ホーム

認知症を学ぶ

down compression

介護を学ぶ

down compression

専門家から学ぶ

down compression

書籍から学ぶ

down compression

健康を学ぶ

down compression
健達ねっと>健康お役立ち記事>生活習慣病>デジタルデトックスとその効果は?やり方も徹底解説!

デジタルデトックスとその効果は?やり方も徹底解説!

現代社会では、常にスマートフォンやパソコンに囲まれて生活しています。
この便利なツールとの関わりが過剰になると、健康上の問題を引き起こす可能性があります。
そこで注目されているのが「デジタルデトックス」です。
スマートフォンやパソコンといった、デジタル機器の使用を控えることで、「スマホ断ち」「ネット断ち」「IT断食」といわれることもあります。

デジタルデトックスとは、どのように行うのでしょうか。
効果には、どのようなものがあるのでしょうか。

そこで本記事では、「デジタルデトックス」について、以下の点を中心に紹介します。

  • デジタルデトックスの精神的効果とは
  • デジタルデトックスのメリットとは
  • デジタルデトックスのやり方について

デジタルデトックスについて理解するためにもご参考いただけますと幸いです。
ぜひ最後までお読みください。

スポンサーリンク

デジタルデトックスとは

「デジタルデトックス」とは、スマートフォンやパソコンなどのデジタル機器に触らない時間や日を作ることです。

デジタルデトックスすることで

  • ストレスや疲労を軽減し
  • 自然や現実世界とのつながりを楽しむ

などの効果が得られるとされています。

デジタルデトックスは、現実世界でのコミュニケーションや、自然へのつながりにフォーカスする取り組みです。

スポンサーリンク

デジタルデトックスとは:その効果

デジタルデトックスの効果は、心身の健康や生活の質を向上させられます。
ここでは、デジタルデトックスの効果について紹介します。

精神的効果

デジタルデトックスの「精神的効果」について、みていきましょう。

気持ちがすっきりする

デジタルデトックスすることで、精神的な効果があるとされています。

たとえば、

  • 気持ちがすっきりする
  • 目の疲れが取れる
  • 頭(脳)の回復力が高まる

などです。

デジタルデトックスを通じて、心にゆとりを持ち、気持ちをすっきりと整えられます。
デジタルデトックスは、デジタル機器に囲まれた忙しい日常から離れられます。
デジタルから距離を取ることで、自分との対話を大切にし、より豊かな精神状態を手に入れられるでしょう。

ストレスが減る

デジタルデバイスからの切断は、心と精神に良い効果をもたらします。

スマートフォンやSNSへの依存は、ストレスや不安を引き起こす可能性があります。
しかし、デジタルデトックスすることで、気持ちをすっきりさせられ、ストレスが減るでしょう。

デジタルデトックスの期間中、デジタルを使わずに過ごすことで、頭の中が静かになります。
メールやSNSの通知がないため、集中力が高まり、心がリラックスします。

安心感が増す

デジタルデトックスは、安心感が増します。

デジタルデバイスから離れて過ごす時間が増えることで、自然なアナログ時間を楽しめます。

その結果、安心感やリラックス効果を感じることも期待できるでしょう。
デジタルデトックスは、私たちの心と精神の健康をサポートする有益な方法です。

体調不良の改善

ここからは、「体調不良の改善」について紹介します。

目の疲れが取れる

デジタルデバイスの使用を制限することで、目の負担を減らし、眼精疲労の症状を軽減できるでしょう。

スクリーンのブルーライトやみつめ続ける作業は、目の筋肉が緊張し続けます。しかし、デジタルデトックスすることで、目の筋肉がリラックスし、疲れが取れるでしょう。
目の健康を保つためには、デジタルデバイスの使用を制限し、目を休める時間を確保することが必要です。

安眠効果

デジタルデトックスは、安眠効果があるといわれています。

デジタルからの一時的な切断や使用時間の制限によって、睡眠の質を向上させられます。
デジタルデバイスからの切断は、脳への刺激を減らし、心地良いリラックス状態を促します。

また、デジタルデバイスの使用時間を制限することで、睡眠の前に脳が刺激されることを避けられるのです。

脳疲労が軽減される

デジタルデトックスすることで、脳疲労が軽減されます。

デジタル機器からは多くの情報が入ってきますが、それを処理するのは脳です。
脳が情報過多になると、集中力や記憶力の低下や、眠気やだるさを感じます。

デジタル機器から離れることで、脳に負担をかけないで済みます。

SNSなどから離れる時間を作れる

デジタルデトックスを実践することで、SNSなどのデジタルプラットフォームから離れる時間を作れます。
この結果、心と時間の余裕を取り戻し、より充実した日常を送れるでしょう。

現代社会では、常にデジタルに接続されており、SNSの情報や刺激にさらされています。
しかし、デジタルデトックスすることで、刺激的な環境から離れ、リフレッシュする時間を作れるのです。
SNSを利用していた時間を活用することで、現実世界の人間関係や自己成長に注力できます。

おすすめ記事

生活習慣病になっているかもしれないと気になる方も多いのではないでしょうか。生活習慣病になってしまう原因がわかれば、予防ができます。本記事では生活習慣病の原因について以下の点を中心にご紹介します。 生活習慣病の原因とは 生活習[…]

デジタルデトックスのメリットデメリット

デジタルデトックスには、メリットだけでなく、デメリットも存在します。
ここでは、デジタルデトックスの「メリット」と「デメリット」について解説します。

メリット:時間を有意義に使える

デジタル機器に頼らないことで、時間を有意義に使えます。

たとえば、本を読む、趣味に没頭する、自分の知識やスキルを高める、など人間関係を深められるのです。

デジタルデトックスは、自分の生活に合わせて計画的に行うことが大切です。
1日に数時間だけ使わない、週末だけ使わないなど、自分に合った方法をみつけてみましょう。

メリット:通知を気にしなくて良くなる

「通知」とは、SNSやメールなどのアプリから届くお知らせのことです。

通知は、重要な情報や連絡を逃さないために役立ちますが、ストレスや疲労の原因にもなります。

仕事中や寝る前に通知が鳴ると、通知が気になり、返信しなければいけないと感じることでしょう。
また、SNSの通知は、他人との比較や、承認欲求の刺激などが生じることで、心の平穏を奪うこともあります。

デジタルデトックスすることで、通知のストレスから解放されます。
仕事や勉強に集中できるようになり、睡眠の質が向上することでしょう。

メリット:新たな発見をしやすくなる

デジタルデトックスのメリットは、新たな発見をしやすくなるということです。

新たな発見とは、自分の興味や関心を広げ、自分の可能性を広げることです。

デジタル機器を使わない時間に、本を読んだり、散歩などすると良いでしょう。
これらの活動は、デジタル機器では得られない感覚や知識や感動を与えてくれます。
また、自分の好きなことや得意なことをみつけるきっかけにもなります。

デジタルデトックスすることで、新たな発見ができます。
新たな発見は、自分の成長や幸せにつながります。
デジタル機器は捨てる必要はありませんが、それだけに頼らずに、目の前の現実にも目を向けましょう。

デメリット:仕事に支障をきたす

デジタルデトックスのデメリットは、仕事に支障をきたす可能性があるということです。

仕事において、デジタル機器は欠かせないツールです。
メールで連絡を取り合う、オンライン会議に参加する、資料を作成する際などに必要です。
デジタルデトックスすると、これらの業務ができなくなります。
また、上司や同僚からの重要な連絡や指示を見逃し、緊急の対応ができないなどのリスクもあります。

デメリット:暇な時間が増える可能性がある

デジタルデトックスは、暇な時間が増える可能性があります。

デジタル機器は、私たちの生活に多くの楽しみや便利さを提供してくれます。
SNSで有名人とつながり、音楽で気分転換できて、オンラインショッピングで欲しいものを手に入れられます。

デジタルデトックスすると、以上のような楽しみや便利さがなくなります。
すると、暇な時間が増えてしまい、退屈や不安を感じるかもしれません。

デメリット:長続きしにくい

デジタルデトックスは、長続きしにくい可能性があります。

デジタル機器は、私たちの生活に深く浸透しています。
仕事や勉強、コミュニケーションや娯楽など、さまざまな場面でデジタル機器を使っています。

デジタルデトックスすると、快楽や満足感などの感情が得られなくなります。
すると、不快感や不満を感じるかもしれません。
また、周りの人たちがデジタル機器を使っているのをみると、孤立感や焦りを感じることもあるでしょう。

スポンサーリンク

デジタルデトックスとは:やり方

デジタルデトックスは、自分の時間や関係性を見直し、幸福感を高められます。

具体的に、どのようにデジタルデトックスすれば良いのでしょうか。
以下では、デジタルデトックスのやり方について、紹介します。

物理的にデジタル機器と離れる

ここでは、「物理的」にデジタル機器と離れるやり方について紹介します。

デジタル機器を操作できない場所に置く

デジタルデトックスするには、自分のデジタル機器の使用時間や目的を把握することが大切です。
次に、デジタル機器を操作できない場所に置くことで、意識的に使わないようにします。
寝室や食卓、勉強机などはデジタル機器を置かないようにしましょう。

デジタル機器から離れることで、自分の時間や空間を取り戻せます。

デジタルデトックスは、自分のペースで無理なく行うことがポイントです。

スマホを持たずに外出する

デジタルデトックスのやり方の一つは、スマホを持たずに外出することです。
スマホを持たずに外出すると、周りの景色や音に気づき、人と会話を楽しめます。

また、スマホに頼らずに自分で道を探し、時間を管理することで、自立心や判断力も養われます。

スマホを持たずに外出するときは、必要な連絡は事前に済ませておきましょう。
また、緊急時に備えて、公衆電話やコンビニなどの場所を把握しておくと安心です。

デジタル機器の設定を利用する

以下からは、デジタル機器の設定方法についてみていきましょう。

デジタルデトックス用のアプリを利用する

デジタルデトックスするには、自分の意志だけではなかなか難しい場合もあります。
そこで役立つのが、デジタルデトックス用のアプリです。

デジタルデトックス用のアプリで

  • デジタル機器の使用時間を制限
  • 通知をオフ
  • 画面を暗くする

などで、デジタル機器から離れやすくします。

また、デジタルデトックス中に行うべき活動や目標を設定することで、モチベーションを高めます。

デジタルデトックス用のアプリは、さまざまな種類があります。
たとえば

  • 画面をみない時間に木が育つという仕組みで、自然を感じられるアプリ
  • 使用時間やアクセス可能なアプリをカスタマイズできるアプリ
  • 使用時間や使用頻度をグラフで表示し、自分の習慣を把握できるアプリ

などがあります。

自分の目的や、好みに合わせて選びましょう。

通知をオフにする

通知をオフにするというのは、メールやSNSなどのアプリから届く通知音を消すことです。

通知をオフにすると、常にスマホに気を取られることがなくなり、集中力やリラックス度が高まります。
また、自分のペースで情報をチェックできるようになります。

必要なときだけ、スマホをみるようにしましょう。

また、「ドライブモード」や「マナーモード」などの機能も活用しましょう。
デジタルデトックスは小さな工夫から始められます。

デジタル機器を利用している時間を見直す

デジタル機器を利用している時間を見直すことについて、みていきましょう。

デジタル機器の使用時間を把握する

まずは、自分がどれくらいデジタル機器を使っているかを把握することが大切です。

具体的に

  • どのアプリにどれくらい時間を費やしているか
  • 何時から何時まで使っているか
  • 使っているときにどんな気分になるか

などをチェックしましょう。
自分のデジタル機器の使用状況を客観的に把握し、無駄な使用を減らせます。

デジタルデトックスは、自分のペースで行うことが大切です。
無理せずに、少しずつ習慣化していきましょう。

デジタル機器の使用時間に関するルールを設定する

デジタル機器の使用時間に関するルールを設定することで、デジタルデトックスを効果的に行えます。

たとえば、以下のようなルールを試してみましょう。

  • 寝る前や起きた後は、デジタル機器を使わない
  • 食事中や会話中は、デジタル機器を見ない
  • 仕事や勉強以外では、デジタル機器の使用時間を1日1時間以内にする
  • 週に1日は、デジタル機器を完全にオフにする

これらのルールを守ることで、デジタル機器に依存しない生活を送れます。
デジタル機器の使用時間に関するルールを設定して、デジタルデトックスに挑戦してみましょう。

健達ねっとECサイト

デジタルデトックスとは:必要な背景

デジタル機器は、私たちの生活を便利にします。

一方で、過剰な使用はストレスや不安などの問題を起こす可能性があります。
以下では、デジタルデトックスが必要な背景について、紹介します。

デジタル機器の依存性が高いため

デジタル機器は、私たちの生活に便利さや楽しさをもたらします。

しかし、使いすぎるとさまざまな問題が起こります。
たとえば、

  • 睡眠不足
  • 目の疲れ
  • 肩こり
  • 集中力の低下
  • 人間関係の希薄化

などです。

また、SNSやゲームなどにはまってしまうと、自分の時間や自己管理能力が失われてしまうこともあります。

これらのデジタル機器の依存性が高い状態を「デジタル中毒」と呼びます。
デジタル中毒は、現代社会の新しい病気ともいえるでしょう。

デジタルデトックスは、このようなデジタル中毒から抜け出すための方法です。
デジタル機器を使わない時間を設けることで、自分の本当に大切なことに気づけます。
その結果、リラックスできて、趣味や人との交流が楽しめます。

いつでもデジタルデバイスに接続できるため

デジタルデトックスが必要な背景は、現代ではほとんどの方がデジタル機器に費やす時間が増加していることです。
そのため、こういったデトックスが人気になっているといえます。

デジタル機器は、私たちの生活を便利で快適なものにしてくれます。
しかし、頼りすぎることは逆に、本来持っている能力を退化させ、健康に悪影響を与えることもあります。

デジタルデトックスすることで、時間にゆとりが生まれるなどのメリットが期待できます。

デジタルデトックスは、デジタル機器を完全に手放して生きようというものではありません。
より健全に、デジタル機器やインターネットと付き合っていくために行うものです。

SNSによってネガティブな情報のストレスがあるため

SNSによってネガティブな情報のストレスがあるという問題が指摘されています。

ネガティブな情報とは

  • 誹謗中傷や暴言などの攻撃的なコメントや投稿
  • 自分より優れた人や幸せそうな人の投稿による劣等感や嫉妬心
  • 政治的・社会的な問題や事件などの不快なニュース

などです。

これらのネガティブな情報に触れることで、SNS利用者はメンタルヘルスに悪影響を受ける可能性があります。

具体的には

  • うつ病や不安障害などの精神疾患のリスクが高まる
  • 自己肯定感や自尊心が低下
  • 孤独感や虚無感を感じる

などがあります。

SNSは便利で楽しい一方で、メンタルヘルスに悪影響を及ぼす可能性もあるため、注意深く利用する必要があります。

薬の使い方

デジタルデトックスとは:注意点

デジタルデトックスには、注意点があります。

ここでは、デジタルデトックスの注意点について、詳しく紹介します。

効果が出ない場合がある

デジタルデトックスはデジタル機器を使わないだけで、ほかに何もしないと効果が出ない可能性があります。

デジタルデトックスの目的は、自分の時間や趣味、人間関係などを充実させることです。
本を読んだり、散歩したり、友人や家族と話しましょう。

そうすることで、デジタル機器に頼らなくても楽しめることがたくさんあることに気づくでしょう。

デジタルデトックスは、ただデジタル機器を使わないだけではなく、自分の生活を見直すきっかけにすることが大切です。

注意点を押さえて、効果的にデジタルデトックスしましょう。

無理に行わない

デジタルデトックスの時間を長時間にすると、仕事や学校、家族や友人などとの連絡が取れなくなります。

緊急の用事や相談事があったときに困るだけでなく、関係性にも影響を与える可能性があります。
相手が不安や不満を感じて、信頼や親密さが減るかもしれません。
デジタル機器を使わないことに、強いストレスを感じる方もいます。

デジタル機器への依存度が高いことや、自分の価値観がデジタル機器に関連していることが原因かもしれません。
このような場合、デジタル機器を使わないことで自己否定や孤独感を抱く恐れがあります。

デジタルデトックスは、自分に合った方法とペースで行うことが重要です。

無理に長時間行う必要はありません。
自分の生活や目的に応じて、適度な時間と方法を選びましょう。

効果が出ても元に戻りやすい

デジタルデトックスには、効果が出ても元に戻りやすいという落とし穴があります。

デジタル機器を使わない期間が終わったら、すぐに元の生活に戻ってしまう方が多いとされています。
その場合、デジタル機器の使いすぎによる弊害が再びあらわれます。

デジタルデトックスは一時的な解決策ではなく、習慣化することが大切です。
毎日決まった時間にデジタル機器はオフにする、週末には1日だけ使わないようにするなどしましょう。
また、デジタル機器を使う目的や時間を明確にすることも重要です。

デジタルデトックスはデジタル社会と関係

デジタル社会は、日本でもますます進んでいます。

だからこそ、デジタルデトックスはデジタル社会とのかかわり方の1つとして、覚えておくべきです。
デジタルデトックスは、スマートフォンやパソコンなどの電子機器から離れることで、心身をリフレッシュすることです。

長時間のスマートフォン使用は、目の疲れや肩こり、頭痛などの症状を引き起こすことがあります。
また、SNSやメールなどで常に情報を受け取ることでストレスを感じることもあります。そのため、定期的に電子機器から離れる時間を作ることが大切です。

スポンサーリンク

デジタルデトックスに関するよくある質問

デジタルデトックスに関する、よくある質問にはどのようなものがあるのでしょうか。
以下でそれぞれご紹介いたします。

デジタルデトックスのやり方は?

デジタルデトックスのやり方は、主に以下の方法があります。

  • デジタル機器を操作できない場所に置く
  • 使わない時間を決める
  • デバイスを使用することの一部をアナログな手法に置き換える
  • アプリで制限をかける
  • タイムロッキングコンテナを活用する
  • 寝室での充電を止める

デジタルデトックスは、デジタル機器から離れることで、ストレスを解消し、リフレッシュできます。
上記の方法を試してみましょう。

デジタルデトックスのメリットは?

デジタルデトックスのメリットは

  • ストレスの軽減やリフレッシュ効果
  • 集中力の向上
  • 睡眠の質の向上

などです。

デジタル機器やネットワークから離れることで、心の安定感やリラックス効果を得られます。
また、頭の中が整理され、クリエイティビティが高まるともいわれています。
自然の触れ合いや対面交流の時間を増やすことで、心のつながりや幸福感も向上するでしょう。

デジタルデトックスは、心と精神の健康を促進する有益な手段として注目されています。

デジタルデトックスとはどういう意味ですか?

デジタルデトックスとは、デジタル機器を意図的に使わないよう心がけて、心身のストレスや疲労を軽減・回復することです。

スマートフォンやパソコンなどのデジタルとの距離を置くことでストレスを軽減します。
現実世界でのコミュニケーションや、自然へのつながりにフォーカスする取り組みです。

出典:「デジタルデトックス」を実践してみた ~Wi-Fiコラム編集部体験レポ

スマホから離れるメリットは?

スマホから離れるメリットは、デジタル機器から離れることによって脳疲労が回復し、心身をリフレッシュできることです。

現実世界でのコミュニケーションや、自然へのつながりにフォーカスできます。

スマホ依存を抜け出す方法として

  • スマホを使わない時間を設ける
  • スマホを使う時間を減らす
  • スマホを使う場所を限定する

などがあります。

出典:【スマホ断ち】スマホから離れて気づいたメリット!私なりのデジタルデトックス体験談

スポンサーリンク

デジタルデトックスとはのまとめ

ここまで、「デジタルデトックス」の情報を中心にお伝えしました。
要点を以下にまとめます。

  • デジタルデトックスの精神的効果は、気持ちがすっきりする、ストレスが減る、安心感が増す
  • デジタルデトックスのメリットは、時間を有意義に使える、通知を気にしなくて良くなるなど
  • デジタルデトックスのやり方は、物理的にデジタル機器と離れる、デジタル機器の設定を利用するなど

これらの情報が少しでも皆様のお役に立てば幸いです。
最後までお読みいただきありがとうございました。

監修者 メディカル・ケア・サービス

  • 認知症高齢者対応のグループホーム運営
  • 自立支援ケア
  • 学研グループと融合したメディア
  • 出版事業
  • 社名: メディカル・ケア・サービス株式会社
  • 設立: 1999年11月24日
  • 代表取締役社長: 山本 教雄
  • 本社: 〒330-6029埼玉県さいたま市中央区新都心11-2ランド·アクシス·タワー29F
  • グループホーム展開
  • 介護付有料老人ホーム展開
  • 小規模多機能型居宅介護
  • その他介護事業所運営
  • 食事管理
  • 栄養提供
  • 福祉用具販売
  • 障がい者雇用

スポンサーリンク