ホーム

認知症を学ぶ

down compression

介護を学ぶ

down compression

専門家から学ぶ

down compression

書籍から学ぶ

down compression

健康を学ぶ

down compression
トップページ>障害を学ぶ>突発性難聴の治し方は?|症状から自力で改善する方法まで

突発性難聴の治し方は?|症状から自力で改善する方法まで

スポンサーリンク

突発性難聴の治し方について

突然、片方の耳が聞こえなくなる「突発性難聴」。
多くの人が一度はこの言葉を耳にしたことがあるでしょう。

突発性難聴は、多くの人が経験することなく一生を終えるかもしれませんが、実際に発症した場合、その恐怖や不安は計り知れません。

突発性難聴は本当に突然に発症するのでしょうか?
そして、どのようにして治療すれば良いのでしょうか?

本記事では以下の点を中心に解説します。

  • 突発性難聴の原因と症状について
  • 突発性難聴は自力で治せるのか?
  • 突発性難聴の治療方法について

突発性難聴の治し方について参考になる情報を得られるので、ぜひ最後までお読みください。

以下の記事では、突発性難聴かどうか確認する方法を紹介しています。
不安な方はぜひ一度確認してみてください。

関連記事

突発性難聴の自己チェックについてある日突然、片耳だけ聞こえなくなる経験をしたことはありますか?それは突発性難聴の可能性があります。突発性難聴はある日突然、聴力の低下を引き起こす症状で、私たちの日常生活に大きな影響を及ぼすことがありま[…]

スポンサーリンク

突発性難聴とは

突発性難聴は、突然の耳の聞こえの低下を特徴とする感音難聴の一つです。
特に40〜60歳代に多く見られるこの疾患は、日本で年間1万人に1〜3人が影響を受けています。

前日までの明瞭な聞こえが、一夜にして変わるこの状態の原因は、まだ完全には解明されていません。

突発性難聴とは何か?

突発性難聴は、原因不明の感音難聴として知られ、内耳や脳の異常が主な原因とされています。
この「突発性」という言葉は、「突然」や「原因不明」を意味します。
子供から高齢者まで、どの年齢層でも発症する可能性がありますが、特に中年層に多いのが特徴です。

症状としては、片耳の聴力低下、耳鳴り、めまい、吐き気などが挙げられます。
原因としては、ウィルス感染、内耳の血管の痙攣、気圧の変化などが考えられています。

突発性難聴の治療の重要性

突発性難聴の治療は、発症からの時間が非常に重要です。
発症後1週間以内の治療開始が望ましく、その期間内であれば、聴力の回復が期待できます。
しかし、1ヶ月以上経過すると、治療の効果が低下し、完治が難しくなるリスクが増加します。

治療方法としては、副腎皮質ホルモン、循環改善剤、浸透圧利尿剤などの薬が使用されます。
症状が軽い場合は内服薬、効果が見られない場合は点滴治療やステロイドの鼓室内注入療法が検討されます。

早期治療により、多くの患者が聴力の回復を実感できるため、治療の重要性は非常に高いです。

突発性難聴について、下記の記事でも詳しく解説しているので、気になる方はぜひご覧ください。

関連記事

突然、耳が聞こえなくなる経験をしたことはありますか?「突発性難聴」とは、片方の耳が突然聞こえにくくなる症状を指します。発症した方のうちのほとんどが「耳が詰まったような感じ」と表現するこの現象ですが、この突発性難聴は特に40〜60歳代の方[…]

突発性難聴の原因と症状

突発性難聴は、突然片方の耳が詰まったような感覚を伴い、音が聞こえにくくなる疾患です。
前日までの明瞭な聞こえが、一夜にして変わるこの状態は、多くの人々を驚かせます。
この疾患の原因は多岐にわたり、完全な解明は難しいとされています。

以下で、突発性難聴の主要な原因、発症のメカニズム、そして典型的な症状について詳しく探ることとします。

突発性難聴の主な原因

突発性難聴の原因は多岐にわたりますが、以下の要因が関連しているとされています。

  • 血液循環の異常:内耳への血流不足が発症の要因となることがある
  • ストレス:過度なストレスが突発性難聴の引き金となることがある
  • 自己免疫疾患:過剰な自己免疫反応により、内耳が炎症を起こすことがある
  • 遺伝的要因:家族内での突発性難聴の発症が報告されることがある
  • 感染症:特定のウイルスや細菌による感染が関与することがある
  • 薬物:特定の薬剤が原因となる場合がある

突発性難聴の一般的な症状

突発性難聴の症状は以下の通りです。

  • 突然の聴力低下
  • 耳鳴り
  • 難聴
  • めまいや立ちくらみ
  • 頭痛
  • 吐き気や嘔吐

これらの症状が現れた場合、速やかに医師の診察を受けることが強く推奨されます。

突発性難聴の原因について、以下の記事でさらに詳しく解説しています。

関連記事

突然の聴力低下に驚いた経験はありますか?このような状況は、多くの人々にとって非常に不安を感じる瞬間です。特に「突発性難聴」という症状は、片方の耳が突如として聞こえにくくなる現象を指します。多くの患者が「耳が塞がったような感覚[…]

AGA

突発性難聴は自力で治せるのか?

突発性難聴は、突如として聴力が低下する疾患で、多くの人がその原因や治療法について不安を感じています。
この疾患の原因は多岐にわたり、一つの明確な答えが存在しないため、治療のアプローチも様々です。

しかし、自分自身での対処や予防策も考えられます。
以下では、突発性難聴を自力で治すための方法や、それに関連する注意点を詳しく探ります。

突発性難聴の治し方|ストレス軽減

ストレスや過労は、突発性難聴の原因として知られています。
日常の中でのストレスを軽減することは、この疾患の予防や症状の軽減に役立ちます。

リラクゼーションや深呼吸、趣味の時間を増やすことで、心と体のストレスを和らげられます。

ストレスを軽減する方法について、詳しく知りたい方はこちらの記事も是非ご覧ください。

関連記事

ストレス発散にはストレッチや趣味、運動や睡眠があります。また、ストレスを溜め込みやすい方もいるので、自分への理解も重要です。そもそもストレスの発散方法にはどのようなものがあるのでしょうか?また、人気のストレス発散方法としては[…]

突発性難聴の治し方|栄養バランスを整えた食事

突発性難聴の予防や改善には、栄養バランスを整えた食事が不可欠です。
特に、ビタミンE、ビタミンB12、鉄などの栄養素が注目されています。

これらの栄養素を食事から摂取するのが難しい場合、サプリメントを利用することも考慮されます。

突発性難聴の治し方|耳に優しい環境

耳に過度な負担をかけることは避けるようにしましょう。

大音量の音楽や騒音の多い場所での長時間の滞在は、耳にとってのストレスとなります。
耳を保護するため、適切な音量での音楽の楽しみ方や、耳栓の使用を検討することが推奨されます。

突発性難聴を自力で治す時の注意点

突発性難聴の症状が出た際、最も大切なのは医師の診察を受けることです。
治療が遅れてしまった場合、聴力の回復が難しくなる場合があります。

もし症状が現れた場合は、速やかに医療機関を受診することが強く勧められます。

健達ねっとECサイト

突発性難聴を治す治療法

突発性難聴は、突然の聴力低下を引き起こす疾患で、特に40代から60代の方に多く見られる現象です。
疲労やストレス、睡眠不足、糖尿病などが影響しているとされています。

早期の治療が非常に重要であり、適切な治療を受けることで多くの患者さんが聴力の回復を実感できます。
以下では、突発性難聴の治療法について詳しく探ります。

突発性難聴の薬物療法について

突発性難聴の主な治療法として、薬物療法が第一に考えられます。

この治療法では、副腎皮質ステロイドを内服や点滴で投与する方法が主流となっています。
さらに、血管拡張薬やビタミンB12製剤、代謝促進薬なども併用されることがあります。

特に重症の場合や、他の治療法での効果が見られない場合には、耳の中に直接ステロイドを注入する方法も選択されることがあります。

耳鼻咽喉科での突発性難聴の治療方法

突発性難聴の治療は、専門的には耳鼻咽喉科で行われます。
発症後1週間以内に治療を開始することで、多くの患者さんが聴力の回復を実感できます。

突然の聴力低下や会話の聞き取り困難などの症状が現れた場合、速やかに耳鼻咽喉科を受診することが推奨されます。

薬の使い方

突発性難聴はどれくらいで治るの?

突発性難聴は、突然の耳の聞こえにくさを伴う疾患で、多くの患者さんが「どれくらいの期間で治るのか?」という疑問を抱えています。
特に、突発性難聴の回復期間は患者さんの状態や治療の開始時期によって異なります。

以下では、突発性難聴の回復期間や治療の進行段階について詳しく解説します。

突発性難聴がどれくらいの期間で改善するか

突発性難聴は突然発症するものの、多くの場合、数日で治るものではありません。
通常、聴力の回復には約1ヶ月程度の時間が必要とされています。

難聴の程度によりますが、完治する患者さんは約3分の1、ある程度回復することができる患者さんは3分の1、回復しない患者さんが3分の1とされています。

突発性難聴治療の進行段階

突発性難聴の治療は、炎症が完全になる前に開始することが望ましいとされています。
炎症が進行すると、薬の効果が期待できなくなるため、早期治療が強く推奨されています。

治療の主な方法として、炎症を抑える効果に優れたステロイドを内服または点滴で投与する方法があります。
さらに、血流改善薬やビタミンB12などを組み合わせて投与することも一般的です。

治療の進行に伴い、患者さんの聴力や症状の改善を確認しながら、治療法を調整していくことが重要です。

突発性難聴になった場合、仕事はどうするべき?

突発性難聴は突如として聴力を奪い、仕事やコミュニケーションに影響を与える可能性があります。

以下では、突発性難聴を抱えながら仕事を続けるポイントと、職場でのサポートや配慮について詳しく探ります。

職場でのコミュニケーション方法

突発性難聴の診断を受けた場合、まずは職場にその状況を正確に伝え、理解を得ることが大切です。

入院や治療のための休暇が必要な場合、業務の調整やサポートを受けるための具体的な相談を進めましょう。

また、聴力の低下によるコミュニケーションの工夫や、必要な配慮をお願いすることも忘れずに行いましょう。

職場での配慮とサポート

突発性難聴による聴力の変化にも、職場での適切な配慮とサポートがあれば、業務を続けることは可能です。

具体的なアクションとしては、会話の際の座席位置の調整、会議の内容を文書で共有する、静かな作業環境の提供などが考えられます。
また、補聴器や通信ツールの利用も視野に入れ、職場と協力しながら適切な方法を見つけましょう。

スポンサーリンク

突発性難聴の注意事項と対策

突発性難聴は、突如として耳の聴力が低下する症状を示すもので、多くのケースで片耳のみに発症します。
原因は完全には解明されていませんが、日常生活での予防や早期の対処が非常に重要です。

以下では、突発性難聴に関する基本的な注意事項や日常での対策について詳しく解説します。

突発性難聴になった場合の避けるべき行動

突発性難聴の診断を受けた場合、早期治療がキーとなります。
特に、症状発現から2週間以内の治療開始が望ましいとされています。

症状の悪化を避けるため、以下の行動は控えることが推奨されます。

  • 大音量の音楽:ヘッドホンでの高音量の音楽や、ライブハウスなどの大音響の場所への長時間の滞在
  • 気圧の変化:飛行機の搭乗や高山への登山など、気圧が急激に変わる状況
  • 激しい運動:特に首や頭部を激しく動かす行動

日常生活での突発性難聴リスク低減の方法

突発性難聴のリスクを低減するため、日常生活での健康管理は欠かせません。
以下は、健康を維持し、リスクを低減するための具体的なアドバイスです。

ストレスの管理

仕事や人間関係のストレスは、突発性難聴のリスクを増加させる可能性があります。
リラックスする時間を持つことや、ストレス発散の方法を見つけることが大切です。

生活習慣の見直し

規則正しい生活や十分な休息は、免疫力を高め、血液の循環を良くすることに寄与します。

冷え対策

寒さや冷房の過度な使用は、血流を悪化させる要因となります。
適切な温度管理を心がけ、冷えを避ける工夫をしましょう。

突発性難聴時になった時にしてはけないことについて、詳しく知りたい方は、こちらの記事も是非ご覧ください。

関連記事

突然、耳が聞こえなくなる経験をしたことはありますか?片方の耳が突如として聞こえにくくなるこの症状は、特に40〜60歳代の方々に多く見られます。多くの患者が「耳が詰まったような感じ」と形容するこの状態は、日常生活に大きな影響を及ぼすことが[…]

スポンサーリンク

突発性難聴の治し方についてよくあるQ&A

突発性難聴は自然に治るのですか?

一部の患者さんは自然に改善することがありますが、早期の治療が最も効果的とされています。
自然に待つのではなく、医師の診察を受けることをお勧めします。

突発性難聴の治療法は何ですか?

主な治療法として、ステロイドの内服や点滴、血流改善薬、ビタミンB12などの薬が使用されます。
症状や原因によって治療法が異なるため、耳鼻咽喉科を受診することが重要です。

突発性難聴は仕事や日常生活にどのような影響を及ぼしますか?

聴力の低下により、会話の聞き取りが難しくなることがあります。
また、集中力の低下やストレスの増加など、日常生活や仕事に影響を及ぼす可能性があります。

突発性難聴の予防方法はありますか?

ストレスの管理、適切な休息、冷えの対策、大音量での音楽の聴取を避けるなど、日常生活の中での健康管理が重要です。

突発性難聴の再発のリスクはありますか?

再発のリスクは存在します。
一度発症した方は、再発予防のための生活習慣の見直しや定期的な医師の診察を受けることが推奨されます。

スポンサーリンク

突発性難聴の治し方についてのまとめ

ここまで突発性難聴の治し方についてご紹介しました。
要点を以下にまとめます。

  • 突発性難聴は、突然の聴力低下、耳鳴り、めまいや立ちくらみが症状として現れ、その原因としては血液循環の異常やストレス、遺伝的要因などが考えられる
  • 突発性難聴はストレス軽減や栄養を摂ることなど、自力で改善できる方法もあるが、治療が遅れてしまうと完全な回復が難しくなる可能性があるため医療機関を受診することが必要
  • 突発性難聴の治療方法としては、副腎皮質ステロイドを内服や点滴で投与する方法が主流となっている

これらの情報が少しでも皆さまのお役に立てば幸いです。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

監修者 メディカル・ケア・サービス

  • 認知症高齢者対応のグループホーム運営
  • 自立支援ケア
  • 学研グループと融合したメディア
  • 出版事業
  • 社名: メディカル・ケア・サービス株式会社
  • 設立: 1999年11月24日
  • 代表取締役社長: 山本 教雄
  • 本社: 〒330-6029埼玉県さいたま市中央区新都心11-2ランド·アクシス·タワー29F
  • グループホーム展開
  • 介護付有料老人ホーム展開
  • 小規模多機能型居宅介護
  • その他介護事業所運営
  • 食事管理
  • 栄養提供
  • 福祉用具販売
  • 障がい者雇用

スポンサーリンク