ホーム

認知症を学ぶ

down compression

介護を学ぶ

down compression

専門家から学ぶ

down compression

書籍から学ぶ

down compression

健康を学ぶ

down compression
トップページ>生活>クレジットカード>2024年版!おすすめの自動車保険の選び方と比較ガイド

2024年版!おすすめの自動車保険の選び方と比較ガイド

車を所有していると、必ずと言っていいほど直面するのが「車の保険」の選択です。
どの保険が合っているのか、どの保険が一番コストパフォーマンスがいいのか、という疑問を抱えている方は多いのではないでしょうか。

おすすめの自動車保険について調べると、数多くの情報が出てきます。
しかし、それぞれの保険には特徴があり、自分のライフスタイルや車の使用状況によって適切な保険は変わってきます。

では、自動車保険は一体どのように選べばいいのでしょうか?
また、自分にとって適切な自動車保険を選ぶには、どんなポイントを重視すればいいのでしょうか?

そこで、本記事ではおすすめの自動車保険の選び方を、以下の項目を中心に解説します。

  • 年代別、自動車保険の選び方
  • 状況別、自動車保険の選び方
  • 自動車保険満足度ランキングについて

ぜひ最後までお読みください。

おすすめの自動車保険について

自動車保険は、車を所有するすべての人にとって重要な存在です。
しかし、どの保険が自分に適切なのかを見つけるのは容易なことではありません。

以下では、自動車保険の重要性と、保険を選ぶ際のポイントについて詳しく解説します。

自動車保険の重要性

自動車保険は、交通事故などの予期せぬ事態に備えるためとても重要です。
事故が発生した場合、自動車保険は修理費用や医療費、そして第三者への賠償費用に適用されます。

賠償などは高額になる傾向があり、無保険で自己負担することは困難になってしまいます。
そのため、ドライバーが運転に集中できるようにするためにも、自動車保険には必ず入るのが望ましいです。

自動車保険選びのポイント

自動車保険を選ぶ際には、いくつかのポイントを考慮するのがおすすめです。

まず、保険のカバー範囲を確認することが重要です。
全ての保険が同じ範囲をカバーしているわけではないため、自分のニーズに合った保険を選ぶことが重要です。

また、保険料の価格も重要な選択基準です。
しかし、価格だけでなく、サービスの質や評判も考慮に入れるべきです。

最後に、保険会社の対応速度やサポート体制も重要なポイントです。
事故が発生した際に迅速かつ適切な対応をしてくれる保険会社を選ぶことは、ストレスを軽減し、事態の解決をスムーズに進めるために重要と考えられます。

年代別のおすすめ自動車保険選び

自動車保険は、年代によって異なるニーズに対応するために、さまざまなプランが提供されています。
以下では、年代別におすすめの自動車保険選びの方法とその理由を詳しく解説します。

20代のおすすめ自動車保険

20代のドライバーには、初めて自分の車を持つ人や家庭ができて乗車人数が大きく変わったり、保険切り替えを検討し始めたりする人などさまざまです。

この年代は任意自動車保険料が年齢的に高い世代です。
そのため、補償内容がしっかりしている上で安く契約できる保険を選んで契約したいところです。

30代のおすすめ自動車保険

30代のドライバーには、家族を持つ人が多く、家族全員をカバーする保険が求められます。
また、この年代では仕事での移動が増え、それに伴い自動車事故のリスクも増えます。

そのため、事故対応が迅速丁寧な保険や、安心の事故対応力を持つ保険がおすすめです。

40代のおすすめ自動車保険

40代のドライバーには、子供が小学生や中学生の場合が多く、通勤以外にも習い事の送迎や、休日に家族で出かけるなど車に乗る機会が頻繁です。

そのため、子供がケガしたときなどの「搭乗者傷害保険」をおすすめします。
また、車の修理中の不便を避けるための「車両保険」もおすすめです。

50代のおすすめ自動車保険

50代のドライバーは、一般的には安定した運転技術を持っており、事故率も低いとされています。
そのため、保険料は比較的安く設定されています。

しかし、この年代では子供が自立し、自分自身の保険について考え直すタイミングでもあります。

軽自動車と乗り換え検討時のおすすめ自動車保険選び

ここでは、状況別のおすすめの自動車保険選びについて解説します。

軽自動車のおすすめ自動車保険

軽自動車はその名の通り、軽量で燃費が良く、運転もしやすいという特徴があります。

しかし、その一方で事故に遭った際の修理費用は高額になることがあります。
そのため、軽自動車に適した自動車保険を選ぶことは非常に重要です。

まず、軽自動車の保険料は年齢や運転歴などによって大きく変動します。
一例として、20代前半の場合、

  • 車両保険付き:年間約75,920円
  • 車両保険未加入:年間約152,970円

となります。
これらの情報を考慮に入れ、自分の予算に合った保険を選ぶことが大切です。

また、保険の選び方については、保険料だけでなく、補償内容やサービスも重要なポイントとなります。
例えば、事故時の対応やロードサービスなど、自分が必要とするサービスが提供されているかを確認しましょう。

自動車保険の乗り換えを検討しているとき

自動車保険を乗り換える際のポイントとしては、まず現在の契約内容を見直し、どんな点に不足を感じるのか、どう変えたいのかを明確にすることが重要です。
それが新しい自動車保険を選ぶ指標になります。

乗り換えのタイミングは、加入中の自動車保険の保険会社から満期日と更新時期を目安に、乗り換えの検討を始めるのをおすすめします。
また、乗り換えによって保険料が安くなる可能性もあります。

具体的な手続きの流れは、まず乗り換え先の保険会社を決め、見積もり確認後に新しい保険会社への乗り換え決定後、手続きを行います。
その後、必要に応じて現在の保険会社に解約の連絡をします。

通勤・学生向けのおすすめ自動車保険選び

自動車保険は、車を運転する際に必要不可欠なものです。
特に通勤や学生生活で車を利用する場合、適切な保険選びは重要です。

以下では、通勤時や学生に適した自動車保険選びについて詳しく解説します。

通勤時のおすすめ自動車保険

通勤に車を使用する場合、事故のリスクが高まるため、適切な自動車保険の選択は非常に重要です。
通勤用の自動車保険では、保険料が「日常・レジャー用」よりも高く設定されていることが一般的です。

しかし、保険会社によっては通勤用と家庭用を一つにまとめている場合もあり、その場合は保険料が割安になる可能性があります。

また、保険会社によっては、無事故割引や長期無事故割引など、さまざまな割引制度を設けているため、自分のライフスタイルに合った保険を選ぶことが重要です。

学生のおすすめ自動車保険

学生が自動車保険を選ぶ際のポイントは、保険料の安さとサービスの充実度と考えられます。
学生は一般的に収入が限られているため、保険料が安いものを選びたいところですが、安さだけでなく、事故時の対応やサービスの充実度も重要です。

また、学生は初心者ドライバーであることが多く、事故のリスクが高いと考えられます。
そのため、事故を起こしてもしっかりとサポートしてくれる保険会社を選ぶことが大切です。

さらに、学生にとっては、保険会社が提供するロードサービスやサポート体制も重要な選択基準となります。

短期・ダイレクトのおすすめ自動車保険選び

自動車保険は、長期間の契約が一般的ですが、短期間だけ車を運転する場合や、直接保険会社と契約したい場合には、短期・ダイレクトの自動車保険がおすすめです。

以下では、それぞれの特徴と選び方について詳しく解説します。

短期間のおすすめ自動車保険

短期間の自動車保険は、1日から加入できる保険で、家族や友人の車を運転する際などに便利です。

このサービスは、文字通り「短期間」車を運転したい場合に加入できる保険で、パソコンやスマートフォンで申し込み、コンビニで支払うといった簡単な手続きで利用できます。
また、1日あたり500円程度といったリーズナブルな価格で利用できる傾向があります。

ただし、本人や配偶者、法人が所有する車を運転する場合は、契約することができない場合がほとんどです。

ダイレクト自動車保険のメリット

ダイレクト型自動車保険は、代理店を通さずに直接保険会社と加入手続きする保険を指します。
この方式の最大のメリットは、代理店手数料が不要であるため、保険料が割安になることです。

また、ネット上で手続きが完結するため、時間を気にせずに契約することができます。
さらに、一定の条件を満たすと保険料が割引になるサービスを実施しているところもあります。

ただし、基本的には自分で調べて補償内容をどうするか決める必要があります。

自動車保険の比較と選び方

自動車保険は、車を運転する際に必要不可欠なものですが、多くの保険会社が存在し、補償の内容も単純ではないため、どの保険を選んだらよいのか迷う方も多いでしょう。

以下では、自動車保険の比較方法と選び方の注意点について詳しく解説します。

自動車保険のおすすめ比較方法

自動車保険を比較する際には、以下のポイントを考慮するのをおすすめします。

  • 保険料:同じ補償内容でも保険会社によって保険料は異なる
  • 補償内容:自動車保険の補償内容は大きく分けて、「賠償責任保険(相手への補償)」「傷害保険(自分への補償)」「車両保険(自分の車の補償)」の3つの種類に分けられる
  • サービス:事故対応やロードサービスなどのサポート内容を要確認
  • 口コミ・評判:保険会社の口コミや評判も参考にするとよい

自動車保険選びの注意点

自動車保険を選ぶ際には、以下のポイントを考慮するのをおすすめします。

自分のニーズを理解する

例えば、新車を購入した場合、車両保険をつける人は多くいますが、中古車を購入した場合は車両保険をつけるべきか迷うこともあります。

保険会社の信頼性を確認する

保険会社が安定した経営をしているか、事故対応が迅速かどうかなどを確認しましょう。

一括見積もりを利用する

自動車保険の一括見積もりサイトを利用すると、複数の保険会社の見積もりを一度に取得できます。
これにより、保険料や補償内容を比較しやすくなります。

自動車保険満足度ランキングについて

価格.comより自動車保険の満足度ランキングが発表されています。
ダイレクト系損保がランキングの上位を独占しているようです。

満足度総合トップに輝いたのはSBI損保が保険料部門、チューリッヒ保険会社や楽天損保も2位以降に入っています。
利用者が必要な補償を自由に選べる点や、多くの割引サービスを提供している点が魅力的に感じられたと考えられます。

一方で、補償内容部門では、ソニー損害保険が1位に。
セゾン自動車火災保険やイーデザイン損害保険も上位にランクインしています。
充実したロードサービスや、契約前の補償選択時のサポートが評価点となったと思われます。

顧客対応部門では、ソニー損害保険が5年連続で1位に。
また、代理店型損保の東京海上日動火災保険やAIG損保も高い評価を受けています。
特に、東京海上日動火災保険は、メタバースでの保険相談という新しい取り組みが注目されているようです。

事故対応部門では、日新火災海上保険と東京海上日動火災保険が上位に。
迅速かつ丁寧な事故対応が評価されているようです。

自動車保険を選ぶ際には、保険料だけでなく、補償内容や事故対応、顧客対応も重要なポイントです。
様々な媒体から満足度ランキングが発表されておりますので、それらを参考に自分に合った自動車保険を見つけましょう。

(出典:「価格.com 自動車保険 満足度ランキング 2024」を発表

おすすめの自動車保険に関してよくある質問

以下では、自動車保険選びの際によくある質問をピックアップしていきます。

20代におすすめの自動車保険は何ですか?

20代には、初めての自動車保険となる方が多いため、サポート体制が充実している保険会社や、初めてでも理解しやすい明瞭な料金設定の保険がおすすめです。

軽自動車におすすめの自動車保険は何ですか?

軽自動車には、軽自動車特有のリスクをカバーした保険や、軽自動車の修理費用に見合った保険料設定の保険がおすすめです。

自動車保険を乗り換える際のポイントは何ですか?

乗り換える際には、現在の保険の補償内容と保険料を確認し、新しい保険がそれらを満たすかどうかを確認することが重要です。

通勤時のおすすめ自動車保険は何ですか?

通勤時には、交通事故のリスクが高まるため、事故時の対人・対物補償が充実した保険や、ロードサービスが充実している保険がおすすめです。

自動車保険を比較する際のポイントは何ですか?

自動車保険を比較する際には、補償内容、保険料、サービス内容、評判などを確認し、自分のライフスタイルや車の使用状況に合った保険を選ぶことが重要です。

おすすめの自動車保険についてのまとめ

ここまでおすすめの自動車保険についてご紹介しました。
要点を以下にまとめます。

  • おすすめの自動車保険は年代で変わる、それぞれのニーズに合ったものを選ぶのが重要
  • 軽自動車の場合は、自動車保険料が高くなる傾向がある
  • 自動車保険の乗り換えは、満期日と更新時に検討するのがおすすめ
  • 自動車保険には、1日から加入できるものや代理店を通さずに保険会社と加入手続きできるものがある

これらの情報が少しでも皆さまのお役に立てば幸いです。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

監修者 メディカル・ケア・サービス

  • 認知症高齢者対応のグループホーム運営
  • 自立支援ケア
  • 学研グループと融合したメディア
  • 出版事業
  • 社名: メディカル・ケア・サービス株式会社
  • 設立: 1999年11月24日
  • 代表取締役社長: 山本 教雄
  • 本社: 〒330-6029埼玉県さいたま市中央区新都心11-2ランド·アクシス·タワー29F
  • グループホーム展開
  • 介護付有料老人ホーム展開
  • 小規模多機能型居宅介護
  • その他介護事業所運営
  • 食事管理
  • 栄養提供
  • 福祉用具販売
  • 障がい者雇用

スポンサーリンク