ホーム

認知症を学ぶ

down compression

介護を学ぶ

down compression

専門家から学ぶ

down compression

書籍から学ぶ

down compression

健康を学ぶ

down compression
健達ねっと>障害を学ぶ>障害年金をもらえない人がいるのはなぜ?要件、初診から未納まで

障害年金をもらえない人がいるのはなぜ?要件、初診から未納まで

事故や病気は誰にでも起こり得る事態であり、多くの場合、突然の出来事によって生じます。
そんな中で、障害年金は、多くの人々が働けなくなった場合の安全網として期待されています。

しかし、実際には全ての人が受給できるわけではありません
では、なぜ一部の人々は障害年金を受けられないのでしょうか?

そこで本記事では以下の項目を中心に解説します。

  • 障害年金をもらえない理由は?
  • 障害年金をもらうには?
  • 障害年金と他の支援制度はどちらを受けた方が良い?

最後までお読みいただければ、この問題に対する理解を深められるでしょう。

スポンサーリンク

障害年金の基本要件

障害年金を受けるためには、いくつかの基本的な要件と条件があります。
これらの要件を理解し、適切に対応することが、障害年金の受給に至るための重要なステップです。

障害年金とは?

障害年金は、障害を持つ人々に支給される年金制度の一つです。
この年金は主に「障害基礎年金」と「障害厚生年金」の2種類があります。

受給するためには、「初診日要件」「保険料納付要件」「障害状態該当要件」の3つを満たす必要があります。
これらの要件は、障害年金の受給資格を確認する上で非常に重要です。

保険料納付期間

保険料の納付状況は、障害年金の受給資格に直接影響を与えます。

具体的には、初診日の前日において、保険料の納付済期間が一定以上必要です。
未納があると、年金の受給資格が失われる可能性があります。

この点には特に注意が必要です。

初診日の重要性

初診日とは、障害の原因となった病気やケガで初めて医師の診療を受けた日のことです。
この日が「国民年金」または「厚生年金保険」の被保険者期間内の必要があります。

初診日を特定し、それを証明できる書類が必要です。
この要件は、障害年金の基本要件として非常に重要な位置を占めています。

スポンサーリンク

障害年金をもらえない主な理由

障害年金は、多くの日本人にとって重要な生活費の一部となる制度です。

しかし、全ての人がこの制度の恩恵を受けられるわけではありません。
障害年金をもらえない主な理由としては、年収が高い場合保険料の未納精神的・発達障害うつ病やその他の疾患があります。

障害年金をもらえない理由|年収が高い

年収が高いと、障害年金の受給が難しくなる可能性があります。
これは、年金制度が所得に応じて調整されるためです。

年収が一定額以上の場合、障害年金の受給資格が制限されることが多く、その結果、高所得者はこの制度の恩恵を受けにくくなります。
対策としては、年収が高い場合でも、医療費やリハビリテーション費用などの支出が多い場合は、それを証明することで受給資格を得られる可能性があります。

障害年金をもらえない理由|保険料未納

保険料を未納した場合、障害年金の受給資格を失う可能性が高くなります
未納が続くと、年金制度から除外され、将来的に障害が発生した場合でも支給されない可能性があります。

このような状況を避けるためには、未納が発生した場合は速やかに支払いを済ませることが重要です。

障害年金をもらえない理由|精神的・発達障害がある

精神的障害や発達障害がある場合、障害年金の受給資格を得るのが難しい場合があります。
これは、精神的・発達障害が物理的な障害とは異なり、診断が主観的な要素を多く含むためです。

しかし、専門医の診断書や治療履歴をしっかりと提出することで、受給資格を得られる可能性が高まります。

障害年金をもらえない理由|うつ病やその他の疾患がある

うつ病やその他の疾患がある場合も、障害年金の受給が難しくなる可能性があります。
特に、症状が軽度であると判断された場合、受給資格が制限されることが多いです。

しかし、症状が重度であると証明できれば、受給資格を得ることが可能です。
そのため、医師の診断書や治療履歴をしっかりと提出することが重要です。

関連記事

うつ病の初期症状には、気分が落ち込んだり、眠れなくなるなどの症状があらわれます。また、治療には十分な休養が必要で、職場などのストレスがある環境から離れて休むことも必要です。しかし、経済的な理由で仕事を辞められず、休養が取れない方[…]

障害年金もらえない人の対処法

障害年金の受給にはいくつかの要件があり、それらを満たしていない場合、受給が難しくなることがあります。

保険料の後納や特例納付

保険料の納付状況は、障害年金の受給において非常に重要です。
初診日の前日の時点で、保険料が一定期間納付されているかどうかが受給の可否に影響します。

経済的な理由で保険料が払えない場合でも、保険料免除申請や特例納付の手続きを行うことで、受給の可能性が高まります。

初診日の証明方法

初診日の証明は、障害年金の受給要件の一つです。
診断書や病歴状況等申し立て書の内容に差があると、受給が難しくなる場合があります。

そのため、医師に診断書を依頼する際には、何を伝えるべきかをしっかりと理解しておくことが重要です。

障害の程度を証明する手段

精神疾患などの内部疾患では、数値で障害の程度を明確にすることが難しい場合があります。
そのため、就労状況や日常生活の状況が判定の一つとなることがあります。

専門家のサポートを利用することで、受給の可能性を高められます。

働けない場合の代替手段

障害年金が受けられない場合でも、障害者雇用やリハビリ出勤、パート勤務などの代替手段があります。

また、社会保険労務士などの専門家に相談することで、より具体的な対処法を見つけられます。

スポンサーリンク

障害年金を受けられる確率は?

障害年金を受けられる確率は多くの要因に依存します。
これには、障害の種類、程度、地域、申請手続きの正確さなどが含まれます。

障害年金の受給確率の統計データ

厚生労働省のデータによると、障害年金の受給確率は障害の種類や地域によって大きく異なる可能性があります。

例えば、精神障害・知的障害や肢体障害が多く、都道府県別の支給決定割合も異なります。
新規裁定においては、障害基礎年金は80%台〜70%台、障害厚生年金は90%台〜80%台となっています。

障害年金の受給確率を高める方法

障害年金の受給確率を高めるためには、いくつかの具体的なステップが考えられます。
まず、正確な診断書と詳細な医療記録を提出することが重要です。

次に、申請手続きを専門家(例:社会保険労務士や弁護士)と共に行うことで、申請の成功確率が高まる可能性があります。

また、更新期間が1年〜3年の間で設定されることが多いため、その期間内に再認定を受ける準備をすることも重要です。

健達ねっとECサイト

障害年金と他の支援制度の比較

日本国内で障害を持つ人々に提供されているさまざまな支援制度の中で、障害年金は特に注目される制度の一つです。
障害の状態に応じて国からの経済的支援を受けられるこの制度は、多くの人々にとって生計を支える大きな柱となっています。

しかし、障害年金だけでなく、他にもさまざまな支援制度が存在します。

それぞれの制度は、異なる目的や対象者、サービス内容を持っています。

障害年金と障害者手帳

障害者手帳は、障害の状態に応じて交付される公的な証明書として知られています。
この手帳を持っていると、公共料金の割引や税金の減免などの優遇サービスを受けられます。

一方、障害年金は経済的な支援を目的とした制度で、月々の現金が支給される点で、障害者手帳とは大きく異なります。

障害者手帳はサービスの受け取りを目的としているのに対し、障害年金は生計を支えるための経済的な支援を提供する点で特徴があります。

障害年金と障害者雇用制度

障害者雇用制度は、障害を持つ人々が働く機会を増やすための制度として広く知られています。
企業や公的機関は、一定の割合で障害者を雇用することが義務付けられています

障害年金との大きな違いは、雇用制度は就労を目的としているのに対し、障害年金は障害の状態に応じた経済的な支援を提供することを目的としています。

障害年金と生活保護

生活保護は、生計を立てることが困難な人々に対して、生活の基盤を保障するための経済的な支援を提供する制度です。
障害年金との違いは、支給対象の範囲にあります。

生活保護は生計を立てることが困難な全ての人々を対象としているのに対し、障害年金は障害の状態に応じて支援を受けられる点です。

薬の使い方

障害年金の申請を拒否された場合の対処法

障害年金の申請が拒否されたときの感情は、多くの人々にとって怒りや深いショックとなるでしょう。
しかし、障害年金の申請拒否の対処法を知ることで、成功への道を見つけられます。

障害年金の再申請の方法

障害年金の申請が拒否された場合、最初に考慮すべきは再申請です。
再申請の際には、初めの申請時に提出した書類や診断書を再確認し、不足している情報や誤りを修正することが重要です。

また、医師の意見書や新しい診断書を取得することで、申請の成功率を高められます。

訴訟を起こす選択肢

再申請が拒否された場合、控訴を考えることもできます。
訴訟を起こす前に、弁護士と相談し、訴訟のメリットやデメリットをしっかりと理解することが必要です。

訴訟は時間と費用がかかるため、十分な下調べと準備が必要です。

専門家のアドバイスと成功事例

障害年金の申請を成功させるためには、専門家のアドバイスが有効です。
ここでいう専門家とは、弁護士や社会保険労務士を指します。

過去の成功事例や失敗事例をもとに、申請者に適切なアドバイスを提供してもらいましょう。

成功事例を参考にすることで、自身の申請戦略を見直すヒントを得られます。

障害年金と税金

障害年金と税金の関係性についての情報を詳しく提供します。
障害年金は非課税所得として知られており、所得税の対象外となっています。

しかし、年金の種類や受給状況によっては税金の取り扱いが異なることがあります。

税金の特例と障害年金

障害年金は非課税所得であるため、所得税の対象となりません。

また、遺族年金も同様に所得税の対象外となっています。

一方、老齢年金は雑所得として認識され、所得税の対象となります。
年金の受給権が複数存在する場合、各年金の合計額や非課税の状況を考慮し、税金負担を最小限にする受給方法を選択することが推奨されます。

年収が高い場合の税金影響

年収が高い場合、所得税だけでなく、課税所得に応じた住民税や国民健康保険料の増加も考慮する必要があります。

老齢年金障害年金遺族年金の受給権が同時に存在する場合、特に注意が必要です。
これらの年金の組み合わせや合計額によって税金の取り扱いが変わることがあるため、注意が必要です。

保険料の未納があった場合の税金影響

保険料の未納がある場合でも、税金の取り扱いに大きな影響はありません。
しかし、社会保険の扶養に関しては影響を受けることが考えられます。

例えば、障害年金の受給額が年間180万円以上の場合、家族の健康保険の扶養から外れるリスクがあります。

また、障害厚生年金2級を受給している場合、国民年金については法定免除が適用されます。
免除申請を行うことで国民年金保険料の支払いを免除されることが可能です。

身体障害の等級分けについて、詳しく知りたい方は、こちらの記事も是非ご覧ください。

関連記事

身体の一部が思うように動かない経験をしたことはありますか?「身体の障害」とは、身体の一部または全体の機能が損傷している状態を指します。日常生活の中で「階段の昇降が難しい」「物を掴むのが困難」といった症状を感じることがあります[…]

IMG

スポンサーリンク

障害年金を受けられるかどうかの診断チェックリスト

障害年金は、病気やケガにより働けなくなったり、仕事に制限を受けるような場合に支給される年金です。
しかし、障害年金の受給資格を持っているかどうかを知るための明確な基準や手続きが必要です。

障害年金の受給資格を自己診断するためにも簡単なチェックリストを確認してみましょう。

診断チェックリスト

  • 公的年金に加入していること
  • 病気やケガにより働けなくなったり、仕事に制限を受けること
  • 障害の程度や種類に応じた受給要件を満たすこと

各項目の詳細説明

このチェックリストは、障害年金の受給資格を確認するための基本的なガイドラインとして使用できます。

具体的な項目の詳細について見ていきましょう。

公的年金に加入していること

障害年金は公的年金の一部として提供されるため、公的年金に加入していることが受給の基本条件となります。

病気やケガによる制約

障害年金の受給資格を持つためには、病気やケガにより働けなくなったり、仕事に制限を受けることが必要です。

障害の程度や種類

障害の程度や種類に応じて、受給資格や受給額が異なります。

例えば、がんやその他の悪性新生物による障害の場合、障害の程度や症状、治療の効果などが考慮されます。

診断結果に基づく次のステップ

診断チェックリストを使用して障害年金の受給資格を確認した後、次のステップは具体的な申請手続きを開始することです。
申請手続きには、必要な書類の提出や医師の診断書の取得などが含まれます。

また、申請の際には専門家のアドバイスやサポートを受けることも考慮すると良いでしょう。

スポンサーリンク

障害年金をもらえない人についてのよくある質問

障害年金を受け取るための基本的な要件は何ですか?

障害年金を受け取るためには、障害の程度保険料の納付期間障害の原因など、いくつかの要件を満たす必要があります。
これらの要件を満たさない場合、年金を受け取ることはできません。

仕事をしていて障害がある場合、障害年金は受け取れますか?

仕事をしているかどうかは、障害年金の受給資格を直接決定するものではありません。
しかし、障害の程度や種類によっては、受給資格が影響を受けることがあります。

一度障害年金の申請を却下された場合、再申請は可能ですか?

はい、再申請は可能です。
しかし、再申請する際には、却下の理由を明確に理解し、必要な書類や証明を整えることが重要です。

障害の程度が軽度の場合、障害年金は受け取れますか?

障害の程度によっては、障害年金の受給資格が制限されることがあります。
軽度の障害の場合、特定の条件下でしか年金を受け取れないことがあります。

障害が外国で発生した場合、日本の障害年金は受け取れますか?

それは日本とその国との間に社会保障協定が結ばれているかどうかによります。
協定が結ばれている国の場合、一定の条件下で日本の障害年金を受け取ることが可能です。

しかし、協定がない国の場合は、受給資格が制限されることがあります。

スポンサーリンク

障害年金をもらえない人のまとめ

ここまで障害年金をもらえない人についてご紹介しました。
要点を以下にまとめます。

  • 障害年金をもらえない理由は年収が障害年金の規定範囲よりも多い場合や、保険料が未納である場合
  • 障害年金をもらうには保険料をしっかり納め、障害の程度や初診日を証明できるようにしておくこと
  • 障害年金と障害者手帳や障害者雇用制度などの支援制度は支援の目的が違うことがほとんどであり、自分に必要なものを適宜受けるべき

これらの情報が少しでも皆さまのお役に立てば幸いです。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

監修者 メディカル・ケア・サービス

  • 認知症高齢者対応のグループホーム運営
  • 自立支援ケア
  • 学研グループと融合したメディア
  • 出版事業
  • 社名: メディカル・ケア・サービス株式会社
  • 設立: 1999年11月24日
  • 代表取締役社長: 山本 教雄
  • 本社: 〒330-6029埼玉県さいたま市中央区新都心11-2ランド·アクシス·タワー29F
  • グループホーム展開
  • 介護付有料老人ホーム展開
  • 小規模多機能型居宅介護
  • その他介護事業所運営
  • 食事管理
  • 栄養提供
  • 福祉用具販売
  • 障がい者雇用

スポンサーリンク