ホーム

認知症を学ぶ

down compression

介護を学ぶ

down compression

専門家から学ぶ

down compression

書籍から学ぶ

down compression

健康を学ぶ

down compression
健達ねっと>障害を学ぶ>耳が詰まった感じがして耳が聞こえにくいのはなぜ?|原因と治療法

耳が詰まった感じがして耳が聞こえにくいのはなぜ?|原因と治療法

突然、耳が詰まったような感じで音が聞こえにくくなる経験をしたことはありますか?
多くの人が一時的なものと考えがちですが、耳の病気の症状であることも考えられます。
その中でも、突発性難聴という病気の可能性があります。

なぜ突然、耳が聞こえにくくなるのでしょうか?
その原因と治し方はどのようなものがあるのでしょうか?

本記事では以下の点を中心に解説します。

  • 詰まった感じで耳が聞こえにくくなる原因について
  • 詰まった感じで耳が聞こえにくい場合の治療方法
  • 詰まった感じで耳が聞こえにくい場合の対処法

について参考になる情報を得られるので、ぜひ最後までお読みください。

スポンサーリンク

耳が詰まった感じで聞こえにくい症状とは

耳が詰まった感じで聞こえにくい状態は、多くの人が経験することがある症状の一つです。
これは一時的なものから、病気を示すサインとして現れることもあります。

以下では、その原因や特徴、関連する症状について詳しく解説していきます。

難聴とは何か?

難聴は、耳の機能が正常でないために、聞こえにくくなる状態を指します。
突発性難聴は、明確な原因がないにもかかわらず、突然片耳が聞こえにくくなる病気です。

多くの場合、片耳だけで発症し、重度から軽度までさまざまな症状が現れます。
原因は完全には解明されていませんが、ウイルスへの感染や内耳の血流障害などが関係していると考えられています。

耳が詰まった感じの特徴的な症状

耳が詰まった感じは、突発性難聴の症状のうちの一つとして現れることがあります。
この症状は、耳の中に何かが詰まっているかのような感覚を伴います。

また、音が二重に聞こえたり、響いたり、エコーがかかったりする症状や、耳鳴りが続くこともあります。

他の関連症状

耳が詰まった感じだけでなく、他にもさまざまな症状が関連して現れることがあります。
特に、めまいや耳鳴りは、耳の問題としてよく知られている症状です。

めまいの症状

めまいは、自分自身や周りの物が回転しているかのような感覚を伴う症状です。
突発性難聴の場合には、めまいや吐き気が起こることがあります。

このような症状が現れた場合、早急に医師の診察を受けることが重要です。

耳鳴りの症状

耳鳴りは、外部からの音がないにもかかわらず、耳の中で鳴り続ける症状を指します。
突発性難聴の場合には、耳鳴りが続くことが報告されています。

耳鳴りの原因は多岐にわたり、ストレスや疲れ、耳の病気などが考えられます。

スポンサーリンク

片方の耳が詰まった感じについて

フォトフェイシャルの注意点

耳が詰まった感じ、医学的には「耳閉感」と呼ばれるこの症状は、多くの人が一度は経験したことがあるでしょう。
この症状は耳への空気の出入りがうまくいかないことによって起こります。

症状の原因や対処法、そしてそれに関連する病気について詳しく解説します。

片方の耳の詰まりの原因

耳がふさがったような感じ」という不快な症状は、医学用語で「耳閉感」といいます。
この症状は、耳への空気の出入りがうまくいかないことによって起こります。

特に、片方の耳閉感が急に起こった場合、多くは耳への空気の出入りがうまくいかないこと(耳管狭窄)が原因であり、すぐに改善することが多いです。
しかし、改善しない場合、内耳障害や突発性難聴、メニエール病などが疑われることもあります。

また、片方の耳閉感に耳の痛みを伴う場合、鼓膜炎や中耳炎の可能性も考えられます。

片方の耳の詰まりを解消する方法

片方の耳閉感が急に起こった場合、まずは耳抜きを試してみることが推奨されます。
多くの場合、この方法で症状は改善します。
しかし、難聴や耳鳴り、めまいなどの症状が伴う場合や、耳閉感が改善しない場合は、耳鼻科を受診することが重要です。

特に、難聴の程度が強い場合は、早期の治療が必要となることもあります。
市販薬での改善は期待できないため、専門医の診断と治療を受けることが最も確実な方法となります。

詰まった感じで耳が聞こえにくい時の主な原因

フォトフェイシャルを受けるメリット

耳が詰まった感じで聞こえにくい経験は、多くの人が一度は経験したことがあるでしょう。
しかし、その背後にはさまざまな原因が隠れています。

以下では、中耳炎、メニエール病、低音障害型感音難聴、突発性難聴など、主な原因を詳しく解説します。

中耳炎

中耳炎は、感染アレルギーなどが原因の中耳に炎症が生じる病気です。
この炎症が生じると、中耳の空気が抜け、代わりに液体が溜まることがあります。
この液体のために、鼓膜の振動が阻害され、聞こえにくくなることがあります。

また、中耳炎が慢性化すると、鼓膜に穴が開くこともあります。
このような状態が続くと、難聴の原因となることも考えられます。

メニエール病

メニエール病は、内耳の液体のバランスが崩れることで起こる疾患です。
この病気の特徴として、耳鳴り、めまい、耳の詰まった感じ、聞こえにくさなどの症状が挙げられます。

特に、低音が聞こえにくくなることが多いです。
症状は突然現れ、数時間から数日間続くことがあります。

メニエール病の原因は完全には解明されていませんが、ストレスや疲労、塩分の取りすぎなどが関与していると考えられています。

低音障害型感音難聴

低音障害型感音難聴は、低音域の音が聞こえにくくなる症状を指します。
この症状は、内耳の毛細血管の障害や、内耳の液体のバランスの乱れなどが原因となることが多いです。
特に、高血圧や糖尿病などの基礎疾患を持つ人に多く見られます。

低音が聞こえにくいと、人の声や交通音など、日常生活でのコミュニケーションに支障をきたすことがあります。

突発性難聴

突発性難聴は、突然片耳または両耳の聴力が低下する症状を指します。
この症状の原因は多岐にわたり、ウイルス感染、ストレス、内耳の血流障害などが考えられます。

突発性難聴は、早期の治療が非常に重要です。
症状が現れたら、すぐに耳鼻咽喉科を受診することをおすすめします。

スポンサーリンク

突発性難聴について

突発性難聴は、突然片方または両方の耳の聴力が低下する病気です。
この病気は、前日まで何も問題がなかったのに、突然音が聞こえにくくなるという特徴があります。
原因は多岐にわたり、感染症や血液循環の異常、自己免疫疾患などが考えられます。

早期の治療が非常に重要であり、放置すると永久的な難聴のリスクが高まります。

突発性難聴の原因

突発性難聴の原因は完全には解明されていませんが、いくつかの要因が考えられています。
感染症、特にウイルスや細菌による感染が原因となることがあります。

また、内耳に十分な血液が供給されないことによる血液循環の異常や、自己免疫反応による内耳の炎症も原因として挙げられます。
さらに、遺伝的要因や一部の薬剤、ストレスなども突発性難聴の発症に関与している可能性があります。

突発性難聴の主な症状

突発性難聴の主な症状は、突然の聴力低下です。
これは片耳または両耳で発生することがあります。

また、耳鳴りやめまい頭痛吐き気や嘔吐などの症状が伴うこともあります。
特に、音が聞こえない側の耳で耳鳴りが発生することが多いです。

症状は突然現れ、数日から数週間で回復することがあるものの、完全に回復しない場合もあります。
症状が現れた場合は、速やかに医師の診察を受けることが推奨されます。

突発性難聴について、下記の記事でも詳しく解説しているので、気になる方はぜひご覧ください。

関連記事

突然、耳が聞こえなくなる経験をしたことはありますか?「突発性難聴」とは、片方の耳が突然聞こえにくくなる症状を指します。発症した方のうちのほとんどが「耳が詰まったような感じ」と表現するこの現象ですが、この突発性難聴は特に40〜60歳代の方[…]

健達ねっとECサイト

耳が詰まった感じとストレスの関係

突発性難聴は突然の耳の聞こえにくさを引き起こす病気で、早期の発見と治療が非常に重要です。
この病気は、突然耳が聞こえにくくなるもので、原因は明確には分かっていませんが、ウイルス感染や血流障害、そしてストレスが関与していると考えられています。

日常生活や仕事での対処法、注意点などを以下に詳しく解説します。

ストレスで耳が聞こえにくくなる原因

突発性難聴の原因は、現在のところ完全には解明されていませんが、内耳のウイルス感染血流障害、そしてストレスが関連していると考えられています。
特に、疲労やストレスにより自律神経がバランスを崩すことで、内耳の血流障害が引き起こされる可能性が指摘されています。
この血流障害は、耳の聞こえに影響を及ぼすことが知られています。

また、ストレスが原因で免疫機能が低下すると、内耳障害を引き起こすウイルスが再活性化する可能性があり、これが突発性難聴の原因となることも考えられています。

ストレスの発散方法について、詳しく知りたい方はこちらの記事も是非ご覧ください。

関連記事

ストレス発散にはストレッチや趣味、運動や睡眠があります。また、ストレスを溜め込みやすい方もいるので、自分への理解も重要です。そもそもストレスの発散方法にはどのようなものがあるのでしょうか?また、人気のストレス発散方法としては[…]

薬の使い方

専門医による耳の聞こえにくさの治療方法

突発性難聴は、突然の聴力低下を引き起こす疾患であり、その治療には専門的な知識と経験が求められます。
この病気は、前日まで何の問題もなかったのに、突然音が聞こえにくくなるという特徴があります。

多岐にわたる原因の中で、感染症血液循環の異常自己免疫疾患などが考えられます。
専門医による適切な治療は、聴力の回復を目指す上で非常に重要です。

医師の診断と治療

突発性難聴の診断は、専門医の詳しい検査経験に基づいて行われます。
症状の程度や原因によって治療方法が異なるため、まずは専門医の診断を受けることが重要です。

早期の治療開始が聴力回復の鍵となり、適切な治療計画のもとでの治療が推奨されます。

薬物療法

突発性難聴の主な治療法として、薬物療法が考えられます。
副腎皮質ステロイドという薬を内服または点滴で投与する方法が一般的です。
さらに、血管拡張薬やビタミンB12製剤、代謝促進薬などの薬も使用されることがあります。

治療の進行によっては、耳の中に直接ステロイドを注入する方法も選択されることがあります。

手術の必要性

突発性難聴の中には、薬物療法だけでは改善しないケースも存在します。
そのような場合、手術が必要となることがあります。

手術の必要性や方法は、医師の診断に基づいて決定されます。
手術を検討する際は、リスクや効果、期待される結果などを十分に理解した上で、専門医との相談を深めることが大切です。

詰まった感じで耳が聞こえにくいのはどれくらいで治る?

突発性難聴は突然の聴力低下を引き起こす疾患で、適切な治療が必要です。
この疾患は突然発症しますが、ほとんどの場合、数日で治ることはありません。

以下では、突発性難聴の治療期間や後遺症について詳しく解説します。

耳が聞こえにくいのは1日で治るのか?

突発性難聴は突然発症しますが、ほとんどの場合、数日で治ることはありません。
聴力が回復するまでには、1ヶ月程の時間が必要とされています。

発症してから間もない急性期は、場合によっては病院で治療を受けることが考えられます。
もしそうでない場合でも、発症後の最初の数日間は静かな生活を心がけ、自身の健康に気を配り、日常生活のリズムや睡眠に気を付けることが重要です。

後遺症は残る?

突発性難聴では、発症してから1週間以内に適切な治療を受けることが重要だとされています。

症状の程度によって個人差はありますが、発症してから1週間以内に適切な治療を受けることで、約40%は完治し、50%は何かしらの改善が見られるというデータもあります。
しかし、完全に回復しない場合、耳が聞こえない症状が残ったり、耳鳴りが続いたりする場合があるとされています。

なお、発症から約1〜2ヶ月で聴力が固定すると考えられています。

スポンサーリンク

詰まった感じで耳が聞こえにくい時の対処法

突発性難聴は突然の耳の聞こえにくさを引き起こす病気で、早期の発見と治療が非常に重要です。
この病気は、突然の難聴を引き起こすもので、原因は明確には分かっていませんが、ウイルス感染や血流障害が関与していると考えられています。

日常生活や仕事での対処法、注意点などを以下に詳しく解説します。

日常生活での対処法

突発性難聴の患者は、日常生活においていくつかの対処法を取り入れることが推奨されます。
まず、生活習慣を整えトレスを減少させることが重要です。

また、自分の聞こえの状態を理解し、それを他者に伝える能力を持つことが求められます。
自分の聞こえの状態について「自分説明書」を作成し、それを周囲の人々に共有することが有効です。

さらに、会話中に聞き取れなかった部分がある場合、遠慮せずに再度確認することが大切です。

仕事での対処法

職場においても、突発性難聴の影響を受ける可能性があります。
そのため、自分の聞こえの状態を正確に伝え、必要な配慮を受けることが重要です。

具体的には、自分の聞こえの状態に合わせた合理的な配慮を求め、働きやすい環境を整えるように要請することが考えられます。

また、ストレスや過労が原因となる場合もあるため、適切な休養を取ることも大切です。

詰まった感じで耳が聞こえにくい時に気を付けるべき注意点

突発性難聴は、放置すると症状が悪化する可能性があるため、早期の受診が強く推奨されます。

また、症状が軽度であっても、安静を保つことが治療の一環として非常に重要です。
症状が発現した場合、48時間以内に治療を開始することが望ましいとされています。
そのため、異常を感じたら速やかに耳鼻科を受診することが大切です。

スポンサーリンク

詰まった感じで耳が聞こえにくいのを予防する方法

耳が詰まった感じがする突発性難聴は、突然の症状として現れることがあり、日常生活やストレスが大きな影響を与えているといわれています。

以下では、この症状の予防方法や日常生活での注意点について、詳しく解説します。

耳の衛生習慣と保護

耳の衛生は、耳の健康を維持するための基本です。
耳垢は、耳の中の汚れや細菌を取り除く役割がありますが、過度な取り除きは逆効果となることがあります。

適切な耳の掃除方法を学び、大きな音や騒音から耳を守るための対策を取ることが重要です。
耳栓やヘッドフォンの正しい使用方法も、耳の健康を保つための鍵となります。

生活習慣の管理

突発性難聴の原因として、内耳の血液循環不全が挙げられます。
そのため、血液循環を良好に保つ生活習慣の見直しは必須です。
バランスの良い食事、適切な睡眠、適度な運動は、基本的な生活習慣として欠かせません。

また、過度な飲酒や喫煙、長時間の入浴は避けるよう心がけましょう。

ストレス管理

ストレスは、身体や心の健康だけでなく、耳の健康にも影響を与えることが知られています。
日常生活でのストレスを適切に管理することは、耳の健康を保つために非常に重要です。

リラクゼーションや深呼吸、瞑想などのリラックス方法を日常に取り入れることで、ストレスを軽減することができます。

また、趣味や運動を通じてストレスを発散する方法も効果的です。

スポンサーリンク

詰まった感じで耳が聞こえにくいについてよくあるQ&A

耳が詰まった感じで聞こえにくいのは、なぜ起こるのですか?

耳が詰まった感じや聞こえにくさは、耳垢の過剰な蓄積、中耳炎、耳の感染症、突発性難聴などさまざまな原因によって起こることがあります。
特定の原因を特定するには、耳鼻咽喉科の医師の診察が必要です。

耳が詰まった感じが続く場合、どのような対処をすれば良いですか?

耳が詰まった感じが続く場合、無理に自分で解決しようとせず、耳鼻咽喉科を受診することをおすすめします。
適切な診断と治療を受けることで、症状の原因を特定し、適切な治療を受けることができます。

耳が詰まった感じがするのは難聴ですか?

耳が詰まった感じがするだけで難聴とは限りません
しかし、突発性難聴などの症状として耳が詰まった感じが生じることもありますので、持続的な症状や急激な聞こえの低下がある場合は、耳鼻科の受診をおすすめします。

耳の詰まり感や聞こえにくさを予防するための方法はありますか?

耳の詰まり感や聞こえにくさを予防するためには、

  • 適切な耳の掃除
  • 大きな音や騒音から耳を守る
  • バランスの良い食事
  • 適度な運動などの生活習慣の見直し
  • ストレスの管理

などが有効です。

耳が詰まった感じで聞こえにくくなった後、完全に聞こえるようになる確率はどれくらいですか?

耳が詰まった感じの原因によって異なります。
耳垢の蓄積が原因の場合、適切な掃除を行えば聞こえるようになることが多いです。

しかし、突発性難聴などの病気が原因の場合、早期の治療が重要となり、治療を受けても完全に回復しない場合もあります。

詰まった感じで耳が聞こえにくいについてのまとめ

ここまで詰まった感じで耳が聞こえにくいことについてご紹介しました。
要点を以下にまとめます。

  • 詰まった感じで耳が聞こえにくくなる原因には、中耳炎、メニエール病や低音障害型感音難聴、突発性難聴などが考えられる
  • 突発性難聴の治療方法としては、耳鼻咽喉科で副腎皮質ステロイドという薬を内服または点滴で投与する治療を受けるのが主流である
  • 突発性難聴になった場合、ストレスの管理や生活習慣の管理を心がけることが重要である

これらの情報が少しでも皆さまのお役に立てば幸いです。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

監修者 メディカル・ケア・サービス

  • 認知症高齢者対応のグループホーム運営
  • 自立支援ケア
  • 学研グループと融合したメディア
  • 出版事業
  • 社名: メディカル・ケア・サービス株式会社
  • 設立: 1999年11月24日
  • 代表取締役社長: 山本 教雄
  • 本社: 〒330-6029埼玉県さいたま市中央区新都心11-2ランド·アクシス·タワー29F
  • グループホーム展開
  • 介護付有料老人ホーム展開
  • 小規模多機能型居宅介護
  • その他介護事業所運営
  • 食事管理
  • 栄養提供
  • 福祉用具販売
  • 障がい者雇用

スポンサーリンク