ホーム

認知症を学ぶ

down compression

介護を学ぶ

down compression

専門家から学ぶ

down compression

書籍から学ぶ

down compression

健康を学ぶ

down compression
トップページ>健康お役立ち記事>MBTI割合ランキング|あなたのパーソナリティタイプは何位?

MBTI割合ランキング|あなたのパーソナリティタイプは何位?

スポンサーリンク

MBTIの割合について

MBTI(Myers-Briggs Type Indicator)は、個人の性格を理解し、コミュニケーションスタイルや職業選択に関する洞察を提供するための有用なツールです。
この心理学的な分類は、16の異なるタイプに人々を分類し、それぞれのタイプが特有の特徴や行動パターンを持っていることを示しています。

では、MBTIの男女比の割合はどのくらいなのでしょうか?
また、日本と世界では、MBTIの割合に違いはあるのでしょうか?

本記事では、MBTIの割合について以下の点を中心にご紹介します。

  • MBTI割合の性別差と男女比較
  • MBTI割合の地域差|日本と世界の比較
  • MBTI割合の人気パーソナリティタイプ|トップ5ランキング

MBTIの割合についてご興味のある方はぜひ最後までお読みください。

スポンサーリンク

MBTIとは

MBTI(マイヤーズ・ブリッグス・タイプ指標)は、個人の性格タイプを理解するための心理学的ツールです。

この指標は、人々の行動様式や嗜好を16の性格タイプに分類し、個人の自己理解や人間関係の改善に役立てます。

MBTI割合の基本理解

MBTIは、人々が世界をどのように知覚し、決定を下すかに基づいて、性格タイプを特定します。
この理論は、カール・ユングの心理学的類型論に基づいており、キャサリン・クック・ブリッグスとイザベル・ブリッグス・マイヤーズによって発展しました。

16の性格タイプは、以下の4つの基本的な傾向の組み合わせによって決定されます。

  • 外向性(Extraversion)・ 内向性(Introversion)
  • 感覚(Sensing)・直観(Intuition)
  • 思考(Thinking)・感情(Feeling)
  • 判断(Judging)・知覚(Perceiving)

これらの次元は、個人がエネルギーをどこから得るか、情報をどのように処理するか、決定をどのように下すか、そして外界に対してどのようなライフスタイルを取るかを示します。

MBTIは自己理解を深めるためのツールとして、また他人とのコミュニケーションを改善するための枠組みとして広く利用されています。

MBTI割合における16のタイプ

MBTIは、人々の性格を16の異なるタイプに分類することで、自己理解や他者との関係性の深化を目指すものです。

それぞれのタイプの特徴を表で紹介します。

カテゴリタイプ特徴
分析家建築家(INTJ)
論理学者(INTP)
指揮官(ENTJ)
討論者(ENTP)
独立心が強く、知識を増やすのが楽しい
外交官提唱者(INFJ)
仲介者(INFP)
主人公(ENFJ)
運動家(ENFP)
他者との深い人間関係を大切にし、共感力が高い
番人管理者(ISTJ)
擁護者(ISFJ)
幹部(ESTJ)
領事(ESFJ)
伝統や秩序を重んじる、責任感が強い
探検家巨匠(ISTP)
冒険家(ISFP)
起業家(ESTP)
エンターテイナー(ESFP)
好奇心旺盛、新しいことを試すのが好き

以上、MBTI性格診断の16のタイプとその特徴について紹介しました。
自分のタイプを知ることで、自己理解を深めるだけでなく、他者との関係性の向上にも役立つでしょう。
(出典:16Personalities

こちらの記事では、各MBTIタイプごとの性格や特性についてさらに詳しく説明しています。
気になる方は、ぜひこちらの記事もご覧ください。

関連記事

MBTIは、最近世界中の若い人たちの中で大流行しています。MBTIとは、4つのアルファベットで人々の性格を16のタイプに分類する診断のことです。では、その4つのアルファベットの意味は何なのか、そして各タイプの性格の特徴にはどのよ[…]

関連記事

MBTI診断は、韓国の若者たちを中心に大ブームを起こしており、最近は日本でも耳にすることが増えてきています。MBTIについてよく理解することで、自己分析や他人との相性、仕事にまで活用できます。そこで、本記事では以下の項目を中[…]

おすすめ記事

近年、AGA(男性型脱毛症)に関する悩みや相談が増えてきています。多くの人々が、自分の髪の状態や将来を心配しています。しかし、AGAは疾患であるため、必要な治療を施さなければ治すことはできません。さらに、AGAは進行性の脱毛[…]

AGAおすすめクリニック20選

MBTI割合の性別差と男女比較

MBTI性格診断は、人々の性格を16の異なるタイプに分類するもので、これらのタイプは性別や文化によって異なる分布を持つことが知られています。
特に、男性と女性の間でのMBTIタイプの分布は、興味深い違いを示しています。

MBTIの男女別の比率について詳しく探ることで、性別による性格の違いや傾向を明らかにします。

MBTIタイプと性別の関連性

MBTIの性格タイプと性別の関連性について考えると、一部の性格タイプは特定の性別によく現れる傾向があることが指摘されています。

下記は、MBTIの性格タイプと性別の関連性を表にまとめたものです。

性格指標男性の傾向女性の傾向説明
E/I内向型(I)外向型(E)男性は内向的な行動が多く、女性は社交的な行動が多い傾向がある。
N/Sなしなし男女間で大きな差は認められない。
T/F思考型(T)感情型(F)男性は論理的思考が多く、女性は感情的な判断が多い傾向がある。
P/J知覚型(P)判断型(J)男性は突発的な行動が多く、女性は計画的な行動が多い傾向がある。

下記は、具体的なMBTIタイプの男女比の割合を表にまとめたものです。

MBTIタイプ男性の頻度女性の頻度説明
ISTP高い低い男性にこのタイプが多い傾向がある。
INTP高い低い男性にこのタイプが多い傾向がある。
ISFJ低い高い女性にこのタイプが多い傾向がある。
ENFJ低い高い女性にこのタイプが多い傾向がある。

この表を参考にして、MBTIの性格タイプと性別の関連性についての理解を深めることができます。

AGA

MBTI割合の地域差|日本と世界の比較

MBTIは、人々の性格を16のタイプに分類するものとして広く知られています。

しかし、これらのタイプの分布は、地域や国によって異なることが指摘されています。
特に日本と世界の他の地域との比較では、興味深い違いが見られることが多いです。

その地域差の要因と影響に焦点を当て、日本と世界の地域別MBTI割合の違いについて探求します。

日本のMBTI割合の特徴

日本のMBTI割合は、特に

  • ISFJ
  • ISTJ

といったタイプが高い割合を占めていることが指摘されています。

これは、日本の文化や教育が、集団主義や協調性を重視する傾向にあるためと考えられます。

また、日本人は一般的に内向的であり、感じることや考えることを大切にする傾向があるため、これらのタイプが多いとされています。
一方で、外向的なタイプや直感を重視するタイプは、比較的少ないとされています。

世界のMBTI割合の特徴

世界のMBTI割合を見ると、地域や国によって大きな違いが見られます。

例えば、アメリカやヨーロッパの国々では、

  • ENTJ
  • ENFP

といった外向的なタイプが比較的多いとされています。

これは、これらの地域が個人主義を重視する文化を持つためと考えられます。

また、アフリカや中東の国々では、伝統や家族を重視する文化が根付いているため、異なるタイプの分布が見られることが指摘されています。

日本と世界の比較

日本と世界のMBTI割合を比較すると、日本は「ISFJ」や「ISTJ」といった内向的なタイプが多いのに対し、世界の多くの地域では外向的なタイプが多いという違いが見られます。
これは、文化や教育、歴史的背景などの要因によるものと考えられます。

特に、日本の長い閉鎖的な歴史や、集団主義を重視する文化が、MBTIのタイプの分布に影響を与えていると考えられます。

日本人のMBTIの割合について、さらに詳しく知りたい方は、こちらの記事もぜひご覧ください。

関連記事

今、MBTI診断が世界中の若い人たちを中心に大流行しています。そんなMBTIには16種類の性格タイプがありますが、日本人にはどのタイプが一番多いのでしょうか?また、日本社会がMBTIタイプにどのような影響を与えているのでしょうか?[…]

健達ねっとECサイト

MBTIの人気パーソナリティタイプ|トップ5ランキング

世界中で利用されているMBTI性格診断。
その中でも特に人気のあるパーソナリティタイプはどれなのでしょうか。

今回は、日本のMBTIの割合を基に、トップ5のランキングを紹介します。
これを参考に、自分のタイプや周りの人々のタイプがどれに該当するのかを知る手助けとしてください。

1位:ISFJ(保護者タイプ)

ISFJは、日本のMBTIの割合で最も多いタイプとして知られています。
彼らは、他人のために尽力することを喜びとし、誠実で献身的な性格を持っています。

また、伝統やルールを重視し、安定を求める傾向があります。
そのため、家族や友人との関係を大切にし、コミュニティの中での役割を果たすことを重視します。
このような特性から、ISFJは信頼される存在として多くの人々から支持を受けています。

2位:ESFJ(社交者タイプ)

ESFJは、外向的で社交的な性格を持つ人々のグループです。
彼らは人々との関係を深く築くことを好み、他人の感情やニーズに敏感です。
そのため、友人や家族との時間を大切にし、コミュニケーションを重視します。

また、他人を助けることに喜びを感じるため、ボランティア活動などの社会貢献活動にも積極的に参加することが多いです。

3位:ISTJ(管理者タイプ)

ISTJは、論理的で計画的な思考を持つタイプです。
彼らは事実やデータに基づいて判断を下すことを好み、ルーチンワークや計画的なタスクを得意とします。
そのため、ビジネスの現場や組織の中での管理職など、責任のあるポジションでの活躍が期待されます。

また、信念を持って行動するため、一度決めたことは最後までやり遂げる姿勢が評価されています。

4位:ISFP(芸術家タイプ)

ISFPは、感受性が豊かで独自の価値観を持つタイプです。
彼らは自分の感じるままに行動することを好み、独自のスタイルや表現を大切にします。
そのため、芸術やデザインの分野での活躍が期待されることが多いです。

また、人々との深い関係を築くことを好むため、友人や家族との絆を大切にします

5位:ESTJ(経営者タイプ)

ESTJは、リーダーシップに優れたタイプとして知られています。
彼らは目標を明確に持ち、それを達成するための計画を立てることを得意とします。
そのため、ビジネスの現場や組織のトップとしての活躍が期待されます。

また、公正で正直な性格のため、部下や同僚からの信頼も厚いです。

MBTI診断では、その結果を活かして、それぞれのタイプごとの相性を見ることもできます。
MBTIで見る相性について気になる方は、こちらの記事もぜひご覧ください。

関連記事

今、MBTIが韓国を中心に世界中の若い世代の中で流行っています。MBTIは、自己分析だけでなく、自分のMBTIと相手のMBTIをみて、相性が良いのか悪いのかを判断する材料としても活用できます。どんなタイプの人と仲良くなりやす[…]

薬の使い方

MBTIと生きづらさランキング|あなたのタイプはどれ?

MBTIは、人々の性格を16のタイプに分類するものです。
それぞれのタイプは独自の特徴と強みを持っていますが、一方で生きづらさを感じる瞬間もあるでしょう。

MBTIのタイプごとの生きづらさランキングを紹介し、それぞれのタイプがどのような状況で生きづらさを感じるのかを説明します。

MBTIと生きづらさの関連性

MBTIは、人々の考え方や行動の傾向を示すものであり、それぞれのタイプには独自の特徴があります。

例えば、INFPタイプはクリエイティブな職業に向いているとされ、音楽家やイラストレーターなどの職種で活躍する人が多いです。
しかし、その一方で、他人を思いやる優しさを持っているため、時には板挟みになってしまうこともあります。

また、INTPタイプは論理的に物事を考える傾向があり、そのため周囲とのコミュニケーションが難しくなることもあるでしょう。

このように、MBTIのタイプごとに生きづらさを感じる瞬間や状況が異なります。
しかし、それは必ずしもネガティブなことではありません。
自分のタイプを理解することで、その生きづらさを乗り越える方法や対処法を見つけることができるのです。

MBTI生きづらさランキング

以下は、MBTIのタイプごとの生きづらさランキングです。
このランキングは、あくまで一般的な傾向を示すものであり、個人の経験や感じ方によって異なることもあるでしょう。

1位:INFP(仲介者)

INFPはクリエイティブな職業、例えば音楽家やイラストレーターに向いています。
周りを思いやる優しさを持っているため、板挟みになり生きづらいと感じることがあります。

2位:INTP(倫理学者)

INTPは論理的に将来のことや現在のことを考えます。
そのため、本人にとっては筋が通った話でも、周囲からは理解されにくいことがあります。
これにより、生きづらさを感じることがあると思われます。

3位:ISFP(冒険家)

ISFPは周囲の顔色をうかがう傾向があり、人といると疲れることがあります。
優しい人が多い一方で、強い欲求を持っているのも特徴です。
そのため、性格が悪いと感じられることもあります。

4位:ENFP(広報運動家)

ENFPは無邪気でかわいい一面があります。
しかし、繊細な心の持ち主であり、生きづらさを感じることが多いです。

5位:INTJ(建築家)

INTJは独創的なアイデアを持っています。
しかし、常に改革を求め、理想が高いため、誤解されやすいです。
周囲の理解を得にくい傾向があります。

これらのランキングや理由は、あくまで一つのサイトの見解であり、公式なものではありません。
MBTIのタイプによる生きづらさや社会的な適応性は、個人の経験や環境によって異なることがありますので、参考程度に考えてください。

各MBTIタイプの生きづらさと対処法

それぞれのタイプが生きづらさを感じる原因や状況、そしてその対処法について詳しく見ていきましょう。

例えば、INFPタイプは他人を思いやる優しさを持っているため、時には板挟みになってしまうことがあります。
そのような時は、自分の感情や考えをしっかりと伝えることで、周囲とのコミュニケーションを円滑にすることができるでしょう。

同様に、INTPタイプは論理的に物事を考える傾向がありますが、それが原因で周囲とのコミュニケーションが難しくなることもあります。

しかし、その論理的な思考は、問題解決の際に非常に役立つものです。
そのため、自分の強みを活かしながら、周囲とのコミュニケーションの方法を工夫することで、生きづらさを乗り越えることができるのです。

このように、MBTIのタイプごとに生きづらさの原因や状況、対処法が異なります。
自分のタイプを理解し、その特徴や強みを活かすことで、より充実した日常を送ることができるでしょう。

MBTIの性格ランキング|良い性格と悪い性格は?

MBTIは、個人の性格を16のタイプに分けて分析するツールで、人々の行動や思考、感情の傾向を把握するのに役立ちます。
これらの性格タイプを「良い」とか「悪い」としてランキングする話題がよく出ます。

そうしたランキングについて見ていき、各性格タイプがどのように見られているかを説明します。

性格が悪いといわれるMBTIランキング

1位:ESTJ(幹部型)

嫌われやすい部分:柔軟性がなく、頑固で、他人の感情を無視して厳しく接することがある。
改善策:異なる意見を受け入れ、広い視野を持つよう心がける。

2位:ENTJ(指揮官型)

嫌われやすい部分:自分の意見を強く主張し、周囲を圧倒することがあり、感情よりも論理を優先する。
改善策:他人の意見に耳を傾け、厳しい批判を控える。

3位:ESTP(起業家型)

嫌われやすい部分:行動が先行し、直接的な発言で他人と衝突することがある。
改善策:計画的に行動し、合わない人とは適度な距離を保つ。

4位:ENTP(討論者型)

嫌われやすい部分:立場や年齢に関係なく強い意見を述べ、自己の考えを押し通すことがある。
改善策:他人の意見を否定せず、柔軟な思考を持つ。

5位:ESFJ(領事官型)

嫌われやすい部分:過度に他人に干渉し、悲観的な考え方をすることがある。
改善策:助言が相手にとって負担になっていないかを考え、押し付けがましくないようにする。

これらのタイプは、ある状況や人との関わりによって否定的に見られがちですが、それぞれに良い面も多くあります。
自己理解を深め、他者との良好な関係を築くための対策を講じることが大切です。

性格が良いといわれるMBTIランキング

1位:INFJ(擁護者型)

好かれやすい部分:深い洞察力と共感能力を持ち、他人の感情や動機を理解する。
誠実で献身的。

2位:INFP(仲裁者型)

好かれやすい部分:理想主義的で、他人の価値観を尊重する。
自分の信念を大切にする。

3位:ENFJ(仲人型)

好かれやすい部分:他人の感情を敏感に察知し、支援することが得意。
集団の調和を重視する。

4位:ESFP(広報運動家型)

好かれやすい部分:社交的で、元気で前向き。
周囲を楽しませることが得意。

5位:ISFJ(擁護者型)

好かれやすい部分:誠実で責任感が強く、他人を支えることに長けている。

どのタイプも、状況や相手によって「性格が良い」と感じられることがあり、それぞれに多くの良い面があります。
自己理解を深め、他者との関係を良好にするための対策を講じることが重要です。

スポンサーリンク

MBTI診断と就活|適職を見つけるためのアドバイス

MBTI診断は、個人の性格や適性を理解するためのツールとして広く利用されています。
この診断を通じて、自分自身の強みや弱み、そして適職を見つける手助けとなる情報を得ることができます。

特に、就活を控えた学生や転職を考えている方々にとって、MBTI診断は大変有益なツールとなるでしょう。
MBTI診断を活用して適職を見つける方法と、就活におけるMBTI診断の有用性について詳しく解説します。

MBTI診断の概要と適職の関連性

MBTI診断は、16のパーソナリティタイプに分けて個人の性格を診断するツールです。

例えば、INTPタイプは「頭が良すぎる」といわれることがあり、その特徴や能力、適職、弱点などが明確にされています。

このように、各タイプごとに特有の性格や適職が存在し、それを理解することで自分に合った職業を見つける手助けとなります。

就活におけるMBTI診断の活用方法

就活を進める上で、自分の性格や適性を知ることは非常に重要です。
MBTI診断を活用することで、自分の強みや弱みを明確にし、それを基に企業選びや面接対策を行うことができます。

また、自分の性格に合った職種や業界を見つけることも可能です。

例えば、INTPタイプの人は思考力が高いため、研究職や分析職などの仕事に向いているといわれています。

MBTI診断を活用した成功事例

MBTI診断を活用して適職を見つけた人々の成功事例も多く存在します。

例えば、INFPタイプの人は「化ける」といわれることがあり、その特徴や強みを活かして成功を収めているケースが多く見られます。
このように、MBTI診断を活用することで、自分の性格や適性に合った職業を見つけ、成功を収めることができるのです。

以上、MBTI診断を活用して適職を見つける方法と、就活におけるMBTI診断の有用性について解説しました。
自分の性格や適性を知り、それを活かして適職を見つけることは、就活成功の鍵となるでしょう。

MBTIタイプ別の適職について、以下の記事でも解説しています。

関連記事

私たちは日々、自分自身や他人の行動パターンを理解しようと努力しています。その一つの手段として、MBTI診断が広く利用されています。MBTI診断は、私たちがどのように世界を理解し、意思決定を行うかについて16種類のパーソナリティタ[…]

スポンサーリンク

MBTIの割合に関するよくある質問|Q&A

MBTIの割合に関するよくある質問には、どのようなものがあるのでしょうか。
ここでは、よくある質問に答えていきます。

日本で1番多いMBTIは何ですか?

日本で最も普及しているMBTIタイプはISFJであり、世話焼きで実務的な性格が多くの日本人の価値観と一致しています。

MBTI 何が一番多い?

世界的に見ても、ISFJタイプが最も一般的なMBTIであり、細部に注意を払い、安定を重んじる傾向があります。

日本人で一番少ないMBTIは?

日本人の中で最も珍しいMBTIタイプはENTJで、そのリーダーシップと決断力は日本の集団主義文化とは対照的です。

全人口のうち、INFJは何パーセントですか?

INFJは全人口の約1%を占め、この稀なタイプは深い洞察力と強い直感を持つことで知られています。

スポンサーリンク

MBTIの割合まとめ

MBTIの割合についてご紹介しました。
要点を以下にまとめます。

  • MBTIタイプの男女割合は、男性にはISTPやINTPなどのタイプが、女性にはISFJやENFJなどのタイプが多く現れる傾向がある
  • 日本のMBTI割合は、特にISFJとISTJが高く、アメリカやヨーロッパの国々では、ENTJとENFPの割合が高い
  • MBTI割合の人気タイプは、1位:ISFJ(保護者タイプ)、2位:ESFJ(社交者タイプ)、3位:ISTJ(管理者タイプ)、4位:ISFP(芸術家タイプ)、5位:ESTJ(経営者タイプ)

これらの情報が少しでも皆様のお役に立てば幸いです。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

監修者 メディカル・ケア・サービス

  • 認知症高齢者対応のグループホーム運営
  • 自立支援ケア
  • 学研グループと融合したメディア
  • 出版事業
  • 社名: メディカル・ケア・サービス株式会社
  • 設立: 1999年11月24日
  • 代表取締役社長: 山本 教雄
  • 本社: 〒330-6029埼玉県さいたま市中央区新都心11-2ランド·アクシス·タワー29F
  • グループホーム展開
  • 介護付有料老人ホーム展開
  • 小規模多機能型居宅介護
  • その他介護事業所運営
  • 食事管理
  • 栄養提供
  • 福祉用具販売
  • 障がい者雇用

スポンサーリンク