ホーム

認知症を学ぶ

down compression

介護を学ぶ

down compression

専門家から学ぶ

down compression

書籍から学ぶ

down compression

健康を学ぶ

down compression
トップページ>生活>クレジットカード>バイク保険のおすすめプランの選び方とは?|失敗しないコツを解説!

バイク保険のおすすめプランの選び方とは?|失敗しないコツを解説!

バイクを所有する際、安全で快適な乗り物生活を送るために欠かせないのがバイク保険です。
バイク保険は、事故や盗難などの予期せぬトラブルに備えてリスクを軽減し、安心してバイクに乗ることができるようにサポートしてくれます。
しかし、バイク保険は様々なプランや特典があり、自分にとって適切なものを選ぶのは簡単なことではありません。

では、バイク保険を選ぶ際のポイントはなんでしょうか?

本記事では、おすすめのバイク保険について以下の点を中心にご紹介します。

  • バイク保険のおすすめプランの選び方
  • バイク保険の平均費用
  • 必見!バイク保険おすすめの裏技

バイク保険の加入をご検討中の方は、ぜひ最後までお読みください。

バイク保険とは?

バイクを安心して楽しむためには、万が一の事故に備えることが重要です。
バイク保険は、そんな時に大きな支えとなる制度です。

バイク保険の基本から、なぜ加入が重要なのかを解説します。

バイク保険の基本

バイク保険とは、バイクの運転中に起こりうる事故による損害を補償するための保険です。

具体的には、

  • 事故による自身の怪我
  • 他人への損害賠償
  • バイクの修理費用

などが補償の対象となります。
保険には様々な種類があり、自分のライフスタイルやバイクの使用頻度に合わせて選ぶことが大切です。

バイク保険の種類

バイク保険には、さまざまな種類があり、それぞれ異なる補償を提供しています。

以下は、バイク保険の種類とその特徴、補償内容をまとめた表です。

保険の種類特徴補償内容
自賠責保険(強制保険)法律で加入が義務付けられている保険他人(第三者)の死亡や傷害に対する賠償責任
補償額には限度がある
任意保険自賠責保険の補償範囲を超えるリスクに備える保険
加入は任意
対人・対物賠償、搭乗者傷害、車両保険など、幅広い補償
自賠責保険ではカバーできない自己の損害も対象
対人・対物賠償保険事故によって他人に損害を与えた場合の賠償責任を補償対人賠償は他人の死亡や傷害、対物賠償は他人の財物に対する損害を補償
搭乗者傷害保険バイクの運転中に運転者や同乗者が負傷した場合に補償事故による治療費や休業損害、後遺障害など
車両保険バイク自体の損害を補償
事故や盗難、自然災害による損害が対象
修理費用や、全損の場合の現在価値に基づく補償
無保険車傷害特約保険に加入していない車両や、保険金額が不足している車両による事故の被害を補償無保険車による事故で受けた損害や、保険金額の不足分を補償

なぜバイク保険に加入するのか

バイク保険に加入する最大の理由は、予期せぬ事故から自身と他人を守るためです。
事故が起きた場合、高額な賠償責任や治療費が発生することがありますが、適切な保険に加入していれば、その負担を軽減できます。

また、保険には事故時のサポートサービスが含まれていることも多く、事故の際に心強い味方となります。

バイク保険のおすすめプランの選び方

バイク保険を選ぶ際には、ただ単に安い保険を選ぶのではなく、自分のバイクライフに合ったプランを選ぶことが重要です。

自分に合ったバイク保険の選び方について解説します。

自分のバイク使用頻度を考える

バイクの使用頻度は、保険選びにおいて非常に重要な要素です。
週末のみの使用なのか、毎日の通勤に使うのかによって、必要な保険の内容が変わってきます。

週末のみの利用であれば、比較的リスクは低いかもしれませんが、毎日の通勤で使用する場合は、事故のリスクが高まります。

そのため、使用頻度に応じて、適切な補償内容を選ぶことが大切です。

補償内容をしっかりチェック

バイク保険には様々な補償内容があります。
主なものには、対人賠償対物賠償搭乗者傷害盗難補償などがあります。

自分が最も重視する補償は何かを考え、それがしっかりとカバーされているプランを選ぶことが重要です。

また、不要な補償で保険料を高くしてしまうことのないよう、自分にとって本当に必要な補償内容を選ぶことも大切です。

保険料の支払い方法を確認

バイク保険の保険料は、

  • 一括払い
  • 分割払い
  • 月払い

など、支払い方法によって選べる場合があります。
自分の経済状況に合わせて適切な支払い方法を選ぶことで、保険料の負担を軽減できます。

また、保険会社によっては、前年度無事故の場合に保険料が割引されるなどの特典がある場合もあるため、そのような特典を活用することも一つの方法です。

オンラインでの加入を検討

最近では、オンラインで簡単にバイク保険に加入できるサービスが増えています。
オンラインでの加入は、時間や場所を選ばずに手続きが可能であり、多忙な方にとっては非常に便利です。

また、オンライン専用プランの中には、通常のプランよりも保険料が安い場合もあるため、比較検討する価値があります。

排気量・年代別のバイク保険おすすめプラン

バイクの排気量やライダーの年齢によって、適切なバイク保険プランは異なります。

排気量別、年代別におすすめのバイク保険プランを紹介し、それぞれの特徴や選び方について解説します。

小排気量バイクの保険プラン

小排気量バイク(125cc以下)の保険料は、年齢や使用目的によって大きく変動します。
特に若年層では保険料が高くなる傾向にありますが、ダイレクト型保険の利用や割引制度の活用でコストを抑えることが可能です。

また、小排気量バイクの場合、ファミリーバイク特約を利用することで、さらに保険料を安くすることができます。

中排気量バイクの保険プラン

中排気量バイク(126cc〜250cc)のライダーは、バイクの使用頻度や目的に応じて保険プランを選ぶ必要があります。
通勤や通学などで日常的に使用する場合は、事故リスクが高まるため、充実した補償内容を選ぶことが重要です。

また、保険料の節約のために、補償内容の見直しや保険会社の比較を行うこともおすすめします。

大排気量バイクの保険プラン

大排気量バイク(251cc以上)の保険プランでは、高額な賠償責任や修理費用に対応できるよう、補償額の高いプランを選ぶことが重要です。

また、長距離のツーリングなどを楽しむライダーは、ロードサービスが充実したプランを選ぶことをおすすめします。
保険料を抑えるためには、ゴールド免許割引車両補償の有無を確認することも有効とされます。

年代別の保険プランの選び方

年齢によっても、適切なバイク保険プランは異なります。
若年層では事故リスクを考慮した保険料が高くなりがちですが、適切な補償内容の選択や割引制度の活用でコストを抑えることが可能です。

一方、中高年層では、事故歴に応じた等級割引や、使用目的に合わせたプランの選択が重要になります。

バイク保険おすすめランキングTOP5!

バイク保険は、万が一の事故に備えて自分自身や他人への補償を提供します。
しかし、多くの保険会社から様々なプランが提供されており、どれを選べば良いのか迷ってしまうこともありますよね。

以下は、バイク保険おすすめランキングTOP5を表にまとめたものです。

ランキング保険会社名おすすめ評価ポイント
1位アクサ損害保険(アクサダイレクト)加入・更新手続き、受取額・支払スピード、事故対応
2位チューリッヒ保険保険料、ロードサービスの充実さ
3位三井ダイレクト損害保険事故対応、保険料
4位東京海上日動車両保険の自損事故補償、保険料の割安さ
5位あいおいニッセイ同和損保車両保険の付帯可能性、保険料の割安さ

保険選びの際には、自身のバイクの使用状況や必要とする補償内容を考慮し、適切な保険を選ぶことが重要です。

また、実際の保険料や補償内容の詳細については、各保険会社の公式サイトや資料を参照してください。

バイク保険の平均費用

バイクを所有しているなら、保険は避けて通れない問題です。
しかし、多くのバイクオーナーにとって、保険料のコストは重要な部分です。

バイク保険の平均費用について、排気量でどのように変わるかを詳しく解説します。

バイク保険の費用|小排気量バイク

125cc以下

このカテゴリーには、通常、

  • 原付一種(50cc以下)
  • 原付二種(51ccから125ccまで)

が含まれます。
これらは主に市街地での短距離移動や通勤、通学に適しており、保険料も比較的低めに設定されています。

年間の保険料相場は、約18,000円から30,000円程度です。

バイク保険の費用|中排気量バイク

126ccから400cc

この範囲のバイクは、都市部での使用や週末のツーリングなど、より幅広い用途に適しています。
中排気量バイクは、小排気量バイクよりも高性能であり、保険料もそれに応じて高くなります。

年間の保険料相場は、排気量や年齢、使用目的によって大きく異なりますが、一般的には30,000円以上が目安です。

バイク保険の費用|大排気量バイク

401cc以上

大排気量バイクは、高速道路での長距離移動やスポーツ走行に適しており、最も高性能なカテゴリーです。
これらのバイクは、高い速度とパワーを持っているため、保険料も最も高く設定されています。

年間の保険料相場は、50,000円以上となることが多く、特に高性能なスポーツバイクや大型ツアラーでは、さらに高額な保険料が設定されることもあります。

保険料を抑える方法

保険料を抑えるためには、いくつかの方法があります。

  • ダイレクト型の保険会社を選ぶ
  • 保険会社を比較する
  • 補償内容を見直す
  • ゴールド免許を取得する

などが挙げられます。

また、原付バイクの場合はファミリーバイク特約が利用できることもあり、これを活用することでさらに保険料を下げることが可能です。

バイク保険の加入の流れ

バイク保険に加入する際の流れは、初めての方にとっては複雑に感じるかもしれません。
しかし、事前に必要な情報を集め、どのような手順で進めれば良いか理解しておけば、スムーズに加入手続きを進めることができます。

バイク保険の加入手続きの流れと、契約に必要な書類、注意点について詳しく解説します。

バイク保険の契約に必要なもの

バイク保険を契約する際には、いくつかの書類が必要になります。
これには、

  • バイクの排気量に応じた書類
    (例:標識交付証明書、軽自動車届出済書、車検証など)
  • 運転免許証
  • 保険証券(他社で契約中の場合)

が含まれます。

これらの書類を事前に準備しておくことで、見積もりの取得や申し込みがスムーズに行えます。

バイク保険の契約までの流れ

バイク保険の加入手続きは、以下のステップで進められます。

  1. 補償プランの検討:自分に必要な補償内容を考えます。
  2. 見積もりの取得:保険会社から見積もりを取得します。
  3. 保険料や補償内容の決定:見積もりを基に、最終的な保険料や補償内容を決めます。
  4. 契約内容の確認と申し込み:契約内容を確認し、申し込みを行います。
  5. 保険料の支払いと補償開始:保険料を支払い、補償を開始します。

契約時に気を付けるポイント

バイク保険の契約時には、いくつかのポイントに注意が必要です。

例えば、保険会社の乗り換えを検討している場合は、等級の引き継ぎに関するルールに注意する必要があります。

また、契約内容が自分のニーズに合っているかどうかを十分に検討し、余裕を持って契約手続きを行うことが重要です。

必見!バイク保険おすすめの裏技

バイク保険の保険料は、乗る頻度や保険の補償内容によって大きく変わります。
特に、あまり乗らないバイクの場合、高額な保険料を支払うのはもったいないと感じるかもしれません。

バイク保険の保険料を合理的に抑えるための裏技をご紹介します。

補償内容の見直し

あまり乗らないバイクの保険料を抑える最も簡単な方法は、現在加入している補償内容を見直すことです。
特に、運転者年齢条件の設定や、他の保険でカバーできる補償がないかを検討することが重要です。

年齢条件を適切に設定するだけでも、保険料を大幅に安くすることが可能です。

ネット型バイク保険への乗り換え

代理店型のバイク保険に加入している場合、ネット型の保険に乗り換えることで保険料を安く抑えることができます。

ネット型の保険は、インターネット割引が適用される場合が多く、年間予定走行距離に応じて保険料が安くなるため、あまり乗らないバイクには特におすすめです。

保険の中断

一定期間バイクに乗らないことが決まっている場合、保険を中断することも選択肢の一つです。
保険を中断すると、残りの保険期間分の解約保険料が戻ってくる場合があります。

また、中断証明書を発行してもらうことで、最大で10年間等級(割引)を維持することができます。

無事故で保険料が安くなる?無事故祝金とは?

自動車やバイクの保険において、無事故であることが保険料の割引につながることはよく知られています。
しかし、無事故祝金という制度を知っていますか?

無事故でいることがどのように保険料の削減に貢献するのか、また無事故祝金とは何かについて詳しく解説します。

無事故割引とは?

無事故割引は、保険期間中に事故を起こさなかった場合に、次年度の保険料が割引される制度です。

この割引は、事故を起こさないことでリスクが低いと評価されるために適用されます。

割引率は保険会社や契約内容によって異なりますが、長期間無事故であればあるほど割引率は高くなる傾向にあります。

無事故祝金とは?

無事故祝金は、一定期間無事故であった場合に、保険会社から支払われる特典やボーナスのことを指します。

これは、無事故割引とは異なり、保険料の割引ではなく、現金や商品券などの形で直接インセンティブが提供されるケースが多いです。

無事故祝金の条件や内容は保険会社によって大きく異なるため、契約時に詳細を確認することが重要です。

無事故で保険料を安くする方法

無事故で保険料を安くするためには、無事故割引無事故祝金の制度を上手く利用することがポイントです。

また、保険契約を見直し、実際の運転状況に合わせた適切な補償内容に調整することも、保険料を節約する上で効果的とされます。
さらに、安全運転を心がけることで、事故のリスクを減らし、長期的に保険料の削減につなげることができます。

(出典:無事故祝金付ロング

おすすめのバイク保険に関するよくある質問|Q&A

ここでは、よくある質問に答えていきます。

バイクの保険料の平均はいくらですか?

バイクの保険料の平均は、

  • バイクの種類や排気量
  • 運転者の年齢や運転歴
  • 選択する補償内容

によって大きく異なります。

一般的に、年間数千円から数万円の範囲で、より広範な補償を求めるほど、また排気量が大きいバイクほど保険料は高くなります。

250ccバイクに任意保険は必要ですか?

はい、必要です。
250ccバイクは、事故時の損害が大きくなる可能性があります。

自賠責保険だけでは補償が不十分な場合が多いため、任意保険に加入しておくことで、より充実した補償を得ることができます。

バイクの保険には何種類ありますか?

バイクの保険には大きく分けて、自賠責保険(強制保険)任意保険があります。

任意保険の中にも、対人・対物賠償保険、搭乗者傷害保険、車両保険など、さまざまな補償内容のプランが存在します。

250ccのバイクの自賠責保険は5年でいくらですか?

250ccバイクの自賠責保険の5年間の保険料は、更新時期や地域によって若干の違いはありますが、一般的には約30,000円前後となることが多いです。

正確な金額は、保険会社で確認することが重要です。

おすすめのバイク保険まとめ

今回はおすすめのバイク保険についてご紹介しました。
要点を以下にまとめます。

  • バイク保険のおすすめプランの選び方は、自分のバイク使用頻度を考える、補償内容をしっかりチェックする、保険料の支払い方法を確認する、オンラインでの加入を検討することが重要
  • バイク保険の平均費用は、排気量や使用目的によって金額が異なり、平均約18,000円~50,000円以上になる
  • バイク保険おすすめの裏技は、補償内容の見直し、ネット型バイク保険への乗り換え、バイクを一定期間使用しない場合は、保険の中断も視野にいれることが重要

これらの情報が少しでも皆様のお役に立てば幸いです。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。



監修者 メディカル・ケア・サービス

  • 認知症高齢者対応のグループホーム運営
  • 自立支援ケア
  • 学研グループと融合したメディア
  • 出版事業
  • 社名: メディカル・ケア・サービス株式会社
  • 設立: 1999年11月24日
  • 代表取締役社長: 山本 教雄
  • 本社: 〒330-6029埼玉県さいたま市中央区新都心11-2ランド·アクシス·タワー29F
  • グループホーム展開
  • 介護付有料老人ホーム展開
  • 小規模多機能型居宅介護
  • その他介護事業所運営
  • 食事管理
  • 栄養提供
  • 福祉用具販売
  • 障がい者雇用

スポンサーリンク