ホーム

認知症を学ぶ

down compression

介護を学ぶ

down compression

専門家から学ぶ

down compression

書籍から学ぶ

down compression

健康を学ぶ

down compression
トップページ>健康お役立ち記事>生活習慣病>血糖値を下げる方法は?食事からサプリメントまで一挙ご紹介!

血糖値を下げる方法は?食事からサプリメントまで一挙ご紹介!

血糖値とは、血液中のブドウ糖(グルコース)の濃度のことをいいます。

血糖値を下げるためには、どのような方法があるのでしょうか?
血糖値を下げるのにおすすめの食べ物や飲み物はあるのでしょうか?

本記事では、血糖値を下げる方法について以下の点を中心にご紹介します。

  • 血糖値とは
  • 血糖値を下げる方法とは
  • 血糖値を下げる飲み物とは
  • 血糖値を下げる食べ物とは

血糖値を下げる方法について理解するためにもご参考いただけますと幸いです。
ぜひ最後までお読みください。

スポンサーリンク

血糖値とは

血糖値とは、血液中のブドウ糖(グルコース)の濃度のことをいいます。
食事で摂取した炭水化物などがブドウ糖として吸収されて、血液内へ取り込まれます。

血糖値は、食前と食後で変動します。
血糖値の食前の正常値は、70〜100mg/dlです。

血糖値は、低めでも高めでも身体にさまざまな不具合をもたらします。

に興味のある方は、こちらの記事も合わせてお読みください。

関連記事

血糖値とは、血液中のブドウ糖(グルコース)の濃度のことをいいます。血糖値は、どのようにコントロールしたら良いのでしょうか?血糖値をコントロールすることは、なぜ大切なのでしょうか?本記事では、血糖値コントロールについて以下[…]

スポンサーリンク

血糖値を下げる方法

血糖値を下げるためには、どのような方法があるのでしょうか?
血糖値を下げる方法について詳しく見てみましょう。

飲み物や食べ物を変える

血糖値を下げるためには、飲み物や食べ物を血糖値を抑えやすいものに変えましょう

血糖値を下げるための飲み物や食べ物の注意点は以下になります。

  • ご飯やパン、麺類、いも類など糖質に変わる主食を減らす
  • 肉や魚、卵、大豆などのタンパク質をバランス良く積極的に摂る
  • 野菜類に多く含まれる食物繊維をしっかり摂る
  • 副菜から摂取し、主菜を摂取したあとに主食を摂取する
  • 外食は控えめにし、メニュー選択と量に注意する
  • 糖質が多いアルコールや飲み物は控える
  • 食べ過ぎないようにする

運動をする

血糖値を下げるためには、運動をする習慣をつけましょう。
運動をする習慣をつけることは、血糖値のコントロールにおいてとても重要です。
適度な運動は、肥満を防ぐとともに合併症の予防にもなります。

運動が効果的な理由は、以下の3点になります。

  • 運動すると、ブドウ糖が消費されて血糖値が下がるため
  • インスリンの分泌に頼らず、血糖値が下がるため
  • 運動をする習慣がある人は、インスリンが効きやすい体質になるため

血糖値を下げる適度な運動には、以下のようなものがあります。

  • ウォーキング
  • ジョギング
  • 水泳
  • 自転車

運動は、食後の血糖値が上昇している30分以内に行うと効果的です。
運動をする際は、糖分を含まない水や麦茶などの水分補給をしっかり行いましょう。

サプリを利用する

血糖値を下げるためには、血糖値を下げるサプリを利用する方法もあります。
サプリは、血糖値を下げるタイプのものよりも血糖値を抑えるタイプのものが多いです。

おすすめ記事

生活習慣病になっているかもしれないと気になる方も多いのではないでしょうか。生活習慣病になってしまう原因がわかれば、予防ができます。本記事では生活習慣病の原因について以下の点を中心にご紹介します。 生活習慣病の原因とは 生活習[…]

血糖値を下げる飲み物とは?

血糖値を下げる飲み物には、どのようなものがあるのでしょうか?
血糖値を下げる飲み物について詳しく見てみましょう。

緑茶

緑茶に含まれる茶カテキンには、血糖値を抑制する効果があります。
茶カテキンは、糖類の消化に関わっている消化酵素の働きを阻害します。
そのため、茶カテキンは糖の吸収を緩やかにします。

糖の吸収が緩やかになると、血糖値の上昇も緩やかになります。

茶カテキンは、他にも以下のような作用があります。

  • 血圧の上昇を抑制する
  • 血中コレステロール濃度の上昇を抑制する
  • 体脂肪を抑制する

牛乳

牛乳には、血糖値を抑制する効果があります。
牛乳は、低GI(グライセミック・インデックス)食品です。

GIとは、その食品が吸収する糖質の指数です。
GIは、カロリーとの関係性はありません。

GIが高い食品は血糖値が上がりやすく、GIが低い食品は血糖値の上昇を緩やかにします。
牛乳は、低GI食品のため、血糖値の上昇が緩やかになります。

牛乳は、できるだけ低脂肪の牛乳を選択し、コップ1杯程度を飲みましょう。
牛乳の飲み過ぎは、脂肪の摂りすぎになるので注意しましょう。

牛乳が苦手な人は、ヨーグルトを1個程度食べると良いでしょう。
ヨーグルトには、ホエイプロテインというタンパク質が含まれています。

ホエイプロテインは、インクレチンというホルモンを刺激し、インスリンの分泌をスムーズにしてくれます。
インスリンの分泌がスムーズになることで、血糖値の上昇が抑制されます。

ヨーグルトを選ぶ際は、糖質の入っていないものを選びましょう。

コーヒー

コーヒーには、急激な血糖値の上昇を抑制する効果があります。
コーヒーには、カフェインが含まれています。

カフェインには、血糖値を一時的に上昇させ、インスリンが効きにくくなる作用があるといわれています。
しかし、長期的にみるとコーヒーは食後の血糖値の上昇を抑制するといわれています。

これには、コーヒーに含まれるクロロゲン酸類のポリフェノールが関連しています。
クロロゲン酸類は、糖質分解酵素の働きを阻害し、糖質の吸収を緩やかにします。

コーヒ―は、無糖か砂糖を入れずに牛乳を入れたものを飲みましょう。
コーヒーフレッシュや生クリームは、牛乳と同様の効果はないため、避けましょう。

コーヒーは、食事と一緒にマグカップで1日3杯程度が適量といわれています。

食酢

食酢に含まれている酢酸には、糖の吸収を抑制する効果があります。
食酢は、穀物酢と果実酢の大きく2種類に分けられます。

穀物酢は、米、小麦、大豆、とうもろこしなどを原料とした酢です。
果実酢は、リンゴ酢やブドウから作られたバルサミコ酢などになります。

穀物酢よりも果実酢の方が酢酸が多く含まれています。
そのため、果実酢の方が効率よく酢酸を摂取できるといえます。

食酢を使った料理や飲み物を摂取すると、血糖値の上昇が緩やかになります。
食酢の適量は、1日大さじ約1杯(15ml)といわれています。
食酢は、変質しにくいため、熱を加えた料理でも問題ありません。

菊芋茶

菊芋茶には、糖質を抑制する効果があります。
菊芋茶に含まれているイヌリンという成分が、体内で糖質を包み込み、消化や吸収を阻害する作用があります。

イヌリンは、善玉菌のエサにもなってくれるため、腸内環境の改善効果もあります。

また、菊芋にもカリウムが豊富に含まれています。
そのため、むくみ解消や血圧上昇を抑制する効果もあります。

菊芋茶を食前や食事と一緒に摂取してみると良いでしょう。

トマトジュース

トマトジュースには、糖質を抑制する効果があります。

トマトに含まれているリコピンの抗酸化作用により、血中の活性酸素が除去されます。
血中の活性酸素が除去され、インスリンの働きが促されることで血糖値が抑制されます。

また、リコピンにはアディポネクチンを増加させる働きがあります。
アディポネクチンには、インスリンの作用を促す働きがあるといわれています。
インスリンの作用が促されると血糖値が抑制されます。

トマトジュースに限らず、トマトにも同様の作用があります。

血糖値を下げる飲み物について解説していますので、こちらの記事も合わせてお読みください。

関連記事

日頃から血糖値が気になるという方は、飲み物を工夫するのも1つの方法です。たとえば血糖値を下げる飲み物を常飲すれば、糖尿病のリスク低減が期待できます。それでは、血糖値を下げる飲み物には何があるのでしょうか。本記事では、血糖値を[…]

AGA

血糖値を下げるお茶の選び方ランキング

血糖値を下げるお茶にはどのようなものがあるのでしょうか?
血糖値を下げるお茶のランキングについて詳しく見てみましょう。

1位:緑茶

緑茶に含まれる茶カテキンは、消化酵素の働きを阻害し、糖の吸収を緩やかにします。
血糖値を下げるタイプの緑茶には、多くの種類があります。

その中でも一般的で選択しやすいものには、

  • 綾鷹 特選茶(特定保健用食品)
  • 伊右エ門プラス おいしい糖質対策(機能性表示食品)

などがあります。

特定保健用食品とは、特定の保健の目的が期待できる効果が得られることを示す食品になります。
機能性表示食品とは、事業者の責任で機能性が表示されている食品になります。

2位:ウーロン茶

ウーロン茶には、緑茶と同様にカテキンが多く含まれています。
また、ウーロン茶には、ウーロン茶ポリフェノールも含まれています。

ウーロン茶ポリフェノールは、脂肪の吸収を抑制する作用があります。
血糖値を下げるタイプのウーロン茶も、多くの種類があります。

3位:麦茶

麦茶に含まれるアルキルピラジンには、血流改善や代謝を亢進する作用があります。
そのため、血圧の上昇や血栓を予防したり、血糖値を抑制する効果が期待できます。

麦茶も多くの種類がありますが、血糖値を抑制する効果が含まれた麦茶はそれほど多くありません

4位:紅茶

紅茶に含まれる紅茶ポリフェノールも茶カテキンと同様の働きがあります。
紅茶ポリフェノールは、消化酵素の働きを阻害し、糖の吸収を緩やかにします。

紅茶を摂取する際は、できるだけ無糖で摂取しましょう。
紅茶に砂糖やミルクを入れることは血糖値を上昇させてしまいます。

5位:菊芋茶

菊芋茶は、糖質を抑制する高い効果があります。
菊芋茶には、その他にもむくみ解消や血圧上昇を抑制する効果あります。

しかし、菊芋茶は緑茶など他のお茶よりも入手しづらいお茶になります。

健達ねっとECサイト

血糖値を下げる食べ物

血糖値を下げる食べ物には、どのようなものがあるのでしょうか?
血糖値を下げる食べ物について詳しく見てみましょう。

玉ねぎやゴボウ等の根菜類

ゴボウ等の根菜類は、水溶性食物繊維が多く血糖値が下がりやすいといわれています。
根菜類の1つである大根は切り干し大根の方が食物繊維が16倍も多く、糖尿病に適しています。
また、ゴボウの食物繊維は、葉野菜よりも多く、水溶性と不溶性の両方の食物繊維を含んでいます。

水溶性食物繊維のイヌリンは、血糖値を下げる働きがあります。
不溶性食物繊維のリグニンは、コレステロールを減らす働きがあります。
そのため、糖尿病の方は両方の食物繊維を摂取することが理想的です。

根菜類の1つであるレンコンには、

  • 血糖値を下げる効果
  • コレステロールを抑制する効果
  • 中性脂肪を減少させる効果

があります。

葉物野菜類

葉物野菜類の1つである玉ねぎは、インスリンの分泌を促進する作用があります。

玉ねぎは、水溶性ビタミンであり、長時間水にさらすことで栄養分が減少してしまいます。
玉ねぎは、1日に4分の1から2分の1程度が適量といわれています。

玉ねぎには、血糖値を下げる効果以外にも

  • 老化予防効果
  • 肝機能改善効果
  • 血液をサラサラにする効果

などがあります。

葉物野菜はデンプンの含有量が低く、食物繊維やミネラルが多いため、糖尿病に適しています。
長ネギやケール、水菜などの葉物野菜は、積極的に摂取するようにしましょう。

芋類

芋類は、種類によっては血糖値を上昇させてしまう場合もあるため、注意が必要です。

以下の芋類はデンプン質が多く、食後血糖値を上昇させやすい性質があります。
一方で、ミネラルや食物繊維が多く、血糖値を下げる効果もあります。

  • サツマイモ
  • 里芋
  • 山芋

上記の芋類は食べ過ぎないように注意すると、血糖値を下げる効果があります。
しかし、じゃがいもはカロリーが高く、糖質も多いので、食後血糖値が上昇してしまいます。

食物繊維が多い穀物

血糖値を下げる食べ物に、食物繊維が多い穀物があります。
白米は、たくさん摂取することで血糖値が上昇してしまいます。

雑穀米は、食物繊維が豊富に含まれており、血糖値を抑制する効果があります。
1日1食でも五穀(玄米、麦、黒米、アワ、ヒエ、キビ)などに変えてみましょう。

豆類には、食物繊維とともに良質なタンパク質も豊富に含まれています。
さらに大豆には、サボニン、ゲニスチン、レチンなど血液中の脂肪を減らす成分も豊富に含まれています。

豆類は、血糖値を抑制させる効果のみではなく、

  • 血圧を安定させる効果
  • コレステロールや中性脂肪を減少させる効果

などもあります。

薬の使い方

血糖値を下げるために大事なポイント

血糖値を下げるために大事なポイントには、どのようなものがあるのでしょうか?
血糖値を下げるために大事なポイントについて詳しく見てみましょう。

糖質を取らない

血糖値を下げるために大事なポイントは糖質を取らないようにすることです。
糖質とは、体内でブドウ糖に変化する食材になります。

糖質は、ご飯や麺類、いも類などの炭水化物や砂糖を含む甘いものに多く含まれています。
糖質を摂りすぎると、余った糖が血液中に残り、高血糖になります。

間食は禁止する

血糖値を下げるために、間食を控えましょう
食事と食事の間に間食をすることは、血糖値の上昇につながります。

食べる順番に気を付ける

血糖値を下げるために大事なポイントは、食べる順番に気を付けることです。
食べる順番を工夫すると、血糖値の上昇を緩やかにできます。
具体的には、野菜・汁物・タンパク質・炭水化物の順番に食べるとよいでしょう。

野菜や汁物に含まれる食物繊維は、炭水化物の吸収を遅らせます。
タンパク質は、血糖値の安定に必要なインスリンの分泌を促します。
炭水化物は最後に食べることで、血糖値の急激な上昇を防ぐのに効果的です。

外食には注意

血糖値を下げるために大事なポイントは、外食に注意することです。
外食では、偏った栄養バランスになりやすく、血糖値の上昇や内臓脂肪の増加を招く可能性があります。

外食をするときは、以下のようなことに気を付けましょう。

  • お店やメニューを選ぶ:和食や中華料理など、糖質や脂質の多いものは避ける。
  • 野菜や汁物を多めに取る:食物繊維が血糖値の上昇を抑える。
  • 炭水化物の量を減らす:ご飯やパンは半分にするなど。
  • 飲み物は水やお茶など無糖のものにする:ジュースやアルコールは控える。

可能なら、外食は控えた方が良いです。
自宅で作ることで、栄養バランスの良い食事ができます。

血糖値を下げる食事のレシピ

血糖値を下げる食事のレシピには、どのようなものがあるのでしょうか?
血糖値を下げる食事のレシピについて詳しく見てみましょう。

しらたきとれんこんのたらこ和え

材料(2人分)
しらたき140g
れんこん30g
たらこ20g

作り方

  • しらたきは、食べやすい長さに切り、れんこんは皮をむいて薄くスライスにする
  • 鍋に水2カップを入れて沸騰したら、しらたきとれんこんを入れて約3分下茹する
  • 下茹でしたら、湯を捨て、たらこを加えて水気がなくなるまで炒め、でき上がり

オクラのサラダ

材料
オクラ1袋
ミニトマト6個
大葉10枚
紫玉ねぎ1個
ごまポン適量
かつお節適量

作り方

  • 紫玉ねぎを薄くスライスにする ※玉ねぎの辛みが苦手な方は、水にさらす
  • ミニトマトは小さめに切る
  • 大葉は千切りにする
  • オクラは輪切りにする
  • 材料を全部ボウルに入れ、混ぜるとでき上がり

レモン酢

材料(700ml分)
レモン180g(1個半~2個)
※レモンはできるだけ国産のものを使用
氷砂糖180g(1個半~2個)
※レモンはできるだけ国産のものを使用
400ml
※純米酢以外で、玄米酢、黒酢、りんご酢などでも可能

作り方

  • レモンは湯をかけながら、タワシでゴシゴシ洗い、水気を取る
  • レモンを1cm幅の輪切りにする
  • 材料を全部耐熱ビンに入れ、ラップをせずに電子レンジ(600w)で30秒加熱する
  • ビンに蓋をし、常温で12時間ほど置くとでき上がり ※レモン酢は常温で1年ほど日持ちする

スポンサーリンク

血糖値を1週間で下げる方法

血糖値を1週間で下げる方法には、どのようなものがあるのでしょうか?
血糖値を1週間で下げる方法について詳しく見てみましょう。

糖質を一切とらない

血糖値を1週間で下げるためには、糖質を一切とらないようにしましょう。
糖質とは、体内でブドウ糖に変化する食材になります。

糖質は、ご飯や麺類、いも類などの炭水化物や砂糖を含む甘いものに多く含まれています。
糖質をとりすぎると、余った糖が血液中に残り、高血糖になります。

間食は禁止する

血糖値を1週間で下げるためには、間食を控えましょう
食事と食事の間に間食をすることは、血糖値の上昇につながります。

食事を血糖値が抑えられるものだけにする

血糖値を1週間で下げるためには、食事を血糖値が抑えられるものだけにしましょう。

血糖値を下げる食べ物には、以下のようなものがあります。

  • ハイカカオチョコレート(1日に5片25gまで)
  • 大豆
  • ヨーグルト

血糖値を下げる飲み物には、以下のようなものがあります。

  • 緑茶
  • 牛乳
  • コーヒー

スポンサーリンク

室内でできる血糖値を下げる運動

室内でできる血糖値を下げる運動には、どのようなものがあるのでしょうか?
室内でできる血糖値を下げる運動について詳しく見てみましょう。

ラジオ体操

ラジオ体操は、子供から大人まで誰もが知っている国民的体操です。
ラジオ体操は、柔軟運動、跳躍運動、全身運動など継続的に必要な運動が濃縮されています。

ラジオ体操は、第1と第2を合わせて6分程度になります。
ラジオ体操の消費カロリーは、20〜25kcalであり、あまり多くはありません。
しかし、心拍数は90〜100回/分となり、歩行運動と同様の運動量になります。

ラジオ体操を1日2回行うことで、1日に必要な運動を達成することができます。
ラジオ体操は、室内でも行いやすい運動であり、継続的に行える運動として適しています。

筋トレ

筋トレは、運動不足の解消とともに血糖値の改善効果があります。
体内でブドウ糖を多く取り込む器官は、筋肉になります。

筋肉量は20歳代でピークとなり、その後は徐々に減少していきます。
筋肉量の減少は、ブドウ糖消費量の減少(血糖値を上昇させる)にもつながります。

また、ある研究で肥満の方はインスリン抵抗性が生じやすいという報告があります。
肥満の方は、ブドウ糖をうまく取り込むことができずらくなるといわれています。

筋トレは、筋肉量を増やすことができ、基礎代謝量が高まります。
筋トレは、肥満になりにくい身体づくりの効果があります。

筋トレの中でもスクワットや足上げ運動などは、手軽に行うことができ効果的です。

かかと落とし

かかと落としは、以下のような効果があります。

  • 足骨の骨ホルモンを活性化させる作用
  • 血糖値を下げる作用

近年の研究では、食後15分経つと血糖値が上昇し始めることが判明しています。
かかと落としは、食後すぐに始められる運動として適しています。

かかと落としは、場所をとらないため、継続的に行うことができます。

スポンサーリンク

血糖値を下げるきつめの運動

血糖値を下げるための運動は、

  • できるだけ毎日継続、少なくとも週に3~5回
  • 運動強度は中等度(ややきつい)の全身を使った有酸素運動
  • 運動時間は各20~60分間
  • 週に2~3回のレジスタンス運動を有酸素運動と併用

が一般的にすすめられています。

有酸素運動とレジスタンス運動を併用することは、糖尿病の改善を効果的にすると報告されています。

運動強度が中等度(ややきつい)有酸素運動には、以下のようなものがあります。

  • ウォーキング(速歩)
  • ジョギング
  • 水泳
  • 自転車

中等度の有酸素運動の目安は、50歳未満で100〜120拍/分、50歳以降で100拍/分以内です。

また、レジスタンス運動には、以下のようなものがあります。

  • 腹筋
  • ダンベル
  • 腕立て伏せ
  • スクワット

レジスタンス運動の目安は、8〜10種類の運動を1種目1セット10〜15回を1〜3セット繰り返します。

有酸素運動およびレジスタンス運動の両方が行えるものに水中運動があります。
水中運動は、膝への負担が少なく、肥満糖尿病の方へは効果的な運動です。

血糖値を下げるサプリの選び方

血糖値を下げるサプリにはどのようなものがあるのでしょうか?
血糖値を下げるサプリについて詳しく見てみましょう。

食事の合間にとることができやすい

血糖値を下げるサプリは、食事の合間にとることができます。
血糖値は、食後に上昇するため、食間に飲みやすいサプリを選びましょう。

買いやすいものを選ぶ

血糖値を下げるサプリは、継続して服用する必要があるため、購入しやすいものを選びましょう。

飲み物タイプを選ぶ

血糖値を下げるサプリは、忘れずに継続して服用する必要があるため、食事とあわせて取りやすい飲み物タイプのものを選びましょう。

食後の血糖値上昇を防ぐためにサプリは、食前や食事中にとるものが多いです。
飲むタイミングの指定がないものは、忘れずに服用できるタイミングで飲みましょう。

スポンサーリンク

血糖値を下げるサプリおすすめ6選!

アラプラス糖脂ダウン

アラプラス糖脂ダウンのおすすめポイント3つ

  • 糖&脂W燃焼サポート
  • 5-ALAが糖の燃焼を促進して糖代謝をサポート
  • ブラックジンジャーの脂肪燃焼効果

アラプラス糖脂ダウンは、「5-ALA(5-アミノレブリン酸)」とブラックジンジャー由来の「ポリメトキシフラボン」の組み合わせにより、糖と脂を同時に燃焼サポートすることが可能です。

この組み合わせにより、お腹の脂肪の減少と血糖値ケアの両方を実現しています。

「5-ALA」は天然アミノ酸で、食事から摂取した糖をエネルギーに変換できるため、高めの空腹時血糖値と食後血糖値の両方にアプローチすることができます。

ブラックジンジャーには、「ポリメトキシフラボン」というポリフェノールが含まれており、日常生活の中でのエネルギー代謝において脂肪を消費しやすくする作用があります。

また、腹部の脂肪を減少させる機能も報告されています。

アラプラス糖脂ダウンの基本情報

商品名アラプラス糖脂ダウン
内容量60粒
1日当たりの摂取目安量1日2粒
成分還元麦芽糖水飴(国内製造)、ブラックジンジャーエキス、デキストリン、アミノ酸粉末(5-アミノレブリン酸リン酸塩含有)/セルロース、シクロデキストリン、クエン酸第一鉄ナトリウム、ステアリン酸カルシウム、微粒二酸化ケイ素、セラック
商品分類機能性表示食品
定期初回価格(税込)2,808円
定期配送量2袋
配送間隔2ヶ月
定期価格(税込)9,535円
公式サイトはこちら

桑の葉&茶カテキンの恵み

桑の葉&茶カテキンの恵みのおすすめポイント3つ

  • 2つの機能性関与成分でWケア
  • 9種類のサポート成分を独自配合
  • 専属の漢方アドバイザーによるサポート

桑の葉&茶カテキンの恵みは、日本初の2つの機能性関与成分、桑の葉由来イミノシュガーとガレート型カテキンを組み合わせたサプリメントです。
さらに、9種類のサポート成分を独自に配合しており、これらの成分は全て薬剤師監修のもと、和漢成分として体に優しく作用します。

また、和漢の森の会員になると、専属の漢方アドバイザーによるサポートを受けることができ、購入前後の疑問や悩みを気軽に相談することができます。

桑の葉&茶カテキンの恵みの基本情報

商品名桑の葉&茶カテキンの恵み
内容量38.4g(120粒)
1日当たりの摂取目安量1日4粒
成分桑葉エキス末(桑葉エキス、デキストリン)(国内製造)、澱粉、還元パラチノース、有機田七人参粉末、クローブ抽出物、ニクジュヨウ抽出物、ケイヒ抽出物、ハトムギ抽出物、牡蠣抽出物、菊芋抽出物、サラシア抽出物、ジンジャー抽出物/緑茶抽出物、結晶セルロース、CMC、HPC、ステアリン酸Ca、二酸化ケイ素
商品分類機能性表示食品
定期初回価格(税込)980円
定期配送量2袋
配送間隔2ヶ月
定期価格(税込)8,597円
桑の葉&茶カテキンの恵み
公式サイトはこちら

ルックルックイヌリンプラス

ルックルックイヌリンプラスのおすすめポイント3つ

  • 高配合のイヌリン
  • ビフィズス菌配合
  • 多彩な健康成分

イヌリンプラスは、水溶性の食物繊維であるイヌリンを高配合しています。
イヌリンは、菊芋やタマネギ、ゴボウなどの野菜に自然に含まれる成分で、食事だけでは摂取が難しいため、サプリメントとしての摂取がおすすめされています。

さらに、イヌリンプラスにはビフィズス菌も配合されており、腸内環境の改善や健康維持をサポートします。

また、サラシアや桑の葉などの健康成分も含まれており、これらの成分が相乗効果を生み出し、体の内側からの健康サポートを実現します。
これらの特長を持つイヌリンプラスは、日常の健康管理に欠かせないアイテムと言えるでしょう。

ルックルックイヌリンプラスの基本情報

商品名ルックルックイヌリンプラス
内容量1袋186粒
1日当たりの摂取目安量1日6粒
成分イヌリン(食物繊維)(タイ製造)、菊芋粉末、桑の葉エキス、サラシアレティキュラータエキス粉末、タマネギ濃縮エキス、ナットウキナーゼ末(大豆を含む)、ビフィズス菌(殺菌)/微粒二酸化ケイ素、ステアリン酸カルシウム、結晶セルロース、安定剤(グァーガム)
商品分類機能性表示食品
定期初回価格(税込)2,980円(税込)/8,940円(税込)
定期配送量1袋/3袋
配送間隔31日毎/93日毎
定期価格(税込)4,276円(税込)/8,940円(税込)
ルックルックイヌリンプラス
公式サイトはこちら

いつもを、そえて

いつもを、そえてのおすすめポイント3つ

  • 機能性表示食品
  • 皮下脂肪の減少
  • 安心の定期便

「いつもを、そえて。」は、機能性表示食品としての認定を受けている信頼性の高いサプリメントです。
特に、皮下脂肪の減少をサポートする成分が配合されており、健康的な体への一歩としての摂取が推奨されています。

さらに、現在は初回限定での特別価格キャンペーンが行われており、定期便を利用することで、継続的にこのサプリメントをお得に手に入れることができます。

健康をサポートするための強力な味方として、多くの方々に選ばれています。

いつもを、そえての基本情報

商品名いつもを、そえて
内容量120粒
1日当たりの摂取目安量1日4粒
成分ターミナリアベリリカ抽出物(インド製造)、還元麦芽糖、ギムネマシルベスタ抽出物、グァバ葉抽出物、サラシア抽出物、白インゲン豆抽出物/セルロース、ステアリン酸カルシウム、二酸化ケイ素
商品分類機能性表示食品
定期初回価格(税込)1,980円
定期配送量3袋
配送間隔3ヶ月
定期価格(税込)11,466円
いつもを、そえて
公式サイトはこちら

金の菊芋

金の菊芋のおすすめポイント3つ

  • 食後の血糖値の上昇を抑える機能
  • 高純度で農薬不使用の九州産菊芋使用
  • 多様な栄養成分が豊富

金の菊芋にはイヌリンという成分が含まれており、このイヌリンには食後の血糖値の上昇を抑えるとされています。
食後の血糖値が気になる方に特におすすめの食品となっています。

金の菊芋は、原材料として使用されている菊芋の含有量が99%と非常に高純度であり、農薬不使用で栽培された九州産のものを使用しています。
品質にこだわり、安全性を重視しています。

菊芋はキク科の食物で、糖質はほとんど含まれていませんが、イヌリンや食物繊維が豊富に含まれています。
さらに、ビタミン、亜鉛、カルシウム、ポリフェノールなどの栄養成分も豊富に含まれており、健康維持に役立つ成分がたっぷりと詰まっています。

金の菊芋の基本情報

商品名金の菊芋
内容量210粒
1日当たりの摂取目安量1日7粒
成分菊芋(九州産)、ステアリン酸カルシウム
商品分類機能性表示食品
定期初回価格(税込)2,106円
定期配送量1袋
配送間隔25日
定期価格(税込)3,456円
金の菊芋
公式サイトはこちら

アラプラス糖ダウン

アラプラス糖ダウンのおすすめポイント3つ

  • 5-ALAを豊富に含む
  • 血糖値の上昇を抑える助け
  • 安全性と信頼性

アラプラス糖ダウンは、5-ALA(5-アミノレブリン酸)を豊富に含んでいます。
5-ALAは、体内でのエネルギー生成をサポートする成分として知られ、健康的な生活をサポートします。

アラプラス糖ダウンは、食事後の血糖値の上昇を穏やかにする効果が期待される製品です。
日常の食事にプラスして摂取することで、健康的な血糖値を維持するサポートができます。

アラプラス糖ダウンは、厳しい品質基準をクリアした製品であり、多くのユーザーからの信頼を得ています。
安心して長期間の摂取が可能で、健康維持の強力なサポートとなります。

アラプラス糖ダウンの基本情報

商品名アラプラス糖ダウン
内容量30粒
1日当たりの摂取目安量1日1粒
成分デンプン、アミノ酸粉末(5-アミノレブリン酸リン酸塩含有)/ HPMC、クエン酸第一鉄ナトリウム、微粒二酸化ケイ素、着色料(二酸化チタン))
商品分類機能性表示食品
定期初回価格(税込)980円
定期配送量2袋
配送間隔2ヶ月
定期価格(税込)9017円(税込)
アラプラス糖ダウン
公式サイトはこちら

スポンサーリンク

血糖値を下げるのまとめ

ここまで血糖値を下げる方法についてお伝えしてきました。
血糖値を下げる方法についての要点を以下にまとめます。

  • 血糖値とは、血液中のブドウ糖(グルコース)の濃度のことをいう
  • 血糖値を下げる方法には、飲み物や食べ物を変えたり、服薬などがある
  • 血糖値を下げる飲み物には、緑茶、牛乳、コーヒー、食酢などがある
  • 血糖値を下げる食べ物には、根菜類や葉物野菜類などがある

これらの情報が少しでも皆さまのお役に立てば幸いです。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

※この記事はアフィリエイト広告を含んでおります

監修者 メディカル・ケア・サービス

  • 認知症高齢者対応のグループホーム運営
  • 自立支援ケア
  • 学研グループと融合したメディア
  • 出版事業
  • 社名: メディカル・ケア・サービス株式会社
  • 設立: 1999年11月24日
  • 代表取締役社長: 山本 教雄
  • 本社: 〒330-6029埼玉県さいたま市中央区新都心11-2ランド·アクシス·タワー29F
  • グループホーム展開
  • 介護付有料老人ホーム展開
  • 小規模多機能型居宅介護
  • その他介護事業所運営
  • 食事管理
  • 栄養提供
  • 福祉用具販売
  • 障がい者雇用

スポンサーリンク