ホーム

認知症を学ぶ

down compression

介護を学ぶ

down compression

専門家から学ぶ

down compression

書籍から学ぶ

down compression

健康を学ぶ

down compression
トップページ>障害を学ぶ>障害年金のデメリットについて|知っておくべき重要なポイント

障害年金のデメリットについて|知っておくべき重要なポイント

障害年金は、障害を持つ人々にとって重要な生活費の一部を補う制度です。
障害年金が提供する安定した収入は、多くの人にとって心強い存在です。
しかし、それだけでなくデメリットも存在するのは事実です。

また、多くの人が障害年金についての詳細や手続きについて不明確な点を抱えています。

そこで本記事では以下の項目を中心に解説します。

  • 障害年金の目的
  • 障害年金の持つデメリット
  • 障害年金の受給条件

最後までお読みいただき、より障害年金への理解が進めば幸いです。

スポンサーリンク

障害年金とは

障害年金とは、日本の社会保障制度において、病気やけがによって障害が生じた場合に支給される年金です。
この制度は、視覚障害、聴覚障害、肢体不自由などの身体的障害だけでなく、がんや糖尿病などの長期療養が必要な病気、または精神的障害にも対応しています。

障害年金は、多くの人々にとって「人生のもしも」を支える重要な手段とされています。

障害年金の定義と目的

障害年金は、病気やけがによって障害状態に陥った人々に、生活を支えるために支給される年金です。
障害状態とは、身体的障害だけでなく、長期療養が必要な病気や精神的障害によって、仕事や生活が著しく制限される状態を指します。
障害者手帳の有無にかかわらず、この年金を受けられます。

この制度の主な目的は、障害によって生じた生活の困難を和らげ、安定した生活を送れるように支援することです。

障害年金と基礎年金の関連性

障害年金には、「障害基礎年金」と「障害厚生年金」の二種類が存在します。
障害基礎年金は、国民年金の被保険者に支給されるものであり、障害厚生年金は、厚生年金の被保険者に支給されます

厚生年金の被保険者は、原則として国民年金の第2号被保険者でもあります。
1級・2級の障害を持つ場合、並行して障害基礎年金も支給されます。

障害年金の支給要件や額は、加入している年金制度や障害の程度、家庭状況などによって異なります。

このように、基礎年金と障害年金は密接に関連しており、どちらも「人生のもしも」を支える重要な社会保障制度となっています。

スポンサーリンク

障害年金の受給条件と必要な申請手続き

障害年金を受け取るためには、いくつかの重要な条件と手続きが必要です。

障害年金の受給条件

障害年金を受け取るためには、まず「初診日要件」を満たす必要があります。
これは、障害の原因となった病気やけがの初診日が、年金制度に加入している期間中であることを意味します。

また、保険料の納付状況も考慮され、一定期間以上の納付が必要です。
さらに、障害の程度も評価され、法で定められた基準に適合している必要があります。

障害年金に必要な申請手続き

障害年金を申請するには、いくつかの書類が必要です。
最も重要なのは、医師が作成する診断書です。

この他にも、初診日を証明する書類や、保険料の納付状況を示す書類が必要となります。また、オンラインまたは窓口での申請が可能です。

障害年金の申請期間と救済措置

障害年金の申請は、障害が確定した日から一定期間内に行う必要があります。
この期間を過ぎると、申請は受け付けられない場合があります。

また、申請が遅れた場合の救済措置や例外条件についても説明します。

障害年金のデメリット

障害年金は、病気やけがによって働けなくなった人々に支給される公的な支援制度です。
この制度は多くの人々にとって経済的な安定をもたらしていますが、受給する際にはいくつかのデメリットが存在します。

これらのデメリットを事前に理解することで、後悔することなく、より効果的に障害年金を活用できます。

障害年金のデメリット|定額の問題

障害年金の支給額は一般的にはそれほど高くありません
この低い支給額が生活費に足りない場合、受給者は経済的な困難に直面する可能性があります。

特に、高額な医療費やリハビリ費用が必要な場合、障害年金だけでは賄いきれないことが多いです。

障害年金のデメリット|他の年金の併用制限

障害年金は、他の公的年金との併用が限られています

例えば、老齢年金や遺族年金との併用が制限されているケースがあります。
これにより、受給者は他の年金制度の恩恵を十分に受けられない可能性があります。

障害年金のデメリット|障害年金受給期間の制限

障害年金の受給には期間制限が存在する場合があります。
特に、一時的な障害である場合、受給期間が短く設定されることがあります。

このような制限により、長期的な支援が必要な人々にとっては不十分な場合もあります。

スポンサーリンク

65歳以上で障害年金を受給するデメリット

65歳以上で障害年金を受給する場合、特有のデメリットがいくつか存在します。

以下では、年金併用の問題と高齢者特有の制限について詳しく解説します。
年金制度の仕組みや高齢者が直面する可能性のある制限に起因するこれらのデメリットを理解することで、より賢い選択ができるでしょう。

障害年金と年金を併用する際のデメリット

高齢者が他の年金と障害年金を併用する際には、いくつかの問題が生じる可能性があります。

特に、障害年金と他の収入の合計が年間180万円を超える場合、配偶者の扶養から外れるリスクがあります。
この状況になると、自分で国民年金保険料や国民健康保険料を納める必要が出てくる場合があります。

さらに、20歳前の傷病で障害基礎年金を受けている場合には所得制限が存在します。

高齢者特有の制限

65歳以上で障害年金を受給する場合、年齢による制限も考慮する必要があります。

例えば、障害基礎年金を受給しているご本人が亡くなった場合、配偶者への寡婦年金や遺族への死亡一時金は支給されません。

また、障害年金を受給すると、国民年金の保険料が法定免除となる場合がありますが、その免除期間中の老齢基礎年金が減額される可能性があります。

健達ねっとECサイト

障害年金と働く場合の制限

障害年金を受給しながら働く場合には、いくつかの制限が存在します。

これらの制限は主に収入と法的要件に関連しています。

障害年金を受給しながら働く場合の収入制限

障害年金を受給しながら働く場合、収入には一定の制限があります。
特に20歳未満で障害を持つ場合、所得が一定額を超えると障害基礎年金の一部または全部が支給停止となる可能性があります。

この収入制限は主に「20歳前傷病による障害基礎年金」に適用されます。
この年金は、就労などによって得た所得が一定額以上の場合、年金の一部または全部が支給停止となる場合があります。

具体的な所得制限の額は、厚生労働省が定める基準に基づきます。

収入制限の具体的な計算方法

収入制限は2段階制で、一定額を超過すると支給が停止されます。

例えば、単身世帯の場合、所得制限なしの年収3,704,000円以下は全額支給されます。
2人以上の世帯では、扶養親族数に応じて所得制限額が増加します。

収入があっても受給可能な特例

特定の条件下では、収入があっても障害基礎年金を全額受給することが可能です。
これには、療養状況や仕事の内容、就労状況などが考慮されます。

働く場合の法的制限

障害年金を受給しながら働く場合、法的な制限も存在します。
これには、障害の種類や程度、就労状況などが影響を与えます。

障害の種類による制限

障害年金の支給要件には「労働が著しい制限を受けるか、労働に著しい制限を加えることを必要とする」という文言が含まれています。
この要件は、特に精神・神経系統・がんや難病などの内科的疾患に該当します。

就労状況による制限

働いている状況によっては、障害年金の支給が続く場合もあります。

例えば、労働に従事しているが、その療養状況や仕事の内容、就労状況、仕事場で受けている援助の内容などが考慮される場合があります。

審査機関への正確な報告が重要

このような状況を審査機関に正しく伝えることが非常に重要です。
誤った情報が提供されると、支給が停止される可能性が高まります。

薬の使い方

障害年金と税金

障害年金と税金は、多くの障害を持つ人々にとって重要な問題です。
一般的に、障害年金は非課税所得とされ、所得税の対象外です。

しかし、年金の種類や受給状況によっては、税金負担が変わる可能性があります。

障害年金と税金優遇措置

障害年金は基本的に非課税所得であり、所得税の対象にはなりません
遺族年金も同様に所得税の対象外です。

しかし、老齢年金は雑所得として扱われ、所得税の対象となります。
さらに、所得額に応じて住民税や国民健康保険料も影響を受ける可能性があります。

複数の年金(老齢年金、障害年金、遺族年金)の受給権がある場合、それぞれの年金を組み合わせて最も税金負担が少ない方法を選択することが推奨されます。

障害年金と税金負担の増加

障害年金は非課税所得であるため、基本的には税金負担は増えません。
しかし、障害年金以外の収入がある場合や、家族の健康保険の扶養に入っている場合は注意が必要です。

年間収入が180万円以上になると、家族の健康保険の扶養から外れ、国民健康保険に個人で加入する必要があります。

また、50歳で厚生年金に加入している人が障害厚生年金を受給すると、その年金額が年間180万円以上になる場合、家族の扶養から外れてしまいます。

このような状況では、国民年金にも加入する必要があり、その場合は法定免除の選択が可能です。

障害年金と社会的評価

障害年金は、多くの人々にとって生計を立てる手段の一つです。
しかし、受給者に対する社会的評価は必ずしもポジティブとは言えません。

障害年金と社会的偏見

障害年金受給者に対する社会的偏見は、多くの場合、制度の誤解や知識の不足から生じます。
一部の人々は、障害年金受給者を「働かない人々」とみなし、その能力や貢献を過小評価する傾向があります。

このような偏見は、受給者自身の心理的ストレスを高めるだけでなく、職場での差別や社会参加の障壁ともなります。

障害年金とネガティブなレッテル

障害年金受給者に対して貼られるネガティブなレッテルは、多くの場合、「怠け者」や「社会の負担」といった形で現れます。

これらのレッテルは、受給者が新しい仕事を見つける際や、社会活動に参加する際に大きな障害となります。
特に、障害の程度が外見で判断できない場合、周囲からの理解を得ることが一層困難になります。

スポンサーリンク

障害年金とメンタルヘルス

障害年金は、身体や精神の障害によって生活や就労が困難になった人々に対して、日本国内で支給される制度です。
特に、障害年金とメンタルヘルスとの関連性は多くの人々にとって重要な問題です。

メンタルヘルスへの影響

障害年金を受け取ることで、多くの人々は精神的な安定を感じる場合があります。
年金が支給されることで、生活費の心配が減少し、ストレスが軽減されると言われています。

しかし、年金受給のプロセス自体がストレスフルであり、申請に必要な書類や診断、面接などが精神的に負担となることも少なくありません。

特に、年金の申請手続きは複雑であり、そのプロセスが精神的な負担となることも考えられます。

ADHD等の特定疾患でのデメリット

ADHDやその他の特定の疾患で障害年金を受給する場合、いくつかのデメリットが存在します。

例えば、ADHDの場合、症状が不定期であるため、障害の程度を証明するのが難しい場合があります。
さらに、特定の疾患に対する社会的な偏見や誤解が、年金申請の際にネガティブな影響を与える可能性もあります。

年金受給が確定した後も、継続的な医療診断が必要となり、そのプロセスが精神的な負担となることも考えられます。

関連記事

うつ病の初期症状には、気分が落ち込んだり、眠れなくなるなどの症状があらわれます。また、治療には十分な休養が必要で、職場などのストレスがある環境から離れて休むことも必要です。しかし、経済的な理由で仕事を辞められず、休養が取れない方[…]

スポンサーリンク

障害年金のデメリットのまとめ

ここまで障害年金のデメリットについてご紹介しました。
要点を以下にまとめます。

  • 障害年金の目的はけがや病気などの障害によって生じた生活の困難を和らげ、安定した生活を送れるように支援すること
  • 障害年金の持つデメリットは単純に支給額が少ないことや受給のための制限、ついて回る社会的な偏見
  • 障害年金の受給条件は「初診日要件」を満たしていること・一定以上の保険料納付があり、働きながら受給する場合はこれに「一定以下の収入」が追加される

これらの情報が少しでも皆さまのお役に立てば幸いです。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

監修者 メディカル・ケア・サービス

  • 認知症高齢者対応のグループホーム運営
  • 自立支援ケア
  • 学研グループと融合したメディア
  • 出版事業
  • 社名: メディカル・ケア・サービス株式会社
  • 設立: 1999年11月24日
  • 代表取締役社長: 山本 教雄
  • 本社: 〒330-6029埼玉県さいたま市中央区新都心11-2ランド·アクシス·タワー29F
  • グループホーム展開
  • 介護付有料老人ホーム展開
  • 小規模多機能型居宅介護
  • その他介護事業所運営
  • 食事管理
  • 栄養提供
  • 福祉用具販売
  • 障がい者雇用

スポンサーリンク