ホーム

認知症を学ぶ

down compression

介護を学ぶ

down compression

専門家から学ぶ

down compression

書籍から学ぶ

down compression

健康を学ぶ

down compression
トップページ>生活>ウォーターサーバー>非公開: 2023年最新版ウォーターサーバー!料金や天然水の選び方を解説

非公開: 2023年最新版ウォーターサーバー!料金や天然水の選び方を解説

便利なウォーターサーバー、どう選んで良いかわからなくて悩みますよね。
ウォーターサーバーってそもそもどんな種類があるの?

生活に合ったウォーターサーバーは?

そんな疑問を持つ人も少なくないでしょう。

本記事では、
ウォーターサーバーの比較について以下の点を中心にご紹介します。

  • ウォーターサーバーの種類の比較
  • ウォーターサーバーのメリット
  • ウォーターサーバーのデメリット

ウォーターサーバーの比較について理解するためにもご参考いただけますと幸いです。
ぜひ最後までお読みください。

ウォーターサーバーの基礎知識

ウォーターサーバーは、私たちの生活にとって欠かせない存在となっています。
その仕組みや種類、メリットとデメリット、そして設置場所と注意点について詳しく解説します。

ウォーターサーバーの仕組みと種類

ウォーターサーバーは、大きく分けて宅配水タイプと水道直結タイプの2種類があります。
宅配水タイプは、購入した水を宅配してもらうタイプで、天然水やRO水など、様々な種類の水を選べます。

一方、水道直結タイプは、水道水を浄水するタイプで、水道から直接給水されるため手間がかかりません。

それぞれのタイプにはメリットとデメリットがあり、自分のライフスタイルやニーズに合わせて選ぶことが重要です。

ウォーターサーバーはいらない?メリットとデメリットを比較

ウォーターサーバーのメリットとしては、安全で美味しい水をいつでも手軽に飲めることが挙げられます。
また、デザイン性が高く、インテリアとしても機能します。

しかし、デメリットとしては、水代やレンタル料がかかること、また、大量の水を消費する場合は、頻繁に水ボトルを交換する手間などがあります。
これらのメリットとデメリットを理解した上で、自分にとってウォーターサーバーが必要かどうかを判断することが大切です。

ウォーターサーバーの設置場所と注意点

ウォーターサーバーの設置場所は、使用頻度や水道の位置などによって変わりますが、一般的にはキッチンやリビングが適しています。

しかし、設置場所を選ぶ際には、サーバーの大きさやデザイン、そして家庭のライフスタイルを考慮することが重要です。

例えば、キッチンに設置する場合、料理や飲み物の準備に便利ですが、スペースが限られている場合は問題になることもあります。

また、リビングに設置する場合、家族全員が簡単にアクセスできる利点がありますが、見た目が気になる場合もあります。

後悔しない!ウォーターサーバー比較のポイント

ウォーターサーバーを選ぶ際には、多くの要素を考慮する必要があります。
これらの要素を理解し、自分のライフスタイルやニーズに適したなウォーターサーバーを選ぶことが重要です。

レンタルと購入の比較

ウォーターサーバーを導入する際には、レンタルするか購入するかを選ぶ必要があります。
どちらが良いかは、あなたのライフスタイルやニーズによります。

レンタルは初期費用が低く、故障やトラブルがあった場合にはサーバーの交換や修理が容易です。

また、定期的に新しいモデルに交換できるため、常に最新の機能を利用できます。

しかし、長期的に見るとレンタル料が積み重なるため、コストが高くなる可能性があります。

一方、購入は初期費用が高いですが、長期的にはレンタルよりもコストが低くなる可能性があります。

また、自分の好きなようにカスタマイズできる自由度があります。
しかし、故障やトラブルがあった場合の対応は自己責任となります。

月額料金と費用の比較

ウォーターサーバーの月額料金は、水の価格、レンタル料、配送料などによって変動します。

これらの費用を比較することで、自分の予算に合ったウォーターサーバーを選べます。

水の価格は、水の種類や品質、ボトルの容量によって異なります。
一般的に、天然水はRO水やミネラルウォーターよりも価格が高い傾向にあります。

また、大容量のボトルを選ぶと、単価は安くなりますが、一度に多くの水を購入する必要があります。

レンタル料は、サーバーの機能やデザイン、ブランドなどによって異なります。
高機能のサーバーやデザイン性の高いサーバー、有名ブランドのサーバーは、レンタル料が高くなる傾向にあります。

配送料は、配送エリアや配送頻度、配送時間帯などによって異なります。
一部の会社では、一定の条件を満たすと配送料が無料になるサービスを提供しています。

これらの費用を比較し、自分のライフスタイルや予算に適したウォーターサーバーを選びましょう。

ウォーターサーバーの水の種類と選び方

ウォーターサーバーの水の種類は、

  • 天然水
  • 浄水
  • アルカリイオン水

の3つが主流です。
それぞれの特性を理解し、自分のライフスタイルや健康状態に合わせて選ぶことが重要です。

天然水の特徴とメリット

天然水は、その名の通り、自然から採取されたウォーターサーバーの水の一種です。
天然水は自然の恵みをそのまま体内に取り入れられる最も自然な水と言えます。

天然水は、ミネラルを豊富に含んでいることが特徴で、カルシウムやマグネシウムなどのミネラルがバランス良く含まれています。

これらのミネラルは、人間の体の機能を正常に保つために必要な成分であり、特にカルシウムは骨や歯の健康を保つために必要なミネラルです。

また、天然水はその採取地によって風味が異なるため、ウォーターサーバーの水の種類を選ぶ際の楽しみの一つです。

しかし、天然水は採取地やブランドによって価格が異なるため、コストパフォーマンスを考慮する必要があります。

浄水の特徴とメリット

浄水は、ウォーターサーバーの水の種類の中で、水道水を特殊なフィルターでろ過し、不純物を取り除いた水のことを指します。

浄水のメリットは、安定した供給が可能であることと、コストパフォーマンスが高いことです。

また、浄水は特殊なフィルターによってクロロホルムやトリハロメタンなどの有害物質を除去するため、安全性が高いと言えます。

しかし、浄水の味は水道水の味と大差ないため、天然水のような風味を楽しむことはできません。

また、フィルターの交換が必要なため、その手間とコストを考慮する必要があります。

アルカリイオン水の特徴とメリット

アルカリイオン水は、ウォーターサーバーの水の種類の中で、水に電気を通すことで生成される水で、その特徴はpH値が8以上とアルカリ性であることです。

アルカリイオン水のメリットは、体内の酸化を防ぎ、体のpHバランスを整える効果があるとされています。

これは、現代人の食生活は酸性傾向にあるため、アルカリ性の水を摂取することで体内の酸性度を中和し、健康を維持するのに役立つと考えられています。

しかし、アルカリイオン水は専用の装置が必要で、その初期費用や維持費が高いというデメリットがあります。

また、アルカリイオン水の効果については科学的な証明がまだ十分ではないため、その効果を過信せず、バランスの良い食生活とともに摂取することが推奨されます。

ウォーターサーバーのメリットに興味のある方は、こちらの記事も合わせてお読みください。

関連記事

これからウォーターサーバーを導入しようか悩んでいる方もいるのではないでしょうか。いつでも冷たくておいしい水が飲めるのはとても嬉しいですよね。しかし、コストやメリット、デメリットも気になります。本記事では ウォーターサーバーを使[…]

ウォーターサーバーの利用シーン別比較

ウォーターサーバーは、その利便性と健康への配慮から、多くの家庭やオフィスで利用されています。

しかし、その利用シーンは多岐にわたり、一人暮らしから大家族、さらには法人まで、それぞれのニーズに合わせた選択が求められます。

ここでは、それぞれのライフスタイルに適したウォーターサーバーを比較し、あなたの選択をサポートします。

一人暮らし向けのウォーターサーバー比較!コンパクトさと経済性を重視

一人暮らしの場合、ウォーターサーバー選びのポイントは、コンパクトさ、経済性、そして使いやすさです。

一人暮らしのスペースは限られているため、場所を取らないコンパクトなウォーターサーバーが求められます。

また、一人での使用量はそれほど多くないため、経済性も重要な要素となります。
さらに、一人暮らしの忙しい生活スタイルに合わせて、手間をかけずに使える使いやすさも必要です。

赤ちゃんのいる家庭向けのウォーターサーバー比較!安全性と使いやすさが鍵

赤ちゃんのいる家庭では、ウォーターサーバー選びのポイントは、水質の安全性と使いやすさです。

赤ちゃんの体は大人に比べてデリケートで、水質による影響を受けやすいため、安全性は最も重要な要素となります。

また、ミルク作りなど、赤ちゃんの世話に追われる中で、使いやすさも重要な要素となります。

法人向けのウォーターサーバー比較!大量供給能力とコストパフォーマンスが重要

法人向けのウォーターサーバー選びでは、大量供給能力、コストパフォーマンス、そしてメンテナンスのしやすさが重要なポイントとなります。

オフィスでは多くの人が利用するため、大量の水を供給できるウォーターサーバーが必要です。
また、長期的なコストパフォーマンスも考慮する必要があります。

さらに、定期的なメンテナンスが必要なため、その手間を考慮することも重要です。

赤ちゃんのいる家庭向けのウォーターサーバーに興味のある方は、こちらの記事も合わせてお読みください。

関連記事

粉ミルクを作る時、熱湯や白湯の準備、熱湯が沸くのに時間がかかって大泣き!熱湯を入れすぎて冷ますのに時間がかかって大泣き!そんな困ったを抱えているお父さんお母さんにとっておきの救世主ウォーターサーバー!どんなウォーターサーバーが赤ちゃ[…]

コストパフォーマンスに優れたウォーターサーバーの選び方

ウォーターサーバーの選択は、利便性だけでなく、コスト面も重要な要素となります。
料金プランはサーバーの種類やサービス内容により異なり、その選択はユーザーのライフスタイルや予算に大きく影響します。

ここでは、主要な料金プランとそのメリット、デメリットを詳しく解説します。

レンタルプランのメリットとデメリット

レンタルプランは、ウォーターサーバー本体をレンタルし、必要な水の量だけを定期的に購入するプランです。

初期費用が低く抑えられ、サーバーのメンテナンスや故障時の対応も業者が行うため、手間がかからないというメリットがあります。

しかし、レンタル料が毎月発生するため、長期的に利用する場合はコストが高くなる可能性があります。

また、契約期間や解約条件に注意が必要で、早期解約にはペナルティが発生することもあります。

ボトル交換プランのメリットとデメリット

ボトル交換プランは、ウォーターサーバー本体を購入し、使用済みのボトルを新しいものと交換する形で水を供給するプランです。

本体を所有するため、レンタル料が発生しないというメリットがあります。
また、自分の好きなタイミングでボトルを交換できる自由度も高いです。

しかし、初期費用が高く、サーバーのメンテナンスや故障時の対応は自己負担となるため、その手間とコストを考慮する必要があります。

定額プランと利用料金の比較

定額プランは、一定の料金を支払うことで、指定された量の水を定期的に供給するプランです。

料金が固定されているため、予算管理がしやすいというメリットがあります。
また、水の消費量をあらかじめ見積もることで、無駄なく利用できるという点も魅力です。

しかし、使用量が多くなると追加料金が発生するため、家庭の水の消費量によっては、他のプランと比較してコストが高くなる可能性があります。

安いウォーターサーバーに興味のある方は、こちらの記事も合わせてお読みください。

関連記事

ウォーターサーバーがあったら便利だな…。でも高いイメージがあるからなかなか踏み出せない。実は最近では競合が増え、以前よりも高品質な水が安く、高コスパで手に入れることができます。自分に合ったウォーターサーバーはどのように選べばいいの[…]

ウォーターサーバーのメンテナンスとアフターサービスの重要性

ウォーターサーバーは、私たちの健康と安全を確保するための重要なツールです。
しかし、その性能を最大限に引き出し、長期間にわたって安全に使用するためには、定期的なメンテナンスと信頼できるアフターサービスが必要です。

メンテナンスの必要性と頻度

ウォーターサーバーのメンテナンスは、その性能を維持し、バクテリアやカビの発生を防ぐために不可欠です。

メンテナンスの頻度は、使用状況やサーバーの種類によりますが、一般的には、毎月または2ヶ月に1回の清掃が推奨されます。

また、フィルターの交換は、メーカーの指示に従って行う必要があります。
これは通常、6ヶ月から1年に1回です。

ボトルの取り扱いと清潔さの保持方法

ウォーターサーバーのボトルは、水の品質を保つために適切に取り扱う必要があります。
ボトルは、直射日光や高温を避け、冷暗所に保管することが推奨されます。

また、ボトルの開封後は、早めに使用することが重要です。
さらに、サーバー自体の清潔さも重要です。サーバーの水受け皿は、水滴や汚れが溜まりやすいため、定期的に取り外して洗浄することが必要です。

サーバーの故障時の対応とアフターサービス

ウォーターサーバーが故障した場合、適切な対応が必要です。
まず、サーバーの電源を切り、メーカーまたは販売店に連絡します。

多くのメーカーは、故障時の修理サービスを提供しています。
また、購入後のアフターサービスも重要な考慮事項です。良質なアフターサービスは、製品の寿命を延ばし、ユーザーの満足度を高めます。

多くのメーカーは、定期的なメンテナンスサービス、修理サービス、カスタマーサポートを提供しており、これらのサービスは製品の性能を維持し、長期間にわたって安全に使用するために重要です。

ウォーターサーバー選択の重要ポイントと注意事項

ウォーターサーバーの選択は、健康と生活の質に直接影響を与える重要な決定です。
そのため、選択の際には、安全性、衛生面、ユーザーレビュー、契約内容など、多くの要素を考慮する必要があります。

ウォーターサーバー選択時の安全性と衛生面の確認

ウォーターサーバーを選ぶ際の最も重要な要素の一つは、その安全性と衛生面です。
サーバーから供給される水は、私たちの体に直接摂取されるため、その品質と安全性は最優先事項でなければなりません。

まず、ウォーターサーバーの水源を確認してください。
天然水はそのままの状態で飲食に使用でき、ミネラル成分を含んでいるため、味わいが良く、飲みやすいと人気です。

一方、RO水は不純物を徹底的に除去した後、飲みやすさを考慮してミネラル成分が配合されています。

次に、サーバー自体の衛生状態を確認することも重要です。
サーバー内部には浄水フィルターが搭載されていることが多く、これにより水道水から不純物を除去できます。

また、定期的なメンテナンスと清掃が行われているかどうかも確認してください。

ウォーターサーバー選びの参考は?ユーザーレビューや評判など

ウォーターサーバーの選択にあたっては、他のユーザーのレビューや評判を参考にすることも有効です。
これにより、製品の品質やサービスの質、使い勝手など、公式ウェブサイトだけでは得られない情報を得られます。

また、SNSや口コミサイトを活用することもおすすめです。
これらのプラットフォームでは、実際のユーザーが自分の経験を共有しているため、製品のリアルな評価を集められます。

ただし、口コミ情報は個々の体験に基づいているため、一つの意見に偏らないよう、多くのレビューを参考にすることが重要です。

ウォーターサーバー選びの注意点!無料のからくり?契約内容と条件の確認

ウォーターサーバーを選ぶ際には、契約内容と条件をしっかりと確認することが大切です。特に、「無料」と謳われているサービスには、しっかりとした理解が必要です。

例えば、ウォーターサーバーのレンタルが無料である場合、その代わりに一定量の水の購入が必要な場合があります。

また、初期費用が無料である場合でも、契約期間が長い、または解約時に高額な遣り金が発生する可能性があります。

そのため、契約を結ぶ前には、契約期間、解約条件、月々の料金、水の価格など、全ての条件を確認し、理解することが必要です。

また、不明な点がある場合は、サービス提供者に直接問い合わせることも忘れないようにしましょう。

ウォーターサーバーの比較についてまとめ

ここでは、ウォーターサーバーの比較について紹介してきました。
その要点を以下にまとめます。

  • ウォーターサーバーの種類は、主に「天然水」「浄水」「アルカリイオン水」
  • ウォーターサーバーのメリットは、美味しい水をいつでも手軽に飲めて、一人暮らしや赤ちゃんがいる家庭など、利用シーンによって様々な商品を選べることなど
  • ウォーターサーバーのデメリットは、水代やレンタル料がかかること、メンテナンスが必要なことなど

これらの情報が少しでも皆様のお役に立てれば幸いです。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

監修者 メディカル・ケア・サービス

  • 認知症高齢者対応のグループホーム運営
  • 自立支援ケア
  • 学研グループと融合したメディア
  • 出版事業
  • 社名: メディカル・ケア・サービス株式会社
  • 設立: 1999年11月24日
  • 代表取締役社長: 山本 教雄
  • 本社: 〒330-6029埼玉県さいたま市中央区新都心11-2ランド·アクシス·タワー29F
  • グループホーム展開
  • 介護付有料老人ホーム展開
  • 小規模多機能型居宅介護
  • その他介護事業所運営
  • 食事管理
  • 栄養提供
  • 福祉用具販売
  • 障がい者雇用

スポンサーリンク