ホーム

認知症を学ぶ

down compression

介護を学ぶ

down compression

専門家から学ぶ

down compression

書籍から学ぶ

down compression

健康を学ぶ

down compression
トップページ>健康お役立ち記事>サプリメント>血圧を下げる|即効性のある食べ物、飲み物、運動、薬を徹底解説

血圧を下げる|即効性のある食べ物、飲み物、運動、薬を徹底解説

現代社会で、高血圧は多くの人々が悩む、深刻な健康問題となっています。
それぞれのライフスタイルやストレス、食事習慣などが影響し、この問題に直面する人が増えています。

高血圧が心血管疾患のリスクを増加させることは広く知られています。
血圧を適正なレベルに保つことの重要性が、より強く認識され始めています。

しかし、血圧を下げる具体的な方法や効果的なライフスタイルの改善策はどのようなものなのでしょうか?

そこで本記事では以下の項目を中心に解説します。

  • 高血圧の症状
  • 血圧を下げる方法
  • 応急的な血圧の下げ方

血圧を下げるための理解と具体的なアクションについて深く学び、より健康的な生活に一歩近づくための一助となることを願っています。

”コレステロールや高めの血圧が気になる方に!”

レイデルポリコサノール

初回500円
公式サイトはこちら

スポンサーリンク

【編集部おすすめ】血圧を下げるサプリメント8選!

血圧を下げるサプリメントをいち早く知りたい方に!
各サプリメントのおすすめポイントや費用、成分に関する情報をご紹介します!

サプリメント以外で血圧を下げる方法を知りたい方や応急的な血圧の下げ方を知りたいという方は、よろしければ最後まで記事をご覧ください。

 商品名商品詳細定期購入価格通常価格内容量その他成分安全性総合評価
レイデルポリコサノール10レイデルポリコサノール10商品詳細はこちら初回お試し(7粒)500円

2回目以降:5,832円
6,480円初回お試し7粒/
通常商品30粒(コレステロール対策には1日1粒・血圧対策には1日2粒)
乳糖/サトウキビ抽出末/澱粉分解物/結晶セルロース/HPMC/HPC/CMC-Ca/グリセリン/ステアリン酸カルシウム機能性表示食品 【届出番号:E137 】4.5
こころ習慣(コレステ)
こころ習慣商品詳細はこちら初回(お試し):980円
2回目以降:4,299円
7,100円60粒(30日分)麦芽糖/ギャバ含有乳酸菌発酵抽出物/松樹皮抽出物/セルロース/ステアリン酸カルシウム/二酸化ケイ素/ビタミンE機能性表示食品【届出番号:E445 】
GMP基準に準拠した国内の工場で製造
3.5
極上グリル
極上クリル商品詳細はこちら初回(お試し):980円

2回目以降:5,227円
6.480円120粒(30日分)
DHA&EPA_3.5
コレステ生活
コレステ生活商品詳細はこちら

5,400円

3,700円62粒(31日分)
松樹皮由来プロシアニジン
_3.5
コレステサプリ
コレステサプリ商品詳細はこちら初回:980円

2回目以降:3,515円
2,500円60粒
デキストリン/ミルクカルシウム/マルトース/寒天/食用油脂/オリーブ葉抽出物
機能性表示食品【届出番号:G147】
3.0
緑でサラナ
緑でサラナ
商品詳細はこちら初回(お試し):

1,296円


2回目以降:1,523円
6,480円1缶160g✖️30缶
SMCS/ブロッコリー/キャベツ/パセリ/大根葉/セロリ/レタス/ほうれん草/小松菜/リンゴ/レモンSMCSを含んだ日本で唯一の特定保健用食品3.0
コレステライフ
コレステライフ
商品詳細はこちら1回のみ購入 5,832円
定期お届け便 5,508円
1,780円60粒(30日分)オリーブ由来ヒドロキシチロソール/紅麹/ナットウキナーゼ/DHA/EPA/難消化性デキストリン機能性表示食品3.0
コレステロールや中性脂肪気になる方のカプセル
コレステロールや中性脂肪が気になる方のカプセル商品詳細はこちら初回(お試し):1,691円
2回目以降:1,691円
4,536円90粒/1袋(30日分)リコピン/EPA/DHA機能性表示食品
3.0

スポンサーリンク

高血圧の症状とは

高血圧は、日本人の健康に大きな影響を及ぼす疾患の一つです。
しかし、その症状やリスクを理解していない人も多く、自覚症状がないまま進行することがあります。

高血圧の症状とリスク

高血圧とは、血液が血管の内側にかかる圧力が高い状態を指します。
一般的には、最高血圧が140mmHg以上最低血圧が90mmHg以上、またはその両方の場合を高血圧と判断されます。

しかし、高血圧の初期段階では自覚症状がないことが多く、頭痛やめまいなどの症状が現れるのは血圧がかなり高い状態になったときです。

高血圧が放置されると、血管が固くなり詰まりやすくなる「動脈硬化」が進行します。
これにより、心筋梗塞や脳梗塞、脳出血などの大きな病気のリスクが高まります。

また、妊娠中の女性や手術を受けた人も血圧に影響を受ける可能性があります。
特に、妊娠中の高血圧は、母体だけでなく胎児にも影響を及ぼす可能性があるため、注意が必要です。

血圧を下げるための一般的な方法の概要

高血圧の改善方法には、食生活の見直し禁煙適切な飲酒量適度な運動ストレス管理などがあります。
特に、塩分を多く含む食事は高血圧の大きな要因となるため、塩分を控えることが重要です。

また、適度な運動は血圧を下げるだけでなく、全体的な健康状態の改善にも寄与します。

しかし、これらの改善策は一時的なものではなく、日常生活の一部として継続的に行うことが重要です。
また、自分の血圧を把握するために、定期的に血圧を測る習慣を持つことも推奨されます。

これにより、自分の健康状態をより良く理解し、必要な改善策を早期に取ることが可能になります。

高血圧について、さらに詳しく知りたい方は、こちらの記事も是非ご覧下さい。

関連記事

高血圧は日本人の3人に1人が発症する、国民病といっても過言ではない疾患の1つです。血圧が高いと出る症状は何か?なぜそれは私たちの健康にとって重要なのか?これらの疑問は、多くの人々が抱える共通の疑問です。本記事では[…]

関連記事

高血圧は血圧が上昇することで発症する病気であることが広く知られています。家庭用血圧計を購入し日々の血圧を管理している方は少なくありません。しかし、血圧がどの値になると病院に行く必要があるのかあまり知られていません。高血圧で病院に行く[…]

血圧を下げる食べ物|ランキングと一覧

高血圧は、適切な食事の選択によって血圧を自然に下げることが可能です。

血圧を下げる食べ物のトップ

納豆は、日本の伝統的な食品であり、その健康効果は広く認識されています。

特に、納豆に含まれるナットウキナーゼという酵素は、血液をサラサラにする効果があり、血圧を下げるのに役立ちます。
また、納豆は大豆由来の食品であり、大豆イソフラボンも血圧を下げる効果があるとされています。

血圧を下げる食べ物のランキングとその効果

1位納豆
2位バナナ
3位にんにく
4位
5位オリーブオイル

血圧を下げる食べ物の取り入れ方

これらの血圧を下げる食べ物を日々の食事に取り入れるための一例を紹介します。

  • 朝食:納豆とバナナ
  • 昼食:にんにくを使った料理と魚
  • 夕食:オリーブオイルを使ったサラダ

これらを普段の食事に取り入れるだけでなく、塩分の摂取を控えめにすることも、血圧を下げるために重要です。

高血圧の人の食事に関して、さらに詳しく知りたい人は、こちらの記事も是非ご覧ください。

関連記事

「高血圧といわれたらどんな食事をとったら良いの?」「高血圧だとなぜ塩分に気をつけなければならないの?」高血圧は日本人の3人に1人が診断されている、もはや国民病といっても過言ではない疾患の1つになっています。今回は高血圧につい[…]

AGA

血圧を下げる飲み物

高血圧を下げるには食事や運動だけでなく、飲み物の選択も重要な役割を果たします。

最も効果的な飲み物とその理由

血圧を最も効果的に下げる飲み物は、ミネラルウォーターと緑茶です。
ミネラルウォーターは、特に硬水が推奨されます。
硬水にはマグネシウムやカルシウムなど、血圧調整に役立つミネラルが豊富に含まれています。

一方、緑茶はカテキンという成分が含まれており、これが血圧を上昇させる酵素の働きを抑制し、血管の老化や悪玉コレステロールを減らす効果があります。

他の血圧を下げる飲み物の一覧

他にも血圧を下げる効果があるとされる飲み物は多数存在します。
ドクダミ茶やそば茶は、カリウムやルチンといった血圧に良い影響を与える成分が含まれています。

また、牛乳はカルシウムが豊富で、血管壁を硬くすることを防ぎます。
乳酸菌飲料やココアも、定期的に摂取することで血圧を下げる効果が期待できます。

飲み物の摂取の仕方1日の中での最適なタイミング

これらの飲み物を1日の中でどのようなタイミングで摂取すると効果的かというと、一般的には食事の間や運動後が良いとされています
例えば、ミネラルウォーターは一日を通じて定期的に摂取することが推奨され、特に運動後の補水に適しています。

また、緑茶は食事後に飲むと、食事で摂取した脂肪の吸収を抑える効果があります。
しかし、個々の体調や生活習慣により最適なタイミングは異なるため、自分に合った摂取方法を見つけることが大切です。

コーヒーを毎日飲む方は、下記で高血圧との関係について解説していますので、こちらの記事も合わせてお読みください。

健達ねっとECサイト

血圧を下げる運動

高血圧は、適度な運動がその予防や改善に非常に有効です。
運動は血圧を下げるだけでなく、体脂肪を燃焼させて体重を減らし、血糖や脂質のコントロールを改善する働きがあります。

しかし、どのような運動が効果的で、どの程度の強度や頻度で行うべきなのか、また運動を始める前に注意すべき点は何か、これらについて詳しく解説します。

高血圧に有効な運動の種類

高血圧に対して有効な運動としては、ウォーキングや自転車などの有酸素運動が挙げられます。
これらの運動は心肺機能を高め、血流を改善し、結果として血圧を下げる効果があります。

また、筋力運動も高血圧の改善に寄与します。
筋力運動は筋肉を使うことで血流を促進し、血管の柔軟性をキープできます。

具体的な運動としては、

  • ジョギング
  • サイクリング
  • 水泳などの有酸素性運動
  • スクワットなどの動的筋力運動
  • スクワットの姿勢を保持する等尺性筋力運動

などがあります。

運動の実践方法と注意点

運動を始める際には、自分の体調や体力に合わせて適度な強度と頻度を選ぶことが大切です。
運動の強度は、自覚的に「ややきつい」と感じる程度が適切で、強度が強まると危険性が高まるため注意が必要です。

また、運動の頻度は週3〜5日1回あたり30分週90〜150分を目標にすると良いでしょう。

ただし、収縮期血圧(上の血圧)が180mmHg以上、拡張期血圧(下の血圧)が110mmHg以上ある人は、食事療法やお薬で血圧を下げてから運動を始めるようにしてください。

運動による血管の健康改善と血圧下降のメカニズム

運動をすることで、心臓が血液を全身に送り出す力(心拍出量)が増え、血管内の血液の流れがスムーズになります。

これにより、血管が硬くなることを防ぎ、血圧を下げる効果があります。
また、運動による筋肉の収縮と弛緩が繰り返されることで、血管壁の柔軟性が保たれ、血圧の上昇を抑える効果もあります。

さらに、運動によるエネルギー消費と体脂肪の減少は、インスリンの効果を高め、血糖値を下げることにも寄与します。
これら全てが組み合わさって、運動が血圧を下げるメカニズムを形成しています。

高血圧を下げるのに効く運動について、さらに詳しく知りたい方は、こちらの記事も是非ご覧ください。

薬の使い方

血圧を下げる薬とサプリメント

高血圧の原因は、食塩の摂取過多、運動不足、ストレス過多、喫煙などの不適切な生活習慣が背景にあります。
放置すると心筋梗塞や脳梗塞などを発症するリスクが高まります。

そのため、医師による診断と「血圧を下げる薬」の使用が重要となります。

 医師による治療と「血圧を下げる薬」の重要性

高血圧は、「無症状の殺人者」とも呼ばれ、自覚症状がないまま進行し、重大な健康問題を引き起こす可能性があります
そのため、定期的な健康診断で血圧をチェックし、必要に応じて医師の指導のもとで薬物療法を開始することが推奨されます。

特に、生活習慣の改善だけでは血圧を十分に下げられない場合、血圧を下げる薬が有効です。

一般的な「血圧を下げる薬」の種類と効果

高血圧の治療には、さまざまな種類の薬が使用されます。
最も一般的に使用されるのは、カルシウム拮抗薬(CCB)とアンジオテンシンIIタイプ1受容体拮抗薬(ARB)です。

これらの薬は、血管を広げて血圧を下げる作用があります。
特に、カルシウム拮抗薬は、安全に確実に血圧を下げる効果があり、日本で最も多く処方されています。
また、ARBは、血圧を下げるだけでなく、心不全の症状を改善する効果もあります。

「血圧を下げる薬」の注意点と副作用

薬物療法を受ける際には、副作用の可能性に注意が必要です。

カルシウム拮抗薬の副作用には、歯肉肥厚下肢のむくみ顔のほてりなどがあります。
これらは通常、軽度であり、治療を続ける上で大きな問題とはなりません。

しかし、副作用が気になる場合や、薬の効果が感じられない場合は、医師に相談することが重要です。
また、薬物療法は、生活習慣の改善と並行して行うべきであり、薬だけに頼るのではなく、食事や運動などの生活習慣の見直しも重要です。

血圧を下げる薬に興味のある方は、こちらの記事も合わせてお読みください。

関連記事

加齢や生活習慣の乱れなどが原因で「高血圧」になる可能性があります。「薬物療法」は血圧を下げる方法の1つとして知られています。しかし血圧を下げる薬が体内でどのような作用があるのかあまり知られていません。血圧を下げる薬の仕組みは何なので[…]

「血圧を下げるサプリメント」とは

血圧を下げるサプリメントとは、薬とは異なり、手軽に摂取することができるメリットがあります。
血圧を下げる効果が期待できるサプリメントには、マグネシウム、カリウム、オメガ3脂肪酸などが挙げられます。

マグネシウムは、血圧の安定に役立つ重要なミネラルです。
カリウムは、ナトリウムの排出を助け、血圧を正常化する効果が期待できます。
オメガ3脂肪酸は、血流の質を向上させ、血圧を下げる効果を持っています。

これらのサプリメントは、日常の食事からの摂取が困難な場合や、特定の症状に対するサポートとして、医師のアドバイスを受けて使用することが推奨されます。

”コレステロールや高めの血圧が気になる方に!”

レイデルポリコサノール

初回限定500円
公式サイトはこちら

血圧を下げるにはサプリメントの服用が有効!

血圧を下げるためには、日常の食生活と合わせて、サプリメントを服用しましょう。
日常の生活からはなかなか得られない栄養素、特にマグネシウムやオメガ3脂肪酸の摂取をサプリメントによって補うことができます。

そこで以下では、編集部の厳選した、血圧をサポートする成分を含んでいるサプリメントを3つほどご紹介します。

サプリメントの服用における主な利点は以下の通りです

  • 副作用の少なさ
  • 飲みやすさ
  • 自然に存在する成分の配合
  • 長期的な使用に適している

ここで編集者おすすめのコレステロールを下げるサプリメントを8点ご紹介します。

 商品名商品詳細定期購入価格通常価格内容量その他成分安全性総合評価
レイデルポリコサノール10レイデルポリコサノール10商品詳細はこちら初回お試し(7粒)500円

2回目以降:5,832円
6,480円初回お試し7粒/
通常商品30粒(コレステロール対策には1日1粒・血圧対策には1日2粒)
乳糖/サトウキビ抽出末/澱粉分解物/結晶セルロース/HPMC/HPC/CMC-Ca/グリセリン/ステアリン酸カルシウム機能性表示食品 【届出番号:E137 】4.5
こころ習慣(コレステ)
こころ習慣商品詳細はこちら初回(お試し):980円
2回目以降:4,299円
7,100円60粒(30日分)麦芽糖/ギャバ含有乳酸菌発酵抽出物/松樹皮抽出物/セルロース/ステアリン酸カルシウム/二酸化ケイ素/ビタミンE機能性表示食品【届出番号:E445 】
GMP基準に準拠した国内の工場で製造
3.5
極上グリル
極上クリル商品詳細はこちら初回(お試し):980円

2回目以降:5,227円
6.480円120粒(30日分)
DHA&EPA_3.5
コレステ生活
コレステ生活商品詳細はこちら

5,400円

3,700円62粒(31日分)
松樹皮由来プロシアニジン
_3.5
コレステサプリ
コレステサプリ商品詳細はこちら初回:980円

2回目以降:3,515円
2,500円60粒
デキストリン/ミルクカルシウム/マルトース/寒天/食用油脂/オリーブ葉抽出物
機能性表示食品【届出番号:G147】
3.0
緑でサラナ
緑でサラナ
商品詳細はこちら初回(お試し):

1,296円


2回目以降:1,523円
6,480円1缶160g✖️30缶
SMCS/ブロッコリー/キャベツ/パセリ/大根葉/セロリ/レタス/ほうれん草/小松菜/リンゴ/レモンSMCSを含んだ日本で唯一の特定保健用食品3.0
コレステライフ
コレステライフ
商品詳細はこちら1回のみ購入 5,832円
定期お届け便 5,508円
1,780円60粒(30日分)オリーブ由来ヒドロキシチロソール/紅麹/ナットウキナーゼ/DHA/EPA/難消化性デキストリン機能性表示食品3.0
コレステロールや中性脂肪気になる方のカプセル
コレステロールや中性脂肪が気になる方のカプセル商品詳細はこちら初回(お試し):1,691円
2回目以降:1,691円
4,536円90粒/1袋(30日分)リコピン/EPA/DHA機能性表示食品
3.0

レイデルポリコサノール

レイデルポリコサノール

レイデルポリコサノールは、天然のポリフェノールである「ポリコサノール」を豊富に含むサプリメントです。
コレステロール値をサポートするために、LDLコレステロールの酸化を抑制し、血管を健康に保ちます。

また、血液をサラサラにする効果があります。
毎日の健康維持に役立ちます。

安全性が高く、副作用が少ないので、気軽に飲むことができます。
コレステロール値が気になる方におすすめのサプリメントです。

商品名レイデルポリコサノール10
定期購入価格初回お試し(7粒):500円
2回目以降:5,832円
通常価格6,480円
内容量初回お試し7粒/
通常商品30粒(コレステロール対策には1日1粒・血圧対策には1日2粒)
その他成分乳糖/サトウキビ抽出末/澱粉分解物/結晶セルロース/HPMC/HPC/CMC-Ca/グリセリン/ステアリン酸カルシウム
安全性機能性表示食品 【届出番号:E137 】
レイデルポリコサノール10
公式サイトはこちら

こころ習慣(コレステ)

こころ習慣(コレステ)は、米ぬかエキスやβ-グルカンなどの天然成分を配合したサプリメントです。
これらの天然成分は、腸内環境を整え、コレステロールの吸収を抑制する効果があります。

また、血液中の中性脂肪を減らす効果もあります。
さらに、血糖値を安定させる効果もあります。

安全性が高く、副作用も少ないので、健康維持のためにもおすすめのサプリメントです。
コレステロール値を気にする方に特におすすめです。

商品名こころ習慣
定期購入価格初回(お試し):980円
2回目以降:5,227円
通常価格7,100円
内容量60粒(30日分)
その他成分麦芽糖/ギャバ含有乳酸菌発酵抽出物/松樹皮抽出物/セルロース/ステアリン酸カルシウム/二酸化ケイ素/ビタミンE
安全性機能性表示食品【届出番号:E445 】
GMP基準に準拠した国内の工場で製造
こころ習慣(コレステ)
公式サイトはこちら

極上クリル

極上クリルは、コレステロール値改善に高い効果を示すEPA・DHAを豊富に含むクリルオイルを配合した商品です。
クリオオイルは、サプリ大国アメリカで600億円規模の市場を誇る成分として有名です。

特殊加工のカプセル仕様でクリル特有のにおい・クセもなく、どなたにも飲みやすい商品です。
美肌・美髪を目指す方にもおすすめです。

商品名極上クリル
定期購入価格
※3回以上の継続購入
5,400円
単品価格6,480円
主な成分クリルオイル
内容量(1包装)120粒(30日分)
特典定期購入10%OFF
送料無料
極上クリル
公式サイトはこちら

コレステ生活(機能性表示食品)

コレステ生活は松樹皮由来のプロシアニジン配合の商品です。
プロシアニジンはコレステロールの吸収を抑え、悪玉コレステロール値を下げる効果が高い成分です。

コレステ生活は機能性表示食品です。
高い品質管理の下、国内工場で製造されているため、安全性が気になる方にもおすすめの商品です。

商品名コレステ生活
定期購入価格初回:980円
2回目以降:3,515円
単品価格
送料:300円
3,700円
主な成分松樹皮由来プロシアニジン
内容量(1包装)62粒(31日分)
特典定期購入5%OFF
コレステ生活
公式サイトはこちら

コレステサプリ

コレステサプリは、オリーブ由来のヒドロキシチロソールが含まれた機能性表示食品です。
ヒドロキシチロソールには、LDL(悪玉)コレステロールの酸化を抑える機能があります。

1日2粒を目安に水などと一緒にお召し上がりください。

添加物は一切使用していません。

株式会社グランデの「ナチュレライフ」で購入できます。

商品名コレステサプリ
定期購入価格初回(お試し):1,296円
2回目以降:1,523円
通常価格2,500円
内容量60粒
関与成分の含有量/日オリーブ由来ヒドロキシチロソール
含有量:5.25mg
その他成分デキストリン/ミルクカルシウム/マルトース/寒天/食用油脂/オリーブ葉抽出物
安全性機能性表示食品【届出番号:G147】
コレステサプリ
公式サイトはこちら

緑でサラナ

緑でサラナは、コレステロールを下げる野菜の力(SMCS)を含んだ特定保健用食品です。
SMCSとは、アブラナ科野菜(ブロッコリー・キャベツ)由来の天然アミノ酸です。

LDL(悪玉)コレステロールを低下させる作用があります。
1日2缶飲み続けることで、3週間目以降から効果が現れます。

味は甘酸っぱくて飲みやすいとされます。
野菜不足の方におすすめです。

コレステロール値の高い方や、健康維持に関心がある方におすすめのサプリメントです。

商品名緑でサラナ
定期購入価格1回のみ購入 5,832円
定期お届け便 5,508円
通常価格6,480円
内容量1缶160g×30缶
その他成分SMCS/ブロッコリー/キャベツ/パセリ/大根葉/セロリ/レタス/ほうれん草/小松菜/リンゴ/レモン
安全性SMCSを含んだ日本で唯一の特定保健用食品
緑でサラナ
公式サイトはこちら

コレステライフ

コレステロールは、体に必要な成分です。
しかし、過剰になるとリスクが高まります。

特に、LDL(悪玉)コレステロールは、酸化されると血管に付着しやすくなります。
そこでおすすめなのが、C.Lifeの「コレステライフ」です。

このサプリには、オリーブ由来のヒドロキシチロソールという成分が含まれています。
LDL-コレステロールの酸化を抑制する効果のある成分です。

また、紅麹やナットウキナーゼなどの他の成分も配合されています。
血液サラサラ効果や脂肪燃焼効果も期待できる成分です。

一日に3粒を目安に水かぬるま湯でお召し上がりください。

「コレステライフ」は、機能性表示食品として認められたサプリメントです。
LDLが気になる方は、「コレステライフ」で健康的な生活を始めてみませんか?

商品名

コレステライフ

定期購入価格

初回(お試し):1,691円
2回目以降:1,691円

通常価格1,780円
内容量60粒(30日分)
その他成分オリーブ由来ヒドロキシチロソール/紅麹/ナットウキナーゼ/DHA/EPA/難消化性デキストリン
安全性

機能性表示食品

コレステライフ
公式サイトはこちら

コレステロールや中性脂肪が気になる方のカプセル


コレステロールや中性脂肪が気になる方におすすめな大正製薬のサプリがあります。
それは「コレステロールや中性脂肪が気になる方のカプセル」です。

このサプリには、トマト由来のリコピンと青魚由来のDHA・EPAが配合されています。
リコピンには、実は血中LDL(悪玉)コレステロールを低下させる機能があるのです。

また、DHA・EPAには、中性脂肪を低下させる機能があります。
リコピンやDHA・EPAを同時に摂取できるサプリは、健康増進の強い味方です。

このサプリメントは、1日3粒を目安に水またはぬるま湯で飲みましょう。
このサプリメントでコレステロールや中性脂肪対策をしてみませんか?

商品名コレステロールや中性脂肪が気になる方のカプセル
定期購入価格3袋セット 12,928円(5%オフ)
6袋セット 24,494円(10%オフ)
通常価格4,536円
内容量90粒/1袋(30日分)
その他成分リコピン/EPA/DHA
安全性機能性表示食品
コレステロールや中性脂肪が気になる方のカプセル
公式サイトはこちら

スポンサーリンク

高血圧のサプリや薬の併用はできるの?

高血圧の治療には、医師の指示に従って高血圧薬を服用することが必要です。
しかし、高血圧薬だけでは不十分な場合や、副作用を軽減したい場合などに、サプリメントを併用したいと考える方もいるでしょう。

高血圧薬とサプリの併用はできるのでしょうか?
また、併用する場合にはどのような注意点があるのでしょうか?

高血圧薬とサプリの併用は可能?

高血圧薬とサプリの併用は、一概にはできるともできないとも言えません
なぜなら、高血圧薬にはさまざまな種類があり、サプリにもさまざまな成分が含まれているからです。

高血圧薬とサプリの併用によって、以下のような影響が起こる可能性があります。

高血圧薬の効果が強まる

例えば、カリウムやマグネシウムなどのミネラルを含むサプリは、高血圧薬の一種である利尿剤と併用すると、血圧を下げすぎる危険があります。
また、にんにくやオメガ3脂肪酸などの血液をサラサラにするサプリは、高血圧薬の一種である血管拡張剤と併用すると、血圧が低下しすぎたり、出血しやすくなったりする恐れがあります。

高血圧薬の効果が弱まる

例えば、カフェインやタウリンなどの刺激物を含むサプリは、高血圧薬の一種であるβ遮断剤と併用すると、血圧を上げる作用が強まり、高血圧薬の効果が減少する可能性があります。
また、甘草やリコリスなどの甘味料を含むサプリは、高血圧薬の一種であるACE阻害剤やARBと併用すると、カリウムの排泄を促進し、血圧を上昇させる恐れがあります。

高血圧薬の副作用が増える

例えば、ビタミンCやビタミンEなどの抗酸化物質を含むサプリは、高血圧薬の一種であるカルシウム拮抗剤と併用すると、むくみや頭痛などの副作用が増加する可能性があります。
また、グレープフルーツやグレープフルーツジュースなどの柑橘類を含むサプリは、高血圧薬の一種であるスタチンと併用すると、筋肉痛や筋肉炎などの副作用が起こりやすくなる恐れがあります。

高血圧薬とサプリを併用する場合は医者へ相談する

高血圧薬とサプリを併用する場合は、医者へ相談することが重要です。

医者へ相談することで、高血圧薬とサプリの相互作用を避けることができます。
医者は、高血圧薬とサプリの種類や量、服用のタイミングなどを考慮して、併用の可否や注意点を判断してくれます。
医者の指示に従えば、高血圧薬とサプリの相互作用による危険な症状を防ぐことができます。

また、医者へ相談することで、高血圧薬とサプリの効果を最大限に発揮することができます。
医者は、高血圧薬とサプリの相乗効果や補完効果を考慮して、適切な組み合わせやバランスを提案してくれます。
医者のアドバイスに従えば、高血圧薬とサプリの効果を最大限に発揮することができます。

さらに、医者へ相談することで、高血圧薬とサプリの副作用を最小限に抑えることができます。
医者は、高血圧薬とサプリの副作用のリスクや程度を評価して、必要な場合は高血圧薬やサプリの種類や量を調整してくれます。
医者のフォローによって、高血圧薬とサプリの副作用を最小限に抑えることができます。

それでは、高血圧薬の飲み合わせはできるのでしょうか?
以下の記事で解説しています。

関連記事

高血圧は、心臓病や脳卒中などのリスクを高める一方で、適切な治療により管理可能な状態です。その一部として、高血圧薬の服用があります。しかし、ただ薬を飲むだけではなく、その方法や注意点について理解することが重要です。では、ど[…]

スポンサーリンク

血圧を下げる即効性のある簡単ストレッチ

高血圧は多くの中高年にとっての悩みの一つです。
しかし、薬だけでなく、日常のストレッチや運動も血圧を下げる助けとなります。
特に、肺活量を高めることで心臓への負担を減少させ、血圧を安定させることが可能です。

下記では、即効性のある簡単なストレッチを紹介します。

首の後ろのストレッチ

  1. 座った姿勢で背筋を伸ばします。
  2. 両手を頭の後ろに組みます。
  3. ゆっくりと頭を前に倒し、首の後ろの筋肉を伸ばします。
  4. この姿勢を10秒間キープし、ゆっくりと元の姿勢に戻します。
  5. 3回繰り返します。

耳たぶのツボを刺激

  1. 座った姿勢で背筋を伸ばします。
  2. 両手の親指で耳たぶを軽く押します。
  3. そこをゆっくりと10回押し離しを繰り返します。

首のサイドストレッチ

  1. 座った姿勢で背筋を伸ばします。
  2. 右手を頭の左側に置き、ゆっくりと頭を右側に倒します。
  3. 左の首の筋肉が伸びるのを感じながら、10秒間この姿勢をキープします。
  4. 同じことを左側でも行います。
  5. それぞれ3回繰り返します。

深呼吸を取り入れたストレッチ

  1. 座った姿勢で背筋を伸ばします。
  2. 両手を頭上に上げ、深く息を吸いながら背筋を伸ばします。
  3. 息を吐きながら、ゆっくりと両手を下ろします。
  4. この動作を5回繰り返します。

これらのストレッチを日常的に行うことで、血圧のコントロールをサポートし、健康的な生活を送る手助けとなります。
ストレッチ中は無理をせず、自分の体の範囲内で行うようにしましょう。

スポンサーリンク

運動やリラクゼーションテクニック

適度な運動は、血圧を下げる効果が期待できます。
例えば、厚労省推奨の30分歩く運動は、血圧を15mmHg下げる効果があります。

また、リラクゼーションテクニックとしては、GABA(ギャバ)を摂取することが挙げられます。

GABAは神経伝達物質で、ストレス軽減や不眠対策、そして血圧を下げる効果があります。
これらの運動やリラクゼーションテクニックを日常生活に取り入れることで、血圧を効果的に管理することが可能です。

高血圧の予防について、さらに詳しく知りたい方は、こちらの記事も是非ご覧ください。

関連記事

高血圧を予防するには、食事・運動・生活習慣を見直すことが大切です。それでは具体的にどのようなことを心がけると、高血圧の予防に役立つのでしょうか。本記事では、高血圧の予防について、以下の点を中心にご紹介します。 高血圧予[…]

血圧を下げるに関するよくある質問|Q&A

フォトフェイシャルの注意点

血圧を下げるに関するよくある質問には、どのようなものがあるのでしょうか。
ここでは、よくある質問に答えていきます。

すぐに血圧を下げるツボは?

太衝」というツボが血圧調整に効果的とされています。
足の親指と人差し指の間、指の付け根近くに位置しています。

このツボをマッサージすることで、血圧を一時的に落ち着かせることが期待されます。

血圧を下げる一番いい方法は?

健康的な食生活定期的な運動ストレスの軽減塩分の摂取制限などの生活習慣の見直しは、持続的な血圧管理に効果的とされます。

また、医師の指示に従い、必要な薬を適切に服用することも重要です。

水をたくさん飲むと血圧は下がりますか?

適量の水分摂取は体の機能を正常に保つために重要ですが、過度な水分摂取は逆に血圧を上げるリスクがあります。
適切な水分摂取量を心がけることが大切です。

水を飲むことで血圧を下げる方法はありますか?

脱水状態は血圧上昇の原因となるため、適切な水分摂取は血圧管理に役立ちます。
特に、起床後や運動後など、体が水分を必要とするタイミングでの水分補給は、血圧の安定に寄与します。

高血圧の原因について、さらに詳しく知りたい方は、是非ご覧ください。

関連記事

日本人の3人に1人が高血圧といわれており、国民病といってもいい過ぎではありません。高血圧の原因とされるのは、誰もが思い当たる生活習慣であることがほとんどです。「高血圧ってどうしてなるの?」「血圧が高くなったら、どういうことに気をつけ[…]

疑問

スポンサーリンク

血圧を下げるまとめ

ここまで血圧を下げる方法についてご紹介しました。
要点を以下にまとめます。

  • 高血圧は動脈硬化を進行させ、心筋梗塞や脳梗塞、脳出血のリスクを上昇させる
  • 血圧を下げる方法は納豆やバナナ、緑茶のような血圧に良いものを飲食したり、運動、血圧低下の薬を飲んだりする方法がある
  • 応急的に血圧を下げるには、30分ほどのウォーキングがよい

これらの情報が少しでも皆さまのお役に立てば幸いです。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

”コレステロールや高めの血圧が気になる方に!”

レイデルポリコサノール

初回500円
公式サイトはこちら

※この記事はアフィリエイト広告を含んでおります

監修者 メディカル・ケア・サービス

  • 認知症高齢者対応のグループホーム運営
  • 自立支援ケア
  • 学研グループと融合したメディア
  • 出版事業
  • 社名: メディカル・ケア・サービス株式会社
  • 設立: 1999年11月24日
  • 代表取締役社長: 山本 教雄
  • 本社: 〒330-6029埼玉県さいたま市中央区新都心11-2ランド·アクシス·タワー29F
  • グループホーム展開
  • 介護付有料老人ホーム展開
  • 小規模多機能型居宅介護
  • その他介護事業所運営
  • 食事管理
  • 栄養提供
  • 福祉用具販売
  • 障がい者雇用

スポンサーリンク