ホーム

認知症を学ぶ

down compression

介護を学ぶ

down compression

専門家から学ぶ

down compression

書籍から学ぶ

down compression

健康を学ぶ

down compression
トップページ>生活>美容整形>ハイフの値段を解明!国内外の価格相場、効果とリスクもご紹介

ハイフの値段を解明!国内外の価格相場、効果とリスクもご紹介

ハイフの値段について

ハイフ(HIFU)は、近年注目を集めている美容施術の一つです。
美容に関心を持つ多くの方々にとって、ハイフの値段は気になるところです。

では、ハイフの値段は一体どのように決まるのでしょうか?
本記事では、ハイフの値段について、以下の項目を中心に解説します。

  • ハイフの値段
  • クリニックとエステでの違い
  • 日本と韓国での違い

おすすめのクリニックもご紹介しますので、ぜひ最後までお読みください。

ハイフとは

フォトフェイシャルの注意点

ハイフ(HIFU)は、High Intensity Focused Ultrasound(高密度焦点式超音波治療法)の略で、皮膚のたるみを改善するための治療法です。
超音波を利用して皮膚の内部に熱を発生させ、コラーゲンの生成を促進し、皮膚を引き締めるという原理に基づいています。

この熱エネルギーは、皮膚の表面を傷つけることなく、目的とする皮膚層にのみ強い熱エネルギーを与えることが可能です。
ハイフは、皮膚の表面を火傷させずに、熱で肌の内側から引き締めます。
超音波エネルギーを照射することで、顔を引き締め・リフトアップします。

さらに熱を受けた皮膚組織は、美容成分のコラーゲンとエラスチンの生成を促進します。
引き締めと同時に弾力性のある肌へと導きます。

おすすめ記事

近年は、美容整形ブームで「プチ整形」や「美容医療」が人気になっています。しかし、クリニック選びで失敗して、後悔したりトラブルに巻き込まれたりすることも事実です。自分に合った美容外科クリニックを選ぶにはどうすれば良いのでしょうか?[…]

ハイフが人気の理由

ハイフが人気の理由は、その効果にあります。
ハイフは、皮膚のたるみを改善するだけでなく、リフトアップ効果も期待できます。

また、ダウンタイムがほとんどないため、肌を傷つけることなく気になる部位を引き締めることが可能です。
さらに、ハイフは皮膚の深い層まで熱エネルギーが届くため、より高い引き締め・リフトアップ効果が期待できます。

また、医療用HIFUは、皮膚の深部まで届くため、より深い部分のたるみを改善することが可能です。
これは、他の非侵襲的な治療法では難しいことであり、ハイフが選ばれる大きな理由となっています。

ハイフは一度の治療で長期間の効果が期待でき、その効果は6ヶ月から1年程度続くとされています。
これは、他の美容治療と比較しても長い期間であり、そのために多くの人々がハイフを選んでいます。

さらに、ハイフは痛みが少なく、治療後すぐに日常生活に戻れるという利点もあります。
これは、忙しい現代人にとって大きな魅力となっています。

また、ハイフは自然な見た目を保ち、人工的な印象を与えることなく、自然な美しさを引き立てます。
以上のような理由から、ハイフは美容業界で非常に人気があります。

ハイフの値段について

ハイフの価格は、使用する機器の種類施術を行う場所によって大きく異なります。
ハイフの一般的な価格範囲とその要素、地域による価格差、そして価格と施術の質の関連性について詳しく解説します。

ハイフの一般的な値段とその成分要素

ハイフの一般的な価格範囲は、エステ用と医療用で大きく異なります。
エステ用ハイフの料金相場は、1回あたり約3000円〜3万円です。

一方、医療用ハイフの料金相場は、1回あたり2万円〜60万円となっています。
この価格は、使用する機器の種類やその出力、施術の安全性、そして施術の頻度によって決まります。

例えば、ウルセラという医療用ハイフの機器は、安定した熱量で高温照射を行い、長期的なリフトアップ効果を期待できます。
そのため、ウルセラの1回あたりの施術料金は、20万円〜70万円となっています。

一方、ウルトラフォーマーⅢやウルトラセルQ+といった機器は、痛みが少なく、短時間での施術が可能です。
それぞれ4万円〜20万円、8万円〜20万円という料金設定となっています。

ハイフ値段の地域的な違い

ハイフの価格は地域によっても異なります。
大都市部では、競争が激しいために価格が下がる傾向にあります。

一方、地方では施術を行うクリニックが少ないため、価格が高くなりやすいです。

また、地域によっては特定の機器が普及していない場合もあります。
そのため、特定の機器を使用する施術の価格が高くなることもあります。

値段の違いと施術の質

ハイフの価格と施術の質は密接に関連しています。
一般的に、高価な施術はより高品質の機器を使用し、より深い部分に熱を照射できます。
その結果、より長期的なリフトアップ効果を期待できます。

また、医療用ハイフはエステ用ハイフよりも出力が高いため、1回の施術でより大きな効果を期待できるでしょう。
医療用ハイフは施術の頻度が少なく、一般的には3か月から6か月に1回の施術が推奨されています。

一方、エステ用ハイフは出力が低いため、効果は緩やかです。
加えてエステ用ハイフは価格が低いため、手軽に試せます。
しかし、エステ用ハイフの場合、施術の効果を維持するためには定期的な施術が必要となります。
エステ用ハイフでは、2週間から1か月に1回の頻度で施術を受けることが可能です。

価格と施術の質の関連性を理解することは、ハイフ施術を選択する際の重要な要素です。
自分の予算、目指す効果、施術の頻度などを考慮に入れて施術を選ぶことが重要です。

クリニックとエステでのハイフ施術料金の違い

ハイフ(HIFU)は、クリニックとエステサロンの両方で提供されていますが、その料金は施設によって大きく異なります。
この違いは、使用される機器、施術者の資格、施術の効果と持続期間、そしてそれぞれの施設のサービスレベルによるものです。

以下では、クリニックとエステでのハイフの料金を比較し、その違いがどのように生じるのかを詳しく解説します。

クリニックでのハイフの値段

クリニックでのハイフの施術は、一般的に4万円から15万円程度とされています。
この価格は、使用する機器や施術者の資格、施術の効果と持続期間によって大きく変動します。

医療ハイフには出力の制限がないため、あらゆる機種を使用することが可能です。
そのため、医療ハイフの方が高価になる傾向があります。

エステでのハイフの値段

エステでのハイフの施術は、一般的に5千円から1万円ほどとされています。
この価格は、使用する機器や施術者の資格、施術の効果と持続期間によって変動します。
しかしエステでのハイフでは、医療資格を持たないスタッフが施術を担当するため、施術の出力が制限されています。

そのため、エステの方が低価格になる傾向があります。

施設ごとの料金の違いの理由

クリニックとエステでのハイフの料金差は、主に使用する機器、施術者の資格、施術の効果と持続期間によるものです。
さらに、クリニックとエステでは、提供するサービスのレベルが異なります。
クリニックでは、施術前後のカウンセリングやアフターケアなど、より高度なサービスを提供しています。

対して、エステでは基本的なサービスを提供するため、その分価格が低く設定されています。
クリニックとエステでのハイフの料金には大きな差が生じています。

どちらを選ぶかは、自分の予算や期待する効果、サービスのレベルなどにより異なります。
それぞれの施設の特徴を理解した上で選択することが重要です。

【編集部厳選】ハイフのおすすめクリニック6選

TCB 東京中央美容外科

TCB 東京中央美容外科のおすすめポイント

・クリニック初めての方にもおすすめ

・高コスパ美容施術

・充実のアフターサービス

 

TCB 東京中央美容外科が選ばれる理由

美容初心者でも気軽に通院できるプチ整形メニューも取り揃えており、優れた品質と手頃な価格で患者のニーズに応えます。

また、高品質な治療を低価格で提供するため、TCBは独自の仕入れルートと全国規模の価格調査を行っています。

さらに、経験豊富なドクター陣が、安心のアフターサービスを充実させています。

 

TCB 東京中央美容外科のハイフ施術の詳細

 

施術名医療ハイフ

「ソノクイーン」

セレネHIFU
料金24,800~284,400円19,800円~
施術時間60分~60分~
保証期間
こんな人におすすめ!しわ・たるみを改善したい方向け!気品ある大人の女性向け!

TCB 東京中央美容外科の基本情報

 

施設名TCB 東京中央美容外科
店舗情報

*取り扱い院一覧

支払方法現金

デビット

クレジットカード

医療ローン

スマホ決済(QRコード決済)

予約方法WEB・LINE・電話
営業時間/定休日10:00~19:00/(不定休)
HP
公式サイトはこちら

 

品川美容外科

品川美容外科のおすすめポイント

・低料金の施術を実現

・クリニックのわかりやすい料金表示

・創業34年以来の実績に基づいた安心保証制度について

 

品川美容外科が選ばれる理由

トップレベルの技術を提供しながら低料金の施術を実現できています。

その理由は、口コミで多くの支持を受け、広告コストを抑えることができるからです。

また、クリニックの料金表示もわかりやすく、明確な表記をするようにしています。

さらに、昭和63年の実績を持つ当院だからこそ実現できる安心制度を提供しています。

 

品川美容外科のハイフ施術の詳細

 

施術名第3世代タイタンソノクイーンダブロGOLD
料金16,500円~10,780円~81,000円~
施術時間約20分(顔全体)約30~60分約50分
保証期間
こんな人におすすめ!たるみを引き締めたい方、顔のシワや二重アゴが気になる方向け!たるみやほうれい線、小ジワが気になる方向け!たるみの根本改善、自然に若返りしたい方向け!

 

品川美容外科の基本情報

 

施設名品川美容外科
店舗情報

*取り扱い院一覧

第3世代タイタン 全院で可能

ソノクイーン 全院で可能

ダブロ 種類により院が限定される

支払方法現金

デビットカード

クレジットカード

メディカルローン

予約方法WEB・メール・電話
営業時間/定休日10:00~22:00
HP
公式サイトはこちら

品川スキンクリニック

品川スキンクリニックのおすすめポイント

・全国39院のネットワーク

・開院35年の歴史による実績

・1人1人のお客様に合わせた完全予約制

 

品川スキンクリニックが選ばれる理由

全国39院のネットワークを持ち、幅広い地域で利用できます。

また、35年の歴史に裏付けられた実績もあり、信頼性が高いとされます。

さらに、1人1人のお客様に合わせた完全予約制を取っており、お悩みに寄り添うことができます。

 

品川スキンクリニックのハイフ施術の詳細

 

施術名第3世代タイタンソノクイーンダブロGOLD
料金16,500円~10,780円~81,000円~
施術時間約20分(顔全体)約30~60分約50分
保証期間
こんな人におすすめ!たるみを引き締めたい方、顔のシワや二重アゴが気になる方向け!たるみやほうれい線、小ジワが気になる方向け!たるみの根本改善、自然に若返りしたい方向け!

 

品川スキンクリニックの基本情報

 

施設名品川スキンクリニック
店舗情報

*取り扱い院一覧

第3世代タイタン 全院で可能

ソノクイーン 全院で可能

ダブロ 種類により院が限定される

支払方法現金

デビットカード

クレジットカード

メディカルローン

予約方法WEB・電話・メール
営業時間/定休日10:00~20:00
HP
公式サイトはこちら

 

TAクリニック

TAクリニックのおすすめポイント

・ダウンタイムに配慮をした治療の実施

・ご要望に寄り添った施術

・プライバシー保護の徹底

 

TAクリニックが選ばれる理由

施術後のダウンタイムに配慮し、ご希望に合わせた適切な施術を行います。

また、要望が多々ある方に対して、丁寧なカウンセリングを通じて、最大限寄り添った施術を実現します。

さらに、プライバシー保護にも注力し、予約制やプライベートな個室を提供し、リラックスして施術を受けられる環境を整えます。

 

TAクリニックのハイフ施術の詳細

 

施術名ウルトラセルQプラスウルトラセルソノクイーン
料金33,000円~41,800円~54,800円~
施術時間約45分~1時間半約1時間~1時間半約1時間~1時間半
保証期間
こんな人におすすめ!引き締めて小顔になりたい、痛くないハイフ治療がいい方向け!切らずにリフトアップしたい、ダウンタイムなしで引き上げたい方向け!顔のシワやたるみが気になる方、副作用やダウンタイムが短い治療が良い方向け!

 

TAクリニックの基本情報

 

施設名TAクリニック
店舗情報

*取り扱い院一覧

ウルトラセルQプラス 新宿院限定

ウルトラセル 銀座院限定

ソノクイーン 大阪院 , 高崎院 , 福岡院 , 川越院 , 横浜院

支払方法現金

銀行振込

クレジットカード

デビットカード

医療ローン

予約方法WEB・電話・LINE
営業時間/定休日10:00 ~ 19:00
HP
公式サイトはこちら

 

東京美容外科

東京美容外科のおすすめポイント

・高度な治療技術の提供

・無料カウンセリングの実施

・セカンドオピニオン外来の併設

 

東京美容外科が選ばれる理由

医師たちは深い解剖学的知識を持ち、三次元で人体を理解して技術の高い施術を行なっています。

また、無料カウンセリングを通じて患者様の不安や疑問に向き合い、最適な提案をしてくれます。

さらに、セカンドオピニオン外来も設けており、他院での手術結果に不満を抱える方に対しても専門的なアドバイスを行います。

 

東京美容外科のハイフ施術の詳細

 

施術名ウルトラセルQプラスソノクイーンHIFU
料金39,800円~33,000円~
施術時間約10~12分
保証期間
こんな人におすすめ!たるみの改善、肌にハリや弾力がほしい方向け!顔のタルミを改善させたい、メスを使った治療には抵抗がある方向け!

 

東京美容外科の基本情報

 

施設名東京美容外科
店舗情報

*取り扱い院一覧

ウルトラセルQプラス 全国14院

ソノクイーンHIFU 銀座院

支払方法現金一括

医療分割

デビットカード

クレジットカードでのお支払い

コード決済

予約方法WEB・電話・LINE
営業時間/定休日10:00~19:00 
HP
公式サイトはこちら

水の森美容クリニック

水の森美容クリニックのおすすめポイント

・納得ができるカウンセリング

・自信のある施術法のみ採用

・分かりやすい金額表示

 

水の森美容クリニックが選ばれる理由

カウンセリング前にはオリジナル動画で手術の仕組みを解説し、正しい知識を深めた状態で医師とのカウンセリングができます。

また、施術には自信のある方法のみを提供しています。

さらに、当院では施術費に全て必要な費用を含み、安い見積もりを提示して後から別のプランを勧めることはありません。

 

水の森美容クリニックのハイフ施術の詳細

 

施術名ウルトラフォーマーMPT(ノーマルモード)ウルトラフォーマーMPT(MPTモード)
料金21,120円~21,120円~
施術時間
保証期間
こんな人におすすめ!リフトアップやたるみ改善、お肌の引き締めをしたい方向け!コラーゲンやエラスチンの生成率も向上し、お肌のハリや引き締めをしたい方向け!

 

水の森美容クリニックの基本情報

 

施設名水の森美容クリニック
店舗情報

*取り扱い院一覧

名古屋院・東京銀座院 2院
支払方法現金でのお支払

お振込み

ご本人様名義のクレジットカード

医療ローン

予約方法WEB・電話
営業時間/定休日10:00~19:00/年中無休
HP
公式サイトはこちら

日本と韓国のハイフの価格比較

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: Medium_AdobeStock_236049541-scaled-1-1024x683.jpeg

ハイフの価格比較を行うと、日本と韓国で大きな違いが見られます。
ハイフ(高強度焦点式超音波)は非侵襲的な美容治療として人気があり、肌の引き締めやリフトアップに効果が期待されています。
しかし、その価格は国によって大きく異なることがあります。

日本のハイフの平均価格

日本におけるハイフの平均的な価格は約10万円から30万円となっています。
この価格は施術を行うエリア、クリニックの評判、使用する機器の種類などにより変動します。

また、施術の範囲(顔全体や部分的な施術など)も大きな価格変動の要因です。
ハイフは一度の施術で効果が見られ、繰り返し施術することでより良い結果が得られるため、継続的な施術を考えるとその費用はさらに増えます。

韓国のハイフの平均価格

韓国におけるハイフの平均的な価格は約5万円から15万円と、日本と比較して比較的安価です。
韓国は美容大国として知られており、美容整形の需要が非常に高いため、クリニックや医師の数も多く、価格競争が激しいのが特徴です。

また、韓国は医療製品や機器の製造メーカーも多く、良質な製品を自国で安く手に入れられるため、手術費用も抑えられます。

価格差の背後にある要因

日本と韓国のハイフ価格差が生じる原因はいくつかあります。
まず、両国の医療制度の違いが大きな要因です。
韓国は美容整形が国策として推進されており、美容医療の競争が激しいため、価格が抑えられています。

また、韓国は美容医療機器の製造国です。
そのために高品質な機器を比較的安価に手に入れられます。

一方、日本では医療機器の輸入には高い関税がかかり、それがハイフの価格に反映されています。

また、日本の美容クリニックは個々の施術に対する高い専門性を求められます。
それに伴うコストも価格に影響を与えています。

さらに、両国の生活費の違いも価格差に影響を与えています。
一般的に韓国の生活費は日本よりも低いため、それが医療費にも反映されています。

また、消費者の価値観の違いも大きな要因となっています。
韓国では美容への投資が一般的であり、美容整形が受け入れられています。
そのため、美容医療への需要が高く、それが価格競争を促しています。

一方、日本では美容整形への抵抗感がまだ強いため、需要がそれほど高くないことが価格を押し上げる一因となっています。

ハイフの機械とその効果について

ハイフ(HIFU)は、超音波を利用した非侵襭的な美容治療法で、その効果は使用する機器によって大きく変わります。
ハイフの機器は多種多様で、それぞれが異なる特性と機能を持っています。

ハイフの機械の種類とその特性

ハイフの機器は多種多様で、それぞれが異なる特性と機能を持っています。以下に、主なハイフの機器をいくつか紹介します。

ウルセラ

アメリカのウルセラ社によるハイフ用機器です。
アメリカFDAでリフトアップ効果が認められています。
照射パワーが強く、治療には強い痛みを伴うこともありますが、その分リフトアップ効果は大きくなります。

ウルトラセルQ+

韓国Jeisys社によるハイフ用機器です。
3種類のレーザー(高周波のイントラセル・イントラジェン・ハイフ)が1台になっており、リフトアップ効果のほかにも肌の再生機能が高いことが特徴です。

ウルトラセルQ+リニア(ハイフリニア)

ウルトラセルQ+の新しいカートリッジを使った施術を指します。
一度に広範囲に照射が可能なため、痛みが軽減され、施術時間も短縮されました。

ウルトラフォーマー3

ウルトラフォーマー3は韓国では「シュリンク」という名前で呼ばれている機器です。
照射深度を調整することによって真皮、真皮下層、SMAS筋膜、脂肪層へアプローチできます。

ダブロゴールド

8分間で300ショットと、短時間での照射ができることが特徴です。

ソノクイーン

施術後の痛みが少なく、照射深度が調整可能なため、患者の状態に合わせた施術が可能です。

ハイフの効果とリスク

ハイフは、皮膚の深い層に熱を与えることで、小顔効果やたるみの解消、フェイスラインの改善を目指す施術です。
しかし、その効果とともに、リスクや副作用も存在します。

ハイフの主な効果と可能な副作用、痛みの程度、そして長期的な視点から見たハイフのデメリットについて詳しく解説します。

ハイフの主な効果

ハイフは、皮膚の深い層に熱を与えることで、たるみやシワを改善し、フェイスラインを引き締める効果が期待されます。
これは、熱が皮膚組織を縮ませて、コラーゲンの生成を促進することにより達成されます。

特に、ハイフは皮膚の深い層にある「SMAS筋膜」をターゲットにします。
SMAS筋膜が緩むとたるみやシワの原因となるため、この層に熱を与えて引き締めることがハイフの主な目的です。

また、ハイフは「創傷治癒(そうしょうちゆ)」という、外傷を負った時の自然回復効果を活用します。
肌の内部に熱を与えることで軽いやけどのような状態を作り出し、その回復過程でコラーゲンなどの美容成分が多く生成されます。

この創傷治癒による再生の過程でもフェイスラインが改善されていくため、最も効果を実感できるのは施術後1か月〜2か月程度とされています。

ハイフ施術の副作用とリスク

ハイフ施術は、皮膚の深い層に熱を与えるため、施術後の肌の赤みやむくみ、肌の乾燥などの副作用が起こる可能性があります。
しかし、医療資格を持った人が施術を行うため、施術ミスによる副作用の報告はあまり見かけません。
それでも、施術者の技術力や経験によっては、熱が適切にコントロールされず、皮膚の表面に熱が集中しすぎてしまうことがあります。

これが原因で、皮膚の表面がやけどを負ったり、痛みが強く感じたりすることもあります。

また、ハイフ施術は一時的な効果が主であり、持続的な効果を得るためには定期的な施術が必要となります。
そのため、費用面での負担が大きくなる可能性があります。

ハイフの痛みについて

ハイフ施術は、皮膚の深い層に熱を与えるため、施術中に痛みを感じることがあります。
痛みの程度は個人差があり、施術箇所施術者の技術力によっても変わります。

一部のクリニックでは、施術前に鎮痛剤を使用することで痛みを軽減する対策を取っています。
しかし、鎮痛剤を使用しても、施術中に一時的な痛みを感じることがあります。

そのため、ハイフ施術を受ける際は、痛みに対する耐性や施術後のリカバリー時間を考慮することが重要です。

長期的な視点から見たハイフのデメリット

ハイフ施術は、一時的な効果が主であり、持続的な効果を得るためには定期的な施術が必要となります。
そのため、長期的に見ると、費用面での負担が大きくなる可能性があります。

また、ハイフ施術は皮膚の深い層に熱を与えるため、施術後の肌の赤みやむくみ、肌の乾燥などの副作用が起こる可能性があります。
これらの副作用は一時的なものであることが多いですが、個々の肌質や体質によっては、長期的な肌トラブルを引き起こす可能性もあります。

ハイフの値段のまとめ

ここまでハイフの値段についてご紹介しました。
要点を以下にまとめます。

  • ハイフの値段はエステハイフと医療ハイフで値段に差がある
  • クリニックとエステでのハイフの違いは一回の施術はエステが安く、トータルではクリニックの方が安い
  • 日本と韓国での違いは施術の価格は韓国の方が安い

これらの情報が少しでも皆さまのお役に立てば幸いです。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

※この記事はアフィリエイト広告を含んでおります

監修者 メディカル・ケア・サービス

  • 認知症高齢者対応のグループホーム運営
  • 自立支援ケア
  • 学研グループと融合したメディア
  • 出版事業
  • 社名: メディカル・ケア・サービス株式会社
  • 設立: 1999年11月24日
  • 代表取締役社長: 山本 教雄
  • 本社: 〒330-6029埼玉県さいたま市中央区新都心11-2ランド·アクシス·タワー29F
  • グループホーム展開
  • 介護付有料老人ホーム展開
  • 小規模多機能型居宅介護
  • その他介護事業所運営
  • 食事管理
  • 栄養提供
  • 福祉用具販売
  • 障がい者雇用

スポンサーリンク