ホーム

認知症を学ぶ

down compression

介護を学ぶ

down compression

専門家から学ぶ

down compression

書籍から学ぶ

down compression

健康を学ぶ

down compression
トップページ>生活>ウォーターサーバー>赤ちゃんのミルク作りにウォーターサーバーがおすすめ?赤ちゃんの為のウォーターサーバー徹底解説

赤ちゃんのミルク作りにウォーターサーバーがおすすめ?赤ちゃんの為のウォーターサーバー徹底解説

粉ミルクを作る時、熱湯や白湯の準備、熱湯が沸くのに時間がかかって大泣き!
熱湯を入れすぎて冷ますのに時間がかかって大泣き!

そんな困ったを抱えているお父さんお母さんにとっておきの救世主ウォーターサーバー!
どんなウォーターサーバーが赤ちゃんに向いているの?
金額はどれくらいかかるの?

本記事では赤ちゃんのためのウォーターサーバーの選び方からおすすめまでご紹介します。

  • どんなウォーターサーバーを選べばいいの?
  • ウォーターサーバーのメリット、デメリット

ご自身に合ったウォーターサーバー選びの参考として、最後までお読みいただけたら幸いです。

赤ちゃんのためのウォーターサーバーの選び方

赤ちゃんに適したウォーターサーバーを選ぶための重要なポイントを紹介します。
これらのポイントを基に、赤ちゃんの健康と安全を最優先に考えた選択をしましょう。

水の種類

赤ちゃんに適した水は、ミネラルバランスが良く、不純物が少ないものが理想です。
RO水や天然水など、水の種類によって特性が異なりますので、赤ちゃんの体調や生活環境に合わせて慎重に選びましょう。

また、定期的な水質検査が行われていることも重要な確認ポイントです。

温度設定

ウォーターサーバーの温度設定は、赤ちゃんのミルク作りに適した温度が選べることが大切です。
急な温度変化がなく、安定した温度を保てる機能も重要なポイントとなります。

安全性

赤ちゃん用のウォーターサーバー選びでは、安全性が最優先です。
落下防止機能やチャイルドロック、過熱防止機能など、安全機能が充実している製品を選びましょう。

メンテナンス

定期的なメンテナンスが必要なウォーターサーバーもあります。
清潔さを保ち、赤ちゃんに安全な水を提供するために、メンテナンスの手間やコストも考慮しましょう。

コスト

ウォーターサーバーの利用コストは、水の価格やレンタル料、メンテナンス費用などが含まれます。
赤ちゃんに適したサーバーを選ぶ際は、コストパフォーマンスも重要なポイントです。

レンタル期間

レンタル期間の長さや、途中での解約条件も確認しましょう。
赤ちゃんの成長に合わせて、ウォーターサーバーを変更することができる柔軟性があると便利です。

サポート体制

アフターサポートやカスタマーサポートの体制も重要です。
トラブルが発生した際の対応速度や、メンテナンスのサポート体制を確認し、安心して利用できるサービスを選びましょう。

赤ちゃんのためにウォーターサーバーを使うメリット

言うまでもありませんが、育児そのものにウォーターサーバーが必須ということはありません。
水道をひねれば水は得られますし、水を温める方法にも事欠きません。

それでも、ウォーターサーバーを使うことで得られるメリットは間違いなくあります。

ではウォーターサーバーを使った場合、どんなメリットがあるでしょうか?

衛生的な水が手軽に利用できる

ウォーターサーバーは専用のボトルから水を提供しています。
外部の汚染や不純物の混入がなく、衛生的な水を手軽に利用することができます。

必要な量だけ水を利用できる

赤ちゃんのミルクや離乳食に必要な水の量は、成長に応じて変化します。
ウォーターサーバーは必要な分だけ水を提供してくれるため、無駄なく使うことができます。

温水が手軽に利用できる

ウォーターサーバーには温水の機能がついているものもあります。
赤ちゃんのミルク作りに必要な温水を手軽に利用することができます。

経済的

市販のミネラルウォーターを買うよりも、ウォーターサーバーを利用する方が経済的です。
定期的に届く水の代金を支払うだけで、手間やコストを抑えることができます。

赤ちゃんのためにウォーターサーバーを使うデメリット

では逆に、ウォーターサーバーを使うことで生じるデメリットには何があるのでしょう。

ボトルの取り替えが手間

ウォーターサーバーのボトルは重く、取り替えるのに手間がかかります。
また、ボトルの在庫管理も必要になります。

選ぶ水によっては水質が低い場合がある

ウォーターサーバーを選ぶ際には、提供される水の質が重要です。
水質が低い場合、逆に赤ちゃんの健康に悪影響を与える可能性があります。

トラブルが発生する可能性がある

ウォーターサーバーは機械のため、故障する可能性があります。
また、水漏れなどのトラブルが発生することがあります。

長期間使用しない場合の水の取り扱い

ウォーターサーバーを長期間使用しない場合、ボトルに残った水の取り扱いが課題となります。
長期間放置すると、水質が低下する可能性があるため、適切な処理が必要です。

赤ちゃんにウォーターサーバーの水はいつから安全に与えられる?

赤ちゃんにとって、水分補給は生命維持に不可欠ですが、いつからどのような水を与えるべきかは、多くの親が抱く疑問です。

何歳ごろからOK?

赤ちゃんにウォーターサーバーの水を与える最適なタイミングは、一般的に5〜6ヶ月頃からとされています。

しかし、これはあくまで一般的な話であり、個々の赤ちゃんの健康状態や発育によって異なる場合があります。
ウォーターサーバーの水は清潔で硬度が低いため、赤ちゃんにとって理想的な水分源とされています。

医師のアドバイスは必要?

小児科医のアドバイスは、赤ちゃんにウォーターサーバーの水を安全に与えるために不可欠です。
医師は、赤ちゃんの健康状態やアレルギーの有無、家庭環境などを考慮して、最適な水分補給方法を提案してくれます。

ウォーターサーバーの水以外にも、逆浸透膜浄水器や市販のミネラルウォーターなど、他の水分補給方法のメリット・デメリットについても説明してくれるでしょう。

ウォーターサーバーの安全性と衛生管理

ウォーターサーバーは、私たちの生活において欠かせない存在となっていますが、その安全性や衛生管理について、どれほど知っていますか?

安全基準と認証

ウォーターサーバーは、私たちが直接摂取する水を供給するため、その安全性は非常に重要です。
多くのウォーターサーバーは、国や業界団体が定める厳格な安全基準をクリアしています。

これらの基準は、水質やサーバーの材質、放射線量など、さまざまな項目にわたって設定されています。

また、安全性を証明するための認証も存在します。
これらの認証は、第三者機関によって行われるテストをパスした製品にのみ与えられるもので、消費者にとっては安心の証となります。
認証を受けたウォーターサーバーは、その品質や安全性が保証されていると言えるでしょう。

衛生管理のポイント

ウォーターサーバーの衛生管理は、安全に美味しい水を飲むための鍵となります。
サーバー内部が汚れると、水の品質が低下するだけでなく、健康にも影響を及ぼす可能性があります。

定期的なクリーニング

ウォーターサーバーは、定期的に内部をクリーニングすることで、細菌やカビの繁殖を防ぐことができます。

フィルターの交換

使用期限が過ぎたフィルターは、効果が低下するため、定期的に新しいものに交換することが推奨されます。

適切な設置場所

直射日光や高温多湿な場所は避け、風通しの良い場所に設置することで、サーバーの衛生状態を保つことができます。

赤ちゃんのためのウォーターサーバーに関するよくある質問

熱いお湯が簡単にでてしまうと危険では?

ウォーターサーバーの熱湯が出てくる部分には、小さな子供が触れられないように、チャイルドロックがついているものがあります。

チャイルドロックがついている場合は、必ず閉めておくようにしましょう。
また、チャイルドロックがついていない場合は、小さな子供が触れられない場所に設置するようにしましょう。

本当に安全なお水なの?

ウォーターサーバーから出る水は、浄水処理がされているため、安全で清潔な水を飲むことができます。

ただし、ウォーターサーバーを利用する場合は、定期的なメンテナンスが必要であり、水の交換や清掃を行うことが重要です。
また、ウォーターサーバーの水については、各社が水質検査を行っています。

粉ミルクを作りおきしておけばウォーターサーバーは不要では?

作り置きをした粉ミルクを常温で保存する場合は、2時間までとすることが推奨されています。
作り置きする場合は、清潔なボトルに入れ、冷蔵庫で保存することが望ましいです。

また、作り置きした粉ミルクを温める場合は、湯煎や電子レンジを使用することができますが、手間がかかるためおすすめはできません。
衛生面を考えると、都度作ることをおすすめします。

赤ちゃんのためのウォーターサーバーまとめ

ここまで赤ちゃんのためのウォーターサーバーについてご紹介しました。
要点を以下にまとめます。

  • 赤ちゃんのためにウォーターサーバーを使う場合、安全性が担保された上で水質やコストを考えると良い
  • 赤ちゃんのためにウォーターサーバーを使うメリットは温度管理や衛生管理がしやすい点、デメリットはサーバーそのものにトラブルが発生する可能性がある点

これらの情報が少しでも皆さまのお役に立てば幸いです。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

監修者 メディカル・ケア・サービス

  • 認知症高齢者対応のグループホーム運営
  • 自立支援ケア
  • 学研グループと融合したメディア
  • 出版事業
  • 社名: メディカル・ケア・サービス株式会社
  • 設立: 1999年11月24日
  • 代表取締役社長: 山本 教雄
  • 本社: 〒330-6029埼玉県さいたま市中央区新都心11-2ランド·アクシス·タワー29F
  • グループホーム展開
  • 介護付有料老人ホーム展開
  • 小規模多機能型居宅介護
  • その他介護事業所運営
  • 食事管理
  • 栄養提供
  • 福祉用具販売
  • 障がい者雇用

スポンサーリンク