ホーム

認知症を学ぶ

down compression

介護を学ぶ

down compression

専門家から学ぶ

down compression

書籍から学ぶ

down compression

健康を学ぶ

down compression
トップページ>健康お役立ち記事>ダイエット>リベルサスの効果は?飲んで痩せる?!知っておくべきリベルサスの効果と注意点

リベルサスの効果は?飲んで痩せる?!知っておくべきリベルサスの効果と注意点

最近よく聞くようになったリベルサスとは一体なんでしょうか?飲むだけで痩せる薬があったらな…なんて願っていたことが現実に?!手を出す前に知っておきたいリベルサスの知識をご紹介いたします。本記事では

  • リベルサスとは一体何か?
  • リベルサスの効果とは?
  • リベルサスは安全なのか?

そのほか注意点や具体的な効果についても解説いたします。リベルサスの効果が気になる方の参考として最後までお読みいただけたら幸いです。

スポンサーリンク

リベルサスとは

どんな薬か

リベルサスは、2型糖尿病の治療薬であり、GLP-1受容体作動薬の一種です。GLP-1受容体作動薬は、膵臓からのインスリン分泌を促し、分泌されたインスリンによって血糖値を下げる薬です。リベルサスは、食欲を抑える効果があるため、メディカルダイエットのお薬としても使われるようになっています。リベルサスには3mg、7mg、14mgの3種類がありますが、成分量が少ない3mgから始めることが推奨されています。

スポンサーリンク

リベルサスが効果的な理由

リベルサスは、糖尿病治療薬の一種であり、GLP-1受容体作動薬と呼ばれる薬剤です。GLP-1は、膵臓からインスリンの分泌を促進するホルモンであり、リベルサスはこのホルモンに似た作用を持ちます。リベルサスは、血糖値を下げる効果があり、糖尿病患者の治療に使用されます。リベルサスは、セマグルチドという遺伝子組換えタンパク質を含んでおり、SNACという吸収促進剤によって消化管からの吸収を可能にしています。

リベルサスを飲んで効果が出るまでの期間

どれらいの期間で効果がで始めるのでしょうか?効果をすぐに実感したいけれど…李ベルサスを飲むと身体の中でどのような作用が起こるのでしょうか?

飲み始めてから起こる身体の変化

リベルサスは、膵臓に作用して、血糖値が高くなると、インスリンの分泌を促進し、血糖値を下げます。

リベルサス服用が向いている人

リベルサスは、糖尿病患者に向いていますが、それ以外の人には向いていません。リベルサスは、糖尿病患者の血糖値を下げる効果がありますが、それ以外の人には副作用がある可能性があります。リベルサスを使用する前に、医師に相談することが重要です。

AGA

リベルサスの副作用

リベルサスの副作用として、悪心、下痢、便秘、嘔吐、腹部不快感等の胃腸障害や食欲減退が現れることがあります。また、低血糖や急性膵炎などの重篤な副作用も報告されています[1]。リベルサスは、週1回3mgから開始し、最終的に週1回7mgを服用することが推奨されています

健達ねっとECサイト

リベルサスの効果的な飲み方

胃の内容物により吸収が低下することから、起床後に空腹の状態で服用し、少なくとも30分は飲食を避けることが推奨されています。

薬の使い方

リベルサスの購入方法

リベルサスは、医療用医薬品であり、医師の処方箋が必要です。オンライン診療も最近では普及しています。

個人輸入は危険

患者が個人使用目的で一度に複数のリベルサスを輸入する場合、規制の対象となる可能性があるとのことです。また、個人輸入にはリスクが伴うため、医師の指示に従って正しく使用することが重要です。

リベルサスの効果についてのよくある質問

ここまでリベルサスについての説明をしてきましたが、もっと気になる点があるかと思います。ここではリベルサスについてよく挙げられ疑問について紹介してゆきます。

リベルサスの服用量を増やしてもいいのか

服用量を増やすことについては、医師の指示に従うことが重要です。リベルサスは胃腸の動きをゆっくりにする作用があるため、お腹が張ったり胃がもたれたり、便秘したり下痢したりなどの症状が出ることがあります。これは、薬の効果が出ている証拠であり、食事の減量が期待できます。

長い期間リベルサスを服用しても良いのか

リベルサスの長期服用については、主治医の指示に従うことが重要です。リベルサスは2型糖尿病治療薬として承認されており、血糖値のコントロールができるため、治療薬として効果を発揮してくれます。また、リベルサスは3mgから開始し、胃腸症状に問題がなければ7mgに増量することができます。

リベルサスと他の薬は一緒に飲んでも良いのか

リベルサスと他の薬の併用については、主治医に相談することが重要です。リベルサス錠とDPP-4阻害薬はいずれもGLP-1受容体を介した血糖降下作用があるため、保険審査上においても認められていないと考えられます。DPP-4阻害薬を服薬している患者にリベルサス錠が開始となった場合は、DPP-4阻害薬を中止する必要があるとされています。

妊娠中は服用できるのか

リベルサスは妊娠中には使用できない可能性があります。現在、リベルサスの妊娠中の使用に関する十分な研究は行われていないため、妊娠中の使用については主治医に相談することが重要です。

服用中に飲酒を可能か

リベルサスを飲んでいる時に飲酒することは避けるべきです。リベルサス錠は空腹時に服用する必要があり、服用時及び服用後少なくとも30分は飲食及び他の薬剤の経口摂取を避けるように指示されています。また、リベルサス錠は血糖値を下げる作用があるため、アルコールと併用すると低血糖症状を引き起こす可能性があります。

スポンサーリンク

リベルサスの効果についてのまとめ

ここまでリベルサスとその効果について書いてきました。記事の内容をまとめると以下の通りです。

  • リベルサスは糖尿病治療薬
  • リベルサスには副作用がある
  • リベルサスの効果

これらの情報が少しでも皆様のお役に立てれば幸いです。最後までお読みいただきありがとうございました。

監修者 メディカル・ケア・サービス

  • 認知症高齢者対応のグループホーム運営
  • 自立支援ケア
  • 学研グループと融合したメディア
  • 出版事業
  • 社名: メディカル・ケア・サービス株式会社
  • 設立: 1999年11月24日
  • 代表取締役社長: 山本 教雄
  • 本社: 〒330-6029埼玉県さいたま市中央区新都心11-2ランド·アクシス·タワー29F
  • グループホーム展開
  • 介護付有料老人ホーム展開
  • 小規模多機能型居宅介護
  • その他介護事業所運営
  • 食事管理
  • 栄養提供
  • 福祉用具販売
  • 障がい者雇用

スポンサーリンク