ホーム

認知症を学ぶ

down compression

介護を学ぶ

down compression

専門家から学ぶ

down compression

書籍から学ぶ

down compression

健康を学ぶ

down compression
トップページ>aga>AGA治療の効果とは?効果が出る人の特徴や副作用ついても徹底解説!

AGA治療の効果とは?効果が出る人の特徴や副作用ついても徹底解説!

  • 5月 15, 2023
  • 5月 15, 2023
  • aga

AGAを改善するにはクリニックでの治療がおすすめです。
ところで、クリニックでのAGA治療には本当に効果があるのでしょうか
また、効果が出る方・出ない方との差は何なのでしょうか。

本記事では、AGA治療の効果について、以下の点を中心にご紹介します。

  • AGA治療の効果
  • AGA治療の効果が出ない方の特徴
  • AGA治療で効果を出すポイント

AGA治療の効果について理解するためにもご参考いただけますと幸いです。
ぜひ最後までお読みください。

注1)掲載されている情報は作成時点の内容です。最新の情報については各施設の公式サイトをご参照ください。
注2) 掲載されている情報は個人差があり、効果効能を保証するものではありません。
注3)掲載されている商品、施術については自由診療であり、保険診療適用外になります。
注4) 掲載されているクリニックは編集部による推薦になります。
注5)監修者が掲載されている記事において、監修者はクリニックを選定していません。コメントの監修をしております。

AGA治療とは

AGA治療とは、AGA(男性型脱毛症)による薄毛を改善する方法です。
具体的には、毛周期を正常化して抜け毛を防ぎ、新しい髪の毛の成長を促進します。

一般的なAGA治療は薬物療法です。
ミノキシジル・デュタステリド・フィナステリドなどが利用されます。

AGA治療の効果にはどんなものがある?

AGA治療は男性の薄毛改善に役立ちます。
具体的な効果は次の通りです。

抜け毛の減少

AGA治療は抜け毛を防ぐことで、毛髪の減少を抑制します。
抜け毛の減少によく利用されるのは、フィナステリド・デュタステリドです。
どちらも外用薬・内服薬の2種類がありますが、一般的には内服薬が利用されています。

フィナステリド・デュタステリドは、それぞれ5αリダクターゼを阻害します。
5αリダクターゼは、男性ホルモン「テストステロン」と結合しやすい酵素です。

5αリダクターゼとテストステロンが結合すると、ジヒドロテストステロン(DHT)が合成されます。

DHTは毛周期を乱す作用があります。
簡単にいえば、抜け毛を増やす原因物質がDHTです。

フィナステリド・デュタステリドは5αリダクターゼを抑制して、DHTの合成を防ぎます。
すると毛周期が正常に保たれやすくなるため、抜け毛の減少につながります。

発毛効果

AGA治療には発毛効果も期待できます。
発毛に役立つのはミノキシジルです。

ミノキシジルはもともと高血圧の治療薬でした。
投与患者に薄毛改善効果がみられたことから、AGA治療薬として改めて承認されました。

ミノキシジルが発毛に役立つのには2つの理由があります。
1つめは頭皮の血行を促進する効果があるためです。

ミノキシジルには毛細血管を拡張する作用があります。
頭皮の毛細血管が拡張すると、血液の流れが良くなります。
すると髪の毛の成長に必要な栄養が届きやすくなるため、育毛効果が期待できます。

2つめは毛乳頭細胞を活性化させる効果があるためです。
毛乳頭細胞とは毛周期を管理している細胞です。

ミノキシジルは毛乳頭細胞に働きかけて、毛周期を整えます。
さらに、ミノキシジルには毛乳頭細胞の数を増やす効果もあります。
結果として、健康な髪の毛が育ちやすくなるのです。

ミノキシジルには内服薬と外用薬の2種類があります。
日本でAGA治療薬として承認されているのは外用薬のみです。
外用薬のミノキシジルは、内服薬のフィナステリド・デュタステリドと併用可能です。

おすすめ記事

近年、AGA(男性型脱毛症)に関する悩みや相談が増えてきています。多くの人々が、自分の髪の状態や将来を心配しています。しかし、AGAは疾患であるため、必要な治療を施さなければ治すことはできません。さらに、AGAは進行性の脱毛[…]

AGA治療の効果が出る人・出ない人の特徴

AGA治療は、効果を実感できる方とできない方がいます。
両者の違いはどこにあるのでしょうか。

AGA治療の効果が出る人の特徴

AGA治療の効果が出やすいのは次のような方です。

効果が出る方
治療期間半年以上
AGA治療のやり方複数を組み合わせている
治療開始の期間早い
治療薬の使い方用法・用量を守っている
治療薬の種類自分に合っている
治療薬の入手方法病院で処方
AGAである

AGA治療の効果がでない人の特徴

AGA治療の効果が出にくいのは次のような方です。

効果が出ない方
治療期間半年以内
AGA治療のやり方単体
治療開始の期間遅い
治療薬の使い方自己流
治療薬の種類自分に合っていない
治療薬の入手方法個人輸入
AGAである×

AGA治療の効果が出ない人が注意すべきこと

AGA治療の効果が出ないときの注意点をご紹介します。
ぜひ参考にしてください。

AGA治療の効果が出るのは3〜6ヶ月後

AGA治療の効果が出るのは平均で半年後です。
早ければ3ヶ月で効果を実感する方もいます。

即効性がない理由は、毛周期が整うまでにはある程度の時間がかかるためです。
ちなみに毛周期とは、次の3つのサイクルです。

成長期髪の毛が成長する
退行期髪の毛の成長が遅くなる
休止期髪の毛の成長が止まる

休止期を迎えた毛髪は抜け落ちます。
健康な方であれば、抜け落ちた髪の代わりに、成長期の髪の毛が新しく生えてきます。
つまり差し引きゼロになるため、毛髪の量は一定に保たれます。

一方、AGAでは毛周期が乱れます。
具体的には、成長期が短くなり、反対に休止期が長くなります。
つまり古い髪の毛が抜けても新しい髪の毛が育たないため、薄毛が起こるのです。

AGA治療では、毛周期を正常に戻すことで、抜け毛の抑制・発毛の促進を行います。
ただし、毛周期が整うまでには少なくとも3ヶ月〜半年程度かかります。

毛周期が整う前に治療を断念すると、当然ながらAGAの治療効果は実感できません。
特にAGA治療の開始が遅いほど、毛周期が整うまでに時間がかかりやすくなります。

AGA治療はすぐに効果を実感できなくとも、少なくとも半年以上は治療を続けることが大切です。

薬が正しく使用できているか

治療薬の使い方が間違っている場合は、AGA治療効果は実感できません。
治療薬の使い方は種類によって異なります。

必ず用法用量を守って利用しましょう。

薬が合っているか

治療薬が合っていない場合、治療効果が出にくくなります。
治療薬は、ご自身の薄毛のレベルに合わせて選んでください。

たとえば抜け毛を止めたい方に、発毛効果のあるミノキシジルはあまり意味がありません。
ただしミノキシジルにフィナステリドなどを組み合わせると、抜け毛予防・発毛促進のW効果を期待できます。

治療薬の選び方に不安がある場合は、AGA対応のクリニックへの相談がおすすめです。
なお、個人輸入品のAGA治療薬は偽薬・模造品の可能性があるため、使用は控えてください。

継続して治療ができているか

AGAの治療薬は毎日継続して使うことで効果を発揮します。
効果を実感できるまでは、治療を毎日コツコツ行いましょう。

長期間治療を続けても効果がない場合は、そもそもAGAでない可能性があります。
代表的なのは円形脱毛症です。

継続的に治療しても効果が出ない場合は、AGA以外を疑ってください。
ひとまず医師に相談するのがおすすめです。

AGA専門のクリニックに行っているか

AGAの治療は専門のクリニックに相談するのがおすすめです。
一般の皮膚科などでは、専門的な治療が難しいこともあるためです。

AGA治療の副作用とは?

AGA治療には副作用のリスクがあります。

主な副作用は次の通りです。

  • 性機能障害
  • 肝機能障害
  • 抑うつ
  • 薬疹
  • 初期脱毛

代表的なのは性機能障害です。
ED・性欲減退・精液減少などがみられます。

肝機能障害も比較的注意すべき副作用です。
AGA治療薬の成分は肝臓で分解・吸収されます。

つまり肝臓に負担をかけるため、肝機能障害に発展するおそれがあるのです。
なお、肝機能障害のリスクは、AGA治療薬に限らず医薬品全般に伴います。

初期脱毛もAGA治療で起こりやすい副作用です。
ただし、初期脱毛は厳密には副作用ではありません。

初期脱毛とは、AGA治療開始直後に抜け毛が増える現象です。
抜け毛が増えるのは、新しい髪の毛を生やそうとして古い髪の毛を落としているためです。
つまり初期脱毛は副作用ではなく、治療が効き始めているサインなのです。

AGA治療の各副作用の確率は約1%〜5%です。
ゼロではないため、治療開始後に異変を感じる場合はすぐに医師に相談してください。

フィナステリドのAGA治療効果は99.4%?

AGA治療に強く推奨されているのは、フィナステリドによる治療です。
実際に日本皮膚科学会ガイドラインでは、フィナステリドは男性への推奨度Aとされています。

実験において、フィナステリドは多くの男性薄毛患者に効果が認められたためです。
被対象者:801名の日本人男性
内容:5年間フィナステリド内服薬を投与し続ける
薄毛改善効果が見られるのは、症例の99.4%でした。
特に高い効果が認められたのは、40歳未満で軽度の薄毛患者です。
出典:【男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン 2017 年版

AGAの治療方法

AGAの治療方法をご紹介します。
AGA治療を検討中の方は、ぜひ参考にしてください。

内服薬

最も代表的な治療法が内服薬の服用です。
一般的に利用されるのはフィナステリド・デュタステリドです。

クリニックによっては、ミノキシジルの内服薬を処方するところもあります。

外用薬

外用薬は塗り薬のことです。
一般的なのはミノキシジルです。

フィナステリド・デュタステリドの外用薬が用いられることもあります。

注入薬

注入薬は、器具を使って頭皮に薬剤を直接注入する方法です。
内服薬や外用薬の補助的な利用が一般的です。

注入薬を使った治療法は主に次の2通りです。

メソセラピー

メソセラピーは、注射器・針で頭皮に薬剤を注入する方法です。

利用する薬剤には次のようなものがあります。

  • 成長因子
  • 治療薬(ミノキシジル・フィナステリド・デュタステリド)
  • ミネラル
  • ビタミン

HARG療法

HARG(ハーグ)療法は、日本医療毛髪再生研究会が開発した毛髪再生医療です。
成長因子を配合した「HARGカクテル」という薬剤を利用する点が特徴的です。

HARG療法は、日本医療毛髪再生研究会が認可したクリニックでのみ施術を受けられます。

植毛

植毛は、薄毛が目立つ部位に毛髪を植え付ける治療法です。
地毛もしくは人工毛が利用されます。

植毛には次のような種類があります。

  • CHOI法(ニードル法)
  • ARTAS植毛
  • Hair Strong植毛
  • FUT法(ストリップ法)
  • FUE法

AGA治療の費用相場

AGA治療の費用はクリニック・治療方法によって異なります。

一般的な相場は次の通りです。
【月額料金】

  • 内服薬:3,500円~6,000円
  • 外用薬と内服薬の併用:1万5,000円~3万円
  • 注入薬:2万~5万
  • 植毛:30万~100万

AGA治療は原則として保険適用外です。

AGA治療の通院頻度は?

AGA治療の通院頻度の例は次の通りです。

  • 内服薬・外用薬:月1回
  • 注入薬:月1回
  • 植毛:1回

具体的な通院頻度は、治療法・個人の薄毛の状態などによって異なります。

AGA治療におすすめのクリニックの選び方

AGA治療の効果を十分に得るには、信頼できるクリニックを選ぶことが大切です。
クリニック選びのポイントをご紹介していきます。

AGA治療専門で行っている

AGAの治療は専門クリニックのほか、皮膚科・美容クリニックでも対応しています。
おすすめはAGA治療の専門クリニックです。

AGA専門クリニックは、AGA治療に対して専門的な知見・幅広い選択肢を持つためです。
たとえば一般的な皮膚科では、AGAの診療は基本的に問診・視診や投薬治療です。

対してAGA専門クリニックは、血液検査などを実施してAGAの原因を詳細に特定します。
治療に関しても、注入薬・植毛などの幅広い方法に対応しています。

美容クリニックも、AGA専門クリニックほど高度な治療は期待できないことが多いです。
AGAが気になる方は、まずは専門クリニックを訪ねるのがおすすめです。

治療費が高すぎない

AGAクリニックを選ぶときは、治療費が予算内に収まるところを選びましょう。
AGA治療は最低でも半年は続けなければならないためです。

治療費が高額すぎると、効果を実感する前に治療を断念せざるを得ないこともあります。
複数のクリニックの月額プランなどを比較して、身の丈に合ったクリニックを選びましょう。

通院しやすい

AGAクリニックには定期的に通院しなければなりません。
よって、ご自身が通院しやすいクリニックを選ぶことも大切です。
たとえば会社・自宅・最寄り駅近くのクリニックなら、通院の負担が少なくなるでしょう。

オンライン診療を行っているクリニックを選ぶのもおすすめです。
オンライン診療は、場所・時間を問わずに診察を受けられます。

口コミ・評判が良い

SNSなどをチェックして、口コミ・評判が良いクリニックを探すのもおすすめです。

具体的にチェックしたいポイントは次の通りです。

  • 治療に成功した方が多い
  • 無理な勧誘がない
  • スタッフ・医師の対応が良い
  • 院内の雰囲気が良い

治療実績が豊富

AGAクリニックは、治療実績が豊富なところを選びましょう。
実績が少ないクリニックでは、十分な治療効果を受けられないこともあるためです。

たとえばクリニックのHPをチェックして、治療実績や年間症例数をチェックしてみてください。

AGA治療のメリット・デメリット

AGA治療のメリット・デメリットをご紹介します。
AGA治療を受ける際の参考にしてください。

AGA治療のメリット

AGA治療のメリットは次の通りです。

  • 専門的な治療を受けられる
  • 薄毛を改善できる

AGAクリニックでは、個人でのケアよりも専門的な治療を受けられます。
着実に薄毛を改善したい方は、セルフケアではなくクリニックでの治療がおすすめです。

AGA治療のデメリット

AGA治療の主なデメリットは次の通りです。

  • 薬の副作用のリスクがある
  • 費用がかかる
  • 通院の手間がかかる
  • 効果が出るまで時間がかかる
  • 効き目に個人差がある

AGA治療には副作用や費用といったデメリットがあります。
しかし薄毛にお悩みの方にとっては、クリニックでの治療はデメリットよりメリットのほうが大きいこともあります。

AGA治療の効果まとめ

ここまで、AGA治療の効果についてお伝えしてきました。
AGA治療の効果の要点を以下にまとめます。

  • AGA治療の効果は、抜け毛の抑制・発毛の促進など
  • AGA治療の効果が出ない方の特徴は、治療期間が短い・薬の使い方や種類があっていないなど
  • AGA治療で効果を出すポイントは、継続して適切な治療を続けることなど

これらの情報が少しでも皆さまのお役に立てば幸いです。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

監修者 メディカル・ケア・サービス

  • 認知症高齢者対応のグループホーム運営
  • 自立支援ケア
  • 学研グループと融合したメディア
  • 出版事業
  • 社名: メディカル・ケア・サービス株式会社
  • 設立: 1999年11月24日
  • 代表取締役社長: 山本 教雄
  • 本社: 〒330-6029埼玉県さいたま市中央区新都心11-2ランド·アクシス·タワー29F
  • グループホーム展開
  • 介護付有料老人ホーム展開
  • 小規模多機能型居宅介護
  • その他介護事業所運営
  • 食事管理
  • 栄養提供
  • 福祉用具販売
  • 障がい者雇用