ホーム

認知症を学ぶ

down compression

介護を学ぶ

down compression

専門家から学ぶ

down compression

書籍から学ぶ

down compression

健康を学ぶ

down compression
健達ねっと>健康お役立ち記事>転職>医師転職おすすめ15選!複数登録で好条件の転職先が見つかる!

医師転職おすすめ15選!複数登録で好条件の転職先が見つかる!

医師転職をお考えの方は、「おすすめの医師転職はどれだろう?」と迷うことがあるのではないでしょうか。
今回は「おすすめの医師転職」について以下の点を中心に解説していきます。

  • おすすめの医師転職サイトは
  • 医師転職サイトで転職を成功させるには
  • 医師転職の基礎知識は

そんな方は、当記事のおすすめの医師転職をご検討ください。

また他社との比較についても紹介していますので、ぜひ最後までお読みください。

スポンサーリンク

医師転職とは?

医師の転職の目的はさまざまです。

代表的な目的としては次のようなものがあります。

  • 給与・福利厚生のいい病院に移りたい
  • もっと技術・知識を磨ける病院に移りたい
  • 違う分野で活躍したい
  • ライフステージにあった働き方をしたい

医師の転職を成功させるには、自分のニーズに合致する病院を探すことが大切です。
条件のよい病院を探す方法の1つが、医師用の転職サイトです。
ここからは、おすすめの医師の転職サイトや転職の進め方を紹介していきます。

スポンサーリンク

医師転職おすすめ15選!

おすすめの医師転職サイトをご紹介します。
医師で転職を検討されている方は、ぜひ次のようなサイトを活用してみましょう。

・M3キャリアエージェント

M3キャリアエージェントの詳しい情報は以下の通りです。

求人数約5万件
独自の求人あり
対応雇用形態常勤・非常勤
対応科目内科系・外科系・精神科・婦人科など
対応エリア全国(拠点は東京・大阪)
エージェントなどによるサポートあり
公式サイトhttps://career.m3.com/

※2022年4月現在

特徴

M3キャリアエージェントの特徴は以下になります。

  • 医師転職業界の最大手サイト
  • 常勤の求人が多い
  • エージェントによる転職サポートあり
  • 年収1800万円以上の高額求人が豊富

・民間医局

民間医局の詳しい情報は以下の通りです。

求人数約2万9,000件
独自の求人あり(希少案件含む)
対応雇用形態常勤・非常勤・アルバイト・スポット
対応施設一般病院など
対応エリア全国
エージェントなどによるサポートあり
公式サイトhttps://www.doctor-agent.com/

※2022年4月現在

特徴

民間医局の特徴は以下になります。

  • 老舗の医師転職サイト
  • 1万3,000件以上の実績あり
  • コンサルタントによるサポートが充実
  • アルバイト・当直なしなど多彩な条件の求人が豊富

・リクルートドクターズキャリア

リクルートドクターズキャリアの詳しい情報は以下の通りです。

求人数約1万件
独自の求人あり
対応雇用形態常勤・非常勤・アルバイト
対応施設一般病院・療養病院・精神病院・リハビリ病院・クリニック・老人保健施設・その他医療機関・製薬企業・一般企業
対応エリア全国
エージェントなどによるサポートあり
公式サイトhttps://www.recruit-dc.co.jp/

※2022年4月現在

特徴

リクルートドクターズキャリアの特徴は以下になります。

  • 利用者からの評価が高い
  • 一般病院の求人が充実
  • 専門医資格取得求人が豊富
  • 電話受付時間が長い(平日9時半~21時)

・医師転職ドットコム

医師転職ドットコムの詳しい情報は以下の通りです。

求人数約4万件
独自の求人あり
対応雇用形態常勤・非常勤・アルバイト
対応施設一般急性期・療養型・リハビリテーション・精神科病院・クリニック・健診・介護老人保健施設・製薬企業・一般企業・その他
対応エリア全国
エージェントなどによるサポートあり
公式サイトhttps://www.dr-10.com/

※2022年4月現在

特徴

医師転職ドットコムの特徴は以下になります。

  • 小規模病院・振興グループ病院の求人が多い
  • 詳細な希望条件での検索が可能
  • 診療科目数トップクラス
  • 女性の利用者も多い

・Dr.転職なび

Dr.転職ナビの詳しい情報は以下の通りです。

求人数約1万4,000件
独自の求人あり
対応雇用形態常勤・非常勤・アルバイト
対応施設病院・有床クリニック・無床クリニック・介護老人保健施設・企業・その他
対応エリア全国
エージェントなどによるサポートあり
公式サイトhttps://tenshoku.doctor-navi.jp/

※2022年4月現在

特徴

Dr.転職ナビの特徴は以下になります。

  • 医療経営士の資格をもつ専任エージェントが担当
  • 高い交渉力で希望条件に沿った転職を実現
  • 非公開の希少案件が豊富

・ドクタービジョン

ドクタービジョンの詳しい情報は以下の通りです。

求人数約1万1,000件
独自の求人あり
対応雇用形態常勤・非常勤・アルバイト
対応施設クリニック・一般病院・療養病院・回復期リハビリテーション病院・ケアミックス精神病院・介護老人保健施設・一般企業・その他
対応エリア全国
エージェントなどによるサポートあり
公式サイトhttps://www.doctor-vision.com/

※2022年4月現在

特徴

ドクタービジョンの特徴は以下になります。

  • 大手のグループ企業の運営
  • 高額年収求人が多い
  • 厚生労働省による職業紹介優良事業者認定
  • アルバイト・非常勤・地方などの求人が豊富

・日経メディカルキャリア

日経メディカルキャリアの詳しい情報は以下の通りです。

求人数約2万件
独自の求人不明
対応雇用形態常勤・非常勤
対応施設一般病院・療養型・ケアミックス・精神病院・クリニック・老健・一般企業・製薬企業・その他
対応エリア全国
エージェントなどによるサポートあり
公式サイトhttps://medical-career.nikkeihr.co.jp/

※2022年4月現在

特徴

日経メディカルキャリアの特徴は以下になります。

  • 40社以上の転職エージェントが登録する求人集合メディア
  • 「お任せ問い合わせ」機能がある
  • 自分のペースで転職活動を進めやすい

・DtoDコンシェルジュ

DtoDコンシェルジュの詳しい情報は以下の通りです。

求人数約9,000件
独自の求人不明
対応雇用形態常勤・非常勤
対応施設一般・療養・精神・一般+療養・一般+精神・療養/精神・クリニック・老健・その他の形態
対応エリア全国
エージェントなどによるサポートあり
公式サイトhttps://www.dtod.ne.jp/

※2022年4月現在

特徴

DtoDコンシェルジュの特徴は以下になります。

  • 40年以上の実績がある
  • 開業・独立支援サービスも受けられる
  • 転職・開業それぞれのコンサルタントがいる

・ドクターキャスト

ドクターキャストの詳しい情報は以下の通りです。

求人数約4万件
独自の求人あり
対応雇用形態常勤・非常勤・アルバイト
対応施設一般病院・リハビリ病院・療養型病院・精神病院・クリニック・老健・企業(産業医)・企業(製薬)・その他
対応エリア全国
エージェントなどによるサポートあり
公式サイトhttps://www.doctorcast.jp/?evo

※2022年4月現在

特徴

ドクターキャストの特徴は以下になります。

  • 地方・中規模病院の求人が多い
  • 非公開の希少案件が豊富
  • 詳細な条件での検索が可能

・e-doctor

e-doctorの詳しい情報は以下の通りです。

求人数約1万5,000件
独自の求人あり
対応雇用形態常勤・非常勤
対応施設一般・療養型・回復期・精神・老健/特養・クリニック・自治体・その他
対応エリア全国
エージェントなどによるサポートあり
公式サイトhttps://www.e-doctor.ne.jp/

※2022年4月現在

特徴

e-doctorの特徴は以下になります。

  • 最短で登録日に面接設定も可能
  • 医学生のキャリアサポートも充実
  • 非公開の独自案件が豊富

・JMC

JMCの詳しい情報は以下の通りです。

求人数不明
独自の求人あり
対応雇用形態常勤・非常勤
対応施設病院・診療所・クリニック・健診センター・老健・企業
対応エリア全国
エージェントなどによるサポートあり
公式サイトhttps://dr-ar-navi.jp/

※2022年4月現在

特徴

JMCの特徴は以下になります。

  • 都市部の求人が豊富
  • キャリアコンサルティングに力を入れている
  • 条件の良い非公開求人が豊富

・MRT

MRTの詳しい情報は以下の通りです。

求人数約1万2,000件
独自の求人あり
対応雇用形態常勤・非常勤・アルバイト
対応施設不明
対応エリア全国
エージェントなどによるサポートあり
公式サイトhttps://medrt.com/

※2022年4月現在

特徴

MRTの特徴は以下になります。

  • 常勤・非常勤だけでなく、アルバイト求人も豊富
  • 開業・産業医サポートなどの会員特典が豊富
  • ポイントシステム制が導入されている

・MedPeerキャリア

MedPeerキャリアの詳しい情報は以下の通りです。

求人数1万件
独自の求人あり
対応雇用形態常勤・非常勤
対応施設一般病院・療養病院・精神病院・ケアミックス・クリニック・老健・健診センター・その他
対応エリア関東圏
エージェントなどによるサポートなし
公式サイトhttps://career.medical-tribune.co.jp/?evo

※2022年4月現在

特徴

MedPeerキャリアの特徴は以下になります。

  • 詳細な希望条件での検索が可能
  • 他の転職サイトと併用して一括サイトとして利用可能
  • 自分のペースで転職活動を進めやすい

・医師ジョブ.JP

医師ジョブ.JPの詳しい情報は以下の通りです。

求人数約1万9,000件
独自の求人あり
対応雇用形態常勤・非常勤・アルバイト
対応施設一般・療養型・ケアミックス・精神・老健・クリニック・その他
対応エリア全国
エージェントなどによるサポートあり
公式サイトhttps://ishi-job.jp/?evo

※2022年4月現在

特徴

医師ジョブ.JPの特徴は以下になります。

  • 25年の実績を持つ老舗
  • 地方の求人も豊富
  • 科目数が多い
  • 業界に特化したコンサルタントによるサポートを受けられる
おすすめ記事

看護師の方で、現在の職場から転職を考えている方もいますよね。看護師転職を成功させ、後悔しないためにはどのように進め、どのようなポイントを抑えれば良いのでしょうか?看護師転職サイトはそのような疑問を持った方を適切にサポートしてくれ[…]

医師転職サイト選びを成功させるコツは?

医師転職サイトの選び方のポイントをご紹介します。
ぜひ参考にしてください。

目的をはっきりさせる

医師転職サイトを選ぶ際は、転職の目的を明確にしておきましょう。
どのような求人に強いかは、医師転職サイトによって異なるためです。

たとえば常勤医師への転職なら、常勤の求人が多い転職サイトを選ぶ必要があります。
地方へのUターン・Iターンであれば、地方の求人数が多い転職サイトを選びましょう。

コンサルタントとの相性

医師転職サイトの多くは、専門のコンサルタント・エージェントを用意しています。
コンサルタントなどのサポートは転職の大きな助けになります。
コンサルタントとの相性によっては、かえって転職活動に支障を来す可能性もあります。

もし自分に合わないと感じる場合は、担当コンサルタントを代えてもらいましょう。
大切なのはコンサルタントに気を遣うことではなく、転職を成功させることです。
遠慮せず、自分の意志をハッキリと表明しましょう。

転職の希望を細かく伝える

コンサルタントのサポートを受ける場合は、転職希望条件は詳細に伝えましょう。
希望条件があやふやなままでは、条件とは正反対の求人を紹介される可能性もあるためです。

転職する以上は、できる限り条件の良い職場を探す必要があります。
希望とマッチした職場を探すためにも、コンサルタントとの認識のすりあわせは綿密に行いましょう。

転職サイトは複数登録

転職サイトは、できれば複数のサイトに登録するのがおすすめです。
転職サイトはそれぞれ独自の案件を有していることが多いためです。

複数のサイトに登録することにより、転職先の選択肢が大きくなります。
より条件のよい就職先を見つけるためにも、選択肢は広げておきましょう。

契約内容の確認

コンサルタントの紹介で求人に応募する場合、契約内容はしっかり確かめましょう。
内定をもらったあとに、思いもよらぬ就労条件が設定されていることもあるためです。
後悔しないためにも、転職に関する契約内容は事前に確認すべきです。

疑問点・不安はコンサルタントなどに納得できるまで説明を求めましょう。
妥協できない条件がある場合は、内定を断ることも大切です。

転職しやすいタイミング

一般的に、医師の転職が成功しやすいタイミングは次の通りです。

  • 新年度前(~4月)
  • 上半期の決算時期(6~8月)
  • 年明け

上記の時期は、医師の転職向けの求人が増える頃です。
求人数が多いほど選択肢が広がるため、より条件のよい求人に成功しやすくなります。

なお、求人が少なくなるタイミングは連休が多い月です。
たとえば4月後半〜5月・9月・12月は、医師の求人が少なくなる傾向がみられます。

スポンサーリンク

医師転職サイトを選ぶ際の注意点やNG行動

医師転職サイトを選ぶときのNGポイントをご紹介します。
転職に失敗しないためにも、ぜひチェックしてみてください。

医師の求人数

転職サイトにもよりますが、医師の求人数が少ない転職サイトは避けた方が無難です。
求人数が少ないサイトは、病院・医療業界への伝手が弱い可能性があるためです。

病院などへの伝手が弱いサイトには、あまり条件のよい求人は期待できません。
また、求人数が少ないサイトでは選択肢の幅が狭まるため、希望条件の叶う転職は難しくなります。

コンサルタントの数が少ない

コンサルタントの人数もチェックしましょう。
できれば、十分な数のコンサルタントを用意している医師転職サイトがおすすめです。

コンサルタントの数が少ないと、各利用者へのケアが薄くなる可能性があります。
十分なサポートを受けたいなら、コンサルタントの人数を充実させているサイトを選ぶのがおすすめです。

電話連絡がしつこい

コンサルタントからの電話がしつこいサイトは、できれば避けるのが無難です。
電話連絡がしつこい背景には、とにかく成約件数を稼ぎたいという思惑が隠れていることがあるためです。

場合によっては、悪質な条件での転職を強要されることもあります。
もし強引な転職を勧められた場合は、はっきり拒絶の意思表示をすることも大切です。

もちろん親切で何度も電話勧誘してくるコンサルタントもいます。
しかし親切心であっても、電話連絡がしつこければ、現在の業務に支障が出かねません。

電話勧誘がしつこいと感じる場合は、まず電話のかけ方について希望を伝えましょう。
具体的には、希望の連絡手段・連絡していい時間帯を伝えることが大切です。

もし希望を聞き入れてもらえない場合は、担当代えを求めましょう。
担当が代わっても状況が変わらない場合は、サイトを退会するのも1つの方法です。

コンサルタントを見極める

コンサルティングサービスの質は、コンサルタントによって大きく左右されます。
転職を成功させるためにも、信頼できるコンサルタントを見つけることが大切です。

信頼できるコンサルタントの条件は、求人の内容・求人先の情報を熟知していることです。
信頼できるかどうか、求人内容・求人先の詳細な質問をしてみましょう。

たとえば病床数・医師の男女比・病院の様子などを質問してみてください。
明確な答えが返ってくれば、信頼できるコンサルタントといえるでしょう。

もし質問に明確に答えられない場合は、残念ながらコンサルタントとして信頼できない可能性があります。

担当コンサルタントに少しでも不安を感じる場合は、遠慮せずに担当代えを求めましょう。

転職活動が職場にばれる

原則として、転職コンサルタントには守秘義務があります。
そのため、転職コンサルタントから現在の職場に転職活動が暴露されることはありません。

ただし、連絡の取り方には注意してください。
たとえば病院付与の機器でコンサルタントと連絡を取り合うのは止めましょう。
番号などから、転職活動が知られる可能性があります。

健達ねっとECサイト

知っておきたい医師転職の基礎知識

医師転職の基礎知識をご紹介します。
ぜひ参考にしてください。

医師転職サイトの登録

医師の転職をスムーズに進めるには、医師専用の転職サイトの利用がおすすめです。
もちろん、利用しなくても転職は可能です。

自力で転職活動をする場合は、求人探し・面接の設定はすべて自分でする必要があります。
面接に備えて、履歴書・職務経歴書の準備なども必須です。

医師転職サイトを利用すれば、転職に必要な準備をお任せできる場合もあります。
転職サイトの独自の伝手で、思いもよらぬ条件のよい求人に出会える可能性もあります。

効率よく転職活動を進めるためにも、最低1〜2個は医師転職サイトに登録しておくとよいでしょう。

医師転職サイトのコンサルタントの質

転職活動を有利に進めるには、まず信頼できるコンサルタントを探すことが大切です。
コンサルタントの質は、転職サイトなどによって異なるためです。

たとえばサイトによっては、コンサルタント全員が医療経営士の資格を有しているところもあります。

医療経営士とは、医療機関のマネジメントに関する専門知識を有した方です。
医療機関の経営的視点も持ち合わせているため、さまざまな方角から求人内容を精査してくれます。

簡単にいえば、質の高い求人先を紹介してくれる可能性が高いのです。
もちろん資格がすべてではありません。
転職実績の豊富なコンサルタントでも、質の高いコンサルティングを期待できます。

非公開求人ってなに?

転職サイトを探すときは、非公開求人が豊富なサイトを探す方法もあります。
非公開求人とは、医療機関がさまざまな理由で内容を伏せている求人です。

医療機関が求人を非公開にする主な理由は次の通りです。

  • 好条件のため、あまり多くの医師に知られたくない
  • 急募で求人を出す暇がない
  • 新センター立ち上げなどの経営状況に関わる求人のため

ものにもよりますが、非公開求人は公開求人より条件が良い場合が多くあります。
限られた方にしか公開されないため、公開求人に比べると倍率も低めです。

非公開求人が多い転職サイトは、それだけ医療機関に大きな伝手があるということです。
伝手が大きい転職サイトであれば、非公開求人以外にも条件のよい求人がある可能性があります。

選択肢の幅を広げるためには、「非公開求人あり」と謳っている求人サイトに登録するのも1つの方法です。

違う科に転職できる?

スキルがあれば、現職とは異なる科目への転職も可能です。
ただし、転科に求められるスキルは、科目・病院によって異なります。

つまり異なる科目への転職は、さまざまな情報を元に進めていく必要があります。
そこでおすすめなのが医師転職サイトの利用です。

転職サイトを利用すれば、自分で情報収集するよりも多くの情報が効率的に集まります。
コンサルタントのサポートも受けられるため、希望条件に沿った転科・転職を叶えやすくなります。

薬の使い方

医師転職おすすめサイトランキング

医師転職におすすめのサイトをまとめました。
ぜひ参考にしてください。

1位2位3位
M3キャリアエージェント民間医局リクルートドクターズキャリア
総合評価4.84.24.0
求人数5.04.04.0
求人内容5.04.84.0
サポート4.43.84.2
特徴医師登録実績の高い転職サイトです。コンサルタントは全員医療経営士の資格を有しているため、質の高い求人を紹介してもらえます。非公開求人が多く、高額年収の転職を狙っている方にもおすすめです。年間成約数約6万件の実績を誇る老舗の転職サイトです。非公開求人が多く、年収アップを狙う方にもおすすめです。女性の利用者・成約数が多いのも特徴です。アルバイト求人も多いため、産後の復帰場所も探しやすいでしょう。求人の幅が広いと評判です。一般病院の求人数は業界でもトップクラスを誇ります。非公開求人も多いため、より詳細な求人内容を知るには登録が必須です。大都市圏での求人を探している方におすすめです。

 

医師転職サイトを選ぶ際によくあるQ&A

医師転職に関するよくある疑問をまとめました。
全て読んで、自分に合った医師転職を見つけましょう!

Q:医師転職サイトは手数料がかかりますか?

多くの転職サイトは手数料無料で利用できます。
仲介手数料は医療機関からエージェントに支払われるためです。

Q:医師の平均転職回数を教えてください。

平均4〜5回です。
ただし個人によって異なります。

Q:非公開求人はどうしたらみられますか?

非公開求人は転職サイトに登録するとみられる場合がほとんどです。
多くの場合、コンサルタントから紹介されます。

Q:相談だけでもできますか?

希望条件の求人が見つからない場合は相談だけでも可能です。

Q:医師の転職活動にはどれくらいの期間がかかりますか?

平均で2か月半です。
希望の転職時期の半年〜2か月半前までには、転職準備を始める必要があります。

スポンサーリンク

医師転職のおすすめまとめ

ここまで医師転職のおすすめについてお伝えしてきました。
医師転職のおすすめの要点をまとめると以下の通りです。

  • おすすめのサイトは、M3キャリアエージェント・民間医局・リクルートドクターズキャリアなど
  • 転職を成功させるには、コンサルタントとの相性や、複数の転職サイトを利用する
  • 基礎知識は、医師転職サイトの利用・コンサルタントの質・非公開求人を探すなど

これらの情報が少しでも皆さまのお役に立てば幸いです。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

監修者 メディカル・ケア・サービス

  • 認知症高齢者対応のグループホーム運営
  • 自立支援ケア
  • 学研グループと融合したメディア
  • 出版事業
  • 社名: メディカル・ケア・サービス株式会社
  • 設立: 1999年11月24日
  • 代表取締役社長: 山本 教雄
  • 本社: 〒330-6029埼玉県さいたま市中央区新都心11-2ランド·アクシス·タワー29F
  • グループホーム展開
  • 介護付有料老人ホーム展開
  • 小規模多機能型居宅介護
  • その他介護事業所運営
  • 食事管理
  • 栄養提供
  • 福祉用具販売
  • 障がい者雇用

スポンサーリンク