ホーム

認知症を学ぶ

down compression

介護を学ぶ

down compression

専門家から学ぶ

down compression

書籍から学ぶ

down compression

健康を学ぶ

down compression
トップページ>マガジン>じーちゃんにはなにが見えてるの?>なにが見えてるの?

なにが見えてるの?

 

覚醒状態がハッキリしない日がちょくちょく増えてきたなか、また新たなパーキンソン病の症状が目立つようになってきました。それは、「幻覚」です。

じーちゃんの場合、見えたのは「ゆう」という名前の子どもでした。

夕飯の時、わたしたちには見えない子どもが現れます。

こちらが「いない」と言っても、じーちゃんにとっては子どもがそこに「いる」ので、話がすれ違ってしまいます。
ごみ箱が「ゆう」に見えるのか、自分のご飯をスプーンですくって食べさせようとしていました。

「このゴミ箱は子どもではない」ということを分かってもらおうとごみ箱を触ると、じーちゃんには「ゆう」に手をあげているように見えるのでしょう。余計にうまくいきません。

ご飯の時間が長引くとだんだんじーちゃんの電池が切れてきて「オフ」の状態になってしまいます。そうなると介助が一気に大変になります。「オフ」になってしまう前に、なんとかそれらしい理由をつけてご飯を食べ進めてもらうしかありませんでした。

監修者 メディカル・ケア・サービス

  • 認知症高齢者対応のグループホーム運営
  • 自立支援ケア
  • 学研グループと融合したメディア
  • 出版事業
  • 社名: メディカル・ケア・サービス株式会社
  • 設立: 1999年11月24日
  • 代表取締役社長: 山本 教雄
  • 本社: 〒330-6029埼玉県さいたま市中央区新都心11-2ランド·アクシス·タワー29F
  • グループホーム展開
  • 介護付有料老人ホーム展開
  • 小規模多機能型居宅介護
  • その他介護事業所運営
  • 食事管理
  • 栄養提供
  • 福祉用具販売
  • 障がい者雇用