ホーム

認知症を学ぶ

down compression

介護を学ぶ

down compression

専門家から学ぶ

down compression

書籍から学ぶ

down compression

健康を学ぶ

down compression
健達ねっと>生活>美容整形>ヘパリン類似物質クリームの効果と使い方ガイド

ヘパリン類似物質クリームの効果と使い方ガイド

ヘパリン類似物質クリームは様々な効能を備えたクリームです。
どんな機能があるかわからないし、そもそもヘパリンってなんだろう?

本記事では、ヘパリン類似物質クリームについて以下の点を中心にご紹介します。

  • ヘパリン類似物質クリームの機能
  • ヘパリン類似物質クリームのメリット
  • ヘパリン類似物質クリームのデメリット

ヘパリン類似物質クリームについて理解するためにもご参考いただけますと幸いです。
ぜひ最後までお読みください。

ヘパリンとは

ヘパリンは、自然に体内で生成される抗凝固物質で、血液が固まるのを防ぐ役割を果たしています。
また、ヘパリンは血液の流れを改善し、血液中の酸素と栄養素が全身に適切に供給されることを助けます。

ヘパリン類似物質クリームの紹介

ヘパリン類似物質は、ヘパリンと似ている構造をもっています。

ヘパリンはもともと人の肝臓で作られている物質で、医療現場では主に血液の凝固を防ぐ目的で使われているものです。
一方でヘパリン類似物質は、親水性と保水性が高いため、主に保湿を目的として使われています。
このクリームは、保湿、血行促進、抗炎症作用の3つの主要な働きを持ち、乾燥肌に対して優れた機能を発揮します。

特に、肌の新陳代謝を内側から促進する能力は、一時的な保湿効果だけでなく、乾燥や荒れ肌の根本的な解決につながるとされています。

ヘパリン類似物質クリームの注目度の高さ

50年以上にわたり乾燥肌治療成分として使用されてきたヘパリン類似物質は、その機能が科学的に証明されており、多くの皮膚ケア製品に採用されています。
また、ヘパリン類似物質クリームは、肌の乾燥や炎症を根本から解決する手段として、皮膚科医や美容専門家からも推奨されています。

ヘパリン類似物質クリームの特徴と効果

皮膚の保湿と治療に効果的な「ヘパリン類似物質クリーム」。
ここでは、ヘパリン類似物質クリームの定義、成分と作用、そして皮膚へのメリットについて詳しく解説します。

ヘパリン類似物質クリームの作用

ヘパリン類似物質クリームのヘパリン類似物質の作用は、水分を抱え込む性質から高い保湿力を発揮します。

また、皮膚の新陳代謝を促進し、皮膚の再生を助ける働きもあります。
これらの作用により、皮膚の乾燥や荒れを防ぎ、健康な皮膚を保てます。

ヘパリン類似物質クリームは、一般的には毎日使用でき、保湿剤として1日2回の使用が推奨されています。

皮膚への効果とメリット

ヘパリン類似物質クリームのメリットは、保湿と皮膚の再生助成です。これにより、皮膚の乾燥や荒れを防ぎ、健康な皮膚を維持できます。
また、ヘパリン類似物質クリームは、皮膚が水分を吸収している入浴後に塗るのが効果的で、入浴後5分以内に塗ることが推奨されています。

さらに、ヘパリン類似物質クリームは、小さなお子さんや妊娠中の方も使用でき、顔にも使用できますが、目や口腔、鼻腔などの粘膜には使用しないことが推奨されています。
また、ヘパリン類似物質クリームは、医薬品と医薬部外品の2つのカテゴリーに分けられます。

  • 医薬品は病気の治療を目的としたもので、ヘパリン類似物質の含有量が高い
  • 医薬部外品は予防や衛生を目的としており、作用が緩やかなもの
  • 化粧品は主に清潔・美化、魅力を増す、健やかに保つなどを目的としたもので、作用が緩やかなもの

これらの違いを理解することで、自分のニーズに合った製品を選べます。

おすすめ記事

近年は、美容整形ブームで「プチ整形」や「美容医療」が人気になっています。ISAPS最新調査レポートによると、美容整形の手術件数が近年増えています。2021年の美容外科医が執刀した手術件数は、1,280万件を超えました。また、非手[…]

ヘパリン類似物質クリームの効果的な使用法とケア方法

ヘパリン類似物質クリームは、肌の保湿とバリア機能を強化するための重要なスキンケア製品です。

ヘパリン類似物質配合のクリームは、肌の水分を保持し、肌のバリア機能をサポートすることで、乾燥肌や敏感肌の症状を軽減します。
また、ニキビや肌荒れにも効果的で、肌の健康を維持するための重要なツールとなります。

ヘパリン類似物質クリームの乾燥肌や敏感肌への効果

ヘパリン類似物質クリームは、乾燥肌や敏感肌に対して特に効果的です。
これは、ヘパリン類似物質が肌の水分を保持し、肌のバリア機能を強化するためです。

これにより、肌は外部の刺激から保護され、乾燥や敏感さを引き起こす要素から守られます。

また、ヘパリン類似物質クリームは、肌の角質層まで浸透し、高い保湿効果を期待できます。
これにより、肌はより滑らかで健康的な状態を維持できます。

ヘパリン類似物質クリームのニキビや肌荒れへの効果

ヘパリン類似物質クリームは、ニキビや肌荒れにも有効とされています。
これは、ヘパリン類似物質が肌のバリア機能を強化し、肌を外部の刺激から保護するためです。

これにより、肌はニキビや肌荒れを引き起こすバクテリアや汚れから守られます。

また、ヘパリン類似物質クリームは、肌の炎症を抑制し、ニキビや肌荒れの発生を防ぐ効果も期待できます。
これにより、肌は清潔で健康的な状態を維持できます。

ヘパリン類似物質クリームの種類と選び方

ヘパリン類似物質クリームは、その保湿力から多くの方々に支持されていますが、その種類は多岐にわたり、どれを選べば良いのか迷ってしまう方も少なくありません。
ここでは、ヘパリン類似物質クリームの特徴と選び方について詳しく解説します。

市販のヘパリン類似物質クリームの特徴と選び方

市販のヘパリン類似物質クリームは、その手軽さと価格の手頃さから多くの方々に利用されています。

しかし、その中には成分や効果、使用感などが異なる製品が多数存在します。
そのため、自分の肌質や肌の悩みに合った製品を選ぶことが重要です。

例えば、UVケアとヘパリンケアを一度に行いたい方には、ヘパリン類似物質を活用したUVスキンケア「HEPARiCiE(ヘパリシエ)」がおすすめです。
ヘパリン類似物質の保湿力とグリチルリチン酸ジカリウムの肌あれ防止効果に、ノンケミカル乳化法を組み合わせたこの製品は、紫外線ダメージから肌を徹底的にケアします。

また、UVスキンケアクリームと保湿クリームを併せて使うことで一日中ヘパリンケアが可能です。

ヘパリン類似物質クリームの選び方のポイント

ヘパリン類似物質クリームを選ぶ際のポイントは、自分の肌質と肌の悩みに合わせて製品を選ぶことです。
例えば、乾燥肌の方は保湿力が高い製品を、敏感肌の方は肌に優しい成分が含まれた製品を選びましょう。

また、製品の成分表示を確認し、肌に合わない成分が含まれていないかをチェックすることも重要です。

【編集部イチオシ!】敏感肌でも使えるヘパリン類似物質配合のUVスキンケアシリーズ

肌に優しいヘパリシエのUVスキンケア・日焼け止めシリーズ

ヘパリシエは理想のお肌を叶える製品として夜用の保湿クリームと1日中使える3種類の日焼け止めを販売しています。

ヘパリシエの製品に共通する特徴は以下の通りです。

  • 保湿・保水効果のあるヘパリン類似物質配合
  • 抗炎症効果のあるグリチル酸ジカリウム配合
  • 10のケミカルフリーによる低刺激処方*

ヘパリシエの4製品について詳しく見ていきましょう。

*ヘパリシエトーンアップUVにのみ着色料が含まれています。

①モイストリッチ②ヘパリシエモイストUV③ヘパリシエモイストUV+④ヘパリシエトーンアップUV
おすすめな人肌のバリア機能を回復したい人
(UV機能のない保湿クリーム)
敏感肌でも使用できる日焼け止めを探している人敏感肌でも使えてより高いUVケア効果のある日常使い用の日焼け止めを探している人高いUVケア効果透明感・血色感UP効果が両方欲しい人
特徴・高保湿
・抗炎症
・バリア機能サポート
・エイジングケア
・低刺激UVケア
・高保湿
・抗炎症
・SPF35 PA+++
・高保湿
・抗炎症
・美白サポート
・SPF50 PA++++
・高保湿
・抗炎症
・エイジングケア
・透明感・血色感
・SPF50 PA++++
使用シーン朝・日中朝・日中朝・日中
価格(税込)5,500円5,500円5,500円5,500円
詳細
公式サイトはこちら
公式サイトはこちら
公式サイトはこちら
公式サイトはこちら

①「高保湿+抗炎症+バリア機能サポート」青のモイストリッチ

まずご紹介するのは「モイストリッチ」。
これはUV機能を持たない高保湿クリームで、肌のバリア機能を強化し、紫外線や乾燥などの外部の刺激からお肌を守ります

モイストリッチには、保湿成分、保湿サポート成分、バリア機能サポート成分、抗炎症成分、エイジングケア成分が配合されています。
これらの成分が、肌になじんで滑らかさを与え、長時間の保湿効果を発揮します。

外部からの刺激の影響を受け敏感になっているお肌を守り、ダメージに強いお肌を長期的に維持したい方におすすめです。

肌のバリア機能を回復できる高保湿クリーム
モイストリッチはこちら

ヘパリシエの3種類の日焼け止めの色

②「低刺激UVケア×高保湿×抗炎症」 白のヘパリシエモイストUV(SPF35 PA+++)

ヘパリシエモイストUVは、保水・保湿有効成分のヘパリン類似物質と、抗炎症有効成分のグリチルリチン酸ジカリウムを配合した、UVスキンケアクリームです。

低刺激UVケア×高保湿×抗炎症のハイブリッド効果が期待でき、日中の日焼け止めとしても使用することができます。
独自のノンケミカル乳化技術により、汗と水に強く、こまめな塗り直しをすることなく高いUV効果と潤いを長時間維持してくれます。

さらに、ヘパリシエモイストUVは界面活性剤や紫外線吸収剤など10種類の化学物質を使用していないケミカルフリーの日焼け止めになります。
そのため、肌に優しくバリア機能の回復も促してくれるので、敏感肌でも安心して使用することができる日焼け止めを探している方におすすめです。

”低刺激UVケア×高保湿×抗炎症”のハイブリッド効果
ヘパリシエモイストUVはこちら

③「高保湿+抗炎症+美白サポート」黄色のヘパリシエモイストUV+(SPF50 PA++++)

ヘパリシエモイストUV+は、ヘパリシエモイストUVの高保湿・抗炎症効果をそのままに、SPF50、PA++++を実現したUVスキンケアクリームです。

SPFは紫外線B波(UVB)の、PAは紫外線A波(UVA)をどれくらい防げるかを示す指標です。
UVBは日焼けや赤みを引き起こしたり皮膚がんのリスクを高める紫外線で、UVAは皮膚内部の肌細胞にダメージを与えシワやシミを引き起こす紫外線です。

SPF値は日焼け止め製品を使用しない場合に比べて何倍の時間紫外線を防げるかを示しており、PA値は+が多いほどUVAからの保護力が高いことを示します。
すなわち、SPFやPAの数字が大きいほど、肌を紫外線からより長時間より強力に守れることを示しています。

さらに、ヘパリシエモイストUV+には美白成分の速攻持続型VC誘導体と、透明感を引き出してくれるユキノシタエキスが配合されています。
そのため、美白・透明感をより追求したい人にはヘパリシエモイストUV+(SPF50 PA++++)がおすすめです。

高保湿・抗炎症効果に美白・透明感をプラス
ヘパリシエモイストUV+はこちら

④「高保湿+抗炎症+エイジングケア」ヘパリシエトーンアップUV(SPF50 PA++++)

ヘパリシエトーンアップUVはUVケアとトーンアップを同時に叶えてくれる今人気のトーンアップUVです。

ヘパリシエトーンアップUVには保湿成分や保湿サポート成分に加え、バリア機能サポート、抗炎症作用、そしてシワ・たるみ改善作用を持つ成分が豊富に配合されています。
高い紫外線防止効果肌の透明感・血色感UPの作用だけでなく、光で飛ばすことで、シワ・たるみ・毛穴などの凹凸や色ムラ・くすみの解消も実現してくれる最強のUVケア製品です。

1本で紫外線から肌をしっかりと守り、透明感と血色感も手に入れることのできる化粧下地兼UVクリームを探している方にはヘパリシエトーンアップUVがおすすめです。

紫外線対策と透明感・血色感UPでを1本で
ヘパリシエトーンアップUVはこちら

これら4つの製品は、それぞれ肌の状態やニーズに応じて使い分けることができます。
さらに、これら全ての製品は、敏感肌の方でも安心してお使いいただけるよう、界面活性剤や紫外線l吸収剤などの添加物を使用していません。

全ての人の美しさと健康をサポートするため、ヘパリシエのどの製品も、お肌にやさしくしっかりとした効果を実感できるように開発されています。
ご自身のお肌が求めているものを、ぜひヘパリシエシリーズから見つけてみてはいかがでしょうか?

ヘパリン類似物質クリームの使い方と注意点

ヘパリン類似物質クリームは、使用法と注意点を理解することで効果を期待できます。
ここでは、クリームの正しい使い方、適切な量、日常的なスキンケアへの組み込み方、特定の肌トラブルと使い方のポイントについて詳しく解説します。

正しい使い方と適切な量

ヘパリン類似物質クリームは、手を洗った後、指先や手のひらを使って優しく塗ることが推奨されています。

強くすり込むと肌に刺激を与える可能性があるため、注意が必要です。
皮膚のしわの方向に沿って塗ると伸ばしやすいでしょう。

初めて使用する場合は、まずは狭い範囲から試し、刺激や赤みが出たりしたら、すぐに使用を中止して医師や薬剤師に相談しましょう。
また、傷口や皮膚のただれている部分には塗らないようにしてください。

目の周りに使用する場合は、目の中に入らないように注意しましょう。
誤って目の中に入った場合は、すぐにきれいな水で洗い流し、違和感があれば医師に相談しましょう。

一般的に、チューブタイプなら大人の人差し指の先から第一関節までの長さが使用量の目安(約0.5g)とされています。
少し多いくらいに感じる量を塗ると効果的です。

ヘパリン類似物質クリームの日常的なスキンケアへの組み込み方

ヘパリン類似物質クリームの使用タイミングは、入浴後5~10分以内が最適とされています。

お風呂から上がった後、なるべく早く塗ると、皮膚が柔らかく、保湿剤が浸透しやすいといわれています。
そのほか

  • 朝起きた時
  • 水仕事の後
  • トイレの後
  • 寝る前

など、1日数回汚れや汗を落とした後の清潔な肌に塗ってください。

特定の肌トラブルと使い方のポイント

ヘパリン類似物質クリームは、その保湿作用と血行促進作用により、様々な肌トラブルに対する効果が期待できます。

進行性指掌角皮症やアトピー性皮膚炎の治療の際に皮膚の保湿などを目的に処方されることが多く
また、

  • しもやけなど血行障害による痛みや炎症をやわらげる
  • 打撲や捻挫などの腫れや痛み
  • 筋肉痛・関節痛を緩和
  • ケロイドの治療や予防

などの際にも使われています。

特定の肌トラブルに対する効果を引き出すためには、適切な使い方が重要です。

例えば、乾燥がひどい局所の疾患には油性クリームを、広範囲の疾患に薄く伸ばす際には水性クリームを選ぶと良いでしょう。

また、ヘパリン類似物質には、血液が固まるのを防ぐ作用があるため、

  • 血友病や血小板減少症など、出血性の血液疾患のある方
  • わずかな出血でも重大な結果をきたすことが予想される方
  • 出血しやすい方

は、事前に医師や薬剤師に申し出てください。

また、

  • 妊娠・授乳中の方
  • 以前に薬を使用し、かゆみ・発疹などのアレルギー症状が出たことがある方

も医師や薬剤師に相談しましょう。

ヘパリン類似物質クリームは、基本的には副作用の発生頻度が少ないとされていますが、まれに

  • 皮膚の刺激感
  • かゆみ
  • 湿疹
  • かぶれ
  • 赤らみ
  • 紫色の皮下出血

などの症状が現れる場合があります。
これらの症状を強く感じたり、症状が長引く場合は使用を中止し、医師または薬剤師に相談してください。

ヘパリン類似物質クリームと他のスキンケア製品の違いは?

スキンケア製品の選択は、肌の状態や目的によります。
ヘパリン類似物質クリームは、その保湿力や血行促進作用、抗炎症作用により、特に乾燥肌や敏感肌に対するケアに優れています。

しかし、他のスキンケア製品と比較した場合、どのような違いがあるのでしょうか。
ここでは、ヘパリン類似物質クリームとローション、油性クリームとの比較をします。

ヘパリン類似物質クリームとローションの比較

ヘパリン類似物質クリームとローションは、どちらも保湿力に優れ、肌の乾燥を防ぎます。
しかし、その使用感や適用状況には違いがあります。

ローションは液体であるため、塗布が容易で、さっぱりとした使い心地が特徴です。

一方、クリームはより濃厚な保湿力を持ち、特に乾燥が気になる部分に適しています。
また、ローションは肌にすぐに浸透し、クリームは肌に長時間留まるため、それぞれの肌の状態や目的に応じて選ぶことが重要です。

ヘパリン類似物質クリームと油性クリームの違いと選び方

ヘパリン類似物質クリームと油性クリームの主な違いは、その成分と保湿力にあります。
ヘパリン類似物質クリームは、保湿、血行促進、抗炎症作用があり、肌の乾燥や炎症を防ぎます。

一方、油性クリームは、油分が多く含まれており、特に乾燥が激しい肌に対する保湿力が強いです。

しかし、そのべたつきが苦手な方には、ヘパリン類似物質クリームやローションがおすすめです。

また、ヘパリン類似物質クリームは、血行促進作用により、肌のターンオーバーを促進し、肌の健康を保つ効果も期待できます。
これに対して、油性クリームは主に保湿に特化しています。

選び方としては、肌の状態と目的によります。
乾燥が激しい、または寒い季節には油性クリームが適しています。

一方、敏感肌や炎症を抑えたい場合、または肌のターンオーバーを促したい場合は、ヘパリン類似物質クリームがおすすめです。

また、油性クリームはべたつきがあるため、使用感を重視する方にはヘパリン類似物質クリームが適しています。

以上のように、ヘパリン類似物質クリームは他のスキンケア製品と比較しても、その特性と効果により、特定の肌の状態や目的に対して優れた選択肢となります。
肌の状態や目的に合わせて、適切なスキンケア製品を選ぶことが、健康な肌を保つための重要なポイントとなります。

ヘパリン類似物質クリームまとめ

ここでは、ヘパリン類似物質クリームについて紹介してきました。
その要点を以下にまとめます。

  • ヘパリン類似物質クリームの機能は、主に「保湿」「血行促進」「抗炎症」など
  • ヘパリン類似物質クリームのメリットは、皮膚の乾燥や荒れを防ぎ、健康な皮膚を維持すること
  • ヘパリン類似物質クリームのデメリットは、まれに皮膚の刺激感、かゆみやかぶれなどの症状が現れる場合があること

これらの情報が少しでも皆様のお役に立てれば幸いです。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

※この記事はアフィリエイト広告を含んでおります

監修者 メディカル・ケア・サービス

  • 認知症高齢者対応のグループホーム運営
  • 自立支援ケア
  • 学研グループと融合したメディア
  • 出版事業
  • 社名: メディカル・ケア・サービス株式会社
  • 設立: 1999年11月24日
  • 代表取締役社長: 山本 教雄
  • 本社: 〒330-6029埼玉県さいたま市中央区新都心11-2ランド·アクシス·タワー29F
  • グループホーム展開
  • 介護付有料老人ホーム展開
  • 小規模多機能型居宅介護
  • その他介護事業所運営
  • 食事管理
  • 栄養提供
  • 福祉用具販売
  • 障がい者雇用

スポンサーリンク