ホーム

認知症を学ぶ

down compression

介護を学ぶ

down compression

専門家から学ぶ

down compression

書籍から学ぶ

down compression

健康を学ぶ

down compression
トップページ>生活>クレジットカード>保険相談の選び方!オンラインと店舗、どちらがおすすめ?

保険相談の選び方!オンラインと店舗、どちらがおすすめ?

保険は私たちの生活にとって重要な役割を果たしていますが、その複雑さから、多くの人々がどの保険が自分に適切なのかを理解するのに苦労しています。

「保険相談」は、そのような疑問を解決するための有効とされる手段であり、専門家の意見を得ることは、自分に適切な保険を探す助けになるでしょう。

しかし、「保険相談」をどこで受けるべきか、どの相談サービスが信頼できるのかという疑問が生じます。

そこで、本記事ではおすすめの保険相談選びについて以下の項目を中心に解説します。

  • 保険相談のメリット・デメリット
  • 保険相談はオンライン、店舗どちらがおすすめか
  • 保険の見直しについて

役立つ情報が満載ですので、ぜひ最後までお読みください。

おすすめの保険相談について

保険相談は、個々のライフスタイルやニーズに合わせた適切な保険を見つけるための重要なプロセスです。

特に生命保険は「不動産の次に高い買い物」といわれることがあるほどです。
そのため保険の選択は慎重に行うべきと考えられています。

保険相談の重要性

保険相談の必要性は、保険が個々のライフステージや状況により変化します。
そして保険は「難しい」と感じられがちですが、それは大きな投資であり、適切な知識と理解が必要とされています。

保険相談を通じ専門家の助けを借りることで、自分自身のニーズに適切な保険を選びましょう

保険相談をするメリット

保険相談のメリットは多岐にわたります。
まず、保険の専門家から直接アドバイスを受けることで、自分の状況に合った保険を見つけやすくなります

また、保険相談は、保険商品の選択を支援するだけでなく、将来的なライフイベントや変化に対応するための保険の調整や見直しもサポートします。

保険が常に適切な状態を保てれば、保険料の無駄遣いを防ぐことが期待できます。

保険の見直しについて

個々のライフステージやニーズに合わせ、そのときどきに保険を適切に調整するのは極めて重要と考えられています。

以下では、保険の見直しのタイミングと、見直されることが多い保険の種類について詳しく説明します。

保険の見直し時期はどんなとき?

保険の見直しは、ライフステージの変化時が最も一般的とされています。

例えば、

  • 就職
  • 結婚
  • 妊娠・出産
  • マイホームの購入
  • 子どもの独立
  • 定年退職

など、ライフスタイルや家族構成の変化によって、必要となる保障額も変動します。
そういった際に保障内容の見直しが必要になる場合が多いといわれています。

また、定期保険の更新時や、保険料が家計を圧迫しているときも見直しのタイミングと考えられます。

どんな保険を見直すことが多い?

見直されることが多い保険の種類は、生命保険医療保険などがあります。
これらの保険は、加入者のライフステージや健康状態、家族構成などによって必要な保障が大きく変わるため、定期的な見直しが必要となります。

また、保険商品自体も日々進化しており、新しい医療技術や治療法に対応した新商品が登場することもあります。
そのため、加入している保険商品が現在の自身の状況や最新の医療技術に適しているかを確認するための見直しも重要となります。

オンラインでの保険相談

オンラインでの保険相談は、自宅や好きな場所で気軽に専門家のアドバイスを受けられる新しい形のサービスです。

特に新型コロナウイルスの影響で外出自粛が呼びかけられている中、来店せずとも来店時と同等のサービスを受けることができるとされています。

オンライン保険相談のメリット

オンライン保険相談のメリットは、外に出ずに自宅でPCやスマートホンなどを用いて相談ができることです。
特に、小さいお子さまがいる場合でも自宅で保険相談に集中できること、そして店舗への移動時間も必要ないため親子ともにストレスを軽減できるでしょう。

また、相談から申込みまで全てオンラインで完結できる保険商品もあります。
お忙しい時は利用を検討してもいいかもしれません。

オンライン保険相談のデメリット

一方で、オンライン保険相談にはいくつかのデメリットも存在します。

まず、インターネット環境が整っていないと、通信が途切れてしまうことがあります。
また、すべての保険商品がそのままオンライン上で加入できるわけではないので注意が必要です。

そして、オンライン保険相談は相手の表情やしぐさで感情を読み取ることが難しい場合があります。

インターネット環境に不安があったり、画面越しのコミュニケーションへ抵抗感をお持ちだったりする方は避けたほうが無難かもしれません。

実店舗での保険相談

保険相談を店舗で行うことは、多くの人々が保険選びにおける重要なステップとして利用しています。
一番スタンダードな方法とされますが、そのメリットとデメリットは何でしょうか。

店舗での保険相談のメリット

店舗での保険相談は、専門家から直接アドバイスを受けることができる大きなメリットがあります。
また、複数の保険会社の商品を比較でき、自分に適切な保険を選ぶための有益な情報を得られます。

さらに、保険ショップは身近な場所にあるため、気軽に立ち寄れます。
そして、保険ショップでは契約後のアフターフォローも提供されており、保険に関する疑問や問題が生じた際にもサポートを受けられます。

店舗での保険相談のデメリット

一方、店舗での保険相談にはいくつかのデメリットも存在します。

まず、担当者の知識や経験によっては、提案される内容に差が出る可能性があります。
また、店舗によって取り扱っている保険会社や商品の数が異なるため、特定の保険商品を探している場合、その商品を取り扱っていない可能性もあります。

さらに、店舗での相談は予約が必要な場合があり、飛び込みでの相談が難しい場合もあります。
これらの点を考慮に入れ、自分に適切な保険相談の方法を選ぶことが重要です。

保険相談窓口の選び方

疑問

昨今、保険相談窓口の数はとても豊富です。
自分に適切な窓口を選ぶ上で選択肢が多いことは喜ばしいですが、その分迷うこともまた多くなると思われます。

以下では、保険相談窓口の選び方と、選ぶ際の注意点について詳しく説明します。

保険相談窓口を選ぶ際にみるポイント

保険相談窓口を選ぶ際には、以下の要素を考慮することが重要です。

相談場所自宅、勤務先、カフェやファミリーレストラン、保険プランナーの事務所、保険ショップなど、相談場所の選択肢は多岐にわたる
取扱保険会社の数保険相談窓口によって、取扱いのある保険会社の数は異なる
保険相談の費用相談だけなら無料であることが多い
設備特に小さなお子様がいるご家庭は、キッズスペースの有無を確認すると良い
企業規模保険相談窓口を選ぶ上で、企業規模も一つのポイント
事業継続年数事業継続年数も保険相談窓口を選ぶ際のポイント
保有資格保険相談を行う担当者の保有資格も重要な選択基準
クチコミや評判自社サイトやクチコミサイトのクチコミ、評判も参考にしてみる

保険会社の数が多ければ多いほど、比較できる保険商品の数が増えます。

また、保険のプロであるファイナンシャルプランナー(FP)が在籍している窓口は、専門的なアドバイスが期待できます。

保険相談窓口を選ぶ際に複数の窓口を利用してみる

保険相談をする際には、ひとつの会社だけでなく、複数の窓口を利用することもできます。

まず、複数の意見を聞くことで、一方的なアドバイスに流されにくくなることが期待できます。
また、複数の窓口で相談することで理解が深まり、納得のいく保険選びの助けになります。

ただし、複数の窓口を利用する際には、比較検討に時間がかかり、加入時期が遅れる可能性もあるため、注意が必要です。

保険相談のプレゼントやキャンペーン

保険相談を誘致するために、多くの企業が保険相談来訪に対してプレゼントやキャンペーンを提供しています。

以下では、プレゼントとキャンペーンの一例をピックアップします。

保険相談利用でもらえるプレゼントの例

保険相談をしたいと感じているときには、企業が提供するプレゼントは保険相談窓口選びに少なからず影響を与えると思われます。

以下にプレゼントやキャンペーンの一例を挙げます。

  • お米や黒毛和牛などの食べ物
  • チョコレートなどの菓子類や銘菓
  • カフェやコーヒーショップの商品券
  • ベビー用品やキッズ用品
  • タオルや洗剤など日用雑貨や消耗品

プレゼント内容は企業によってとても様々です。
もちろん、保険相談をしたからといって必ずその企業で保険を契約しなくてはならない、ということもありません。

一旦どこかに保険相談に行きたいけど決められない、というときには、プレゼント内容を考慮して決定してもいいかもしれません。

無料の保険相談と有料の保険相談

保険相談の窓口には無料の窓口と有料の窓口が存在します。
保険は大きな買い物ともいえます。
そのため、保険相談をする際にはどちらを選ぶべきか迷うこともあるでしょう。

以下では、無料の保険相談窓口と有料の保険相談窓口の違いと、どちらを選べば良いのかについて詳しく解説します。

保険相談の無料窓口と有料窓口の違い

無料の保険相談窓口と有料の保険相談窓口の大きな違いは、その資金源とサービス内容にあります。

無料の保険相談窓口では、相談者が保険に加入すると、その契約から手数料を受け取ることで収益を得ています。
そのため、無料の保険相談窓口では、多くの保険会社と提携しており、多種多様な保険商品を比較できます。

一方、有料の保険相談窓口では、相談料を支払うことでより専門的なアドバイスやサポートを受けられるとされます。
保険見直しや家計管理など幅広く相談できます。

保険についてほぼ知識がない、初歩的なことから相談したいし説明してもらいたい」と思う場合は、豊富な専門知識をもつファイナンシャルプランナーに相談できる有料の保険相談窓口が適しているかもしれません。

保険相談の無料窓口と有料窓口どちらがいい?

保険相談の無料窓口と有料窓口、どちらを選ぶべきかは、相談者のニーズによります。

保険に加入したい、または既存の保険を見直したいと考えている場合、無料の保険相談窓口がおすすめです。
無料の保険相談窓口では、多くの保険商品を比較して保険を選ぶことができます。

一方、事業が絡む相談や大きな資金を動かす場合など、より専門的なアドバイスが必要な場合や詳しい保険の解説などを求める場合は、有料の保険相談窓口を選ぶことを検討してみてください。

ファイナンシャルプランナー(FP)による保険相談とは

ファイナンシャルプランナー(FP)による保険相談は、保険商品の選択や保険に関する疑問を解消するために役立ちます。

FPによる保険相談は、自宅や職場など、好きな場所で行える場合が多いため、利便性が高いとされます。

ただし、FPによって得意・不得意分野があるため、全ての保険商品について詳しく説明できるわけではありません。
また、FPの所属によっても案内できる範囲や対応可否が変わってくるので注意が必要です。

FPに相談したい場合はその相談員がどのような分野に強いのかを事前に確かめてみるのも有用かもしれません。

評価の高い保険相談窓口とは?

保険相談窓口の選択肢は多岐にわたり、一つの場所だけでなく複数の窓口を検討することも重要です。

「モアマニ」では信頼度の高い情報を提供するために独自のアンケート調査を実施しています。
この調査は、21歳から69歳までの男女221名を対象に、インターネットリサーチツール「Fastask」(株式会社ジャストシステム運営)を用いて行われました。

調査対象者の年齢、性別、地域、職業、未婚率、子どもの有無などの要因を考慮し、保険相談窓口の利用経験に基づいて評価を行っています。

その内容から高評価を得ている会社の特徴をピックアップします。

店舗数100店舗以上を持つ窓口
オンライン相談の可否オンライン相談が可能な窓口
電話受付時間年中無休で対応している窓口
予約方法電話とWEBの両方で予約できる窓口

これらの要素を総合的に評価し、おすすめの保険相談窓口を選ぶ際の参考にしていただければ幸いです。

(出典元:保険相談窓口のランキング根拠

おすすめの保険相談に関するよくある質問

以下に、おすすめの保険相談に関するよくある質問をピックアップします。

保険相談を受けるメリットはどのようなものがありますか?

保険相談を受けることで、自分に適切な保険を見つけるための専門的なアドバイスを得られます。
また、保険の種類や特徴、料金などについて詳しく学べます。

どのような保険相談サービスを選べば良いですか? 

信頼できる保険相談サービスは、専門知識を持つアドバイザーが在籍しており、客観的な視点からアドバイスを提供します。
また、自分のライフスタイルやニーズに合わせて保険を選べるようにサポートしてくれます。

保険相談は有料ですか?

保険相談サービスによりますが、一部のサービスでは無料で相談を受けられます。
しかし、有料のサービスの方が詳細なアドバイスを得られることもあります。

保険相談を受ける際に準備しておくべきことは何ですか?

保険相談を受ける際には、自分のライフスタイル、健康状態、将来の目標などについて考えておくと良いでしょう。
これらの情報は、適切な保険を選ぶための重要な参考になります。

保険相談後に保険に加入する義務はありますか?

いいえ、保険相談後に必ずしも保険に加入する義務はありません。
相談はあくまで情報収集の一環であり、最終的な決定は自分自身で行います。

おすすめの保険相談についてのまとめ

ここまでおすすめの保険相談についてご紹介しました。
要点を以下にまとめます。

  • 保険相談には、オンラインと実店舗型があり、忙しい人にはオンラインでの相談もおすすめ
  • 保険相談には、お得なキャンペーンやプレゼントがあるので窓口選びの参考にできる
  • 保険相談窓口には有料のものと無料のものがあり、より専門的な知識が必要な場合は有料窓口の利用も視野に入れたほうがいい

これらの情報が少しでも皆さまのお役に立てば幸いです。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

監修者 メディカル・ケア・サービス

  • 認知症高齢者対応のグループホーム運営
  • 自立支援ケア
  • 学研グループと融合したメディア
  • 出版事業
  • 社名: メディカル・ケア・サービス株式会社
  • 設立: 1999年11月24日
  • 代表取締役社長: 山本 教雄
  • 本社: 〒330-6029埼玉県さいたま市中央区新都心11-2ランド·アクシス·タワー29F
  • グループホーム展開
  • 介護付有料老人ホーム展開
  • 小規模多機能型居宅介護
  • その他介護事業所運営
  • 食事管理
  • 栄養提供
  • 福祉用具販売
  • 障がい者雇用

スポンサーリンク