ホーム

認知症を学ぶ

down compression

介護を学ぶ

down compression

専門家から学ぶ

down compression

書籍から学ぶ

down compression

健康を学ぶ

down compression
トップページ>障害を学ぶ>突発性難聴の原因とは|内耳の役割と治療方法までを徹底解説

突発性難聴の原因とは|内耳の役割と治療方法までを徹底解説

突然の聴力低下に驚いた経験はありますか?
このような状況は、多くの人々にとって非常に不安を感じる瞬間です。

特に「突発性難聴」という症状は、片方の耳が突如として聞こえにくくなる現象を指します。
多くの患者が「耳が塞がったような感覚」と形容するこの状態は、中高年層に特に多いとされています。

しかし、この突発性難聴が発生する背後には、どのような原因が潜んでいるのでしょうか?
この記事では、突発性難聴の原因を中心に、以下のトピックスを詳しく解説していきます。

  • 突発性難聴の定義とは
  • 突発性難聴の主な原因
  • 突発性難聴とイヤホンの関連性

突発性難聴の原因に関する深い理解を得るため、ぜひ最後までお読みください。

スポンサーリンク

突発性難聴とは?

疑問

突発性難聴は、突然の聞こえの低下を特徴とする疾患で、その原因は多岐にわたります。
左右の耳の一方で発症することが多く、前触れなく突然に起こることが特徴です。
特に40〜60歳代の働き盛りの人々に多く見られる疾患で、早期の治療が聴力の回復には非常に重要です。

突発性難聴の定義

突発性難聴は、突然、左右の耳の一方(まれに両方)の聞こえが悪くなる疾患です。
この疾患は感音難聴の一種で、内耳から脳への音の伝達がうまく行われない状態を指します。

原因は明確には特定されていませんが、有毛細胞の損傷やウイルス感染、内耳の血流障害などが考えられています。

突発性難聴の主な症状

突発性難聴の主な症状は、突然の聞こえの低下です。
具体的には、テレビの音が聞こえにくくなる、電話の音が急に聞こえなくなるなどの症状が挙げられます。

また、高音だけが聞こえなくなる場合もあり、その場合、日常の会話には支障がないため、症状に気づくのが遅れることがあります。
さらに、耳閉感や耳鳴り、めまい、吐き気などの症状を伴うことも多いです。

関連記事

突然、耳が聞こえなくなる経験をしたことはありますか?「突発性難聴」とは、片方の耳が突然聞こえにくくなる症状を指します。発症した方のうちのほとんどが「耳が詰まったような感じ」と表現するこの現象ですが、この突発性難聴は特に40〜60歳代の方[…]

スポンサーリンク

突発性難聴の主な原因

突発性難聴は突然の聴力低下を引き起こす症状で、その原因は多岐にわたります。
内耳の異常、細胞の役割、ストレス、低音の影響、糖尿病など、さまざまな要因が関与していると考えられています。
以下では、これらの原因について詳しく解説します。

内耳の異常とその影響

内耳は聴覚の中心となる部位であり、ここに異常が生じると突発性難聴のリスクが高まります。
特に、内耳の毛細血管の循環障害感覚細胞の損傷は、聴力低下の主要な原因となります。
これらの異常は、耳鳴りやめまいといった他の症状を伴うことが多いです。

細胞の役割と突発性難聴

細胞は私たちの体を構成する基本的な単位であり、耳の健康にも深く関与しています。
特に、内耳の感覚細胞や支持細胞の機能障害は、突発性難聴の発症に関与すると考えられています。

これらの細胞の損傷や死滅が進行すると、聴力の低下や耳鳴りが生じる可能性があります。

ストレスとの関連性

ストレスは現代社会の大きな問題となっており、突発性難聴の原因としても注目されています。
長期的なストレスが体に与える影響は深刻で、自律神経の乱れや血流の悪化を引き起こすことが知られています。
これらの変化は、内耳の健康を損ない、突発性難聴のリスクを高める可能性があります。

低音の影響

低音は、特に長時間の曝露が続くと、内耳の感覚細胞にダメージを与える可能性があります。
音楽や工場などの騒音環境での長時間の曝露は、突発性難聴のリスクを高めると考えられています。
低音の影響は、耳の保護機能の低下や感覚細胞の損傷といった形で現れます。

糖尿病との関連

糖尿病は、全身の血管に影響を及ぼす病気であり、内耳の血流障害の原因となることが知られています。
特に、糖尿病の進行に伴う微小血管の障害は、内耳の感覚細胞や支持細胞の機能を損ない、突発性難聴のリスクを高める可能性があります。

突発性難聴の原因について、さらに詳しく知りたい方は、こちらの記事も是非ご覧ください。

関連記事

突然の聴力低下に驚いた経験はありますか?このような状況は、多くの人々にとって非常に不安を感じる瞬間です。特に「突発性難聴」という症状は、片方の耳が突如として聞こえにくくなる現象を指します。多くの患者が「耳が塞がったような感覚[…]

突発性難聴の再発リスクと対策

突発性難聴は突然の聴力低下を引き起こす病気で、多くの患者さんが再発のリスクを心配します。
実際、突発性難聴の再発は少ないとされていますが、似た症状を持つ他の疾患との鑑別が必要です。
以下では、再発の原因と、再発を防ぐための対策について詳しく解説します。

再発の原因と鑑別診断

突発性難聴自体の再発は一般的には少ないと考えられています。
しかし、再発したと感じる場合、実際にはメニエール病や低音障害型難聴など、他の疾患が原因となっている可能性が高いです。
特に、聴力の変動やめまいなどの症状が伴う場合、他の疾患の可能性を疑い、再度の診断が必要となります。

再発を防ぐための対策

突発性難聴の再発を防ぐための確実な方法は存在しないものの、日常生活におけるストレスの軽減や適切な休息、健康的な生活習慣の維持が推奨されます。

また、突発性難聴の症状が現れた場合、早期に耳鼻咽喉科を受診し、適切な治療を受けることが大切です。
治療を早期に開始することで、完治の可能性が高まり、後遺症のリスクも低減します。

AGA

突発性難聴の診断と検査

突発性難聴は、突然の蝸牛(内耳)機能低下によって生じる難聴の中で、原因不明のものを指します。
この病気は中耳の病気ではなく、内耳、特に蝸牛部分の障害によって起こります。
診断は主に聴力検査によって行われ、治療は薬物療法が中心となります。
以下、詳しく診断と検査について解説します。

診断のポイント

突発性難聴の診断は、突然の一側性の難聴、耳鳴、めまい、耳閉感などの症状に基づいて行われます。
鼓膜の異常の有無を視診で確認し、純音聴力検査を行って難聴のタイプを調べることが基本となります。
また、初期のメニエール病や聴神経腫瘍、外リンパ漏など、他の疾患との鑑別診断も重要です。

主な検査方法

突発性難聴の診断には、以下の検査方法が用いられます。

純音聴力検査

難聴のタイプや程度を調べる基本的な検査です。

眼振検査

めまいが生じているときに出る異常な目の動きを確認します。

CTやMRI

脳や聴神経に異常がないかを調べるための画像診断です。

聴性誘発検査

蝸牛機能を調べる検査で、施設によっては行われることもあります。

これらの検査を組み合わせることで、突発性難聴の診断と原因の特定、治療方針の決定が行われます。

健達ねっとECサイト

突発性難聴の治療法

突発性難聴は突然の聴覚障害として知られ、片側の耳の聞こえに影響を及ぼす可能性があります。
この症状の原因は明確には特定されていませんが、突発性難聴の治療法は多岐にわたります。
早期の治療が非常に重要であり、治療の遅れによって回復が困難になるリスクが増加します。

治療の基本的なアプローチ

この症状は、早期に治療を開始することで回復が期待されます。

特に、発症から1週間以内の治療開始が効果的とされています。
突発性難聴の原因としては、ウイルス感染や血管障害が考えられますが、確定的な原因はまだ明らかになっていません。

ステロイド治療の詳細

突発性難聴の主要な治療法として、ステロイド薬が注目されています。
この薬は、内服や点滴として投与され、炎症の抑制や免疫反応の調整を目的としています。

治療の効果は、開始から1週間ほどで現れることが一般的です。
この時期に改善が見られる場合、完治の可能性が高まります。

その他の治療法

ステロイド薬以外にも、突発性難聴の治療法は多数存在します。
ビタミンB12製剤循環改善薬神経賦活薬の併用が考えられます。

また、高圧酸素療法や混合ガス療法、星状神経節ブロック、鍼治療なども試みられていますが、これらの治療法の効果については、まだ評価が定まっていないのが現状です。

薬の使い方

突発性難聴の改善と回復過程

突発性難聴は、明確な原因がなく突然片側の耳が聞こえなくなる症状を指します。
この症状は、耳鳴りや耳のつまった感じ、めまいや吐き気といった他の症状とともに現れることがあります。
早期の治療と正しいアプローチが重要であり、その回復過程や改善のためのアドバイスについて以下で詳しく解説します。

回復の期間

突発性難聴の回復過程には個人差があります。
多くの場合、治療後は急速に聴力が改善し、徐々に一定の聴力に達することが報告されています。

しかし、治療を開始してから少しずつ回復する場合や、全く改善しない場合も存在します。

特に、発症後2週間以上経過した症例、発症時の平均聴力レベルが90dB以上の高度難聴例、回転性めまいを伴う症例、高齢者などは、治療後の経過や見通しが良くないとされています。

改善のためのアドバイス

突発性難聴の発症前に精神的、肉体的ストレスを感じていることが多いため、心身ともに安静にしてストレスを解消することが重要です。
安静にするだけでも内耳の循環障害の改善が期待されます。

また、治療としては副腎皮質ステロイドが用いられることが多く、その抗炎症作用や免疫的な作用機序、循環系に対する作用が改善に繋がります。

さらに、血管拡張薬や抗凝固薬、代謝改善薬や向神経ビタミン製剤の併用、二酸化炭素による血管拡張を期待した酸素・二酸化炭素混合ガス吸入、高気圧酸素療法なども試みられています。

突発性難聴のリスクとイヤホン使用の影響

イヤホンやヘッドホンの使用は近年増加しており、結果として「ヘッドホン・イヤホン難聴」という新たな問題が浮上してきました。
特に若者の間でのスマートフォンや音楽プレーヤーの普及がこの問題を加速させています。
以下では、イヤホン使用時の突発性難聴のリスクと、それを予防するための方法について詳しく解説します。

イヤホン使用のリスク

イヤホンやヘッドホンで大音量の音楽を長時間聞くことは、耳の健康に悪影響を及ぼす可能性があります。
このような習慣は「ヘッドホン・イヤホン難聴」という状態を引き起こすリスクがあります。

世界保健機関(WHO)によれば、スマートフォンの使用などの影響で、世界の若者の約半数が難聴のリスクにさらされているとの警告が出されています。
この難聴は「音響性聴器障害」や「騒音性難聴」とも呼ばれ、大音量での長時間の音楽鑑賞が原因となっています。

特に恐ろしいのは、この病気が進行する速度が遅く、気づきにくいことです。
そのため、早期発見が難しく、気づいたときには治療の選択肢が限られてしまう可能性があります。

安全な使用方法

イヤホンやヘッドホンの安全な使用方法を知ることは、難聴のリスクを減少させるために非常に重要です。

まず、音量に注意することが必要です。
WHOは、ヘッドホンやイヤホンでの音量を80dB(走行中の電車の音量程度)以下に保つことを推奨しています。
また、1週間の使用時間を40時間以内に抑えることが望ましいとされています。

出典:厚生労働省「ヘッドホン難聴(イヤホン難聴)について

さらに、定期的に耳を休めることも大切です。
例えば、1時間の使用後には10分間の休憩を取るなどの工夫が求められます。

ノイズキャンセリング機能を持つイヤホンやヘッドホンの使用も、外部の騒音を減少させるために有効です。
最後に、自分の耳の健康を守るために、大音量での長時間の使用を避ける習慣を持つことが最も重要です。

スポンサーリンク

突発性難聴による仕事への影響

突発性難聴は突然の聴力低下を引き起こす病気で、仕事や日常生活に大きな影響を及ぼす可能性があります。
特に職場での対応や仕事への影響は、患者だけでなく周囲の人々にも関心を持たれるテーマです。
以下では、職場での突発性難聴患者への対応やサポートの方法、そして突発性難聴が仕事に及ぼす具体的な影響について詳しく探ることとします。

職場での対応

突発性難聴の診断を受けた場合、まずは職場にその状況を伝えることが重要です。
入院や通院が必要となる場合もあるため、業務の調整やサポートを受けるための相談が必要です。

症状が軽いと感じても、安静にすることが症状の悪化を防ぐ鍵となります。
そのため、上司や同僚とのコミュニケーションを密に取りながら、治療に専念することが求められます。

また、職場における具体的な対策としては、静かな席への移動や会議内容の要約を提供、大事な情報の文書化などが考えられます。

仕事への影響

突発性難聴は、仕事の質や効率に影響を及ぼす可能性があります。
特にコミュニケーションが多い職種の場合、会話の内容を正確に把握するのが難しくなることが考えられます。

また、電話対応やミーティングなどの業務にも支障をきたすことが予想されます。
一方で、突発性難聴になった場合でも、適切な対策やサポートを受けることで、仕事の継続が可能であることも忘れてはなりません。

補聴器の使用や周囲の理解とサポート、そして自身の状態を適切に伝えることで、ストレスフリーな職場環境を築けます。

スポンサーリンク

突発性難聴の予防策

突発性難聴は、突然に起きる感音難聴で、原因は明確にはわかっていません。
しかし、日常生活の中での注意点や耳の健康維持のケアによって、そのリスクを低減できるかもしれません。
以下では、突発性難聴の予防に役立つ情報を提供します。

日常生活での注意点

突発性難聴の原因は不明ですが、過度のストレス、睡眠不足、不規則な生活習慣などが誘因となる可能性が指摘されています。
また、糖尿病との関連も示唆されています。

日常生活での注意点として、過度なストレスや過労を避けることが重要です。
規則正しい生活を心がけ、十分な休息を取ることで、突発性難聴のリスクを低減することが期待されます。

特に、働き盛りの世代や50代から60代の方は、突発性難聴の好発年齢とされるため注意が必要です。

耳の健康維持のためのケア

耳の健康を維持するためには、日常のケアが欠かせません。
耳を清潔に保つことはもちろん、大きな音や騒音から耳を守ることも大切です。
また、風邪や感染症を予防することで、中耳炎などの耳の疾患を避けることができます。

定期的な耳の健康診断を受けることで、早期に問題を発見し、適切な治療を受けられます。
耳のトラブルや異常を感じた場合は、早めに専門医に相談することをおすすめします。

スポンサーリンク

突発性難聴の初期症状と早期発見

突発性難聴は突然発症する疾患で、その初期症状の理解と早期発見が非常に重要です。
適切な治療を受けることで、症状の改善が期待できるため、初期症状の把握と早期の受診が必要となります。

初期症状の特徴

突発性難聴は、明確な原因がないにもかかわらず、突然片耳の聞こえが悪くなる病気として知られています。

主な初期症状としては以下のものが挙げられます。

  • 耳が突然聞こえにくくなる
  • 耳がつまった感じがする(耳閉感)
  • 音が二重に聞こえる
  • 音が響く
  • エコーがかかる
  • 耳鳴りが続く
  • めまいや吐き気

これらの症状に気付いた場合、できるだけ早く医療機関に受診することが推奨されます。

早期発見の重要性

突発性難聴の治療成績は、発症後の早期に治療を開始することで大きく向上します。
実際、突発性難聴は3人に1人は完治し、3分の1はある程度の改善が見られるとされています。

しかし、残りの3分の1は聴力の改善が難しいとされているため、早期の受診と治療が非常に重要です。
特に、発症してから2週間以内の受診が効果的な治療を受けるためのキーポイントとなります。

突発性難聴原因に関するよくある質問

フォトフェイシャルの注意点

Q: 突発性難聴の主な原因は何ですか?

A: 突発性難聴の正確な原因は一つではありませんが、内耳の血流障害、ウィルス感染、内耳の炎症、自己免疫反応などが主な原因として考えられています。
しかし、多くのケースで特定の原因は明らかになっていません。

Q: ストレスが突発性難聴の原因となることはありますか?

A: ストレスは突発性難聴のリスクを増加させる可能性があると考えられています。
ストレスは体の免疫機能を低下させることが知られており、それが内耳の問題を引き起こす可能性があります。

Q: 突発性難聴は再発することはありますか?

A: はい、突発性難聴は再発する可能性があります。
特に原因が特定されない場合や、治療を受けずに放置した場合には再発のリスクが高まることが知られています。

Q: イヤホンの使用は突発性難聴の原因となるのですか?

A: 高音量での長時間のイヤホン使用は聴力を損傷するリスクがありますが、直接的に突発性難聴の原因となるわけではありません。
ただし、耳への過度な負担は避けるべきです。

Q: 突発性難聴の予防方法はありますか?

A: 突発性難聴の特定の予防方法は確立されていませんが、健康的な生活習慣を維持し、耳への負担を避ける、定期的な耳の検査を受けるなどの基本的なケアが推奨されています。

スポンサーリンク

突発性難聴原因についてのまとめ

ここまで突発性難聴の原因についてご紹介しました。
要点を以下にまとめます。

  • 突発性難聴とは、左右の耳の一方の聞こえが悪くなる疾患
  • 突発性難聴の主な原因は内耳の異常、ストレス、低音による感覚細胞の損傷が挙げられる
  • イヤホン・ヘッドホンを長時間、大音量で聴くことは難聴の原因となる

これらの情報が少しでも皆さまのお役に立てば幸いです。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

監修者 メディカル・ケア・サービス

  • 認知症高齢者対応のグループホーム運営
  • 自立支援ケア
  • 学研グループと融合したメディア
  • 出版事業
  • 社名: メディカル・ケア・サービス株式会社
  • 設立: 1999年11月24日
  • 代表取締役社長: 山本 教雄
  • 本社: 〒330-6029埼玉県さいたま市中央区新都心11-2ランド·アクシス·タワー29F
  • グループホーム展開
  • 介護付有料老人ホーム展開
  • 小規模多機能型居宅介護
  • その他介護事業所運営
  • 食事管理
  • 栄養提供
  • 福祉用具販売
  • 障がい者雇用

スポンサーリンク