ホーム

認知症を学ぶ

down compression

介護を学ぶ

down compression

専門家から学ぶ

down compression

書籍から学ぶ

down compression

健康を学ぶ

down compression
健達ねっと>生活>クレジットカード>クレジットカードは審査なしでも作れる?審査に通る方法と選び方!

クレジットカードは審査なしでも作れる?審査に通る方法と選び方!

クレジットカードを利用する際、多くの人が気になるのが審査の厳しさです。
お金に余裕がない時や急な支出が必要な時、頼りになるのはクレジットカードです。

しかし、審査が通らなければその利便性を享受できないという現実に悩む人も多いでしょう。
本記事では、審査なしのクレジットカードについて以下の点を中心にご紹介します。

  • 審査が通る・審査なしのクレジットカードはある?
  • クレジットカードの審査に通らない理由
  • 審査に通りやすいクレジットカードの選び方

審査なしのクレジットカードをお探しの方は、ぜひ最後までお読みください。

審査が通る・審査なしのクレジットカードはある?

クレジットカードの審査に不安を感じる方は多いですが、実際には審査が非常に緩い、または審査なしで利用できるクレジットカードも存在します
これらのカードは、使い方によっては大変便利ですが、選ぶ際にはその特徴をしっかり理解しておくことが重要です。

ここでは、審査に通りやすいクレジットカードと審査なしで利用できるカードの存在について詳しく解説します。

審査に通りやすいクレジットカードの存在

審査に通りやすいクレジットカードは実際に存在します。
これらのカードは通常、

  • 年会費無料
  • 年会費が低めで設定されている

ことが多く、カード発行会社がより多くの顧客を獲得しようと審査基準を緩めに設定しています。
特に、ショッピングモールや特定の小売店が提供する提携カードは、利用者を広く獲得するために審査を簡単にしているケースが見られます。

また、消費者金融系のクレジットカードも審査が比較的甘いとされており、信用情報に少々の問題がある人でも申し込みやすいです。

ただし、これらのカードは利用限度額が比較的低めに設定されていることがあるため、大きな買い物には向かない可能性があります。

審査なしで使えるカードの種類と実情

一方で、完全に「審査なし」でクレジットカードと同じ利便性を提供する製品は、厳密には存在しません
しかし、プリペイドカードデビットカードは、審査なしで入手できるカードとして広く利用されています。

プリペイドカードは事前にチャージして使うタイプで、クレジットカードと同じようにオンラインや店頭で利用できますが、事前に支払った金額の範囲内でしか使えないため、デビット性があります。

デビットカードも同様に、銀行口座と直結しており、利用額が即座に口座から引き落とされるため、クレジットカードのような審査は不要です。

これらのカードは特に、クレジットヒストリーがない人や、すぐにカードが必要な人にとって有効とされる選択肢となります。

ブラックでもクレジットカードが作れる可能性

クレジットヒストリーがブラック状態の人でも、クレジットカードを作る方法は存在します。
一般的なカード会社の審査には通りにくいですが、特定のカードや条件下での申し込みが可能です。

ブラックリストに載っていてもクレジットカードを持つ方法と、それに関連する注意点を解説します。

ブラックリストに載っていても申し込めるカードの種類

ブラックリストに載っている方が申し込めるクレジットカードの種類とその特徴を表にまとめて説明します。

カードの種類説明利点注意点
セキュアカード預け入れた預金を担保として発行されるクレジットカードです。・審査に通りやすい
・クレジットスコアの改善に役立つ
・担保として預けた金額が利用限度額になる
プリペイドカード前払い式で、チャージした金額の範囲でのみ利用できるカードです。・審査が不要
・使い過ぎを防げる
・クレジット機能がない
・クレジットヒストリーが築けない
デビットカード銀行口座と直結しており、利用額が即座に口座から引き落とされる。・審査が不要
・即時決済で利用できる
・クレジット機能がない
・即時決済のため残高管理が必要
小売店のカード小売店やショッピングモールが発行するクレジットカードです。・審査が比較的甘い
・店舗利用での割引や特典が多い
・利用可能範囲が限られる
・他のカードほど汎用性がない
カタログクレジット販売店が提供する分割払いサービス。・審査が緩い
・必要な商品をすぐ購入できる
・高利率の場合が多い
・総返済額が増えることがある

ブラックでも審査に通るためのコツ

ブラック状態でもクレジットカードの審査に通るためのコツは、まずは申し込むカードを慎重に選ぶことです。

具体的には、

  • 審査基準が公開されているカードを選ぶ
  • 事前にカード会社のカスタマーサポートに相談する

ことが有効とされます。

また、共同申込者を設定することで、その人の信用情報を利用して審査をパスしやすくなる場合があります。
最終的には、全ての金融行動を正直に申告し、過去の信用問題を明確に説明する姿勢が信頼を得るポイントとなります。

ブラックリスト状態からの復活方法

ブラックリストから脱出するには、まず信用情報を確認し、どのような記録が残っているかを把握することが重要です。

多くの場合、過去の未払い延滞情報が原因で信用を失っています。
これらを解消するためには、

  • 過去の債務を清算する
  • 小額のローンを利用して返済実績を積む
  • 定期的な収入を証明する

ことが有効とされます。

また、信用情報は一定期間で消去されるため、その期間中は新たなクレジットヒストリーを慎重に築いていく必要があります。

クレジットカードの審査に通らない理由

クレジットカードの審査に通らない主な理由は多岐にわたります。
申込者の返済能力信用情報カード発行経験、そして現在の借入れ状況が、審査結果に大きく影響します。

ここでは、審査で不利になる要因とその背景について詳細に解説します。

返済能力が低いと判断される

クレジットカードの審査で最も重視されるのが申込者の返済能力です。
金融機関は、申込者の年収、職業、勤続年数、そして月々の収支バランスを詳細に分析します。
特に、自由に使える収入(可処分所得)が少ない場合、返済能力が低いとみなされがちです。

また、フリーランスやアルバイトなど、収入が不安定な職業に就いている場合も、審査で不利になることがあります。
返済能力を証明するためには、安定した収入源と、適切な支出管理が求められます。

過去に金融事故を起こしている

クレジットカードの審査では、申込者の信用情報が厳しくチェックされます。
特に、「ブラックリスト」と呼ばれる状態、つまり過去に支払いの遅延やデフォルト(債務不履行)があると、審査に大きなネガティブ影響を及ぼします。

信用情報は一般的に最長で5年間保持されるため、その期間内に金融事故を起こしていると、新たなクレジットカードの発行が困難になります。
金融事故の影響を和らげるためには、事故情報が消えるまで待つか、小規模な信用を築くためのステップを踏むことが効果的とされます。

初めてクレジットカードを作る

初めてクレジットカードを申し込む人は、審査で不利になることがあります。
これは、信用履歴がまったくないため、金融機関がリスクを予測しにくいからです。
特に若年層や学生の場合、安定した収入がないと見なされることも多く、審査が厳しくなる傾向があります。

初めてのクレジットカード申込みを成功させるコツは、年会費無料で審査基準が緩いカードを選ぶことや、ショッピングクレジットなど小さな信用取引から始めることです。

借入額が大きい

既に多額の借入れがある場合、新たなクレジットカードの審査に通ることは難しくなります。
これは、返済負担が既に高いと判断されるためです。

特に、他のクレジットカードやローンでの大きな未払い残高があると、追加の信用を得ることは困難です。
このような状況では、まず既存の借入れを整理し、返済総額を減らすことが先決です。

借入れが多い場合には、返済計画を見直すか、低利のローンに借り換えることで、金融機関からの信頼を回復することが期待できます。

学生におすすめのクレジットカードについて解説しています。当てはまる方はぜひご覧ください。

関連記事

学生のみなさんもご存知の通り、学生生活には支出がつきものです。そんな中、お得なクレジットカードがあれば生活がもっと便利になるでしょう。クレジットカードを持つことで得られるメリットや、どのカードが自分に合っているのか、という疑問を[…]

クレジットカードの審査基準

クレジットカードの審査基準は、カード会社によって異なりますが、共通しているのは申込者の信用情報、返済能力、職業や年収などの経済的背景を評価する点です。

ここでは、カード会社が審査で重視する主要な項目について解説し、どのようにして審査を通過するかのヒントを提供します。

信用情報のチェック

クレジットカードの審査において最も重要視されるのが、申込者の信用情報です。
信用情報とは、過去の借入やクレジットカードの利用履歴、返済状況などが記録されたデータで、信用情報機関が管理しています。

審査では、この情報を基に

  • 申込者が過去に金融事故を起こしていないか
  • 現在他のローンやカードでの延滞がないか

などが確認されます。
清廉な信用情報を保つためには、ローンやクレジットカードの支払いを期日までに全額支払う、無理な借入を避けるなどの対策が必要です。

収入と返済能力の評価

審査で次に重要なのが、申込者の収入と返済能力の評価です。
カード会社は、申込者が

  • 持続的に安定した収入を得ているか
  • 収入に対して過剰な借入がないか

を見ます。

具体的には、

  • 年収
  • 職業
  • 勤務先の種類や規模
  • 勤続年数

などがチェックされます。
フリーランスや自営業者でも、安定した収入の証明があれば審査に有利です。

返済能力を高めるためには、収入の安定化無駄遣いの削減適切な資産管理が鍵となります。

居住状況と勤務状況

カード会社は、申込者の居住状況勤務状況も審査で評価します。
長期間同じ住所に住んでいる場合、また長期間同じ会社で働いている場合は、社会的な安定性と信頼性があると見なされます。

逆に、頻繁に住所が変わる、職を転々とするといった状況は、審査で不利に働くことがあります。

また、自宅所有か賃貸かも影響することがあり、自宅所有者の方が信用度が高いと判断されることが多いです。
安定した居住状況と勤務状況を保つことで、審査の通過率を上げることができます。

その他の要因と審査の流れ

クレジットカードの審査では、上記の基本的な要素の他にも、
申込者の

  • 年齢
  • 学歴
  • 家族構成
  • 保有資産
  • その他の借入れ状況

などが考慮されることがあります。
年齢に関しては、法的な最低年齢を満たしていることが必要で、一般的には18歳以上ですが、信用情報や収入状況によっては20歳以上とするカード会社もあります

審査の流れとしては、オンラインで申し込み後、数日から数週間で審査結果が通知されます。
審査をスムーズに進めるためには、申込書の記入漏れがないようにする、必要書類を完備するなどの準備が重要です。

個人事業主におすすめのクレジットカードについて、興味のある方は以下の記事もご覧ください。

関連記事

個人事業主の皆さん、ビジネスを展開する上でクレジットカードの重要性をご存知ですか?経費の管理やポイント還元など、クレジットカードは様々な面で役立つ可能性があります。ビジネスを効率的に運営するためには、クレジットカードの選び方を知[…]

審査に通りやすいクレジットカードの選び方

クレジットカードの審査に通りやすいカードを選ぶには、いくつかのポイントを抑えることが重要です。

ここでは、審査に通りやすいクレジットカードの選び方を詳しく解説します。

年会費無料のカードを選ぶ

年会費無料のクレジットカードは、審査に通りやすい傾向にあります。
これは、カード会社がより多くの顧客を獲得しようと年会費の障壁を取り除くためです。

特に、大手の銀行や消費者金融が提供する年会費無料のカードは、初めてクレジットカードを作る人や、過去に信用情報に少々の問題があった人にとっても審査が通りやすいです。

しかし、年会費無料のカードでも、利用限度額や提供されるサービスはカードによって異なるため、自分のライフスタイルに合ったカードを選ぶことが大切です。

ショッピングモールや企業提携カードを検討する

特定のショッピングモールや企業が提携しているクレジットカードも、審査に通りやすいとされています。
これらのカードは、企業が顧客の利便性を高め、より多くのリピーターを確保するために審査基準を柔軟に設定している場合が多いです。

例えば、大型スーパーや有名なオンラインショッピングサイトの提携カードは、専用ポイントが貯まるなどの特典もあり、日々の買い物で利用するには非常に便利です。

ただし、これらのカードは特定の場所での使用に特化されているため、幅広い用途で使用する場合は他のオプションも検討することが推奨されます。

デビットカードも選択肢に入れる

デビットカードは、銀行口座と直結しており、利用した金額が即座に口座から引き落とされるため、クレジットカードのような審査がほとんどありません。
クレジットカードの審査に自信がない場合や、クレジットカードの使用を避けたい場合には、デビットカードが良い選択肢となります。

また、デビットカードは利用者が支出をコントロールしやすく、無駄遣いを防ぐ手助けにもなります。

ただし、クレジットカードと比較して、海外での利用や大きな買い物での利用には不便を感じることもあるため、使用シーンを考えて選ぶことが重要です。

セキュアードカードを検討する

クレジットヒストリーがまだ築かれていない初心者や、過去に信用情報に問題があった人にとって、セキュアードカード(担保付きクレジットカード)は審査に通りやすい選択肢です。

セキュアードカードは、事前に預け入れた預金を担保として利用するため、通常のクレジットカードよりも審査が緩いです。
このカードを利用することで、信用情報を徐々に改善し、将来的に通常のクレジットカードへとステップアップすることが可能です。

ただし、担保として預ける金額が利用限度額となるため、大きな購入には向いていません。

以下の記事では、年会費無料のクレジットカードについて詳しく解説しています。

関連記事

クレジットカードを利用する際、年会費を支払うべきか、それとも無料のカードを選ぶべきか、多くの人々が悩むポイントかと思います。年会費無料クレジットカードは、お財布の中身を温存しながらも便利なショッピングを提供するという点で、多くの人々[…]

クレジットカード 年会費 無料

クレジットカードの使い方を考えよう!

クレジットカードは非常に便利な支払いツールですが、不適切な使用は多額の借金や経済的なトラブルを引き起こすことがあります
賢いクレジットカードの使い方を学び、適切な金融行動を取ることが重要です。

ここでは、クレジットカードの選び方と、避けるべきリスクを詳しく解説し、年度別のクレジットカードに関する相談件数を示して、その背景にある問題点を探ります。

クレジットカードの選び方

クレジットカードを選ぶ際には、自分のライフスタイルや支出パターンに合ったカードを選ぶことが重要です。
年会費の有無を考えるところから始め、利用頻度や主な利用目的に応じて、

  • ポイント還元率
  • キャッシュバック
  • マイル

などの特典が充実したカードを選ぶと良いでしょう。

海外旅行をよくする人は、国際ブランドが広く受け入れられているカードや、旅行保険が充実しているカードが便利です。
自分がカードをどのように使うかを明確にし、それに合ったカードを選ぶことが大切です。

クレジットカードに関する相談件数|年度別

以下の表は、年度別のクレジットカードに関する相談件数を示しています。
これを見ると、特に2020年度にかけて相談件数が増加していることがわかります。

この傾向は、クレジットカードの利用が増える一方で、利用者の間で問題が発生していることを示唆しています。

年度相談件数
2016年度36,678
2017年度40,878
2018年度44,941
2019年度49,067
2020年度55,127
2021年度34,372

クレジットカードのトラブル防止方法

クレジットカードの利用においてトラブルを防止するためには、以下の方法を実践することが効果的とされます。

利用明細の定期的なチェック

毎月のクレジットカードの明細を確認し、知らない取引が記載されていないかをチェックします。
不審な取引があればすぐにカード会社に報告しましょう。

セキュリティ対策の徹底

カード情報をオンラインで入力する際は、セキュリティ通信を行っているサイトのみを使用し、公共のWi-Fiなどは避けます

また、カード番号やセキュリティコードをメモする場合は、それらが他人の目に触れないようにしましょう。

カード利用の予算設定

月々のクレジットカードの利用額に上限を設け、予算を超えないように心がけます。
これにより、無計画な支出と多額の請求を避けることができます。

カードの物理的な保護

クレジットカード自体を安全な場所に保管し、不要な場合は持ち歩かないようにします。

また、カードが不要になった場合は、情報が読み取れないように切り刻んでから廃棄しましょう。

教育と情報収集

クレジットカードに関する最新の情報やセキュリティ対策を常に学び、意識高く利用することが重要です。
消費者センターや金融庁のウェブサイトなど、信頼できる情報源からの知識を得ることで、トラブルに巻き込まれるリスクを減らせます。

これらの方法を実践することで、クレジットカードの利用における多くのトラブルを未然に防ぐことが可能です。
安全かつ賢くカードを使用して、快適な金融生活を送りましょう。

(出典:独立行政法人国民生活センター-18歳から大人に!クレジットカードの使い方を考えよう!

審査なしのクレジットカードまとめ

ここまで審査なしのクレジットカードについてご紹介しました。
要点を以下にまとめます。

  • 完全に「審査なし」でクレジットカードと同じ利便性を提供する製品は、厳密には存在しない
  • クレジットカードの審査に通らない理由は、返済能力が低いと判断される、過去に金融事故を起こしている、初めてクレジットカードを作る、借入額が大きいこと
  • 審査に通りやすいクレジットカードの選び方は、年会費無料のカードを選ぶ、ショッピングモールや企業提携カードを検討する、デビットカードも選択肢に入れる、セキュアードカードを検討すること

これらの情報が少しでも皆さまのお役に立てば幸いです。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。



監修者 メディカル・ケア・サービス

  • 認知症高齢者対応のグループホーム運営
  • 自立支援ケア
  • 学研グループと融合したメディア
  • 出版事業
  • 社名: メディカル・ケア・サービス株式会社
  • 設立: 1999年11月24日
  • 代表取締役社長: 山本 教雄
  • 本社: 〒330-6029埼玉県さいたま市中央区新都心11-2ランド·アクシス·タワー29F
  • グループホーム展開
  • 介護付有料老人ホーム展開
  • 小規模多機能型居宅介護
  • その他介護事業所運営
  • 食事管理
  • 栄養提供
  • 福祉用具販売
  • 障がい者雇用

スポンサーリンク