ホーム

認知症を学ぶ

down compression

介護を学ぶ

down compression

専門家から学ぶ

down compression

書籍から学ぶ

down compression

健康を学ぶ

down compression
健達ねっと>生活>クレジットカード>クレジットカードの手数料はいくら?計算方法と違法な手数料に注意

クレジットカードの手数料はいくら?計算方法と違法な手数料に注意

クレジットカードを利用する際に気になるのが、その手数料についてです。
誰もが節約したいと考える中、クレジットカードの手数料について疑問を持つ方も多いでしょう。

クレジットカードの手数料は一体いつ発生し、どのように計算されるのでしょうか?
そこで本記事では、クレジットカードの手数料について以下の点を中心に解説します。

  • クレジットカードの手数料はいつ発生するのか
  • クレジットカードの手数料を節約する方法
  • クレジットカードの違法な手数料とは

ぜひ最後までお読みください。

クレジットカードの手数料について

クレジットカードの手数料は、カードの利用方法や支払い方法により異なります。

一般的に、1回払いや2回払いでは手数料は発生しませんが、特定のサービスを利用した場合に手数料が発生します。

クレジットカードの手数料とは?

クレジットカードの手数料は、カード利用者と店舗(加盟店)の両方が負担する費用です。

カード利用者が負担する手数料には、分割払い・リボ払いやキャッシングサービスの利用でかかるものや、クレジットカードの再発行でかかるものなどがあります。

また、店舗は、顧客がクレジットカード決済をするたびに、カード会社に決済手数料を支払います
クレジットカードの手数料は、カード管理やセキュリティ対策などに使われているため、クレジットカード利用に欠かせない費用といえます。

また、決済手数料を支払う必要があっても店舗がクレジットカード払いを導入するのは、店舗側にもメリットがあるからです。
クレジットカード払いを導入することで、顧客が現金を持ち歩く必要がなく商品やサービスを購入できるため、顧客数と購入金額の増加につながります。

このように、クレジットカードの手数料は、カード利用者と店舗の両方に影響を与える重要な要素です。

クレジットカードの手数料はいつかかるの?

クレジットカードの手数料は、カードの利用方法や支払い方法により異なります。

一般的に、1回払いや2回払い、ボーナス一括払いでは手数料は発生しませんが、

  • 分割払い
  • リボ払い
  • キャッシング

など特定のサービスを利用した場合に手数料が発生します。

分割払い・リボ払いとは

分割払いとリボ払いは、クレジットカードの支払い方法の一つで、これらを利用すると手数料が発生します。

分割払いは、購入金額を複数回に分けて支払う方法で、3回以上の分割払いを選択した場合に手数料が発生します。
一方、リボ払いは、毎月一定の金額を支払う方法で、利用残高に対して手数料が発生します。

これらの手数料は、利用金額や支払回数に応じて異なり、一般的に年率12.0%〜15.0%程度となっています。
これらの支払い方法を利用する際は、手数料が発生することを理解し、適切な支払い方法を選択することが重要です。

キャッシングとは

キャッシングは、クレジットカードを利用して現金を借りるサービスで、この利用には金利が発生します。

キャッシングの金利は、借り入れの期間によっても変わり、一般的には年利15.0%~18.0%となっています。

キャッシングを利用する際は、金利が発生することを理解し、必要な場合のみ利用することが重要です。
また、返済計画を立て、返済期限を守ることで、金利負担を最小限に抑えることができます。

カード再発行とは

クレジットカードの紛失や盗難、破損などでカードの再発行が必要となった場合、再発行手数料が発生します。

基本的には再発行時に1,000円前後の手数料がかかりますが、カード会社やカードの種類により、手数料がかからない場合もあります。

カードを再発行する際は、手数料が発生することを理解し、必要な場合のみ利用することが重要です。
また、カードの紛失や盗難を防ぐための対策を講じることで、再発行手数料を避けることができます。

クレジットカードの手数料の計算方法

クレジットカードの手数料には様々な種類があります。
ここでは分割払い、リボ払い、キャッシングの手数料計算方法について解説します。

分割払い

分割払いとは、購入した商品やサービスの料金を何回かに分けて支払う方法です。
手数料は各カード会社によって異なりますが、一般的には月々の支払い金額に対して一定の割合で計算されます。

利用金額×(利用金額100円あたりの手数料額÷100)

例えば、10万円を10回の分割で支払う場合、手数料率が1.5%であれば、手数料は1,500円となり、月々の支払い額は10,150円となります。
手数料を抑えるためには、分割回数を少なくすることが効果的とされます。

リボ払い

リボ払いは、毎月一定額を支払い、残りの金額に対して手数料が発生する支払い方法です。
手数料は残高に対して年率で計算され、毎月の支払い額に含まれます。

利用残高×手数料率×利用日数÷365

例えば、10万円のものを購入し、支払い方法を年率15%のリボ払いにした場合、月々の支払い額が1万円であれば、初月の手数料は1,250円となります。
リボ払いの手数料は分割払いに比べて高くなる傾向があるため、利用時には注意が必要です。

キャッシング

キャッシングは、クレジットカードで現金を借りるサービスです。
手数料は利用金額に対して年率で計算され、借入期間に応じて発生します。

例えば、10万円をキャッシングして年率18%で1ヶ月間借りた場合、手数料は1,500円となります。
キャッシングの手数料は高めであるため、短期間での返済が推奨されます。

海外でクレジットカードを利用する場合の手数料

クレジットカードを海外で使用するとき、忘れてはならないのが「海外利用手数料」です。

この手数料は、国内での利用とは違い、海外での利用時には必ず発生します。
したがって、海外でクレジットカードを使う際には、この手数料についての理解が必要です。

海外でのクレジットカードの手数料

海外でクレジットカードを使うと、「海外利用手数料」が必ず発生します。

この手数料は、クレジットカードの国際ブランド(Visa、Mastercard、American Express、JCBなど)が設定する基準レートに、カード発行会社(例えば、楽天銀行や三井住友銀行など)が設定する「海外事務手数料」が加算された為替レートで日本円に換算されます。

海外利用手数料は、一般的に1.6%から2.2%が目安とされています。

この手数料は、国際ブランドの基準レートに対して、発行会社が設定したパーセンテージが加算される形で計算されます。
そのため、海外でのクレジットカード利用額が大きければ大きいほど、発生する手数料も増えます。

さらに、クレジットカードの種類や発行会社によっても海外利用手数料は異なります。
そのため、自分が持っているクレジットカードの海外利用手数料を確認することが重要です。

また、海外旅行やビジネスで頻繁にクレジットカードを利用する場合は、海外利用手数料が低いクレジットカードを選ぶことも一つの方法です。

海外利用手数料の算出方法

海外利用手数料の算出方法は以下の通りです。

国際ブランド基準レート×使った外貨金額×海外事務手数料

  1. クレジットカードの国際ブランドが設定する基準レートで外貨を日本円に換算します。
  2. その換算額に対して、カード発行会社が設定した海外事務手数料のパーセンテージを加算します。

例えば、海外事務手数料が2.0%のVisaカードで1,000ドルのものを購入した場合、その日のVisaの基準レートが1ドル=141.19円とすると、この買い物にかかる海外事務手数料は、141.19円/ドル(Visa基準レート)× 1,000ドル(利用額)× 2.0%(海外事務手数料%) = 約2,824円となります。

このように、海外利用手数料は、利用額と海外事務手数料のパーセンテージに基づいて計算されます。
したがって、海外でのクレジットカード利用額が大きいほど、発生する手数料も増えます

また、海外事務手数料のパーセンテージは、クレジットカードの種類や発行会社によって異なるため、自分が持っているクレジットカードの海外事務手数料を確認することが重要です。

海外旅行をする際には、海外旅行保険も重要になります。
おすすめの海外旅行保険について詳しく知りたい方は、こちらの記事も合わせてお読みください。

関連記事

海外旅行は多くの人々にとって、新しい文化を体験し、リラックスする機会ですが、予期せぬ事態や事故が発生する可能性もあります。海外旅行保険は、そんな不測の事態に備えて、安心して旅行を楽しむための重要なツールです。しかし、海外旅行保険は地[…]

店舗が払うクレジットカード決済の手数料とは?

クレジットカード決済は現代のビジネスにおいて欠かせない存在となっています。
しかし、その背後には店舗が負担する手数料が存在します。

以下では、その手数料とは何か、そしてそれが店舗にどのような影響を及ぼすのかについて詳しく解説します。

店舗が払うクレジットカード決済の手数料

クレジットカード決済の手数料は、カード利用者が商品やサービスを購入する際に、店舗がクレジットカード会社に支払う費用のことを指します。

この手数料は、一般的には販売額の一定の割合(例えば3%など)として計算されます。
手数料の割合は、店舗の規模や業種、そしてカード会社との契約内容によって異なります。

これらの手数料は、クレジットカード決済のシステムを維持し、カード利用者に対する各種サービスを提供するために必要なものです。
しかし、これらの手数料は店舗の利益を圧迫する可能性もあり、そのバランスを取ることが重要です。

店舗がクレジットカード決済を導入するメリット

クレジットカード決済の手数料が発生する一方で、店舗がクレジットカード決済を導入することには多くのメリットがあります。

利用者が増える

クレジットカードは便利で安全とされる支払い方法として広く認知されており、その利用者は年々増加しています。
そのため、クレジットカード決済を導入することで、より多くの顧客を獲得することが可能になります。

特に、クレジットカードを主な支払い方法として利用する顧客層は、一般的に消費意欲が高く、購買力も高いとされています。
これらの顧客を獲得することで、店舗の売上向上につながる可能性があります。

利用単価が上がる

クレジットカードを利用する顧客は、現金を使用する顧客と比べて、一度の購入で高額な商品を購入する傾向があります。
これは、クレジットカードが提供する分割払いやリボ払いなどの支払いオプションが、顧客の購入意欲を刺激するからです。

また、クレジットカード決済は、高額商品の購入を容易にするため、店舗の利用単価を上げる効果もあるとされます。

現金管理の手間が省ける

クレジットカード決済を導入することで、現金の管理にかかる手間やコストを大幅に削減することができます。
具体的には、現金の収納や運搬、そして盗難からの保護などのリスクを軽減することが可能です。

また、現金の管理には人的リソースが必要ですが、クレジットカード決済の導入により、そのリソースを他の重要な業務に振り向けることが可能になります。

信頼性の向上

クレジットカード決済を導入することは、店舗の信頼性を高めます
これは、クレジットカード決済が一般的に安全とされ、信頼性の高い決済方法と認識されているためです。

また、クレジットカード会社との契約を通じて、店舗が信頼できる事業者であることを証明することもできます。
これにより、顧客からの信頼を得ることができ、リピート顧客の獲得や新規顧客の獲得につながる可能性があります。

クレジットカード手数料の節約方法

クレジットカードは便利な決済手段ですが、使い方によっては手数料が発生します。
しかし、知識と戦略を持つことで、これらの手数料を大幅に節約することが可能です。

以下では、クレジットカードの手数料を節約するための具体的な方法を解説します。

海外利用時の手数料軽減方法

海外でクレジットカードを利用すると、通常、現地通貨から日本円に換算する際に手数料が発生します。

これを軽減するための一つの方法は、海外利用手数料が低い、または無料のクレジットカードを選ぶことです。
また、一部のカードでは、海外での利用に対してポイント還元があり、実質的な手数料負担を軽減できます。

さらに、海外での換算レートにも注意が必要です。
一部のカードでは、換算レートが有利に設定されていることもあります。

これらの情報を事前に確認し、カードを選ぶことで、海外利用時の手数料を大幅に節約することが可能です。

分割払い手数料の回避策

クレジットカードの分割払いは便利ですが、手数料が発生します。
これを回避するための一つの方法は、分割払いを避け、一括払いを選択することです。

また、一部のカードでは、特定のショップやサービスでの分割払い手数料が無料になるキャンペーンを行っています。
これらのキャンペーンを上手に利用することで、分割払い手数料を節約できます。

さらに、分割払いを利用する場合でも、分割期間を短くすることで、手数料を抑えることが可能です。
分割払いの利用は、必要な場合に限定し、無理な負担を避けることが重要です。

その他の手数料節約のヒント

クレジットカードの手数料を節約するためのその他のヒントとしては、

  • 年会費無料のカードを選ぶ
  • 支払いを遅らせない
  • キャッシングを利用しない

などがあります。

また、クレジットカードの利用状況を定期的にチェックし、不要なサービスに対する手数料を発見することも重要です。
さらに、クレジットカードのポイント還元率やキャンペーンを上手に利用することで、実質的な手数料負担を軽減することも可能です。

これらのヒントを活用し、クレジットカードの利用をより効率的に、そして経済的に行うことが可能です。

クレジットカードのポイントや還元率についてより詳しく知りたい方は、こちらの記事も合わせてお読みください。

関連記事

クレジットカードを利用すると、購入金額の一部がポイントとして還元されることをご存知でしょうか?これを「還元率」と呼びますが、還元率はカードによって異なり、どのカードを選ぶかによって得られるポイントも変わってきます。そこで本記事で[…]

クレジットカードの違法な手数料に注意

クレジットカードの利用は便利ですが、その一方で違法な手数料に注意が必要です。

特に、上乗せ手数料と呼ばれるものは、消費者にとって大きな負担となります。
また、手数料を不当に請求された場合の対処法についても理解しておくことが重要です。

上乗せ手数料とは?

上乗せ手数料とは、商品やサービスの価格に加えて、クレジットカードでの支払いに対して追加で請求される手数料のことを指します。
これは、一部の事業者がクレジットカード会社から請求される手数料を消費者に転嫁する形で行われます。

しかし、これは消費者契約法により禁止されています。
したがって、上乗せ手数料を請求する事業者は法令違反となります。

手数料を請求されたら?

もし、上乗せ手数料を請求された場合、まずはその事実を確認しましょう。
レシートや明細書をよく見て、商品やサービスの価格以外に何か余計な費用が加算されていないか確認します。

次に、その手数料が適正であるかどうかを判断します。
これには、クレジットカード会社や消費者センターなどの専門機関に相談することが有効とされます。

そして、不適正な手数料であると判断された場合、事業者に対してその旨を伝え、返金を求めることが可能です。

キャッシュレスで多く利用されるのはクレジットカード?

株式会社ジェーシービーが行った、「クレジットカードに関する総合調査」の結果をもとに、キャッシュレス決済の中で、クレジットカードがどの程度利用されているのかを探ります。

キャッシュレスの保有率

2020年2021年2022年
クレジットカード86.6%85.9%85.7%
電子マネー77.4%75.5%75.3%
コード決済55.7%63.7%70.0%

近年のキャッシュレス決済の保有率を見てみると、クレジットカードの保有率は依然として高い水準を保っています
2020年には86.6%という高い保有率を記録しましたが、2021年と2022年にはわずかに減少し、それぞれ85.9%、85.7%となりました。

一方で、コード決済の保有率は2020年の55.7%から2022年には70.0%へと大きく増加しており、電子マネーの保有率も安定して高い水準を維持しています。

このデータから、クレジットカードは依然としてキャッシュレス決済の主流であることがわかりますが、コード決済の急速な普及も見逃せません。

キャッシュレスの利用状況

1年前と比べてキャッシュレスの利用が増えた?
増えた56.7%
増えていない43.3%
利用が増えたキャッシュレス
コード決済50.2%
クレジットカード49.7%
電子マネー35.2%

キャッシュレス決済の利用状況を見ると、1年前と比べてキャッシュレスの利用が増えたと答えた人は56.7%にのぼります。

利用が増えたキャッシュレスの中では、クレジットカードの利用増加率が49.7%となっており、これはコード決済の増加率50.2%とほぼ同等です。
電子マネーの利用増加率は35.2%とやや低めです。

このデータから、クレジットカードは依然として多くの人に利用されていることがわかりますが、コード決済の利用も急速に拡大していることが見て取れます。
キャッシュレス決済の利用状況は、今後も変化し続けるでしょう。

(引用:株式会社ジェーシービー「クレジットカードに関する総合調査」)

学生におすすめのクレジットカードに興味のある方は、こちらの記事も合わせてお読みください。

関連記事

学生生活は、自由だけでなく、新たな責任が伴っていく大切な時期です。その中で、多くの学生が「クレジットカードを持つべきか?」という疑問を抱くことでしょう。クレジットカードは、学生にとっても便利なツールになる可能性があります。オ[…]

関連記事

大学生になると、生活費やプライベートでの費用など、自分で管理するお金が増えてきます。その中で、クレジットカードの存在は無視できません。クレジットカードは、キャッシュレス決済の便利さだけでなく、ポイント還元や学割サービスなど、大学[…]

クレジットカードの手数料に関するよくあるQ&A

クレジットカードの手数料とは何ですか?

クレジットカードの手数料とは、カード会社が提供するサービスに対して課される費用のことを指します。
これには年間費用、外国通貨取引手数料、キャッシュアドバンス手数料などが含まれます。

年間費用はどのように決まりますか?

年間費用はカード会社とカードの種類によります。
一部のカードは年間費用が無料のものもありますが、プレミアムカードや特定の報酬を提供するカードでは年間費用が発生することがあります。

キャッシュアドバンス手数料とは何ですか?

キャッシュアドバンス手数料は、クレジットカードを使用して現金を引き出す際に発生する費用です。
この手数料は通常、引き出した金額の一定のパーセンテージとして計算されます。

外国通貨取引手数料とは何ですか?

外国通貨取引手数料は、外国の通貨で取引を行った場合に発生する費用です。
これは通常、取引金額の一定のパーセンテージとして課されます。

手数料を避ける方法はありますか?

手数料を避ける一つの方法は、年間費用が無料のカードを選ぶことです。
また、外国通貨取引手数料を避けるためには、外国通貨取引手数料が無料のカードを選ぶことも一つの方法です。
ただし、カードの選択は手数料だけでなく、提供されるサービスや報酬も考慮に入れるべきです。

クレジットカードの手数料まとめ

ここまでクレジットカードの手数料についてご紹介しました。
要点を以下にまとめます。

  • クレジットカードの手数料は、分割払い、リボ払い、キャッシングを利用した場合、また、カードの再発行時などに発生する
  • クレジットカードの手数料を節約するには、海外利用手数料が低いカードを選ぶ、分割払いを避け一括払いを選択する、分割払い手数料が無料になるキャンペーンを利用するなどの方法がある
  • クレジットカードの上乗せ手数料は消費者契約法により禁止されているため、請求された場合にはクレジットカード会社や消費者センターなどの専門機関に相談する

これらの情報が少しでも皆さまのお役に立てば幸いです。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

監修者 メディカル・ケア・サービス

  • 認知症高齢者対応のグループホーム運営
  • 自立支援ケア
  • 学研グループと融合したメディア
  • 出版事業
  • 社名: メディカル・ケア・サービス株式会社
  • 設立: 1999年11月24日
  • 代表取締役社長: 山本 教雄
  • 本社: 〒330-6029埼玉県さいたま市中央区新都心11-2ランド·アクシス·タワー29F
  • グループホーム展開
  • 介護付有料老人ホーム展開
  • 小規模多機能型居宅介護
  • その他介護事業所運営
  • 食事管理
  • 栄養提供
  • 福祉用具販売
  • 障がい者雇用

スポンサーリンク