ホーム

認知症を学ぶ

down compression

介護を学ぶ

down compression

専門家から学ぶ

down compression

書籍から学ぶ

down compression

健康を学ぶ

down compression
トップページ>障害を学ぶ>突発性難聴の薬物治療:ステロイドの役割と注意点

突発性難聴の薬物治療:ステロイドの役割と注意点

突発性難聴は突然片耳または両耳に聴力低下が起こる症状です。
多くの患者さんが「突発性難聴の薬」についての情報を求め、その効果や安全性についての不安を感じています。

突発性難聴の治療にはどのような薬が使用されるのか、それは本当に効果的なのか、疑問が浮かびます。
そこで、本記事では以下の項目を中心に解説します。

  • 突発性難聴とは?
  • 突発性難聴の薬物治療について
  • 薬の副作用

最後までお読みいただくことで、突発性難聴の治療に役立つ情報を得られます。

スポンサーリンク

突発性難聴とは

突発性難聴とは、突然、片方の耳(または両耳)の聞こえが悪くなる病気であり、原因が明確でない場合が多いです。
この疾患は、日本で年間1万人に1~3人の割合で発症しており、特に40~60歳代に多く見られる状態です。

突発性難聴の定義

突発性難聴は、突然、片方または両方の耳の聞こえが悪くなる疾患を指します。
この症状は感音難聴(音をうまく感じ取れない難聴)の一部として分類され、その原因が特定できないものを指します。

発症の前触れはほとんどなく、突然に起こることが特徴です。
日常生活において、テレビの音や電話の音が急に聞こえにくくなるなどの症状が現れることがあります。

薬物治療の必要性と目的

突発性難聴の治療に特効薬は存在しないものの、複数の薬を組み合わせて治療が行われます。
治療の基本としては、副腎皮質ステロイドという薬が使用されることが多いです。
この薬は、血流障害によって引き起こされる細胞のむくみや炎症を抑える効果が期待できます。

また、血管拡張薬代謝改善薬ビタミンB12も併用されることがあります。
治療の目的は、難聴やその他の症状の改善、さらには完治を目指すことです。

早期の治療開始が聴力の回復には非常に重要であり、治療が遅れると聴力の障害が進行し、治療が困難になる可能性があるため、早めの受診が推奨されます。

突発性難聴なのか、別の病気なのか、自己チェックする方法を以下の記事で紹介しています。

関連記事

突発性難聴の自己チェックについてある日突然、片耳だけ聞こえなくなる経験をしたことはありますか?それは突発性難聴の可能性があります。突発性難聴はある日突然、聴力の低下を引き起こす症状で、私たちの日常生活に大きな影響を及ぼすことがありま[…]

スポンサーリンク

突発性難聴の主な症状

突発性難聴は、突然片耳の聞こえが悪くなる疾患として知られています。
特に40~60歳代に多く見られるこの病気は、前触れなく発症することが特徴です。
症状は人それぞれ異なり、早期の治療が聴力回復の鍵となります。

したがって、症状に気づいたら速やかに専門医の診察を受けることが重要です。

聴力の急激な低下

突発性難聴の最も顕著な症状は、聴力の急激な低下です。
多くの患者は、前日まで普通に聞こえていた音が突然聞こえにくくなるという経験をします。

特に高音が聞こえなくなるケースも報告されており、日常生活に支障が出る前に症状に気づくことが難しい場合もあります。

関連する症状

突発性難聴は、聴力の低下だけでなく、耳鳴り耳の閉塞感めまいなどの症状を伴うことが多いです。

特に耳鳴りは、突発性難聴の診断につながる主訴となることもあります。

また、メニエール病との違いとして、突発性難聴は繰り返し発症することはありません。

診断のプロセスと重要性

突発性難聴の診断は、患者の症状を問診で確認した後、聴力検査画像診断を行うことで行われます。
特に発症後1週間以内に治療を開始することで、聴力の回復が期待されます。

適切な治療を受けないと、難聴が永続するリスクが高まるため、早期の受診と治療開始が非常に重要です。

突発性難聴の原因について、詳しく知りたい方はこちらの記事も合わせて是非ご覧ください。

関連記事

突然の聴力低下に驚いた経験はありますか?このような状況は、多くの人々にとって非常に不安を感じる瞬間です。特に「突発性難聴」という症状は、片方の耳が突如として聞こえにくくなる現象を指します。多くの患者が「耳が塞がったような感覚[…]

ステロイド治療の役割

ステロイドとは、私たちの体内に存在するホルモンの一つで、副腎で生成されるステロイドホルモンとして知られています。
このホルモンは、炎症を抑える作用や体の免疫力を抑制する効果があり、多くの疾患の治療に役立っています。
しかし、副作用も多く、使用には注意が必要です。

ステロイドの具体的な効果

ステロイドは細胞の中に入り、グルココルチコイド受容体に結合することで、細胞の核内へ移行します。
炎症に関与する遺伝子の発現を調節することで、強力な抗炎症作用と免疫抑制作用が発揮されるのです。

これにより、さまざまな疾患や症状の治療に効果を発揮します。

ステロイド治療の適応条件

ステロイドは、多くの膠原病疾患に適応されるとされています。

具体的には、微小変化型ネフローゼ症候群IgA腎症急速進行性糸球体腎炎全身性エリテマトーデスによるループス腎炎などの糸球体腎炎に使用されることが多いです。

ステロイドの投与方法と期間

ステロイドの投与方法には、経口ステロイド療法とステロイドパルス療法があります。
経口ステロイド療法では、「プレドニゾロン(PSL)」が主に使用され、初期投与量はPSL20~60mg/日程度で、徐々に減量していきます。

ステロイドパルス療法では、メチル・プレドニゾロン500~1000mgの点滴注射を3日間行う方法があります。
ステロイドの内服を中止する際は、急に中止せず、徐々に減量することが推奨されています。

出典:東京女子医科大学病院「ステロイド治療

AGA

市販薬と突発性難聴

フォトフェイシャルを受けるメリット

突発性難聴とは、突然の聴力低下を引き起こす症状であり、多くの人々がこの症状に悩まされています。
治療方法としては、さまざまなアプローチが考えられていますが、市販薬の役割とその効果については特に注目されています。

市販薬の種類と特徴

突発性難聴に関連する市販薬は、症状の緩和を目的としています。
主な市販薬としては、漢方薬が挙げられます。

漢方薬は、体質や症状に合わせて選ぶことが重要で、当帰芍薬散や苓桂朮甘湯などが耳鳴りに効果的とされています。

市販薬の効果と限界

市販薬は、耳鳴りの症状を緩和する効果が期待されていますが、完全に症状を消すことは難しいのが現状です。
特に、市販薬を使用しても症状が改善しない場合や、副作用が現れる可能性もあるため、使用を中止し、専門家に相談することが推奨されています。

ステロイドと市販薬の併用

ステロイドと市販薬を併用することで、症状の緩和が期待される一方、副作用のリスクも高まる可能性があります。
特に、市販薬の中には眠気を引き起こすものもあるため、併用時には十分な注意が必要です。

また、併用する際は、医師や薬剤師との相談を行い、適切な治療方法を選択することが重要です。

健達ねっとECサイト

薬物治療の期間と効果

突発性難聴とは、突然の聴力低下を伴う症状で、多くの患者が耳鳴りやめまいを経験します。
この病気の原因は明確にはわかっていませんが、内耳の血流障害やウイルス感染が関与していると考えられています。

薬物治療は、これらの症状の改善や聴力の回復を目指すもので、治療の期間や効果は患者の状態や治療の開始時期によって異なります。

治療開始からの経過と効果の現れ方

治療を開始すると、多くの患者は数日から数週間で効果を実感できます。
特に、治療開始が早ければ早いほど、良好な結果が期待できるとされています。
ステロイド剤はこの病気に対する主要な治療薬であり、治療の進行に応じて薬の量を徐々に減らしていく方法が取られます。

治療の期間は、患者の状態や改善度に応じて、約1週間から1、2か月が必要とされています。

聴力回復のサイン

聴力の回復は、耳鳴りの減少聞こえの改善として実感されることが多いです。

また、めまいや吐き気などの症状が軽減されることも、治療の効果を示すサインとなります。
統計的には、治療を受けた患者の約1/3が完全に回復し、約1/3が部分的に改善し、残りの1/3は大きな変化がないと報告されています。

治療効果が出ない場合の対応

すべての患者が薬物治療での効果を実感するわけではありません。
特に、発症から2週間以上経過してから治療を開始した場合や、高度な聴力低下を伴う場合、高齢者の場合などは回復が難しいとされています。

治療効果が出ない場合、さらなる検査や治療方法の見直しを検討することが必要です。
MRI検査を行うことで、他の原因を特定することも考えられます。

薬の使い方

ステロイドの副作用について

ステロイドは、多くの病気の治療に使用される薬ですが、その効果とともにステロイドの副作用も伴います。
これらの副作用は、使用量や使用期間、さらには個人の体質によって異なることが知られています。

ステロイドの一般的な副作用

ステロイドの使用によって、以下のような一般的な副作用が報告されています。

  • 高血糖
  • 高血圧
  • 胃腸の症状
  • 不眠
  • 体重増加
  • 眼圧の上昇
  • 感染症
  • 骨粗しょう症
  • コレステロール上昇・脂質異常症
  • 満月顔貌(ムーンフェイス)、肥満
  • 白内障

これらの副作用は、ステロイドの使用量使用期間、そして個人の体質によって異なります。
副作用が出た場合は、医師や薬剤師に速やかに相談することが重要です。

体重増加の原因と対策

ステロイドは食欲を増進させる作用があり、これが体重増加の主な原因となります。
特に甘いものや果物の摂取を控えること、間食を避けることが重要です。

また、適切な運動や食事のバランスを意識することで、体重増加を防げます。

ステロイドの副作用の対応と予防

ステロイドの副作用に対する対応としては、まず使用量使用期間を適切に調整することが考えられます。

また、副作用が出た場合は速やかに医師に相談し、適切な治療や対策を講じることが必要です。
予防としては、ステロイドの使用を必要最低限に抑える、定期的な健康診断を受ける、生活習慣の見直しをするなどが考えられます。

突発性難聴の治療で注意すべきこと

突発性難聴は、突然片耳の聞こえが悪くなる病気で、多くの場合、片耳だけに影響を受けます。
この病気の原因はまだ完全には解明されていませんが、早期治療が推奨される理由は、症状の改善確率が高まるためです。

治療中の生活習慣の注意点

突発性難聴の原因は不明ですが、ストレスや過労睡眠不足不規則な生活が発症の引き金となる可能性が指摘されています。
治療中は、安静にしてストレスを軽減することが重要です。

また、耳の神経がダメージを受けているため、大きな音や急激な気圧の変化を避けることが必要です。

ビタミンB12の役割と摂取方法

突発性難聴の治療には、ステロイドビタミン剤血流改善薬が使用されます。
特にビタミンB12は、内耳の循環改善に役立つとされています。

適切な摂取方法や量については、医師の指示に従うことが最も安全で効果的です。

早期治療のメリット

突発性難聴は、発症後早期に適切な治療を受けることで、症状の改善確率が高まります。

具体的には、3人に1人は完治し、残りの3分の2はある程度の改善が見られるとされています。
早期治療のメリットは、聴力の回復確率が高まること、及び治療期間が短縮される可能性があることです。

したがって、突発性難聴の症状に気付いた場合は、できるだけ早く医師の診察を受けることが推奨されます。

突発性難聴の発症時には、どのようなことに注意するべきなのでしょうか?

関連記事

突然、耳が聞こえなくなる経験をしたことはありますか?片方の耳が突如として聞こえにくくなるこの症状は、特に40〜60歳代の方々に多く見られます。多くの患者が「耳が詰まったような感じ」と形容するこの状態は、日常生活に大きな影響を及ぼすことが[…]

スポンサーリンク

突発性難聴の薬のまとめ

ここまで突発性難聴の薬についてご紹介しました。
要点を以下にまとめます。

  • 突発性難聴とは片方の耳(または両耳)の聞こえが悪くなる病気であり、原因が明確でない場合が多い
  • 突発性難聴の薬物治療は主に副腎皮質ステロイドが用いられる
  • 薬の副作用としては、高血糖、高血圧、胃腸の症状、不眠、体重増加などがある

これらの情報が少しでも皆さまのお役に立てば幸いです。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

監修者 メディカル・ケア・サービス

  • 認知症高齢者対応のグループホーム運営
  • 自立支援ケア
  • 学研グループと融合したメディア
  • 出版事業
  • 社名: メディカル・ケア・サービス株式会社
  • 設立: 1999年11月24日
  • 代表取締役社長: 山本 教雄
  • 本社: 〒330-6029埼玉県さいたま市中央区新都心11-2ランド·アクシス·タワー29F
  • グループホーム展開
  • 介護付有料老人ホーム展開
  • 小規模多機能型居宅介護
  • その他介護事業所運営
  • 食事管理
  • 栄養提供
  • 福祉用具販売
  • 障がい者雇用

スポンサーリンク