ホーム

認知症を学ぶ

down compression

介護を学ぶ

down compression

専門家から学ぶ

down compression

書籍から学ぶ

down compression

健康を学ぶ

down compression
健達ねっと>生活>クレジットカード>【2024年】おすすめ法人カード|選び方からメリット、注意点まで徹底解説

【2024年】おすすめ法人カード|選び方からメリット、注意点まで徹底解説

近年、多くの企業が経理の効率化や資金管理を図るため、法人カードの活用を進めています。
しかし、多種多様な法人カードが存在する中で、どのカードが自社に合っているのか選ぶのは容易ではありません。

経営者や財務担当者は、毎日のように発生する経費の管理や支払い処理に頭を悩ませています。
法人カードを利用することで、これらの作業がどれだけスムーズになるかは、多くのビジネスマンにとって共感を呼ぶ話題です。

しかし、法人カードを選ぶ際、どのような点を重視すれば良いのでしょうか?
また、利用する上での注意点にはどのようなものがあるのでしょうか?

この記事では、以下のポイントを詳しく解説します。

  • おすすめの法人カードとその選び方
  • 法人カードを利用するメリット
  • 法人カード利用時の注意点と個人カードとの違い

法人カードの選び方から、賢い利用方法まで、あなたのビジネスに役立つ情報をまとめています。

法人カードの選び方

法人カードを選ぶ際には、年会費や利便性、ポイント制度など、様々な要素を考慮する必要があります。
これらの要素を比較検討することで、企業の経費管理を効率化し、さらなるビジネスチャンスを引き出すことが可能です。

年会費と利便性

法人カードを選ぶ際に最も初めに考慮すべき点は、年会費の有無とその金額です。
年会費無料のカードも多く存在しますが、有料のカードの方が多くの場合、保険の補償内容が充実していたり、カード利用によるポイント還元率が高かったりすることがあります。

年会費を支払うことで得られる利便性を考える際には、以下のようなポイントをチェックすると良いでしょう。

  • 補償内容:出張中の事故やトラブルに対してどの程度の補償があるのかを確認する
  • ポイント還元率:ポイント還元率を確認し、どれくらいの割合で経費が実質的に削減されるかを計算する
  • 提携サービス:出張が多い場合、航空会社やホテル、レンタカー会社との提携特典を活用することで、コスト削減が可能
  • 手数料無料のサービス:海外利用時の手数料無料、キャッシング手数料無料など、さまざまな手数料が無料になる

ポイント制度と特典

ポイント制度は、法人カード選びにおいて重要な判断基準の一つです。
高いポイント還元率を提供するカードを選ぶことで、カード利用による経費をさらに削減することが可能です。

ポイント制度を評価する際には、以下の点を考慮すると良いでしょう。

  • ポイント還元率:ビジネスでよく利用するカテゴリ(例えば、交通費や宿泊費)で高還元率のカードを選ぶ
  • ポイントの期限:長期にわたってポイントを貯めたい場合は、期限のないカードを選ぶ
  • 特典の内容:企業のニーズに合わせて、会議室の無料利用やビジネスラウンジの利用を活用できるカードを選ぶ
  • 交換可能な特典:多様な交換オプションがあるカードは、利用シーンに応じて特典を選べるため便利

カードによっては、加盟店での特別割引や優待サービスを提供していることがあります。
これらのサービスを活用することで、直接的な経費削減だけでなく、ビジネスパートナーとの関係強化にもつながることがあります。

カード選びの際は、日々の業務で利用頻度が高いサービスや商品に関連する特典があるかどうかも、ぜひチェックしてみてください。

法人カードについて、以下の記事でも詳しく解説しています。

関連記事

多くの企業や個人事業主がビジネス運営の一部として法人クレジットカードを利用しています。しかし、その選び方や利用方法については、まだ多くの疑問が残っているようです。法人クレジットカードは、経費管理の効率化やキャッシュフローの改善な[…]

法人カードのメリット

法人カードを導入することで、経理の効率化や信用力の向上が期待できます。
特に、請求書の処理や支出管理がシンプルになり、資金の流れをスムーズにできます。
また、法人カードの利用実績は企業の信用情報にも影響し、将来的な資金調達にも役立ちます。

経理処理の効率化

法人カードを利用するメリットの一つは、経理処理の効率化です。
多くの企業で時間を要する経理作業ですが、法人カードを活用することで以下のような具体的な改善が見込まれます。

請求書処理の簡略化

法人カードで支払うことにより、多くの小口現金出納がカード一括で管理されます。
これにより、請求書を一つずつ処理する手間が大幅に削減され、経理部門の負担が軽減されます。

明確な支出管理

法人カードの利用明細は、カード会社から詳細に報告されるため、どの部門がいつどのような支出をしたのかが一目でわかります。
これにより、支出の透明性が高まり、無駄な支出を削減することが容易になります

自動化とデジタル化

多くの法人カードでは、利用明細をデジタルフォーマットで提供しています。
これを経理システムと連携させることにより、データ入力の自動化が可能となり、入力ミスの削減や作業時間の短縮が実現します。

現金流の適化

法人カードは支払いを一定期間後にまとめてできるため、その間の現金流を他の運転資金に活用できます。
これにより、企業の資金繰りが改善されます。

信用力の向上と資金調達への影響

法人カードはただ経理処理を効率化するだけでなく、企業の信用力の向上にも寄与します。
具体的には以下のような効果が期待できます。

信用情報の構築

定期的に法人カードの支払いを行うことで、企業の信用情報が構築されます。
これは、金融機関からの信用評価が高まる要因となり、より良い条件での融資が期待できるようになります。

資金調達の多様化

信用力が向上することで、融資だけでなく、リースやファクタリングなど、さまざまな資金調達方法が利用しやすくなります
これにより、資金調達の選択肢が増え、より柔軟な資金運用が可能となります。

取引先からの信頼性向上

法人カードを利用することで、取引先に対しても企業の信用力をアピールできます
これは取引条件の改善に繋がり、更なるビジネスチャンスを生み出せます。

経営の透明性強化

法人カードの利用により、企業の支出が明確になり、経営の透明性が向上します。
これはステークホルダーからの信頼を得る上で重要な要素です。

個人事業主におすすめのクレジットカードはどのようなカードなのでしょうか?
以下の記事で詳しく解説しています。

関連記事

個人事業主の皆さん、ビジネスを展開する上でクレジットカードの重要性をご存知ですか?経費の管理やポイント還元など、クレジットカードは様々な面で役立つ可能性があります。ビジネスを効率的に運営するためには、クレジットカードの選び方を知[…]

法人カード利用の注意点

法人カードはビジネスの効率化を図る強力なツールですが、その利便性の裏で様々なリスクも潜んでいます。
特に、支払い遅延や不正利用は企業運営に大きな影響を及ぼす可能性があります。

これらの問題を未然に防ぐためには、具体的な対策を講じることが不可欠です。

支払い遅延のリスクと対策

法人カードの支払い遅延は、企業の信用度低下や追加の金融コストを引き起こす可能性があります。
このようなリスクを回避するためには、以下の対策を実施することが重要です。

  • 支払いプロセスの明確化:支払いプロセスを全社員に明確にし、ルールを徹底することで、支払い遅延を防ぐ
  • 自動支払いシステムの導入:銀行口座や会計ソフトと法人カードを連携させ、支払いを自動化することで、人為的ミスによる遅延を防ぐ
  • キャッシュフローの管理強化:定期的にキャッシュフローを見直し、予期せぬ支出に対しても柔軟に対応できるようにする
  • 教育と監視の徹底:社内での教育プログラムを実施し、法人カードの使用ルールと支払いプロセスに関する理解を深める
  • 緊急時の連絡体制の整備:支払い遅延が発生した場合の連絡体制を整備しておくことで、迅速な対応が可能

これらの対策を実施することで、法人カードの支払い遅延によるリスクを大幅に低減できます。
企業運営の安定化を図り、より信頼されるビジネスパートナーとしての地位を確立するためにも、これらの対策を真剣に考慮することが推奨されます。

不正利用への対応策

法人カードの不正利用は、企業にとって大きな損失をもたらすだけでなく、ブランドイメージにも影響を及ぼします
これを防ぐための具体的な対応策は以下の通りです。

利用明細の定期的な確認

法人カードの利用明細を定期的にチェックし、不審な取引がないかを確認します。
特に、海外での利用や高額な取引には注意が必要で、異常が見られた場合は、すぐにカード会社に報告することが重要です。

利用限度額の設定

各カードユーザーに対して適切な利用限度額を設定することで、不正利用によるダメージを抑えられます。
また、部署ごとや個人ごとに利用限度額を変更することで、より細かな管理が可能です。

セキュリティ対策の強化

カード情報が漏洩しないよう、セキュリティ対策を強化します。
具体的には、カード番号や有効期限、セキュリティコードはメールや書類で共有しない、SSLの暗号化技術を使用するなどが挙げられます。

不正利用を警戒する文化の醸成

社内で不正利用を防ぐための意識を高めることも重要です。
研修を定期的に実施し、カードの安全な利用方法や不正利用のサインを社員に教育します。

緊急連絡体制の確立

カードが不正利用された場合に備え、緊急時の連絡体制を確立しておきます。
24時間対応のカード会社のホットラインや、内部の報告窓口を明確にしておくことで、迅速に対応することが可能です。

個人クレジットカードとの違い

法人クレジットカードと個人クレジットカードは、使用目的や機能が異なります。

主にビジネスでの利用を目的とした法人カードは、経費管理や税務処理の効率化に役立ちます。
一方、個人カードは日常の購入や個人的な支出に適しています。

クレジット枠の違いとその活用法

法人カードと個人カードの最も顕著な違いの一つはクレジット枠です。
具体的には、法人カードは一般的に以下のような特徴があります。

  • 個人カードよりも高いクレジット枠が設定されることが多い
  • 法人カードのクレジット枠は企業の信用度に基づいており、企業の財務状況や信用情報によって枠が決定される

法人カードの大きなクレジット枠を活用する方法として、まずは資金の前払い無しで大量の仕入れやサービスの利用が可能です。
これにより、現金流の管理がしやすくなり、資金繰りに柔軟性が生まれます。

高額な経費を一時的にカバーすることで、必要な投資をタイミング良く行えるメリットもあります。

個人カードと比較した場合、法人カードはポイントやマイルの還元率が高い商品も多く、ビジネス利用に応じたリワードを効率良く獲得できます。
例えば、出張や接待などで高額な支出が発生する場合、これらの支出を法人カードで行うことで、企業はリワードを活用することが可能です。

クレジット枠の活用は企業の信用構築にも寄与します。
定期的に高額の支払いを適切に管理することで、企業の信用評価が向上し、将来的により好条件での融資やクレジット枠の拡大が期待できるのです。

税務上の取り扱い

法人カードと個人カードは税務上の取り扱いに大きな違いがあります。

法人カード個人カード
法人カードで行う支出は、レシートや請求書と合わせて保存する個人カードで行う業務関連の支出は、会計処理の際に、業務の性質を明確に示す追加の記述が必要になることが多い
税務申告時に経費として認められやすい税務上の監査や検査を受けた際に、業務用としての支出を証明する必要がある

法人カードを使用することで、経費の計上が自動で行われることも多く、企業の経理・会計作業の効率化が図られます。
特に、法人カードごとに支出を管理することで、部門別やプロジェクト別の予算管理が容易になり、経費削減にもつながることがあります。

利用方法としては、法人カードの支出は全て業務に関連するものとして処理し、個人的な支出は個人カードで行うようにすることが推奨されます。
これにより、税務上の誤解を避け、企業の信頼性を保てます。

また、法人カードを使った支出については、必ず支出の目的と利用した内容を記録しておくことが大切です。
これが税務調査時に企業が適正な税務処理をしていたことを示す証拠となります。

クレジットカードで融資を受ける方法について、以下の記事で詳しく解説しています。

関連記事

クレジットカードは、ショッピングやレストランでの支払い機能だけでなく、予期せぬ出費や急な資金調達が必要な時に利用できる融資機能もあることはご存知でしょうか。クレジットカードで融資を受ける機能は「キャッシング」と呼ばれ、ATMから最短[…]

関連記事

急な出費が必要になった時、クレジットカードのキャッシング機能に頼ることがあります。しかし、その利用方法や条件については、よくわからない点も多いのが現状です。即日でお金を借りられれば、急な支出にも対応できるため、多くの人にとって非[…]

おすすめの法人クレジットカードのまとめ

ここまでおすすめの法人クレジットカードについてご紹介しました。
要点を以下にまとめます。

  • 法人カードを選ぶ場合、年会費と提供サービスで選ぶのが良く、年会費が無料のカードや、自社がよく利用しそうなサービスを提供しているカードを選ぶと良い
  • 法人カードを利用するメリットとして、財務処理を一括行うことで請求書の処理や事務処理を簡略化できる点がある
  • 法人カード利用時の注意点と個人カードとの違いとして、経費としての計上のしやすさや、クレジット枠の大きさがある

これらの情報が少しでも皆さまのお役に立てば幸いです。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

監修者 メディカル・ケア・サービス

  • 認知症高齢者対応のグループホーム運営
  • 自立支援ケア
  • 学研グループと融合したメディア
  • 出版事業
  • 社名: メディカル・ケア・サービス株式会社
  • 設立: 1999年11月24日
  • 代表取締役社長: 山本 教雄
  • 本社: 〒330-6029埼玉県さいたま市中央区新都心11-2ランド·アクシス·タワー29F
  • グループホーム展開
  • 介護付有料老人ホーム展開
  • 小規模多機能型居宅介護
  • その他介護事業所運営
  • 食事管理
  • 栄養提供
  • 福祉用具販売
  • 障がい者雇用

スポンサーリンク