入時に追加ポイントが付与されます。
これらのカードを2枚持つことで、同じ購入に対して2回ポイントを獲得することが可能になります。

また、一部のカードでは、カードの利用状況に応じて年間のポイント還元率が上昇するため、2枚持つことで還元率を最大化することが可能になります。

同じブランドのクレジットカードを2枚持つことのデメリット

同じブランドでクレジットカードを2枚持つのにはデメリットもあります。

最も大きなデメリットは、管理が複雑になることです。
2枚のカードの支払いを管理することは、1枚のカードを管理することよりも時間と労力を必要とします。

また、2枚のカードを持つことで、カードの年会費が2倍になる可能性もあります。
これらのデメリットを考慮に入れ、自分のライフスタイルとニーズに合ったカードを選びましょう。

別のブランドのカード2枚持ち

別のブランドでクレジットカードを2枚持つことは、一見すると手間がかかるように思えますが、実は多くのメリットがあるとされます。

それぞれのカードが提供する特典やサービスをしっかり活用することで、より豊かなライフスタイルを送れる可能性があります。

別のブランドのクレジットカードを2枚持つことのメリット

まず、各カードが提供する特典やサービスをより活用できるとされています。
例えば、一部のカードでは、特定の店舗での購入時にポイント還元率が上がるなどの特典があります。

また、国際ブランドごとに利用できるエリアや店舗が異なるため、別のブランドのカードを持つことで、利用シーンを増やせることが期待できます。

別のブランドのクレジットカードを2枚持つことのデメリット

しかし、別のブランドのカードを2枚持つことにはデメリットも存在します。
複数のクレジットカードを使い分けると、支払い合計額の把握が難しくなることがあります。

また、年会費にも注意が必要です。
年会費永年無料、初年度のみ無料などで実際の年会費が大きく違ってきます。

これらの点を考慮に入れつつ、自分のライフスタイルに適切なカード選びをすることが重要です。

みんなはクレジットカードを実際に何枚持っている?

「シルミル研究所」の「ウーマンリサーチ」による2022年のクレジットカードランキングでは、クレジットカードの所有率は90.8%で、最も多い所持枚数は2枚でした。
利用率第1位は「楽天カード」、総合満足度第1位は「auPAYカード」でした。

また、クレジットカードの選択において、年会費の有無やポイントの還元率などが重要な要素であることがこの結果から考えられています。

しかし、クレジットカードを複数枚所持することは便利な一方で、管理に注意が必要です。
特に、各カードの支払い期限や利用限度額を把握することが重要です。
また、カードの特典やサービスをより活用するためには、それぞれのカードの特性を理解し、適切に利用することが求められます。

また、クレジットカードの選択においては、カード会社のサポート体制も重要な要素となります。
カードの紛失や盗難、不正利用などのトラブルに対応するためのサポート体制が整っているか、また、海外旅行保険などの付帯サービスが充実しているかなどを確認することもおすすめします。

(出典元:シルミル研究所「ウーマンリサーチ」による「クレジットカード」ランキング2022年

クレジットカードを2枚持つことについてよくある質問

以下ではクレジットカードを2枚持つことについてよくある質問をピックアップします。

クレジットカードを2枚持つことでどのようなメリットがありますか?

2枚分のポイント還元や、充実した付帯保険など、各種サービスをより活用することが可能となります。

クレジットカードを2枚持つことでどのようなデメリットがありますか?

クレジットカードの利用は便利ですが、無計画な利用は借金を生む可能性があります。
また、年会費が高額なカードもあるため、自分のライフスタイルに合ったカードを選びましょう。

「クレジットカード 最強の2枚」はどのようにして選べば良いですか?

自分のライフスタイルやニーズに合わせることが重要です。
クレジットカード比較サイトや金融機関の公式ウェブサイト、または信頼できる金融情報誌などで、詳しい情報を得ることができます。

クレジットカードの2枚持ちは海外旅行にも便利ですか?

多くのクレジットカードは海外でも利用可能なので便利であると考えられます。
ただし、カードによっては海外利用手数料が発生する場合もありますので、詳細は各カードの規約をご確認ください。

クレジットカードの2枚持ちはオンラインショッピングにも適していますか?

はい、「クレジットカード 最強の2枚」はオンラインショッピングにも適しています。
多くのクレジットカードは、オンラインショッピングでの利用に対してもポイントを付与します。

クレジットカードの最強の2枚についてのまとめ

ここまでクレジットカードの最強の2枚についてご紹介しました。
要点を以下にまとめます。

  • クレジットカードを2枚持つと、ポイント還元率の高さや利用シーンが増えるなどがメリット
  • クレジットカードを2枚持つと、管理の大変さや年会費の増加の可能性があるなどがデメリット
  • 同じブランドでクレジットカードを2枚持つことにはメリットもデメリットも存在する
  • クレジットカードは、年会費の有無、ブランド、ポイントの還元率などで選ぶことがおすすめ
  • 2022年のクレジットカードの調査では、最も多い所持枚数は2枚という結果が出た

これらの情報が少しでも皆さまのお役に立てば幸いです。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

監修者 メディカル・ケア・サービス

  • 認知症高齢者対応のグループホーム運営
  • 自立支援ケア
  • 学研グループと融合したメディア
  • 出版事業
  • 社名: メディカル・ケア・サービス株式会社
  • 設立: 1999年11月24日
  • 代表取締役社長: 山本 教雄
  • 本社: 〒330-6029埼玉県さいたま市中央区新都心11-2ランド·アクシス·タワー29F
  • グループホーム展開
  • 介護付有料老人ホーム展開
  • 小規模多機能型居宅介護
  • その他介護事業所運営
  • 食事管理
  • 栄養提供
  • 福祉用具販売
  • 障がい者雇用

スポンサーリンク