ホーム

認知症を学ぶ

down compression

介護を学ぶ

down compression

専門家から学ぶ

down compression

書籍から学ぶ

down compression

健康を学ぶ

down compression
トップページ>生活>ピル>ピルはどこで買える?正しい購入方法や購入費用を徹底解説!

ピルはどこで買える?正しい購入方法や購入費用を徹底解説!

ピルは避妊だけでなく、生理痛や子宮内膜症の治療にも有効です。
実際に近年は月経や更年期に伴う不調を改善するためにピルを利用する方も増えています。

ところで、ピルは一体どこで買えるのでしょうか?

本記事では、ピルはどこで買えるかについて以下の点を中心にご紹介します。

  • ピルはどこで買えるのか
  • ピルのオンライン処方とは
  • ピルの費用

ピルはどこで買えるかについて理解するためにもご参考いただけますと幸いです。
ぜひ最後までお読みください。

”オンライン診療だから通院する必要ナシ!お手頃価格で気軽にピルを飲み始めたい人にイチオシ‼”

今話題のmederiのオンラインピル処方
WEB予約限定クーポンはこちら

まとめて知りたい方必見!おすすめピルオンラインクリニック早見表

 おうちでクリニック
クリニック名mederiスマルナおうちでクリニックDMMオンラインクリニックエミシアクリニッククリニックフォアエニピル
おすすめポイント初月のピル代がかからない!
※送料550円はかかります
診療が無料で気軽に相談!
受診方法を選べる!
安くて分かりやすい料金プラン!
在籍医師が診察!
取り扱いピルが多数!
ピルの種類が豊富!
1日あたり71円からピルを利用できる!
最短で1時間以内に薬を受け取れる!
代引き可能!
圧倒的な実績!
支払い手段が豊富!
ピルの処方が数10分で完了!
診療を24時まで受付!
ピルの種類低用量ピル
中容量ピル
アフターピル
低用量ピル
中容量ピル
アフターピル
低用量ピル低用量ピル
中容量ピル
アフターピル
アフターピル低用量ピル
中容量ピル
アフターピル
低用量ピル
中容量ピル
アフターピル
ピル処方代6シートおまとめプラン
2,970円/シート
12ヶ月一括決済プラン
2,380円/シート
毎月定期プラン(マーベロン28・アンジュ28・トリキュラー28)
2,783円/シート
低用量ピルらくらく定期便3ヶ月ごと
2,178円/シート
72時間以内アフターピル
9,350円
低用量ピル定期便
2,783円/シート
12ヶ月一括プラン
2,563円/シート
診療代・送料診療代
0円
送料
550円
※2ヶ月目以降からおまとめプランにすると「送料無料」
診察代
1,500円
送料
0円
診療代
0円
送料
550円
初月500円オフ
診療代
0円
送料
550円
診療代
750円
送料
750円
※超特急便の場合10,000円~
診療代
1,650円
送料
550円
診療代
2,200円
送料
370円
※12ヶ月一括プランは送料無料
診療対応時間10:00〜22:0010:00〜18:0010:00-19:00平日8:00〜22:00
土日8:00〜22:00
24時間対応9:30~20:3010:00〜24:00
配送時期最短当日発送
翌日到着
18時までの決済で当日発送最短翌日ポストにお届け最短即日配送最短当日発送最短当日発送最短当日発送翌日到着
当日診療対応
公式サイト
公式サイトはこちら
公式サイトはこちら
公式サイトはこちら
公式サイトはこちら
公式サイトはこちら
公式サイトはこちら
公式サイトはこちら

ピルとは

ピルとは女性用の経口避妊薬です。
具体的には、女性ホルモンの働きを調節することで妊娠を回避します。

月経困難症・子宮内膜症・子宮がんの治療や予防に用いられることもあります。

ピルの使い方

ピルは毎日同じ時間に服用することが基本です。
ピルには21錠タイプと28錠タイプの2種類があります。

21錠タイプのピルの使い方

21錠タイプのピルは、1シートに21錠入っているタイプです。

21錠タイプのピルは、生理の初日から毎日1錠ずつ服用し、それを3週間続けます
その後、1週間は薬を休みます
この休薬期間に出血が起こりますが、この出血は排卵がない無排卵月経です。

休薬期間の8日目に、新しいシートからピルを飲み始めます。
休薬期間中も避妊効果は持続しますが、ピルを飲み忘れた場合は、避妊効果が低下する可能性があります。

28錠タイプのピルの使い方

28錠タイプのピルは、1シートに28錠入っているタイプです。
ピルを飲み始めるタイミングは、21錠タイプと同じです。

28錠タイプのピルは、1シートを飲み終わったら、すぐに新しいシートからピルを飲み始めます
休薬期間がないため飲み忘れが起こりにくいです。

28錠タイプのピルのうち、最後の7錠はプラセボ(無効成分)で、生理を誘発するためにあります。
この間に、生理が来ます。

プラセボを飲んでいる間も避妊効果は持続しますが、ピルを飲み忘れた場合は、避妊効果が低下する可能性があります。

ピルの効果

ピルには、避妊だけでなく、生理痛やPMSの改善、生理周期の安定、肌荒れの改善、卵巣がんや子宮体がんの予防など、多くの効果があります。
以下で詳しく解説します。

ピルの効果|避妊

ピルの最も一般的な効果は、避妊です。

ピルに含まれる黄体ホルモンと卵胞ホルモンの刺激により、体内でこれらの女性ホルモンが正常量生成されなくなります。
その結果として、排卵が起こらなくなり、子宮頸管の粘度が増し精子が子宮に入りにくくなり、子宮内膜の増殖が抑えられ受精卵が着床しにくくなる等の変化が生じます。

ピルは、正しく飲むことで、99.9%の高い避妊効果を発揮します。

ピルは、性感染症(STD)やエイズなどの感染症を防ぐことはできません。
性感染症の予防のためには、コンドームなどのバリア法を併用する必要があります。

ピルの効果|生理痛・PMSの改善

ピルは、生理痛やPMSの改善にも効果があります。
生理痛やPMSは、女性ホルモンの変動によって引き起こされるものです。

ピルは、女性ホルモンの変動を抑えることで、生理痛やPMSの症状を軽減します。
ピルを飲むことで、生理痛やPMSによる不快感やストレスを減らすことができます。

ピルの効果|生理周期

ピルは、生理周期を調整する効果もあります。
生理不順や月経困難症などの場合、ピルを飲むことで、生理周期を安定させることができます。

ピルを飲むことで、生理の日数や量をコントロールすることもできます。
ピルを飲むことで、生理による不便や不安を減らすことができます。

ピルの効果|ニキビや肌荒れの改善

ピルは、ニキビや肌荒れの改善にも効果があります。
ニキビや肌荒れは、男性ホルモンの影響によって引き起こされるものです。

ピルは、男性ホルモンの分泌を抑えることで、ニキビや肌荒れの原因を取り除きます。
ピルを飲むことで、肌の状態を改善し、美肌効果を得ることができます。

ピルの効果|卵巣がんや子宮体がんの予防

低用量ピルを服用することで、卵胞ホルモンの分泌量が減り、卵巣への排卵刺激が弱くなります。
その結果、卵巣がんの発症リスクが低下すると考えられています。

また、子宮体がんも同じ原因で起こるとされています。
子宮内膜に過剰な卵胞ホルモンが作用して、子宮内膜症から子宮体がんに進行する可能性があります。
低用量ピルを服用することで、子宮体がんの発症リスクも低下すると考えられています。

ピルの副作用

一方で、ピルには副作用のリスクもあります。
代表的な副作用は次の通りです。

  • 不正性器出血
  • 倦怠感・だるい
  • 吐き気

ピルはどこで買えるの?

ピルはどこで買えるのでしょうか。
ピルの主な購入方法をご紹介します。

病院で処方してもらう

ピルは基本的に、病院または調剤薬局で購入します。
ピルを購入するには、必ず医師の処方箋をもらわなければなりません。
なぜなら、日本においてピルは医療用医薬品にあたるためです。

ピルの処方は婦人科が行うことが一般的です。
クリニックによっては、内科がピルを処方することもあります。

ピルの処方の可否はクリニックや医師によって違います。
ピルがどこで買えるのかわからないときは診療科に関わらず、まずかかりつけ医に相談してみるのもおすすめです。

ドラッグストアでも購入できる?

ピルはドラッグストアでは購入できません。
日本では、ピルを購入するには医師の処方箋が必要だからです。

なお、ピルの処方箋はオンライン診療でも入手できます。
たとえば忙しいなどの理由で通院できない場合、オンライン診療を検討してみるのもおすすめです。

関連記事

ピルは、ドラッグストアなどの店頭では購入できません。ピルは医療用医薬品に分類されるため、購入するときは医師の処方箋が必要になります。そもそも、ピルは病院の対面診療を受けないと購入できないのでしょうか。ピルはネットで購入できな[…]

ピルはオンラインでも処方できる

ピルはオンライン診療でも入手可能です。
ここからは、ピルのオンライン処方についてご紹介します。
ピルがどこで買えるのか迷っている方は、ぜひ参考にしてください。

オンライン診療とは

オンライン診療とは、情報通信機器を利用して遠隔で医師の診療を受けることです。
情報通信機器とは、電話・テレビ電話が代表的です。

オンライン診療の特徴は、通院せずに医師の診察を受けられる点です。
オンラインですので、診察待ち・会計待ちの時間も発生しません。
オンライン診療は、対面での診療よりも大幅に時間を短縮できます。

そのためオンライン診療は以下の方に適しています。

  • 多忙で通院できない方
  • 遠方の病院で診察を受けたい方

他の患者の方と顔を合わせたり、院内感染したりする心配がない点もオンライン診療の魅力です。

ではオンライン診療を受けた場合、ピルはどこで買えるのでしょうか。
主な購入方法は次の2つです。

  • 郵送で指定の場所(自宅など)に届く
  • 調剤薬局に取りに行く

受け取り方法は、自分のニーズにあわせて選びましょう。

なお、オンライン診療はアフターピルの処方には適していないことがあります。
アフターピルとは、性交渉後に避妊目的で服用するピルです。
アフターピルの多くは、行為後72時間以内に服用しなければなりません。

一方、オンライン診療は診察からピルの受け取りまでに数日かかることもあります。
そのため緊急にピルを入手したい場合は、通常の対面診療での処方がおすすめです。

オンライン診療の流れ

オンライン診療でピルを購入する場合の、主な流れは次の通りです。

  • WEBなどで診療日を予約する
  • 専用のアプリなどがある場合はインストールしておく
  • 予約当日に診療を受ける
  • 支払い
  • ピルの受け取り

支払いはクレジットカード決済・銀行引き落としが一般的です。

ネット通販はリスクが高い

「ピルはどこで買える?」とネット検索して、ピル用の通販サイトがヒットした方も多いのではないでしょうか。

実はインターネットでもピルを購入可能です。
ただし、日本ではピルのネット通販はあまり推奨されていません。

基本的にネットでのピル購入は、個人輸入という形になるためです。
個人輸入用のピルの中には、下記のものが流通していることが少なくありません。

  • 模造品
  • 粗悪品
  • 偽薬

個人輸入したピルの服用は原則として自己責任になります。
たとえば著しく健康を損なっても、多くの場合救済措置制度は利用できません。

健康被害を避けるためにも、ピルは以下の方法で入手することが望ましいです。

  • 医療機関
  • オンライン診療

出典:厚生労働省【医薬品等を海外から購入しようとされる方へ |厚生労働省

【通販】個人輸入による被害件数

厚生労働省はピルの個人輸入に警鐘を鳴らしています。
個人輸入したピルで深刻な健康被害を受ける方が、一定数存在するためです。

たとえばネット通販で海外製の経口妊娠中絶薬を個人輸入した女性は、次のような副作用で入院しています。

  • 多量出血
  • けいれん
  • 腹痛

健康を守るためにも、ネット通販でのピル購入は避けるのが無難です。
具体的には、医師に処方されたものを服用しましょう。

ピルの処方は通常の対面診療またはオンライン診療で可能です。
ピルをどこで買えるのかわからない場合は、ひとまず最寄りの医療機関に相談するのも1つの方法です。

ピルの相場費用

ピルの費用相場は、ピルの種類・処方の仕方・保険適用の可否によって違います。
通常の対面診療とオンライン診療のピルの費用の例は次の通りです。

【低用量ピル】

 ピル代(円)診察料・処方料(円)
対面診療2,500~3,0001,000~2,000
オンライン診療2,500~3,0001,000~1,500

ピルの値段自体は、対面診療・オンライン診療でほとんど差はありません。
ただし、診察料はオンライン診療のほうがやや安い傾向があります。

そのため、総額でみるとオンライン診療のほうが安く済むケースが多くみられます。
ただし、具体的なピルの値段・診察料はクリニックなどによって違います。

ところで、ピルは保険適用になるのでしょうか。
実は保険適用の可否は、ピルの使用目的によって違います。

ピルに保険が適用にされるのは、なんらかの病気の治療・予防に用いられる場合です。
たとえば下記の場合などに、保険適用になります。

  • 月経困難症の改善
  • 子宮内膜症
  • 子宮がんの予防など

一方、避妊が目的の場合は、原則として保険は適用されません。

安いピルはどこで買える?安くピルを購入する方法

フォトフェイシャルと東京まとめ

ピルの購入は、価格だけでなく、利便性やサービスも考慮に入れるべきです。

以下では、クリニック別の価格比較からオンライン診療クリニックの利用、さらに割引やキャンペーンを活用した購入方法まで、ピルを安く手に入れるための情報を提供します。

クリニック別に値段を比較する

ピルの価格はクリニックによって異なります。

一部のクリニックでは、初回診察費用が無料で、ピルの価格も比較的安価です。
しかし、他のクリニックでは、診察費用が別途必要で、ピルの価格も高い場合があります。

したがって、複数のクリニックの価格を比較し、自分の予算に合ったクリニックを選ぶことが重要です。

オンラインピル診療クリニックで購入する

オンラインピル診療クリニックは、通院の必要がなく、自宅から簡単にピルを購入できるため、忙しい現代人にとって非常に便利です。

また、オンラインクリニックでは、通常のクリニックよりもピルの価格が安い場合が多いです。
さらに、匿名性が保たれ、プライバシーを守ることができます。

オンラインピルクリニックなら割引やキャンペーンで安く買える

オンラインピルクリニックでは、定期的な割引やキャンペーンが行われており、これを利用することで、さらにピルを安く購入することが可能です。

例えば、初回購入割引や、定期購入割引などがあります。
これらの割引を活用することで、通常よりも大幅に安くピルを手に入れることができます。

ただし、割引やキャンペーンは期間限定のものも多いため、利用する際は期間や条件を確認することが重要です。

ピルが買えるオンラインクリニックの選び方

ピルオンラインクリニックを選ぶ際のポイントをご紹介します。
オンラインでのピル処方を検討している方は、ぜひ次の5つのポイントをチェックしてみてください。

ピルの値段を相場と比較する

ピルオンラインクリニックを選ぶときは、ピルの値段を必ず確認しましょう。
原則としてピルは保険適用外のため、クリニックによって値段の設定に大きな幅があります。

一般的なピルの相場は1箱3,000円です。
費用を抑えるには、相場と同等もしくは安いピルを選んでください。
クリニックによっては、まとめ買い・定期購入すると割引が受けられる場合もあります。

なお、相場より大幅に安いピルは避けるのが望ましいです。
安すぎるピルは、偽薬・粗悪品のおそれがあるためです。

ピルの種類が複数あるか確認する

できれば、複数のピルを取り扱っているオンラインクリニックを選びましょう。
ピルは体質によって合わないことがあるためです。
あるいは、同じピルでも一相性と三相性では効き目が若干異なります。

複数種類を扱っているクリニックであれば、ピルの選択肢が増えます。
選択肢が多いほど、ご自身に合ったピルを選びやすくなります。

ピルの発送時期が早いクリニックを選ぶ

オンライン診療では、ピルは基本的に自宅配送されます。
そのためクリニックを選ぶときは、ピルの発送時期を確認することが大切です。

たとえばすぐピルを飲みたい方は、発送のタイミングができる限り短い方が良いでしょう。
具体的には、当日発送・翌日発送を行っているクリニックがおすすめです。

自宅配送は、病院や薬局に行かずともピルを受け取れる点がメリットです。
一方で、発送までに日数を要すると、希望の服用開始日にピルが間に合わないこともあります。

ピルの服用はタイミングが大切です。
希望日に服用を開始できるよう、ピルの受け取りまでにかかる時間は必ず確認してください。

診療時間が生活に合っているクリニックを選ぶ

希望の時間に診療を受けられるオンラインクリニックを選びましょう。
オンラインといっても、診療時間はクリニックによって異なるためです。

たとえば終業後に受診したい場合は、夜間診療に対応しているクリニックを選ぶ必要があります。

平日の診療が難しい場合は、土日祝対応のクリニックが良いでしょう。
ぜひご自身のライフスタイルに合ったオンラインクリニックを探してみてください。

アフターフォローに対応しているか確認する

オンライン処方を受ける場合は、アフターフォロー対応のクリニックを選びましょう。
ピルは服用後に副作用が出ることもあるためです。

できれば副作用に対応すると明確に謳っているクリニックを選んでください。
あるいは診察回数に縛りがないクリニックもおすすめです。
なにかトラブルがあったときに、気軽に相談できるためです。

【編集部おすすめ】ピルが買えるおすすめオンラインクリニック6選!

 おうちでクリニック
クリニック名mederiスマルナおうちでクリニックDMMオンラインクリニックエミシアクリニッククリニックフォアエニピル
おすすめポイント初月のピル代がかからない!
※送料550円はかかります
診療が無料で気軽に相談!
受診方法を選べる!
安くて分かりやすい料金プラン!
在籍医師が診察!
取り扱いピルが多数!
ピルの種類が豊富!
1日あたり71円からピルを利用できる!
最短で1時間以内に薬を受け取れる!
代引き可能!
圧倒的な実績!
支払い手段が豊富!
ピルの処方が数10分で完了!
診療を24時まで受付!
ピルの種類低用量ピル
中容量ピル
アフターピル
低用量ピル
中容量ピル
アフターピル
低用量ピル低用量ピル
中容量ピル
アフターピル
アフターピル低用量ピル
中容量ピル
アフターピル
低用量ピル
中容量ピル
アフターピル
ピル処方代6シートおまとめプラン
2,970円/シート
12ヶ月一括決済プラン
2,380円/シート
毎月定期プラン(マーベロン28・アンジュ28・トリキュラー28)
2,783円/シート
低用量ピルらくらく定期便3ヶ月ごと
2,178円/シート
72時間以内アフターピル
9,350円
低用量ピル定期便
2,783円/シート
12ヶ月一括プラン
2,563円/シート
診療代・送料診療代
0円
送料
550円
※2ヶ月目以降からおまとめプランにすると「送料無料」
診察代
1,500円
送料
0円
診療代
0円
送料
550円
初月500円オフ
診療代
0円
送料
550円
診療代
750円
送料
750円
※超特急便の場合10,000円~
診療代
1,650円
送料
550円
診療代
2,200円
送料
370円
※12ヶ月一括プランは送料無料
診療対応時間10:00〜22:0010:00〜18:0010:00-19:00平日8:00〜22:00
土日8:00〜22:00
24時間対応9:30~20:3010:00〜24:00
配送時期最短当日発送
翌日到着
18時までの決済で当日発送最短翌日ポストにお届け最短即日配送最短当日発送最短当日発送最短当日発送翌日到着
当日診療対応
公式サイト
公式サイトはこちら
公式サイトはこちら
公式サイトはこちら
公式サイトはこちら
公式サイトはこちら
公式サイトはこちら
公式サイトはこちら

mederi

メデリピルはmederi株式会社が運営するオンラインピル処方専用クリニックです。

mederiのおすすめポイント

  • 初月のピル代がかからない
  • 診療が無料で気軽に相談できる
  • LINEで診療予約

mederiが選ばれる理由

mederiは安心して始めやすく、続けやすいクリニックを目指しています。
初月のピル代と診療代が無料なので、ピルの服用が初めての方でも始めやすいクリニックです。
※送料550円はかかります。

2ヶ月目以降からおまとめプランにすると「送料無料」でピルを受け取ることができます。

診療時間は5〜7分と、音声だけの電話でも可能です。
スキマ時間にいつでも、どこでも診療を受けられます
さらに産婦人科医が診療を担当するため、安心して悩みを相談することができます。

mederiでは診療予約から受診、服薬管理を全てLINE上で行うことが可能です。
医師への相談や受付もLINE上で行えるため、何かトラブルが起きた際もすぐに相談できます。

配送は中身がわからないように行なわれます。
飲んでいることを知られたくない人も安心して利用できます。

2回目にはオリジナルピルケースが届きます。
また飲み方カードやガイドブックがついてくるので、初めての方も安心して受けられます。

mederiでピルを受け取るまでの流れ

STEP1LINEで診療希望日を予約
STEP2オンライン診療を受診
STEP3最短翌日薬をポストで受け取る
STEP4定期便の場合毎月ピル配送

mederiの低用量ピル処方詳細

プラン【6シートおまとめプラン】【3シートおまとめプラン】【定期便プラン】
支払い金額2,970円/シート
総額:17,820円
2,970円/シート
総額:9,460円
2,970円/シート
総額:2,970円
割引金額年間6,600円お得年間4,400円お得

mederiの中容量ピル・アフターピル処方詳細

ピルの種類中容量ピルアフターピル
料金(1か月分)1,980円〜9,900円〜

mederiのピル処方オンライン診療詳細

ピルの種類低用量ピル/中用量ピル/アフターピル
ピル処方代6シートおまとめプラン:2,970円/シート
診療代・送料診療代:0円
送料:550円
※2ヶ月目以降からおまとめプランにすると「送料無料
割引情報プラチナ会員10%off
予約方法LINE
診療方法・診療時間診療方法:テレビ電話(Face Time/GoogleDuo)
診療時間:5~7分
診療対応時間10:00~22:00
当日診療対応
配送時期最短当日発送翌日到着
mederi
公式サイトはこちら

スマルナ

スマルナは株式会社ネクイノが運営するオンラインでのピル処方専門クリニックになります。

スマルナのおすすめポイント

  • 受診方法を選べる
  • 安くて分かりやすい料金プラン
  • プライバシーに配慮した配送

スマルナが選ばれる理由

スマルナが選ばれる理由の1つは診察の受診方法を選べることです。
他のオンラインピルクリニックでは、ビデオ通話や電話など受診方法が指定されています。

スマルナはビデオ通話はもちろん、顔や声を出す必要のないチャット形式で診察を受けることが可能です。

スマルナは低用量ピルの定期便を2,380円/シートと安くピルを利用できます。
診察代は1,500円で固定、送料が無料であるため、料金も分かりやすいです。

スマルナはピルの配送面でプライバシーに配慮しています。
他のクリニックの中では、差出人が病院となっていることも少なくありません。
しかしスマルナの場合差出人が担当医師の名前で品名は雑貨として配送されます。

プライバシーに配慮されているため、実家暮らしの方でも安心して利用可能です。

スマルナでピルを受け取るまでの流れ

STEP1本人確認
STEP2問診回答
STEP3オンライン診察
STEP4薬の受け取り

スマルナの低用量ピル処方詳細

プラン【12ヶ月一括決済プラン】【3シートずつ決済プラン】【1シートずつ決済プラン】
支払い金額2,380円~/シート
総額:28,560円
2,780円~/シート
総額:8,340円
2,980円~/シート
総額:2,980円
割引金額年間7,200円お得3ヶ月で1,200円お得 

スマルナの中用量ピル・アフターピル処方詳細

ピルの種類中用量ピルアフターピル
料金(1ヶ月分)2,900円~9,480円~

スマルナのピル処方オンライン診察詳細

ピルの種類低用量ピル/中用量ピル/アフターピル
ピル処方代12ヶ月一括決済プラン:2,380円/シート
診察代・送料診察代:1,500円
送料:0円
割引情報100万ダウンロード突破キャンペーン期間限定5,000円off
予約方法アプリ/Web
診察方法・診察時間診察方法:ビデオ通話/チャット
診察時間:5分
診察対応時間10:00~18:00
当日診察対応
配送時期18時までの決済で当日発送
スマルナ
公式サイトはこちら

おうちでクリニック

おうちでクリニックは、Medvice株式会社が運営するスマホやPCで予約から診察、お薬の処方までワンストップで完結するオンライン診療サービスです。

おうちでクリニックのおすすめポイント

  • 在籍医師が診療するから安心
  • 明確な料金
  • 取り扱いピル多数

おうちでクリニックが選ばれる理由

おうちでクリニックが選ばれる理由の1つは在籍医師が診察するなどサポートが充実していることです。
おうちでクリニックは、診察にあたる医師のほか、薬剤師や看護師など医療スタッフがサポートしてくれます。

おうちでクリニックは、お薬代2,783円~、診察料1,650円、送料550円の値段設定です。
上記以外の料金が発生することはないので、安心に利用できます。

おうちでクリニックは、多数のピルを取り扱っています。
様々なピルの取り扱いがあるので、自分自身いあったピルを見つけることができます。

おうちでクリニックでピルを受け取るまでの流れ

STEP1

診察予約

STEP2

医師との診察

STEP3

ポストへお届け

おうちでクリニックの低用量ピル処方詳細

プラン

【毎月定期プラン(マーベロン28・アンジュ28・トリキュラー28)】

【毎月定期プラン(フリウェルULD)】

【毎月定期プラン(ドロエチ配合錠)】

支払い金額

2,783円

5,610円

6,538円

割引金額

おうちでクリニックのピルオンライン診療の詳細

ピル種類

低用量ピル

ピル処方代

毎月定期プラン(マーベロン28・アンジュ28・トリキュラー28):2,783円

診療代・送料

診療代:0円
送料:550円
初月500円オフ

割引情報

予約方法

WEB予約

診療方法・診療時間

診療方法:ビデオチャット
診察時間:10-15分程度

診療対応時間

10:00-19:00

当日診療対応

配送時期

最短翌日ポストにお届け

おうちでクリニック
公式サイトはこちら

DMMオンラインクリニック

DMMオンラインクリニックは、DMMグループが運営するオンライン診療専門クリニックです。

DMMオンラインクリニックのおすすめポイント

  • ピルの種類が豊富
  • 1日あたり71円からピルを利用できる
  • DMMポイントを貯められる

DMMオンラインクリニックが選ばれる理由

DMMオンラインクリニックは取り扱っているピルの種類が豊富です。
低用量ピルや中用量ピルはもちろん、ミニピルや超低用量ピルも取り扱っています。

ピルの種類だけでなく、薬剤の種類も幅広く取り扱っています。
そのため目的や悩みに合ったピルを選ぶことが可能です。

最も安いプランだと1ヶ月2,178円から利用できるため、1日あたり71円でピルを利用できます。
さらに診療料がかからないため、ピルの服用を始めやすいです。

DMMオンラインクリニックはピルの支払いでDMMポイントが貯まります。
貯まったポイントはピルの支払いだけでなく、他のDMMのサービスにも利用可能です。

DMMオンラインクリニックでピルを受け取るまでの流れ

STEP1スマホやPCで診療予約をする
STEP2ビデオ通話形式で診療受診
STEP3処方箋と決済金額を確認して支払いを行う
STEP4薬を受け取る

DMMオンラインクリニックの低用量ピル処方詳細

プラン【らくらく定期便6ヶ月ごと】【らくらく定期便3ヶ月ごと】【らくらく定期便1ヶ月ごと】【単月】
支払い金額2,178円/シート
総額:13,068円
2,178円/シート
総額:6,534円
2,783円/シート
総額:2,783円
3,179円/シート
総額:3,179円
割引金額半年で6,006円お得3ヶ月で3,003円お得1ヶ月で396円お得

DMMオンラインクリニックの中容量ピル・アフターピル処方詳細

ピルの種類中容量ピルアフターピル
料金(1か月分)4,378円8,998円〜

DMMオンラインクリニックのピル処方オンライン診療詳細

ピルの種類低用量ピル/中用量ピル/アフターピル
ピル処方代低用量ピルらくらく定期便3ヶ月ごと:2,178円/シート
診療代・送料診療代:0円
送料:550円
割引情報DMMポイント制度
予約方法WEB予約
診療方法・診療時間診療方法:マイページからビデオ通話
診療時間:10分程度
診療対応時間平日:8:00~22:00
土日:8:00~21:00
当日診療対応
配送時期最短即日発送
DMMオンラインクリニック
公式サイトはこちら

エミシアクリニック

エミシアクリニックは、アフターピルの処方を行うオンラインピルクリニックです。

エミシアクリニックのおすすめポイント

  • 最短で1時間以内に薬を受け取れる
  • 誰にもバレずに診療を受診可能
  • 代引き可能

エミシアクリニックが選ばれる理由

エミシアクリニックの最大の強みは、薬を受け取るまでの時間です。
東京・埼玉・千葉・神奈川であれば、別途配送料が1万円かかりますが、最短1時間以内に薬を受け取れます

上記以外の地域であっても、最短翌日に薬を受け取ることが可能です。

さらに24時間診療受付、診療もLINE上で5分で完結するため、誰にもバレずに診療を受けられます。

エミシアクリニックはクレジットカードだけでなく、代金引換にも対応しています。
ポストに投函されるため、不在でも受け取ることが可能です。

エミシアクリニックは、避妊失敗して急遽アフターピルが必要となった方におすすめします。

エミシアクリニックでピルを受け取るまでの流れ

STEP1LINEで公式LINEを友だち追加
STEP2LINEで届いた問診票に回答
STEP3薬を受け取る

エミシアクリニックのアフターピル処方詳細

ピル72時間用アフターピル120時間用アフターピル
支払い金額9,350円15,950円

エミシアクリニックのピル処方オンライン診療詳細

ピルの種類アフターピル
ピル処方代72時間以内アフターピル:9,350円
診療代・送料診療代:750円
送料:750円
※超特急便の場合10,000円~
割引情報なし
予約方法LINE
診療方法・診療時間診療方法:LINE
診療時間:5分
診療対応時間24時間対応
当日診療対応
配送時期最短当日発送
※東京・埼玉・神奈川・千葉に限り最短1時間発送
エミシアクリニック
公式サイトはこちら

エニピル

エニピルは株式会社サルースが運営するオンライン専門のピル処方クリニックです。

エニピルのおすすめポイント

  • ピルの処方が数十分で完了
  • 診療を24時まで受付
  • 継続利用でお得

エニピルが選ばれる理由

エニピルの最大の特徴は、ピルを処方してもらうまでの時間の早さです。
LINEで5分程度問診に回答した後は、30分以内に医師から電話がかかってきます。

診療を担当する医師は薬の処方のみを行うため、診療時間は5分と短時間で済みます。
服用方法や副作用などで何か疑問点がある場合は、専用の窓口で相談可能です。

診療受付時間も朝10時から夜12時までとオンラインピルクリニックの中でも比較的長いです。
忙しい方でもスキマ時間を使ってピルの処方を受けられます。

エニピルは継続すると、通常よりお得にピルを利用できます。
12ヶ月一括プランだと送料も無料となるため、単品1ヶ月プランより年間で12,240円安くなるのです。

元々長期のピル服用を考えている方は、エニピルをおすすめします。

エニピルでピルを受け取るまでの流れ

STEP1問診票に回答
STEP2回答後30分以内に医師のオンライン診療受診
STEP3薬を受け取る

エニピルの低用量ピル処方詳細

プラン【12ヶ月一括プラン】【毎月配送プラン】【1ヶ月単品配送プラン】
支払い金額2,563円/シート
総額:30,756円
※別途診療代2,200円
2,563円/シート
総額:2,563円
※別途診療代2,200円と送料370円
3,278円/シート
総額:3,278円
※別途診療代2,200円と送料370円
割引金額年間12,240円お得年間7,200円お得

エニピルのアフターピル処方詳細

ピルの種類中容量ピルアフターピル
料金(1ヶ月分)2,563円~9,900円~

エニピルのピル処方オンライン診療詳細

ピルの種類低用量ピル/中用量ピル/アフターピル
ピル処方代12ヶ月一括プラン:2,563円/シート
診療代・送料診療代:2,200円
送料:370円
※12ヶ月一括プランのみ送料無料
割引情報12ヶ月一括割引
予約方法LINE
診療方法・診療時間診療方法:電話
診療時間:5分
診療対応時間10:00~24:00
当日診療対応
配送時期最短当日発送翌日到着
エミピル
公式サイトはこちら

 

ピルは誰でも購入できる?

ピルは誰でも購入可能なのでしょうか。
性別・年齢別にご紹介します。

高校生でも購入できる?

高校生でもピルの購入は基本的に可能です。
クリニックの中には、高校生のピル購入の際は親の同席・同意を求めるところもあります。

未成年のピル購入への対応の仕方は、クリニック・医師によって違います。
できれば、事前にHP・電話などで購入の可否を確認しておくのがおすすめです。

男性でも購入できる?

基本的に男性はピルの購入はできません。
特にアフターピルについては、男性の購入を断っているクリニックがほとんどです。

男性がピルを購入できない主な理由は次の通りです。

  • 女性へのピル服用の強要を防ぐため
  • ピル服用を前提とした危険な性交渉の強要を防ぐため

なお、男性のピル購入への対応方針はクリニック・医師によって違います。

市販化でピルがドラックストアで買えるって本当?

世界のピルの販売事情

海外では処方箋なしで自由にピルを購入できる国もあります
代表的なのはアメリカです。

日本でも、ピルの一般用医薬品化が検討されています。
ピルが一般用医薬品に移行すれば、ドラッグストアなどで自由に購入することも可能になります。
出典:厚生労働省【緊急避妊薬に関する海外実態調査結果概要

日本のピルの販売事情

現在、日本の厚生労働省では、アフターピル(緊急避妊薬)を医師の診察を経ないで購入可能とする方向で検討が進められています
しかしながら、今のところその実施時期については具体的に明らかにされていません

アフターピルは性行為後72時間以内に摂取する必要があり、早ければ早いほど避妊効果が高まると言われています。
したがって、アフターピルが一般販売されることで、緊急避妊手段へのアクセスが容易になり、予期せぬ妊娠のリスクをより一層低減することが可能になると考えられます。

しかし、前述した通り、現在はまだ一般販売はされていないため、妊娠の可能性があって避妊を望む人は速やかに医師の指導のもと、アフターピルを摂取することが重要です。

一方で、ピルが自由に市販されない理由としては、使用方法の誤解や副作用への対応能力が十分でない可能性が指摘されています。
現在のところ、ピルは医師の診察を受けた後に購入可能となっております。
もし市販されるようになった場合、誤った使用や副作用への適切な対応ができない恐れがあるため、そのリスクは慎重に考えられるべきです。

ピルの種類

ピルは大きくわけて4種類あります。
それぞれの特徴をご紹介します。

低用量ピル

低用量ピルは、成分の配合量が0.05mg以下のものを指します。
日本で利用されているピルの多くは低用量ピルです。

代表的な種類は次の通りです。

  • トリキュラー
  • アンジュ
  • マーベロン
  • ファボワール
  • ルナベル

低用量ピルは、主に避妊・月経困難症の治療などに用いられます。

中用量ピル

中用量ピルは、成分の配合量が0.05mgよりも多いピルのことです。
主に月経移動などを目的に利用されます。

中用量ピルは成分量が多いぶん、低用量ピルよりも高い効果を期待できます。
ただし、低用量ピルよりも副作用のリスクも高い点に留意してください。

超低用量ピル

超低用量ピルは、成分の配合量が0.03mg以下のピルです。
避妊効果はほとんどなく、主に月経困難症の治療に用いられます。

主な種類は次の通りです。

  • ヤーズ
  • ヤーズフレックス

アフターピル

アフターピルは、緊急避妊を目的として服用するピルです。
妊娠した可能性のある性交渉から72時間以内に服用しなければなりません。

ピルを服用する際の注意点

ピルを服用する際の注意点をご紹介します。
ピルの服用を検討している方は、ぜひ確認してください。

ピルと他の薬との併用には注意

ピルと他の薬との併用には注意しましょう。
副作用が出たり、ピルの効果が弱まったりするおそれがあるためです。

ピルとの併用を避けるべき薬の種類は次の通りです。

併用が禁忌の薬ヴィキラックス配合錠
ピルの効き目を弱める薬抗生物質・抗てんかん薬・精神刺激薬・抗HIV薬
ピルの効き目を強くする薬解熱鎮痛薬・抗真菌薬
ピルによって効き目が弱まる薬血糖降下薬・モルヒネ・解熱鎮痛薬
ピルによって効き目が強くなる薬副腎皮質ステロイド・三環系うつ剤・免疫抑制剤

常用薬がある場合は、必ず初回の診察の際に医師に相談してください。

性病感染症の予防はできない

ピルでは性病の感染予防はできません。
性交渉に関してピルに期待できるのは、あくまで避妊効果のみです。

性病の予防にはコンドームが有効です。
ピルとコンドームを併用することで、より高い避妊効果を期待できます。

ピルで子宮頸がん・乳がんの発症リスクを下げることはできない

ピルには卵巣がん・子宮体がんのリスクを下げる効果が指摘されています。
一方で、子宮頸がん・乳がんのリスクはピルの服用によって上昇することが分かりました。

ピル服用者の乳がんの発症率は、非服用者に比べて1.08倍〜1.24倍です。
服用が長期にわたるほど、がんの発症率にも増加傾向がみられます。

がんの発症を完全に防ぐことは困難です。
ただし、早期発見によって悪化を防ぐことは可能です。

ピルを服用する方は、がんの早期発見につなげるためにも定期的な健診を受けましょう。
年に1回の婦人科検診・乳がん検診がおすすめです。

出典:日本乳癌学会【低用量経口避妊薬(OC)や低用量エストロゲン・プロゲスチン配合薬(LEP)の使用は乳癌発症リスクを増加させるか?

ピルが市販で買えない理由とは?

ピルが市販購入できない理由は、誤った利用法での健康被害を防ぐためです。
たとえば知識がない方の場合、副作用リスクが高まる服用の仕方をするおそれがあります。

あるいは「ピルを飲めばいい」という考え方が浸透することで、危険な性交渉の増加につながるとも懸念されています。

一方で、日本ではアフターピルの自由販売の許可へ向けた動きも出ています。将来的にはピルが市販で購入できる可能性もあります。

ピルはどこで買える?に関するよくある質問

ピルに関するよくある質問をQ&A方式でまとめました。
ぜひ参考にしてください。

ピルが体質に合わない場合どうしたらいいですか?

ピルが体質に合わない場合は、他のピルを試してみてください。
ピルの変更については、かかりつけ医に遠慮なく相談しましょう。

ピルの種類を多く取り扱っているクリニックを選ぶことが大切です。

産婦人科でピルだけもらうことはできますか?

原則として、産婦人科でピルの処方だけを受けることはできません。
ピルの処方の際には、問診や体重・血圧測定などが必要になるためです。

長期服用の場合は、2回目以降からピルの受け取りだけを許可している産婦人科もあります。

問診なしでピルを購入したい場合は、定期配送対応のオンラインクリニックの利用も検討してみてください。

定期配送の場合は、決まった間隔でピルが自宅に配送されます。
診察時間を省略したい方にはおすすめの方法です。

ただし、オンラインクリニックでもピルだけを受け取れるのは原則として2回目以降です。
初回のピル処方の際は、問診・健康観察が行われます。

ピルで月経移動(生理をずらすこと)はできますか?

はい、できます。
ピルは避妊やPMSの症状をを緩和する目的でも使用されますが、月経を移動させることも可能です。

ピルを服用することで、生理日を予定より早めるもしくは遅らせることができます。
服用するピルは同じですが、飲み方を変える必要があります。

普段から低用量ピルを服用している場合は、月経移動の方法が異なるため注意してください。

ピルによる月経移動について、以下の記事でさらに詳しく解説しています。

関連記事

ピルは経口避妊薬といい避妊目的として用いられることが多い薬です。しかし避妊効果だけでなく、生理への改善効果もあります。ではピルは生理にどのような改善効果をもたらしてくれるのでしょうか?そこで本記事では以下の点を中心に解説して[…]

ピルをオンラインで買うデメリットはありますか?

ピルをオンラインで購入するデメリットは次の通りです。

  • 配送料がかかり、総額が予想外に高くなることがある
  • 対面診療でないため、顔色・体調の変化をキャッチできないことがある
  • 副作用対応・アフターフォローがないことがある

デメリットを回避するには、事前に配送料・アフタフォロー対応などを確認することが大切です。

ピルの副作用はなにがありますか?

ピルの代表的な副作用は次の通りです。

  • 血栓症
  • 不正性器出血
  • 頭痛・腹痛
  • むくみ
  • 乳房の張り・痛み
  • 吐き気

吐き気・頭痛は血栓症の初期症状でもあります。
少しでも気になる不安がある場合は、かかりつけ医に相談してください。

特に次のような方は副作用のリスクが高いとされています。

  • 喫煙者
  • 閉経を迎えた方
  • 高血圧
  • 自身・血縁者に循環器系の持病がある方
  • 肥満の方

該当する方は、ピルの処方の際に医師に伝えてください。

妊娠中でもピルを服用できますか?

妊娠中は原則としてピルの服用は控えるべきとされています。
なお、妊娠中に服用しても胎児への影響はないという研究結果が出ています。

必ず医師に相談した上で服用を検討してください。

ピルの1相性と3相性の違いはなんですか?

1相性と3相性の違いは、1錠あたりのホルモン含有量です。
1相性のピルは、ワンシートのピルのホルモン含有量はすべて同じです。

対して3相性のピルでは、ホルモン含有量が3段階で異なります。
3相性のピルは生理周期にあわせてホルモンの投与量を変化させていきます。
身体本来のホルモンバランスの邪魔をしないため、不正性器出血などの副作用が出にくいのが特徴です。

生理前にピルを飲んでも大丈夫ですか?

生理前にピルを飲んでよいかどうかは、個人の月経状況によって異なります
基本的には、ピルは生理初日・または生理開始後最初の日曜日に飲み始めます。

ただし、生理がなかなかこない方は生理前に服用を開始することもあります。
生理前の服用の可否については、かかりつけ医に相談してください。

ピルを服用することで生理痛は緩和できますか?

ピルは避妊手段として認知されがちですが、それだけではなく、排卵を制御し、女性ホルモンのバランスを安定させる効果もあります。
これにより、生理痛の緩和や、PMS(生理前症候群)の軽減などの効果が期待できます

また、ニキビの改善や生理日の調整も可能であり、日常生活をより快適に過ごすための一助となります。
さらに、子宮内膜の増殖を抑える作用から、子宮内膜症など特定の医療状況下での治療としても使用されることがあります。

その中でも、特に低用量ピルはエストロゲンとプロゲステロンという2つの女性ホルモンを含む薬剤で、排卵を抑制し、子宮内膜の厚みを減らす効果があります。
その結果、月経量が減少し、生理痛も軽減します。

過去には避妊を目的とした使用が一般的でしたが、近年では生理痛や月経困難症の緩和、生理周期の調整など、より多角的な目的で利用されています。
特に生理痛の軽減効果は高く評価されており、鎮痛剤を用いずとも日常生活を送れるようになる人も多いとされています。

ただし、これらの利用には医師の診察が必要なため、まずは医療専門家と相談することをお勧めします。

ピルは男性でも購入できますか?

男性がピルを購入することはできません
ピルの処方には医師の診察が必要であり、実際に服用する女性が医師の診察を受ける必要があります。

また、個人輸入はリスクが高いため、推奨されません。

「ピルはどこで買える」まとめ

ここまでピルはどこで買えるかについてお伝えしてきました。
ピルはどこで買えるかの要点を以下にまとめます。

  • ピルを購入できるのは、病院やオンライン診療
  • ピルのオンライン処方とは、リモートで医師の診療を受けてピルを処方してもらう方法
  • ピルの費用は1箱2,500円~3,000円程度

これらの情報が少しでも皆様のお役に立てば幸いです。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

まとめて知りたい方必見!おすすめピルオンラインクリニック早見表

 おうちでクリニック
クリニック名mederiスマルナおうちでクリニックDMMオンラインクリニックエミシアクリニッククリニックフォアエニピル
おすすめポイント初月のピル代がかからない!
※送料550円はかかります
診療が無料で気軽に相談!
受診方法を選べる!
安くて分かりやすい料金プラン!
在籍医師が診察!
取り扱いピルが多数!
ピルの種類が豊富!
1日あたり71円からピルを利用できる!
最短で1時間以内に薬を受け取れる!
代引き可能!
圧倒的な実績!
支払い手段が豊富!
ピルの処方が数10分で完了!
診療を24時まで受付!
ピルの種類低用量ピル
中容量ピル
アフターピル
低用量ピル
中容量ピル
アフターピル
低用量ピル低用量ピル
中容量ピル
アフターピル
アフターピル低用量ピル
中容量ピル
アフターピル
低用量ピル
中容量ピル
アフターピル
ピル処方代6シートおまとめプラン
2,970円/シート
12ヶ月一括決済プラン
2,380円/シート
毎月定期プラン(マーベロン28・アンジュ28・トリキュラー28)
2,783円/シート
低用量ピルらくらく定期便3ヶ月ごと
2,178円/シート
72時間以内アフターピル
9,350円
低用量ピル定期便
2,783円/シート
12ヶ月一括プラン
2,563円/シート
診療代・送料診療代
0円
送料
550円
※2ヶ月目以降からおまとめプランにすると「送料無料」
診察代
1,500円
送料
0円
診療代
0円
送料
550円
初月500円オフ
診療代
0円
送料
550円
診療代
750円
送料
750円
※超特急便の場合10,000円~
診療代
1,650円
送料
550円
診療代
2,200円
送料
370円
※12ヶ月一括プランは送料無料
診療対応時間10:00〜22:0010:00〜18:0010:00-19:00平日8:00〜22:00
土日8:00〜22:00
24時間対応9:30~20:3010:00〜24:00
配送時期最短当日発送
翌日到着
18時までの決済で当日発送最短翌日ポストにお届け最短即日配送最短当日発送最短当日発送最短当日発送翌日到着
当日診療対応
公式サイト
公式サイトはこちら
公式サイトはこちら
公式サイトはこちら
公式サイトはこちら
公式サイトはこちら
公式サイトはこちら
公式サイトはこちら

※この記事はアフィリエイト広告を含んでおります

監修者 メディカル・ケア・サービス

  • 認知症高齢者対応のグループホーム運営
  • 自立支援ケア
  • 学研グループと融合したメディア
  • 出版事業
  • 社名: メディカル・ケア・サービス株式会社
  • 設立: 1999年11月24日
  • 代表取締役社長: 山本 教雄
  • 本社: 〒330-6029埼玉県さいたま市中央区新都心11-2ランド·アクシス·タワー29F
  • グループホーム展開
  • 介護付有料老人ホーム展開
  • 小規模多機能型居宅介護
  • その他介護事業所運営
  • 食事管理
  • 栄養提供
  • 福祉用具販売
  • 障がい者雇用

スポンサーリンク