ホーム

認知症を学ぶ

down compression

介護を学ぶ

down compression

専門家から学ぶ

down compression

書籍から学ぶ

down compression

健康を学ぶ

down compression
健達ねっと>健康お役立ち記事>女性の健康>乳がんの原因とリスク|乳がん予防のために知っておきたいこと

乳がんの原因とリスク|乳がん予防のために知っておきたいこと

乳がんは日本人女性が罹患するがんのなかで一番多いといわれており、今現在も多くの方が乳がんに悩まされています。
しかし、乳がんは早期発見、早期治療で治すことができる可能性があります。

まずは、乳がんにならないためにも、なぜ乳がんが発生してしまうのかを理解し、予防する意識を持つことが大切です。

本記事では以下の項目を中心に解説します。

  • 乳がんとは
  • 乳がんの主な原因とは
  • 乳がん予防のために重要なこと

乳がんの原因について参考になる情報を得られるので、ぜひ最後までお読みください。

スポンサーリンク

乳がんとは

フォトフェイシャルを受けるメリット

乳がんは、乳腺の組織から発生するがんで、乳房のしこりとして現れることが多いです。
乳腺は母乳を生成し、乳幼児に栄養や免疫機能を提供する重要な組織です。
乳がんは早期に発見されれば治る可能性が高く、進行すると他の臓器に転移し、様々な症状を引き起こす可能性があります。

乳がんの定義と概要

乳がんは、乳腺の組織に発生するがんで、その大部分は乳管から発生します。
一部は小葉から発生します。
乳がんの主な症状は乳房のしこりで、自分で乳房を触ることで気づくこともあります。

他の症状としては、乳房にくぼみができる、乳頭や乳輪がただれる、左右の乳房の形に差ができる、乳頭から分泌物が出るなどがあります。
乳がんは早期に見つけると治る可能性が高い病気で、早期発見できた場合、9割以上は治るといわれています。

しかし、乳がんが進行すると乳房以外の、リンパ節、肺や肝臓などにがん細胞が転移して、様々な症状を引き起こしたり、命を脅かすようになります。

乳房の構造と役割

乳房は胸壁の上に位置し、皮膚や脂肪などの皮下組織と乳腺組織で構成されています。

乳腺は母乳をつくり、乳幼児への栄養や免疫機能を与えるための重要な組織です。
乳房は乳頭を中心に放射状に15~20個の乳腺が配置されています。
これらの乳腺は小葉に分かれており、各小葉は乳管と呼ばれる管によって繋がれています。

乳がんの約90%は乳管から発生し、乳管がんと呼ばれます。
小葉から発生する乳がんが約5~10%で、小葉がんと呼ばれます。

関連記事

乳がんは、女性に最もよく見られるがんの一つです。乳がんの初期症状とはどのような症状なのでしょうか?また、痛みは伴うのでしょうか?本記事では、乳がんについて以下の点を中心にご紹介します。 乳がんの種類とステージ分類 乳がんの症[…]

スポンサーリンク

乳がんとその発症リスク

乳がんは、女性にとって最も一般的ながんであり、その発症リスクは様々な要素によって影響を受けます。
年齢、生活習慣、遺伝的要素など、乳がんのリスクを理解することは、予防策を立てる上で非常に重要です。

女性に多い乳がんの特徴

乳がんは、女性にとって最も一般的ながんであり、その罹患率は年々増加しています。

特に、

  • 初潮年齢が早い女性
  • 閉経年齢が遅い女性
  • 一度も出産したことがない女性
  • アルコールや喫煙をする女性
  • 閉経後の肥満女性

などは、乳がんのリスクが高まるとされています。

また、閉経後の肥満は乳がんのリスクを高める一方で、閉経前の女性では逆に肥満が乳がんのリスクを減少させるという報告もあります。
これらの要素を理解し、自身のリスクを把握することは、乳がん予防にとって重要なステップとなります。

年齢と乳がんのリスク

乳がんの罹患率は、年齢とともに増加します。
特に、30歳後半から増え始め、40歳後半から50歳前半にピークを迎えます。
これは、乳がんが、女性の働き盛りを襲う疾患であることを示しています。

さらに、閉経後の60歳台前半で再びピークを迎える傾向があります。
近年は、閉経後も乳がんの罹患率が増加しており、この傾向は欧米と同様です。

閉経と乳がんのリスク

閉経は、女性の生涯における重要な節目であり、これにより体内のホルモンバランスが大きく変化します。

閉経後の女性は、エストロゲン(卵胞ホルモン)の分泌が減少し、これが乳がんのリスクを高めるとされています。

また、閉経後の肥満女性は、特に乳がんのリスクが高まるとされています。
これは、肥満がエストロゲンの生成を促進し、これが乳がんの発症に寄与するためです。

閉経後の運動は乳がんのリスクを減らすと評価されており、適度な運動と健康的な食生活を心掛けることが、乳がん予防にとって重要です。

乳がんの主な原因とそのメカニズム

乳がんは、日本人女性が最も罹患しやすいがんの一つであり、その発生メカニズムは多岐にわたります。
遺伝的要因、ホルモンの影響、そして環境要因など、これらが複雑に絡み合い、乳がんの発生に繋がると考えられています。

乳がんの原因|遺伝的要因

遺伝的要因は、乳がんの発生に大きな影響を及ぼすことが知られています。
特に、BRCA1やBRCA2という遺伝子の変異は、乳がんのリスクを高めるとされています。

しかし、これらの遺伝子変異を持っているからといって、必ずしも乳がんを発症するわけではありません。
遺伝的要因による乳がんのリスクを評価するためには、遺伝カウンセリングや遺伝子検査が推奨されています。

乳がんの原因|ホルモン

乳がんの発生には、女性ホルモンのエストロゲンが深く関わっています。
エストロゲンを含む経口避妊薬の使用や閉経後の長期のホルモン補充療法は、乳がんのリスクを高めるとされています。

体内のエストロゲンレベルに影響を与える要因例
初経年齢が低い閉経年齢が高い
出産経験がない初産年齢が高い
授乳経験がない

乳がんの原因|環境要因

環境要因もまた、乳がんのリスクを高める要素として挙げられます。
閉経後の肥満、飲酒、運動不足などの生活習慣や、糖尿病の既往などが乳がんのリスクを高めるとされています。

これらの要因を理解し、適切な生活習慣を心掛けることで、乳がんのリスクを抑えることが可能です。

スポンサーリンク

乳がん検診の重要性とその進行

乳がんは、早期発見が可能ながんであり、そのためには定期的な乳がん検診が必要不可欠です。
無症状の段階でも検診により発見することが可能で、早期に治療を開始することで、治癒の確率を大幅に高めることができます。

乳がん検診の重要性とそのメリット

乳がん検診は、早期発見と早期治療に繋がる重要な手段となります。

乳がんは無症状の段階でも検診により発見することが可能で、早期に発見し治療を行うことで、治癒の確率を高めることができます。
また、検診は乳がんの予防にも役立ちます。

乳がんの検診方法と頻度

乳がん検診の対象者は基本的に40歳以上とされています。
にもかかわらず、乳腺の密度が高い40代の検診精度が低くなるという課題があります。

そのため、近年ではマンモグラフィ検査に超音波検査を組み合わせたり、単独で用いたりする方法が採用されています。

また、乳がん検診の受診間隔は基本的に2年に1回とされています。

健達ねっとECサイト

乳がんの治療とサポート

乳がんは、現代社会で女性が直面する主要な健康問題の一つです。

しかし、医療技術の進歩により、乳がんの治療法は多様化しています。
適切なサポートとともに、多くの患者が乳がんと闘い、生活の質を維持することが可能です。

乳がん治療法の選択肢と特徴

乳がんの治療法は、患者の病状や体質、生活状況などにより、適切なものが選ばれます。

主な治療法には手術放射線療法薬物療法(抗がん剤治療やホルモン療法・抗HER2療法)などがあります。
これらの治療法は、単独で行われることもありますが、多くの場合は組み合わせて行われます。

治療法の選択は、がんの種類・性格(サブタイプ)、がんの進行度合い(ステージ・病期)、治療を受ける体全体の状態を総合的に判断して行われます。

乳がん治療における手術の種類

乳がんの手術には、乳房温存術(乳房を残す方法)や、乳房全切除術(乳房を全部切除する法法)など、様々な方法があります。
また、乳房を全部切除した場合には、乳房再建(乳房をつくり直す方法)もあります。

さらに、わきのリンパ節への転移の有無を調べる手術「センチネルリンパ節生検」や、わきのリンパ節を全部摘出する「腋窩リンパ節郭清」も行われます。

これらの手術は、原則として乳房の手術と合わせて一度の手術で行われます。

サポートグループや専門家の活用の重要性

乳がんの治療は、医療的な側面だけでなく、心理的な側面も重要です。

サポートグループや専門家の活用は、患者本人だけでなく、家族や友人にとっても大きな助けとなります。
サポートグループは、同じ経験を持つ人々との交流を通じて、心の支えを提供します。

また、専門家は、病状や治療法についての詳細な情報を提供し、患者が自身の状況を理解し、適切な決定を下すのを助けます。

薬の使い方

乳がん予防のための生活習慣

乳がんは女性にとって大きな脅威となる病気ですが、その発生リスクは私たちの生活習慣に大きく関連しています。
健康的な食事、適切な運動、禁煙など、日々の生活の中で意識できることで乳がんの予防に繋がります。

乳がん予防|健康的な生活

健康的な生活は乳がん予防にとって非常に重要です。
特に、エストロゲンという女性ホルモンが乳がんの発生に大きく関係しているといわれています。

エストロゲンを含む経口避妊薬の使用や閉経後の長期のホルモン補充療法は、乳がんを発生するリスクを高めるとされています。

乳がん予防|健康な食事

飲酒や閉経後の肥満、運動不足などの生活習慣が乳がんのリスクを高めるとされています。

特に、乳がんを予防するためには、適度な飲酒制限閉経後の肥満予防のために体重を管理し、バランスのよい食事を心掛けることが重要です。
伝統的なごはん、味噌汁、漬物の食生活は、健康な体を維持し、乳がん予防におすすめです。

乳がん予防|適切な運動

適度な運動は乳がんのリスクを低減すると考えられています。

運動は体重管理に役立ち、閉経後の肥満を避けることができます。
肥満はエストロゲンの過剰な分泌を引き起こし、これが乳がんのリスクを高めるとされています。

乳がん予防|禁煙

禁煙もまた、乳がん予防に重要な要素です。
喫煙はエストロゲンの分泌を促進し、これが乳がんのリスクを高めるとされています。

また、喫煙は体の免疫力を低下させ、がん細胞の増殖を助ける可能性があります。
したがって、禁煙は乳がん予防にとって非常に重要な行動となります。

乳がんの原因についてのまとめ

ここまで乳がんの原因についてご紹介しました。
要点を以下にまとめます。

  • 乳がんとは、乳腺の組織に発生するがんで主な症状は乳房のしこり
  • 乳がんの主な原因には、遺伝的要因、女性ホルモン(エストロゲン)、環境要因(飲酒、喫煙など)がある
  • 乳がん予防のためには、健康的な食事、適切な運動、禁煙などが有効的であり、また、定期的に乳がん検診を受けることも重要である

これらの情報が少しでも皆さまのお役に立てば幸いです。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

監修者 メディカル・ケア・サービス

  • 認知症高齢者対応のグループホーム運営
  • 自立支援ケア
  • 学研グループと融合したメディア
  • 出版事業
  • 社名: メディカル・ケア・サービス株式会社
  • 設立: 1999年11月24日
  • 代表取締役社長: 山本 教雄
  • 本社: 〒330-6029埼玉県さいたま市中央区新都心11-2ランド·アクシス·タワー29F
  • グループホーム展開
  • 介護付有料老人ホーム展開
  • 小規模多機能型居宅介護
  • その他介護事業所運営
  • 食事管理
  • 栄養提供
  • 福祉用具販売
  • 障がい者雇用

スポンサーリンク