ホーム

認知症を学ぶ

down compression

介護を学ぶ

down compression

専門家から学ぶ

down compression

書籍から学ぶ

down compression

健康を学ぶ

down compression
トップページ>生活>ピル>エミシアクリニックは怪しい?アフターピルや口コミについても徹底解説!

エミシアクリニックは怪しい?アフターピルや口コミについても徹底解説!

ピルは、ドラッグストアなどの店頭では購入できません。
ピルは医療用医薬品に分類されるため、購入するときは医師の処方箋が必要になります。

そもそも、ピルは病院の対面診療を受けないと購入できないのでしょうか。
ピルはネットで購入できないのでしょうか。

本記事ではピルの購入方法について以下の点を中心にご紹介します。

  • 病院やクリニックでピルを購入する方法
  • ネットでピルを購入する方法
  • 低価格のピルを購入する方法
  • 診療なしでピルを購入する方法

ピルの購入方法を理解するためにもご参考いただけますと幸いです。
ぜひ最後までお読みください。

”オンライン診療だから通院する必要ナシ!お手頃価格で気軽にピルを飲み始めたい人にイチオシ‼”

今話題のmederiのオンラインピル処方
WEB予約限定クーポンはこちら
目次

まとめて知りたい方必見!おすすめピルオンラインクリニック早見表

 おうちでクリニック
クリニック名mederiスマルナおうちでクリニックDMMオンラインクリニックエミシアクリニッククリニックフォアエニピル
おすすめポイント初月のピル代がかからない!
※送料550円はかかります
診療が無料で気軽に相談!
受診方法を選べる!
安くて分かりやすい料金プラン!
在籍医師が診察!
取り扱いピルが多数!
ピルの種類が豊富!
1日あたり71円からピルを利用できる!
最短で1時間以内に薬を受け取れる!
代引き可能!
圧倒的な実績!
支払い手段が豊富!
ピルの処方が数10分で完了!
診療を24時まで受付!
ピルの種類低用量ピル
中容量ピル
アフターピル
低用量ピル
中容量ピル
アフターピル
低用量ピル低用量ピル
中容量ピル
アフターピル
アフターピル低用量ピル
中容量ピル
アフターピル
低用量ピル
中容量ピル
アフターピル
ピル処方代6シートおまとめプラン
2,970円/シート
12ヶ月一括決済プラン
2,380円/シート
毎月定期プラン(マーベロン28・アンジュ28・トリキュラー28)
2,783円/シート
低用量ピルらくらく定期便3ヶ月ごと
2,178円/シート
72時間以内アフターピル
9,350円
低用量ピル定期便
2,783円/シート
12ヶ月一括プラン
2,563円/シート
診療代・送料診療代
0円
送料
550円
※2ヶ月目以降からおまとめプランにすると「送料無料」
診察代
1,500円
送料
0円
診療代
0円
送料
550円
初月500円オフ
診療代
0円
送料
550円
診療代
750円
送料
750円
※超特急便の場合10,000円~
診療代
1,650円
送料
550円
診療代
2,200円
送料
370円
※12ヶ月一括プランは送料無料
診療対応時間10:00〜22:0010:00〜18:0010:00-19:00平日8:00〜22:00
土日8:00〜22:00
24時間対応9:30~20:3010:00〜24:00
配送時期最短当日発送
翌日到着
18時までの決済で当日発送最短翌日ポストにお届け最短即日配送最短当日発送最短当日発送最短当日発送翌日到着
当日診療対応
公式サイト
公式サイトはこちら
公式サイトはこちら
公式サイトはこちら
公式サイトはこちら
公式サイトはこちら
公式サイトはこちら
公式サイトはこちら

エミシアクリニックは怪しい?偽物や届かないという噂は本当?

エミシアクリニックは怪しいという声がネット上で見られることがあります。
エミシアクリニックは、アフターピルをオンラインで処方するサービスですが、その安全性や信頼性について不安に感じる方もいるでしょう。

以下では、エミシアクリニックのアフターピルは偽物なのか、エミシアクリニックは届かないのかという2つのよくある疑問について、事実に基づいて解説します。

エミシアクリニックのアフターピルは偽物なの?

エミシアクリニックのアフターピルは偽物ではありません
エミシアクリニックは、厚生労働省の認可を受けた正規の医療機関です。

エミシアクリニックで処方されるアフターピルは、日本で承認されたノルレボやエラーオンなどのブランド名のもので、海外からの個人輸入品ではありません。
エミシアクリニックのアフターピルは、日本の医薬品の品質基準に適合したもので、安全性や有効性に問題はありません。

エミシアクリニックのアフターピルが届かないというのは本当?

エミシアクリニックのアフターピルは届かないということはありません

エミシアクリニックは、オンラインでの問診やカウンセリングを行った後、処方箋を発行し、指定の薬局からアフターピルを発送するサービスです。

発送の際に追跡番号をメールで通知し、配送状況を確認できるようにしています。

エミシアクリニックは、平日の午前10時までに申し込みを完了した場合は、当日中に発送し、翌日に到着するようにしています。
ただし、土日祝日や年末年始などの休業日は発送を行わないので、その場合は翌営業日に発送されることに注意してください。

万が一、発送に遅れやトラブルが発生した場合は、メールや電話で連絡をして対応をしてくれます。

エミシアクリニックの口コミや評判

エミシアクリニックの口コミ・評判について知りたい方は多いでしょう。
エミシアクリニックは、アフターピルをオンラインで処方するサービスですが、その利便性や満足度についてどう思っているのでしょうか。

エミシアクリニックの良い口コミ・評判

エミシアクリニックの良い口コミ・評判は、以下のようなものがあります。

エミシアクリニックは、オンラインでの問診やカウンセリングが簡単で、時間や場所を選ばずに利用できるという点が評価されています。
スマホやパソコンから24時間365日いつでも申し込みができ、医師や薬剤師とのやりとりもメールやチャットで行えます。
実店舗に行く必要がないので、人目を気にすることなく、プライバシーを守りながらアフターピルを処方してもらえるというメリットがあります。

エミシアクリニックは、アフターピルの発送が早くて安心できるという点も好評です。
平日の午前10時までに申し込みを完了した場合は、当日中に発送し、翌日に到着するようにしています。
発送の際には追跡番号をメールで通知し、配送状況を確認できるようにしています。

エミシアクリニックは、アフターピルはできるだけ早く服用することが重要であるということを考慮して、迅速に対応してくれるという点が高く評価されています 。

エミシアクリニックは、医師や薬剤師の対応が丁寧で親切であるという点も多くの利用者から好評を得ています。

アフターピルの処方にあたって、必要な問診やカウンセリングを行い、アフターピルの効果や副作用、服用方法や注意点などを詳しく説明してくれます。
アフターピルの服用後にも、メールやチャットでフォローアップを行い、気になることや不安なことがあれば相談に乗ってくれます。

エミシアクリニックの悪い口コミ・評判

エミシアクリニックの悪い口コミ・評判は、以下のようなものがあります。

エミシアクリニックはオンラインでの処方であるため、実際に医師や薬剤師に会って話すことができないという点が不満に感じる方もいるようです。

メールやチャットでのやりとりがメインであるため、質問や相談に対する回答が遅れたり、十分に伝わらなかったりすることがあるかもしれません。
エミシアクリニックは、オンラインでの処方であることを前提に利用することが必要です 。

エミシアクリニックの利用者の中には、アフターピルの価格が高いと感じる方もいるようです。

ですが、エミシアクリニックのアフターピルの価格には、問診やカウンセリング、処方箋発行、発送などの費用が全て含まれています。
エミシアクリニックのアフターピルの価格は、実店舗で処方される場合と比べても、それほど高くはありません。

しかし、アフターピルの価格は、保険適用外であるため、自己負担となります。
利用者の経済状況によっては、負担に感じることもあるかもしれません 。

エミシアクリニックのおすすめポイント!

エミシアクリニックは、アフターピルをオンラインで処方するクリニックです。

エミシアクリニックは、アフターピルを必要とする女性にとって、以下のようなおすすめポイントがあります。

オンライン診療でいつでもどこでも相談や申し込みが可能

エミシアクリニックは、オンライン診療を行っているので、いつでもどこでもスマホやパソコンから相談や申し込みができます。
オンライン診療は、事前に予約する必要がなく、待ち時間もないので、時間や場所にとらわれずに利用できます。

オンライン診療では、医師がアフターピルの服用方法や注意点などを丁寧に説明してくれます。
また、オンライン診療は、匿名で行えるので、プライバシーも守られます。

申し込みから受け取りまでが早い

エミシアクリニックでは、オンライン診療を受けた後、すぐにアフターピルを発送してくれます。

アフターピルは、性交後72時間以内に服用することが推奨されています。
エミシアクリニックでは、最短で翌日にアフターピルを受け取ることができます。

アフターピルは、宅配便で届けられるので、自宅や職場などで受け取ることができます。
また、荷物の外装は、アフターピルとわからないようになっているので、周囲に気づかれる心配もありません。

24時間365日相談が可能

エミシアクリニックでは、オンライン診療だけでなく、電話やメールでも24時間365日相談ができます。
アフターピルに関する疑問や不安などがあれば、いつでも気軽に連絡できます。

エミシアクリニックのスタッフは、女性の立場になって親身になって相談に応じてくれます。
また、アフターピルの服用後に副作用や異常があった場合にも、すぐに対応してくれます。

アフターサポートが充実している

エミシアクリニックでは、アフターピルの服用後にも、しっかりとサポートしてくれます。
アフターピルの服用後には、妊娠の有無や生理の状態などを確認する必要があります。

エミシアクリニックでは、アフターピルの服用後に、妊娠検査薬や生理予測キットを無料で提供してくれます。
また、アフターピルの服用後に、不正出血や生理不順などがあった場合にも、医師が適切な処置やアドバイスをしてくれます。

まとめて知りたい方必見!おすすめピルオンラインクリニック早見表

 おうちでクリニック
クリニック名mederiスマルナおうちでクリニックDMMオンラインクリニックエミシアクリニッククリニックフォアエニピル
おすすめポイント初月のピル代がかからない!
※送料550円はかかります
診療が無料で気軽に相談!
受診方法を選べる!
安くて分かりやすい料金プラン!
在籍医師が診察!
取り扱いピルが多数!
ピルの種類が豊富!
1日あたり71円からピルを利用できる!
最短で1時間以内に薬を受け取れる!
代引き可能!
圧倒的な実績!
支払い手段が豊富!
ピルの処方が数10分で完了!
診療を24時まで受付!
ピルの種類低用量ピル
中容量ピル
アフターピル
低用量ピル
中容量ピル
アフターピル
低用量ピル低用量ピル
中容量ピル
アフターピル
アフターピル低用量ピル
中容量ピル
アフターピル
低用量ピル
中容量ピル
アフターピル
ピル処方代6シートおまとめプラン
2,970円/シート
12ヶ月一括決済プラン
2,380円/シート
毎月定期プラン(マーベロン28・アンジュ28・トリキュラー28)
2,783円/シート
低用量ピルらくらく定期便3ヶ月ごと
2,178円/シート
72時間以内アフターピル
9,350円
低用量ピル定期便
2,783円/シート
12ヶ月一括プラン
2,563円/シート
診療代・送料診療代
0円
送料
550円
※2ヶ月目以降からおまとめプランにすると「送料無料」
診察代
1,500円
送料
0円
診療代
0円
送料
550円
初月500円オフ
診療代
0円
送料
550円
診療代
750円
送料
750円
※超特急便の場合10,000円~
診療代
1,650円
送料
550円
診療代
2,200円
送料
370円
※12ヶ月一括プランは送料無料
診療対応時間10:00〜22:0010:00〜18:0010:00-19:00平日8:00〜22:00
土日8:00〜22:00
24時間対応9:30~20:3010:00〜24:00
配送時期最短当日発送
翌日到着
18時までの決済で当日発送最短翌日ポストにお届け最短即日配送最短当日発送最短当日発送最短当日発送翌日到着
当日診療対応
公式サイト
公式サイトはこちら
公式サイトはこちら
公式サイトはこちら
公式サイトはこちら
公式サイトはこちら
公式サイトはこちら
公式サイトはこちら

オンラインで購入できるピルとは

ピルとは、「経口避妊薬」のことです。
ピルは、合成された女性ホルモンの作用を利用した避妊効果の高い薬です。

世間一般でピルと呼ばれているのは、「低用量ピル」のことです。
避妊効果だけでなく、生理痛やPMS(月経前症候群)、生理不順の改善にも効果があります。
この他にも、超低用量ピルや中用量ピル、アフターピルといった種類があります。

「超低用量ピル」は、主に生理痛などの月経困難症や子宮内膜症の治療に使われています。
「中用量ピル」は、生理日を前後させるために使われます。
「アフターピル」は、正しく避妊しなかった性行為後に服用する緊急避妊薬です。

こちらの記事でも、ピルのオンラインクリニックについて紹介しています。
気になる方は、ぜひこちらの記事もご覧ください。

関連記事

ピルのオンライン処方を利用したことがある方も多いのではないでしょうか。ピルのオンライン処方は、安く購入できます。では、ピルのオンライン処方が安い理由には、どのようなものがあるでしょうか。本記事では、ピルのオンライン処方が[…]

ピルの購入方法

ピルの購入方法には、注意点があります。
以下で詳しく紹介するので、ピル購入の際の参考にしてください。

市販ではピルは購入できない

ピルは、医師の処方箋が必要な医療用医薬品に分類されます。
そのため、ドラッグストアや薬局で直接購入することはできません。

ピルの市販化を求める声が上がる中、2017年に厚生労働省にてアフターピルの市販化に関する審議が始まりました。
しかし、現在も議論が続いている状況で市販化にはいたっていません。

ピルが市販化されない背景には、下記のようなさまざまな懸念の声があるためです。

  • 避妊具の使用率低下による性感染症の増加
  • ピルの悪用や乱用のリスク
  • SNSでの転売の可能性
  • 避妊に失敗したときの対応の遅れ

このようにピルの市販化については、賛否両論さまざまな意見があります。
そのため、今後も審議が必要な案件といえるでしょう。

病院でピルを処方してもらう

ピルは、病院やクリニックで診療を受けて処方してもらうことが一般的です。
また、産婦人科だけでなく、内科でも処方してもらえます。
医師に直接診療してもらうため、自身に合ったピルを購入できる方法となります。

ピルを処方してもらう流れとしては、問診や検査後に処方してもらうのが一般的です。
しかし、過去にかかった病気や怪我、検査の結果によっては処方してもらえない場合があります。

基本的な検査内容としては、問診や身体測定、検尿、血圧測定などがあります。
場合によっては血液検査や内診することもあります。

オンライン診療を受けてピルを処方してもらう

ピルを購入するには、オンライン診療を受けて処方してもらう方法もあります。
オンライン診療とは、オンライン上で医師の診療を受けることです。
ネットや電話で診療の予約をとり、ピルを処方してもらう流れが一般的になります。

「オンライン診療」では、医師の診療からピルの処方まですべてWEB上で可能です。
そのため、時間や場所に関係なくスマホで簡単に予約がとれる点がメリットになります。

さらに、通院の負担軽減や人目を気にせず診療を受けられる点が魅力です。
学業や仕事で忙しく通院に時間がとれない方や、婦人科受診の敷居が高く感じている方にはおすすめの購入方法です。

ネット通販でピルを購入する

ピルはネット通販でも購入できますが、おすすめはできません。
理由は、ネットで出回っているピルは正規品でない可能性が高いためです。
購入サイトによっては安全性が保障できないこともあるので注意が必要です。

安さに惹かれて購入すると、体調が悪くなったり、本来の効果が得られなかったりします。

ネット通販を利用するときは、クリニックの公式サイトから購入するのがおすすめです。

最近はSNSやフリマアプリなど、個人間でピルを購入するケースもみられます。
しかし、医薬品医療機器等法に違反する可能性があるため、ネット通販での購入は避けましょう。

こちらの記事でも、ピルはどこで購入できるのかについて解説しています。
さらに詳しく気になる方は、こちらの記事もぜひご覧ください。

関連記事

ピルは避妊だけでなく、生理痛や子宮内膜症の治療にも有効です。実際に近年は月経や更年期に伴う不調を改善するためにピルを利用する方も増えています。ところで、ピルは一体どこで買えるのでしょうか?本記事では、ピル[…]

あなたにおすすめのピルの購入方法はどれ?

ピルの購入方法はいくつかあるので、自分に合った購入方法を見つけることが大切です。
以下でニーズに合わせたピルの購入方法を紹介するので、ぜひ参考にしてください。

病院やクリニックでのピル処方がおすすめの方

病院やクリニックで処方してもらう方法は、以下のような方に向いています。
詳しく紹介するのでぜひ参考にしてください。

医師の診療を受けたい

医師の診療を受けたい方は、病院やクリニックで直接診療してもらうことをおすすめします。

医師に直接診療してもらうことで、体質や症状に合ったピルを処方してもらえます。
そのため、自身に合ったピルを購入できるのです。

病院やクリニックでは、診療だけでなく不安や悩みを相談することもできます。
ピルを飲むことに抵抗がある方や、初めてピルを内服する方にとって不安はつきものです。

身体の状態やライフスタイルに合わせてピルの種類や飲み方などを検討してくれます。

診療時に質問して不安を解消したい

診療時に直接質問して不安を解消したい方は、病院やクリニックで診療してもらう方法がおすすめです。

診療時間内であれば、その場で直接質問できるため不安を解消しやすいでしょう。
また、事前に質問したいことをまとめておくとスムーズに診療が受けられます。

診療時には、医師が直接視診や触診、聴診します。
そのため、自分では気がつかなかった異常が早期発見されることもあります。
そのことで不安の緩和につながることもあるでしょう。

正規品のピルを買いたい

正規品のピルを購入したい方は、病院やクリニックで診療してもらう方法がおすすめです。

ネットやアプリでもピルを購入できますが、正規品ではない可能性があります
正規品のピルを手に入れたいのであれば、医師に直接診療してもらいましょう。

ピルにもさまざまな種類があり、服用する目的によって処方されるピルは違ってきます。

体質や症状に合ったピルの処方を希望している方は、病院やクリニックで処方してもらう方法がおすすめです。

内診で詳しく体調を調べたい

内診とは膣の中を直接触診したり、器具を用いて診療したりすることです。
内診することで病気の早期発見につながります

ピルを処方するにあたって、基本的に内診を受ける必要はありません。
診療時に医師が「内診が必要である」と判断したのであれば、行う場合はあるでしょう。

内診では器具を使用して細胞の一部を採取して検査に出すことで、悪性腫瘍の可能性がわかります。

生理不順などの症状がある方は、念のため内診などで詳しく検査することがあるようです。
まずは問診して、説明を受け納得した上で必要な検査が行われます。

オンライン診療でのピル処方がおすすめの方

オンライン診療は以下のような方におすすめです。
詳しく紹介するので、参考にしてください。

診療時間内に病院に行けない

対面診療の場合は、診療時間外に受診すると割増料金がかかってしまいます。
時間を気にして焦ったり、金銭的にも負担が大きくなるのでデメリットです。

オンライン診療では、希望する診療時間を自由に予約できます
24時間、いつでも予約を受け付けている医療機関が多いからです。
忙しくて診療時間内に病院に行けない方には、オンライン診療がおすすめです。

場所や時間を選ばずにいつでも診療してもらえる点は、魅力の1つです。
仕事や育児などで多忙な生活を送っている人が多い現代に、マッチしたサービスといえるでしょう。

通院するのが面倒

病院まで距離がある方や体調が悪い方は、長時間の移動や交通費を費やして通院することが負担です。
引っ越しなどでかかりつけの病院に通えなくなった方は、定期通院が難しくなります。

こういった方々には、通院の手間がないオンライン診療がおすすめです。
ピルのオンライン診療は予約から処方まで、すべて自宅で行えます。

外出する必要がないので、自宅にてリラックスした状態で診療を受けられます
通院や待ち時間の手間を省きたい方におすすめです。

このようにオンライン診療は多くの方のニーズに合っているといえます。

対面での診療は緊張する

病院は独特な雰囲気があるため、苦手という方も多いのではないでしょうか。
実際に病院にきたときだけ緊張が原因で、高血圧になるといった方も珍しくありません。

医師を目の前にして緊張してしまうと、自覚症状が十分に伝えられないこともあります。

痛みや苦しさといった自覚症状は、他覚症状とは異なり、本人の説明のみが頼りとなります。
緊張しすぎてしまうと、適切な診療ができない可能性も考えられます。

一方でオンライン診療は、自宅にてリラックスした状態で診療を受けられます。
対面診療が苦手な方は、オンライン診療を活用するといいでしょう。

ネット通販でのピル購入がおすすめの方

ネットでピルを購入することは、安全性の面などからおすすめできません
ただし、以下のような考えの方には、需要もあるので参考にしてください。

とにかく安いピルが欲しい

SNSやアプリといったネット通販を利用すると、安くピルが手に入ることがあります。
しかし、個人輸入サイトやフリマアプリで購入できるピルには注意が必要です。
中には避妊効果のない粗悪品が混じっている可能性があるためです。

また、ネットでピルを購入して副作用が現れた場合、即座に対処できない可能性があります。

病院やクリニックを介した薬ではないので、薬の成分や配合も正規のものとは異なることがあります。
副作用が出現した際も、対処方法が難しく診療や判断が難しくなる場合もあります。

これらのことから安いからといって、ネット通販でピルを購入することはやめましょう。
万が一何かあった場合にも自己責任となってしまうことを覚えておきましょう。

親にバレずにピルを買いたい

ネット通販を利用すると、保護者にバレずにピルを購入することが可能です。
これは考え方によっては、ネット通販にてピルを購入するメリットでもあります。

例えば避妊に失敗した、もしくは失敗した可能性があるからといった場合が挙げられます。
しかし、周囲に知られたくないからといってネット通販でピルを購入することはおすすめできません。

ネット通販で販売されているピルは安全性や有効性が低いものもあります。
薬剤効果がしっかりと得られなければ本末転倒です。

周囲に知られないようにピルを処方してくれる病院もあるため、一度相談してみるといいでしょう。

違法なピルは買わない方がいい

ネット通販のピルは、個人輸入で販売されているものがほとんどです。
ピルを個人輸入してもいいのは、自分で使用する場合のみと法律で定められています。
そのため、個人輸入したものを購入することは違法となります。

ネット通販でピルを購入するときは、薬監証明を取得しているかどうかも確認すべきです。
薬監証明を取得していれば、医薬品医療機器等法に違反していないことが証明されます。

証明書がなければ、違法に購入したピルの可能性があります。
ピルを購入するなら、必ず病院やクリニックで購入しましょう。

ピルを購入できるおすすめオンラインクリニックの選び方

ピルはオンラインで購入することが可能です。
ここではピルをオンラインで購入できるクリニックの選び方を紹介いたします。

ピルオンラインクリニックの選び方は以下の通りです。

  • 値段を相場と比較する
  • ピルの種類が複数あるか
  • 自宅配送が可能か
  • 診療時間が遅くまで対応しているか
  • アフターフォローに対応しているか

上記の選び方について以下の項目で詳しく解説していきます。

値段を相場と比較する

まずクリニックを選ぶ際に重要となるポイントは、ピルの値段です。

ピルは避妊目的の場合、自由診療となり、処方にかかる費用が全て自己負担となります。
自由診療の場合、同じ薬でもクリニックによって値段が異なることがあるのです。

ピルの値段相場は保険適用外で1ヶ月3,000円程度となります。
クリニックのピルの値段を相場と比較して選ぶようにしましょう。

またピルの処方にかかる費用は薬代だけではありません。
診察料や送料もかかります。

ピルの値段が安くても送料・診察料が高く結果的に費用が多くかかってしまうことも少なくありません。

ピルの値段が最も重要ですが、診察料と送料も併せて確かめておきましょう。

ピルの種類が複数あるか

ピルは主に「超低用量ピル」「低用量ピル」「中用量ピル」「アフターピル」の4種類に分類できます。
さらにその4種類の中でも様々な薬があります。

薬によってホルモンの配合量や値段、副作用など特徴が異なります。

特徴が異なる分自分に合うピル、合わないピルが存在します。
そのためクリニックに自分に合うピルがあるかどうかは非常に重要な要素です。

ピルの種類が豊富なクリニックであれば、自分に合うピルを見つけられる可能性が高いです。

クリニックを選ぶ際にはピルの値段だけでなく、種類の多さも確かめるようにしましょう。

ピルの自宅配送が可能か

オンラインクリニックの利点の1つに、自宅配送が挙げられます。
ですが中には自宅配送ではなく、薬局受け取りという形をとっているクリニックがあるのです。

自宅配送が可能なクリニックであれば、人の目を気にせず、手間がかからずピルを受け取れます。
そのため自宅配送が可能であるオンラインクリニックを選ぶことがおすすめです。

なお自宅配送の場合配送料がかかるため注意が必要です。
クリニックによって配送料が異なるため、確かめておくことをおすすめします。

診療時間が遅くまで対応しているか

クリニックによって診療時間が異なります。
自分の都合のよい時間に対応してくれるクリニックを選ぶようにしましょう。

中には深夜など夜遅くまで営業しているクリニックもあります。
夜遅くまで対応しているクリニックであれば、仕事終わりの空いた時間でも利用可能です。

朝のほうが利用しやすい方は、朝早くから対応しているクリニックを選びましょう。

また診察方法も併せて確かめておきましょう。
ビデオ通話形式で診察を行うクリニックが多いですが、電話で行うクリニックもあります。

電話であれば、場所を問わないため忙しい方でも診察を受けやすいです。

アフターフォローに対応しているか

ピルはどうしても副作用のリスクと切っても切り離せない関係にあります。
副作用が生じた際にアフターフォローに対応しているクリニックを選ぶことが重要です。

診察回数制限など縛りがなく、気軽に相談できるクリニックやLINEで服薬や健康状態を管理できるクリニックがおすすめです。

また診察は婦人科医師が行っているクリニックを利用することをおすすめします。
副作用が出た際に相談しやすく、それ以外のデリケートな悩みも相談しやすいことが理由です。

【編集部おすすめ】ピル購入でおすすめオンラインクリニック11選!

 おうちでクリニック
クリニック名mederiスマルナおうちでクリニックDMMオンラインクリニックエミシアクリニッククリニックフォアエニピル
おすすめポイント初月のピル代がかからない!
※送料550円はかかります
診療が無料で気軽に相談!
受診方法を選べる!
安くて分かりやすい料金プラン!
在籍医師が診察!
取り扱いピルが多数!
ピルの種類が豊富!
1日あたり71円からピルを利用できる!
最短で1時間以内に薬を受け取れる!
代引き可能!
圧倒的な実績!
支払い手段が豊富!
ピルの処方が数10分で完了!
診療を24時まで受付!
ピルの種類低用量ピル
中容量ピル
アフターピル
低用量ピル
中容量ピル
アフターピル
低用量ピル低用量ピル
中容量ピル
アフターピル
アフターピル低用量ピル
中容量ピル
アフターピル
低用量ピル
中容量ピル
アフターピル
ピル処方代6シートおまとめプラン
2,970円/シート
12ヶ月一括決済プラン
2,380円/シート
毎月定期プラン(マーベロン28・アンジュ28・トリキュラー28)
2,783円/シート
低用量ピルらくらく定期便3ヶ月ごと
2,178円/シート
72時間以内アフターピル
9,350円
低用量ピル定期便
2,783円/シート
12ヶ月一括プラン
2,563円/シート
診療代・送料診療代
0円
送料
550円
※2ヶ月目以降からおまとめプランにすると「送料無料」
診察代
1,500円
送料
0円
診療代
0円
送料
550円
初月500円オフ
診療代
0円
送料
550円
診療代
750円
送料
750円
※超特急便の場合10,000円~
診療代
1,650円
送料
550円
診療代
2,200円
送料
370円
※12ヶ月一括プランは送料無料
診療対応時間10:00〜22:0010:00〜18:0010:00-19:00平日8:00〜22:00
土日8:00〜22:00
24時間対応9:30~20:3010:00〜24:00
配送時期最短当日発送
翌日到着
18時までの決済で当日発送最短翌日ポストにお届け最短即日配送最短当日発送最短当日発送最短当日発送翌日到着
当日診療対応
公式サイト
公式サイトはこちら
公式サイトはこちら
公式サイトはこちら
公式サイトはこちら
公式サイトはこちら
公式サイトはこちら
公式サイトはこちら

mederi

メデリピルはmederi株式会社が運営するオンラインピル処方専用クリニックです。

mederiのおすすめポイント

  • 初月のピル代がかからない
  • 診療が無料で気軽に相談できる
  • LINEで診療予約

mederiが選ばれる理由

mederiは安心して始めやすく、続けやすいクリニックを目指しています。
初月のピル代と診療代が無料なので、ピルの服用が初めての方でも始めやすいクリニックです。
※送料550円はかかります。

2ヶ月目以降からおまとめプランにすると「送料無料」でピルを受け取ることができます。

診療時間は5〜7分と、音声だけの電話でも可能です。
スキマ時間にいつでも、どこでも診療を受けられます。
さらに産婦人科医が診療を担当するため、安心して悩みを相談することができます。

mederiでは診療予約から受診、服薬管理を全てLINE上で行うことが可能です。
医師への相談や受付もLINE上で行えるため、何かトラブルが起きた際もすぐに相談できます。

配送は中身がわからないよう行なわれます。
飲んでいることを知られたくない人も安心して利用できます。

3シート目のお届け時にはオリジナルピルケースが届きます。
また飲み方カードやガイドブックがついてくるので、初めての方も安心して受けられます。

mederiでピルを受け取るまでの流れ

STEP1LINEで診療希望日を予約
STEP2オンライン診療を受診
STEP3最短翌日薬をポストで受け取る
STEP4定期便の場合毎月ピル配送

mederiの低用量ピル処方詳細

プラン【6シートおまとめプラン】【3シートおまとめプラン】【定期便プラン】
支払い金額2,970円/シート
総額:17,820円
2,970円/シート
総額:9,460円
2,970円/シート
総額:2,970円
割引金額年間6,600円お得年間4,400円お得

mederiの中用量ピル・アフターピル処方詳細

ピルの種類中用量ピルアフターピル
料金(1か月分)1,980円〜9,900円〜

mederiのピル処方オンライン診療詳細

ピルの種類低用量ピル/中用量ピル/アフターピル
ピル処方代6シートおまとめプラン:2,970円/シート
診療代・送料診療代:0円
送料:550円
※2ヶ月目以降からおまとめプランにすると「送料無料
割引情報プラチナ会員10%off
予約方法LINE
診療方法・診療時間診療方法:テレビ電話(Face Time/GoogleDuo)
診療時間:5~7分
診療対応時間10:00~22:00
当日診療対応
配送時期最短当日発送翌日到着
mederi
公式サイトはこちら

スマルナ

スマルナは株式会社ネクイノが運営するオンラインでのピル処方専門クリニックになります。

スマルナのおすすめポイント

  • 受診方法を選べる
  • 安くて分かりやすい料金プラン
  • プライバシーに配慮した配送

スマルナが選ばれる理由

スマルナが選ばれる理由の1つは診察の受診方法を選べることです。
他のオンラインピルクリニックでは、ビデオ通話や電話など受診方法が指定されています。

スマルナはビデオ通話はもちろん、顔や声を出す必要のないチャット形式で診察を受けることが可能です。

スマルナは低用量ピルの定期便を2,380円/シートと安くピルを利用できます。
診療代は1,500円で固定、送料が無料であるため、料金も分かりやすいです。

スマルナはピルの配送面でプライバシーに配慮しています。
他のクリニックの中では、差出人が病院となっていることも少なくありません。
しかしスマルナの場合差出人が担当医師の名前で品名は雑貨として配送されます。

プライバシーに配慮されているため、実家暮らしの方でも安心して利用可能です。

スマルナでピルを受け取るまでの流れ

STEP1本人確認
STEP2問診回答
STEP3オンライン診察
STEP4薬の受け取り

スマルナの低用量ピル処方詳細

プラン【12ヶ月一括決済プラン】【3シートずつ決済プラン】【1シートずつ決済プラン】
支払い金額2,380円~/シート
総額:28,560円
2,780円~/シート
総額:8,340円
2,980円~/シート
総額:2,980円
割引金額年間7,200円お得3ヶ月で1,200円お得

スマルナの中用量ピル・アフターピル処方詳細

ピルの種類中用量ピルアフターピル
料金(1ヶ月分)2,900円~9,480円~

スマルナのピル処方オンライン診療詳細

ピルの種類低用量ピル/中用量ピル/アフターピル
ピル処方代12ヶ月一括決済プラン:2,380円/シート
診察代・送料診察代:1,500円
送料:0円
割引情報100万ダウンロード突破キャンペーン期間限定5,000円off
予約方法アプリ/Web
診察方法・診療時間診察方法:ビデオ通話/チャット
診察時間:5分
診察対応時間10:00~18:00
当日診察対応
配送時期18時までの決済で当日発送
スマルナ
公式サイトはこちら

おうちでクリニック

おうちでクリニックは、Medvice株式会社が運営するスマホやPCで予約から診察、お薬の処方までワンストップで完結するオンライン診療サービスです。

おうちでクリニックのおすすめポイント

  • 在籍医師が診療するから安心
  • 明確な料金
  • 取り扱いピル多数

おうちでクリニックが選ばれる理由

おうちでクリニックが選ばれる理由の1つは、在籍医師が診察するなどサポートが充実していることです。
おうちでクリニックは、診察にあたる医師のほか、薬剤師や看護師など医療スタッフがサポートしてくれます。

おうちでクリニックは、お薬代2,783円~、診察料1,650円、送料550円の値段設定です。
上記以外の料金が発生することはないので、安心に利用できます。

おうちでクリニックは、多数のピルを取り扱っています。
様々なピルの取り扱いがあるので、自分自身いあったピルを見つけることができます。

おうちでクリニックでピルを受け取るまでの流れ

STEP1診察予約
STEP2医師との診察
STEP3ポストへお届け

おうちでクリニックの低用量ピル処方詳細

プラン【毎月定期プラン
(マーベロン28・アンジュ28・トリキュラー28)】
【毎月定期プラン
(フリウェルULD)】
【毎月定期プラン
(ドロエチ配合錠)】
支払い金額2,783円5,610円6,538円
割引金額

おうちでクリニックのピルオンライン診療の詳細

ピル種類低用量ピル
ピル処方代毎月定期プラン(マーベロン28・アンジュ28・トリキュラー28):2,783円
診療代・送料診療代:0円
送料:550円
割引情報
予約方法WEB予約
診療方法・診療時間診療方法:ビデオチャット
診察時間:10-15分程度
診療対応時間10:00-19:00
当日診療対応
配送時期最短翌日ポストにお届け
おうちでクリニック
公式サイトはこちら

クリニックフォア

クリニックフォアはオンラインでも安心と丁寧を大切にするオンラインピルクリニックです。

クリニックフォアのおすすめポイント

  • 対面でクリニックで診療を行う医師から診療を受けられる
  • 圧倒的な実績
  • 支払い手段が豊富

クリニックフォアが選ばれる理由

クリニックフォアは、対面での診療も行っている医師から診療を受けられます。
患者に寄り添って、丁寧に診療を行ってくれます。

8種類のピルを取り扱っており、1人ひとりに合ったピルを処方してくれるのもクリニックフォアの強みです。

クリニックフォアの最大の特徴は、豊富な診療実績です。
2020年から2022年8月までのグループ全体診療実績は100万件を超えています。

ピル診療も2022年7月の1ヶ月間の実績で5.8万人が利用しているのです。

実績のあるクリニックで診療を受けたいという方にクリニックフォアをおすすめします。

クリニックフォアは支払い手段が豊富です。
クレジットカードのみ対応のクリニックも多いですが、代金引換やGMOあと払いにも対応しています。

そのためクリニックフォアは学生の方でも利用しやすいクリニックです。

クリニックフォアでピルを受け取るまでの流れ

STEP1WebやLINE上で診療の予約
STEP2問診と医師の診療を受ける
STEP3薬を受け取る

クリニックフォアの低用量ピル処方詳細

プラン【定期配送】【2ヶ月分】【3ヶ月分】【6ヶ月分】
支払い金額2,783円/シート
総額:2,783円
3,278円/シート
総額:6,556円
3,278円/シート
総額:9,834円
3,278円/シート
総額:19,668円
割引金額1ヶ月で495円お得2ヶ月で990円お得3ヶ月で1,485円お得6ヶ月で2,970円お得

クリニックフォアの中用量ピル・アフターピル処方詳細

ピルの種類中用量ピルアフターピル
料金(1ヶ月分)5,478円~/シート8,778円~

クリニックフォアのピル処方オンライン診療詳細

ピルの種類低用量ピル/中用量ピル/アフターピル
ピル処方代低用量ピル定期便:2,783円/シート
診療代・送料診療代:1,650円
送料:550円
割引情報なし
予約方法Web/LINE
診療方法・診療時間診療方法:ビデオ通話/電話
診療時間:15分
診療対応時間9:30~20:30
当日診療対応
配送時期最短当日発送
クリニックフォア
公式サイトはこちら

エニピル

エニピルは株式会社サルースが運営するオンライン専門のピル処方クリニックです。

エニピルのおすすめポイント

  • ピルの処方が数十分で完了
  • 診療を24時まで受付
  • 継続利用でお得

エニピルが選ばれる理由

エニピルの最大の特徴は、ピルを処方してもらうまでの時間の早さです。
LINEで5分程度問診に回答した後は、30分以内に医師から電話がかかってきます。

診療を担当する医師は薬の処方のみを行うため、診療時間は5分と短時間で済みます。
服用方法や副作用などで何か疑問点がある場合は、専用の窓口で相談可能です。

診療受付時間も朝10時から夜12時までとオンラインピルクリニックの中でも比較的長いです。
忙しい方でもスキマ時間を使ってピルの処方を受けられます。

エニピルは継続すると、通常よりお得にピルを利用できます。
12ヶ月一括プランだと送料も無料となるため、単品1ヶ月プランより年間で12,240円安くなるのです。

元々長期のピル服用を考えている方は、エニピルをおすすめします。

エニピルでピルを受け取るまでの流れ

STEP1問診票に回答
STEP2回答後30分以内に医師のオンライン診療受診
STEP3薬を受け取る

エニピルの低用量ピル処方詳細

プラン【12ヶ月一括プラン】【毎月配送プラン】【1ヶ月単品配送プラン】
支払い金額2,563円/シート
総額:30,756円
※別途診療代2,200円
2,563円/シート
総額:2,563円
※別途診療代2,200円と送料370円
3,278円/シート
総額:3,278円
※別途診療代2,200円と送料370円
割引金額年間12,240円お得年間7,200円お得

エニピルのアフターピル処方詳細

ピルの種類中用量ピルアフターピル
料金(1ヶ月分)2,563円~9,900円~

エニピルのピル処方オンライン診療詳細

ピルの種類低用量ピル/中用量ピル/アフターピル
ピル処方代12ヶ月一括プラン:2,563円/シート
診療代・送料診療代:2,200円
送料:370円
※12ヶ月一括プランのみ送料無料
割引情報12ヶ月一括割引
予約方法LINE
診療方法・診療時間診療方法:電話
診療時間:5分
診療対応時間10:00~24:00
当日診療対応
配送時期最短当日発送翌日到着
エミピル
公式サイトはこちら

マイピルオンライン

マイピルオンラインは株式会社オンラインメディカルケアが運営を行い、六本木ウィメンズヘルスクリニックと連携しているクリニックです。

マイピルオンラインのおすすめポイント

  • お得なはじめて割
  • 学生が利用しやすい
  • 産婦人科医が診療と処方を行う

マイピルオンラインが選ばれる理由

マイピルオンライン初利用かつ2シート以上の利用に限り1シート料金が半額となります。
初診の方は自動で適用されるため、割引を使い忘れる心配もありません。

学生証を提示すれば、通常550円かかる送料が毎回無料となります。
年間で6,600円も節約できることになるため、学生の方も利用しやすいクリニックです。

マイピルオンラインは提携クリニックの産婦人科医が診療と処方を行います。
マイピルオンラインは処方実績が6万件を超えており、対面での診療実績を含めた豊富な経験から適切な処方を受けられます。

さらに電話で診療を行うため、場所を選ばずに診療を受けることが可能です。

マイピルオンラインは、他のクリニックから乗り換えたい方や学生の方におすすめのクリニックです。

マイピルオンラインでピルを受け取るまでの流れ

STEP1希望するピルを選択
STEP2診療を予約
STEP3Web問診に回答
STEP4電話で医師の診療を受ける
STEP5薬を受け取る

マイピルオンラインの低用量ピル処方詳細

プラン【お得な定期便】【6ヶ月おまとめ処方】【3ヶ月おまとめ処方】【1シート】
支払い金額(税込)2,690円/シート
総額:2,690円
※再診料無料
2,849円~/シート
総額:17,644円~
2,849円~/シート
総額:8,767円~
2,849円~/シート
総額:2,849円
割引金額1ヶ月あたり
最大379円お得
3,850円お得
(再診料550円+送料6回分3,300円)
550円お得

マイピルオンラインの中用量ピル・アフターピル処方詳細

ピルの種類中用量ピルアフターピル
料金/月(税込)3,278円4,378円~

マイピルオンラインのピル処方オンライン診療詳細

ピルの種類低用量ピル/中用量ピル/アフターピル
ピル処方代(税込)低用量ピル定期便:2,690円/シート
診療代・送料初診料:1,650円
再診料:550円
送料:550円
割引情報はじめて割/学生割/再診患者割引
予約方法Web/LINE
診療方法・診療時間診療方法:電話
診療時間:5分
診療対応時間8:00~20:00
当日診療対応
配送時期最短当日発送
※平日17時、土日祝15時までの決済完了の場合
マイピルオンライン
公式サイトはこちら

ルサンククリニック Pills U

ルサンククリニック Pills Uは医療法人社団四季が運営するオンラインピル処方専門クリニックです。

ルサンククリニック Pills Uのおすすめポイント

  • 24時間診療可能
  • 無料で医師の再診を受けられる
  • 土日でも最短当日発送

ルサンククリニック Pills Uが選ばれる理由

ルサンククリニック Pills Uはオンラインピルクリニックでは珍しく24時間オンライン診療に対応しています。
アプリのDLも不要でスマホさえあれば、いつでもどこでも受診可能です。

診療はビデオ通話か電話で医師と行います。
定期便を契約している方は、更新時の診療が無料です。
続ければ続けるほどお得に利用できます。

定期便は送料無料かつ土日でも支払い後当日発送になります。
そのため最短で翌日にピルを受け取ることが可能です。

ピルも品名が化粧品として配送されるため、家族にバレる心配がありません。

医師の診療を定期的に受けたい方、長期的にピルを服用したい方におすすめのクリニックです。

ルサンククリニック Pills Uでピルを受け取るまでの流れ

STEP1Web上で診療予約
STEP2ビデオ通話か電話で医師との診療を受診
STEP3決済後薬の配送
STEP4薬を受け取る

ルサンククリニック Pills Uの低用量ピル処方詳細

プラン【定期便】【単品購入3ヶ月分】【単品購入1ヶ月分】
支払い金額2,673円~/シート
総額:2,673円
2,822円/シート
総額:8,465円
2,970円/シート
総額:2,970円
割引金額1ヶ月あたり297円お得
※送料・診療代も無料
3ヶ月あたり444円お得

ルサンククリニック Pills Uアフターピル処方詳細

ピルの種類アフターピル
料金(1ヶ月分)9,339円~

ルサンククリニック Pills Uのピル処方オンライン診療詳細

ピルの種類低用量ピル/アフターピル
ピル処方代定期便:2,673円/シート
診療代・送料診療代:1,650円
送料:500円
割引情報他院のりかえ割
予約方法Web/LINE/電話
診療方法・診療時間診療方法:ビデオ通話/電話
診療時間:不明
診療対応時間24時間対応
当日診療対応
配送時期最短当日発送
ルサンククリニック
公式サイトはこちら

DMMオンラインクリニック

DMMオンラインクリニックは、DMMグループが運営するオンライン診療専門クリニックです。

DMMオンラインクリニックのおすすめポイント

  • ピルの種類が豊富
  • 1日あたり71円からピルを利用できる
  • DMMポイントを貯められる

DMMオンラインクリニックが選ばれる理由

DMMオンラインクリニックは取り扱っているピルの種類が豊富です。
低用量ピルや中用量ピルはもちろん、ミニピルや超低用量ピルも取り扱っています。

ピルの種類だけでなく、薬剤の種類も幅広く取り扱っています。
そのため目的や悩みに合ったピルを選ぶことが可能です。

最も安いプランだと1ヶ月2,178円から利用できるため、1日あたり71円でピルを利用できます。
さらに診療料がかからないため、ピルの服用を始めやすいです。

DMMオンラインクリニックはピルの支払いでDMMポイントが貯まります。
貯まったポイントはピルの支払いだけでなく、他のDMMのサービスにも利用可能です。

DMMオンラインクリニックでピルを受け取るまでの流れ

STEP1スマホやPCで診療予約をする
STEP2ビデオ通話形式で診療受診
STEP3処方箋と決済金額を確認して支払いを行う
STEP4薬を受け取る

DMMオンラインクリニックの低用量ピル処方詳細

プラン【らくらく定期便6ヶ月ごと】【らくらく定期便3ヶ月ごと】【らくらく定期便1ヶ月ごと】【単月】
支払い金額2,178円/シート
総額:13,068円
2,178円/シート
総額:6,534円
2,783円/シート
総額:2,783円
3,179円/シート
総額:3,179円
割引金額半年で6,006円お得3ヶ月で3,003円お得1ヶ月で396円お得

DMMオンラインクリニックの中用量ピル・アフターピル処方詳細

ピルの種類中用量ピルアフターピル
料金(1か月分)4,378円8,998円〜

DMMオンラインクリニックのピル処方オンライン診療詳細

ピルの種類低用量ピル/中用量ピル/アフターピル
ピル処方代低用量ピルらくらく定期便3ヶ月ごと:2,178円/シート
診療代・送料診療代:0円
送料:550円
割引情報DMMポイント制度
予約方法WEB予約
診療方法・診療時間診療方法:マイページからビデオ通話
診療時間:10分程度
診療対応時間平日:8:00~22:00
土日:8:00~21:00
当日診療対応
配送時期最短即日発送
DMMオンラインクリニック
公式サイトはこちら

エミシアクリニック

エミシアクリニックは、アフターピルの処方を行うオンラインピルクリニックです。

エミシアクリニックのおすすめポイント

  • 最短で1時間以内に薬を受け取れる
  • 誰にもバレずに診療を受診可能
  • 代引き可能

エミシアクリニックが選ばれる理由

エミシアクリニックの最大の強みは、薬を受け取るまでの時間です。
東京・埼玉・千葉・神奈川であれば、別途配送料が1万円かかりますが、最短1時間以内に薬を受け取れます。

上記以外の地域であっても、最短翌日に薬を受け取ることが可能です。

さらに24時間診療受付、診療もLINE上で5分で完結するため、誰にもバレずに診療を受けられます。

エミシアクリニックはクレジットカードだけでなく、代金引換にも対応しています。
ポストに投函されるため、不在でも受け取ることが可能です。

エミシアクリニックは、避妊失敗して急遽アフターピルが必要となった方におすすめします。

エミシアクリニックでピルを受け取るまでの流れ

STEP1LINEで公式LINEを友だち追加
STEP2LINEで届いた問診票に回答
STEP3薬を受け取る

エミシアクリニックのアフターピル処方詳細

ピル72時間用アフターピル120時間用アフターピル
支払い金額9,350円15,950円

エミシアクリニックのピル処方オンライン診療詳細

ピルの種類アフターピル
ピル処方代72時間以内アフターピル:9,350円
診療代・送料診療代:750円
送料:750円
※超特急便の場合10,000円~
割引情報なし
予約方法LINE
診療方法・診療時間診療方法:LINE
診療時間:5分
診療対応時間24時間対応
当日診療対応
配送時期最短当日発送
※東京・埼玉・神奈川・千葉に限り最短1時間発送
エミシアクリニック
公式サイトはこちら

ケイ・レディースクリニック

ケイ・レディースクリニックは、医療法人ケイ・レディースクリニックが運営するクリニックでオンラインと対面診療に対応しています。

ケイ・レディースクリニックのおすすめポイント

  • ピル処方日本一の実績
  • 対面診療も可能
  • アフターピルの返金保証あり

ケイ・レディースクリニックが選ばれる理由

ケイ・レディースクリニックは低用量ピルの処方数が15年連続日本一を誇るクリニックです。
オンラインピル診療は2016年に開始しました。

対面診療を行っているクリニックでオンラインでピル処方を受けることができます。
低用量ピルの効果や使い方について他のオンラインクリニックより時間をかけて説明してくれます。
そのため低用量ピルを利用したことない方でも安心です。

希望する場合は、対面診療を受けることも可能です。
何か副作用が生じた際などトラブルが起きても対面診療を受けられます。

ケイ・レディースクリニックのアフターピルは成功率99%を誇ります。
返金保証制度もついているため、初めてアフターピルを利用する方も安心です。

ケイ・レディースクリニックでピルを受け取るまでの流れ

STEP1Webで診療予約
STEP2問診票記入
STEP3Zoomでオンライン診療を受診
STEP4決済
STEP5薬を受け取る

ケイ・レディースクリニックの低用量ピル処方詳細

プラン【低用量ピル】
※1シート=1ヶ月
支払い金額3,300円/シート
総額:3,300円

ケイ・レディースクリニックの中用量ピル・アフターピル処方詳細

ピルの種類中用量ピルアフターピル
料金(1ヶ月分)3,300円/シート11,000円

ケイ・レディースクリニックのピル処方オンライン診療詳細

ピルの種類低用量ピル/中用量ピル/アフターピル
ピル処方代低用量ピル:3,300円/シート
診療代・送料診療代:3,240円
※オンライン診療は別途予約料540円要
送料:0円
割引情報なし
予約方法Web
診療方法・診療時間診療方法:Zoom
診療時間:不明
診療対応時間平日:11:00~18:30
※12:30~14:30休診
土:14:30~18:30
日:11:00~17:30
※12:30~14:30休診
当日診療対応
配送時期最短当日発送
ケイ・レディースクリニック
公式サイトはこちら

イースト駅前クリニック

イースト駅前クリニックは、医療法人社団イースト会が運営するクリニックです。
オンライン診療はもちろん、新宿院のみで対面診療も行っています。

イースト駅前クリニックのおすすめポイント

  • 診療代がかからない
  • 自宅以外の配送も可能
  • 自分に合うピルを見つけられる

イースト駅前クリニックが選ばれる理由

イースト駅前クリニックは、診療代が無料です。
さらに1シートからピルの服用を開始できるため、ピルを試してみたい方におすすめです。
送料は1,100円かかりますが、1万円以上の契約で無料となります。

イースト駅前クリニックはピルの定期便がありません。
定期便にありがちな解約忘れがないため、安心して利用できます。

自宅への配送はもちろんヤマトの営業所への配送も可能です。
代金引換にも対応しているため、クレジットカードを持っていない方でも安心して利用できます。

ピルの種類も豊富で低用量ピルは4種類存在します。
医師の診療を受けて自分に合うピルを選ぶことが可能です。

イースト駅前クリニックでピルを受け取るまでの流れ

STEP1問診票記入
STEP2アプリダウンロード
STEP3クリニックから電話で連絡
STEP4医師との診療
STEP5薬を受け取る

イースト駅前クリニックの低用量ピル処方詳細

プラン【6シート】【5シート】【4シート】【3シート】【2シート】【1シート】
支払い金額2,500円~/シート
総額:15,000円~
2,550円~/シート
総額:12,750円~
2,550円~/シート
総額:10,200円~
2,550円~/シート
総額:7,650円~
2,700円~/シート
総額:5,400円~
2,700円~/シート
総額:2,700円~
割引金額1,200円お得800円お得800円お得800円お得

イースト駅前クリニックの中用量ピル・アフターピル処方詳細

ピルの種類中用量ピルアフターピル
料金(1ヶ月分)5,000円12,000円~

イースト駅前クリニックのピル処方オンライン診療詳細

ピルの種類低用量ピル/中用量ピル/アフターピル
ピル処方代ラベルフィーユ28・ファボワール28 6シート:2,700円/シート
診療代・送料診療代:0円
送料:0円
※1万円以上処方の場合
割引情報なし
予約方法Web
診療方法・診療時間診療方法:クリニック専用アプリ
診療時間:不明
診療対応時間平日:10:00~19:00
※14:00~15:00休診
土日祝:10:00~18:00
当日診療対応
配送時期最短翌日発送
イースト駅前クリニック
公式サイトはこちら

オンライン診療を利用したピル購入についての評価は?

オンライン診療の普及に伴い、ピル購入もオンラインでの手続きが増えてきました。
多くの女性がこの新しい方法を選び、その利便性や安全性を評価しています。

では、実際の利用者はオンライン診療を利用したピル購入にどのような評価をしているのでしょうか。

便利さと手軽さ

オンライン診療を利用する最大のメリットは、自宅や職場、移動中など、どこからでもアクセスできる点です。
待合室での待ち時間や移動時間が不要なため、多忙な日常の中でもスムーズにピルを購入できるという声が多いです。

匿名性の確保

オンライン診療では、顔を合わせることなく医師とのコンサルテーションが可能です。
これにより、プライバシーを守りながら、気軽に相談や購入ができるという評価が高まっています。

詳しい情報提供

オンライン診療のプラットフォームでは、ピルに関する詳しい情報やQ&Aを提供していることが多いです。
これにより、不安や疑問を解消しやすく、安心してピルを購入できるとの口コミが寄せられています。

価格の透明性

オンラインでのピル購入では、診察費や薬代などの費用が明確に表示されています。
隠れたコストがなく、事前に費用を確認できるため、安心して利用できるとの評価が高いです。

安心・安全な取引

オンライン診療を利用することで、ネット通販でピルを購入した場合に起こり得る、偽物のピルが届いたり、注文したピルが届かなかったりというようなトラブル・リスクを回避することができます。

病院やクリニックでピルを購入するメリット・デメリット

病院の対面診療でピルを購入するには、メリットやデメリットがあります。
以下で詳しく紹介するので、参考にしてください。

病院の対面診療でピルを購入するメリット

病院の対面診療でピルを購入するメリットを、3つ挙げて紹介します。
ピルの購入を検討している方は、ぜひ参考にしてください。

多角的に診療してもらえる

病院の対面診療でピルを購入するメリットは、適切な診療ができる点です。

医師が直接視診や聴診、触診してくれる対面診療では、オンライン診療では把握しきれない症状までわかります。

内診や検査といったオンライン診療ではできない診療も、可能です。
それぞれの体質や症状にあったピルを処方できるので、個別性に合わせた診療が受けられます。

また、対面診療は内診が必要であればすぐ検査ができます。
そのため、問診だけでは気づかなかった病気の早期発見にもつながります。

不安なことをその場で質問できる

不安や疑問があれば医師に直接相談できるのも、対面診療のメリットの1つです。

血圧測定や採血などをして慎重にピルを選んでくれるため、不安なく購入できます。
診療内容に応じて必要時には内診ができるため、不安を解消しやすいのもメリットです。

また、医師だけではなく、看護師や薬剤師などの医療従事者に些細なことでも相談できます。
疑問点は質問してその場で解決できるため、不安や悩みをすぐに解消できます。

正規のピルが手に入る

ピルは市販が禁止されているため、手軽に購入できるネット通販を利用する方もいます。
しかし、ネット通販で販売されているピルには粗悪品が多いのも事実になります。

日本では、安全性や効果が確認されていない海外製のものが混じっている可能性があり大変危険です。
病院の対面診療では、正規のピルが手に入るのが大きなメリットの1つです。
医師がそれぞれの体質や症状を確認し、ライフスタイルに合ったピルを処方してくれます。

ピルの飲み方だけでなく、飲み忘れた時の対処法も相談して購入できます。
ピルを購入するには、病院の対面診療が何よりも大切だといえます。

病院の対面診療でピルを購入するデメリット

対面診療でピルを購入する際、少なからずデメリットが発生します。
以下で詳しく説明するのでメリットとデメリットを比較し、今後のピル購入の参考にしてください。

診療に係る費用が高い

病院の対面診療でピルを購入するデメリットは、診療費用がかかる点です。

ピルを病院で購入する場合、ピルの費用とは別に診療料が必要です。
診療料は初診の場合と再診の場合とでは金額が異なります。
また、自費診療の場合は診療料が病院によって異なるので注意が必要になります。

初診料の相場は1,000〜2,000円程度、再診料の相場は500〜1,000円程度です。
これに加え、検査をした場合には検査代も必要になります。
診療内容によって実施される検査にも違いがあるため、検査によって追加費用の金額は前後します。

これらのことからピルの費用だけでなく、診療料や検査料も事前に確認しておくことがおすすめです。

ピルの価格も高い

対面診療で購入するピルは、価格が高くなりやすいことがデメリットの1つです。

例えば、病院で低用量ピルを処方してもらう場合、相場は1か月分で約3,000円前後です。
保険適用されたピルは薬価が決まっているため、どの病院で処方しても値段は同じです。
検査料金なども含めて保険適用の場合は、3割負担が基本となります。

しかし、ピルを避妊目的で処方してもらう場合は自費診療となるため、保険適用よりも費用がかかります。

自費診療の場合は、病院によって価格設定が異なるため費用に差があります。
ピルの価格は、保険適用か自費診療かによって異なるからです。

時間に余裕がないと通院できない

対面診療でピルを購入する場合、通院時間はもちろん、病院での待ち時間や会計時間が発生します。

遠方の病院の場合はさらに移動時間も必要なので、通院するだけでも相当な負担がかかります。
そのため、時間に余裕がないと通院が難しいといったデメリットがあります。

近年では、予約システムやクレジットカード決済を導入している病院も増えています。
しかし、オンライン診療と比較するとピルを処方されるまでに費やす時間は多いでしょう。
時間に余裕がない方は、オンライン診療を活用しましょう。

オンライン診療でピルを購入するメリット・デメリット

オンライン診療でピルを購入することには、メリットやデメリットがあります。
以下で説明するので、オンライン診療を検討されている方は参考にしてください。

オンライン診療でピルを購入するメリット

オンライン診療でピルを購入するメリットといえば、購入しやすいことです。
以下で詳しく説明するので、ぜひご覧ください。

忙しくても診療が受けられる

オンライン診療のメリットは、時間に余裕がない方でも診療を受けられることです。

24時間予約を受け付けている病院やクリニックが多いため、希望する時間に診療を受けられます

自分のスケジュールに合わせて診療してもらえるため、忙しい方でも空き時間に診療が受けられます。
診療時間は病院やクリニックによって違いがあるため、事前確認は必要です。

オンライン診療は自宅で診療を受けられるため、時間と場所の制約を受けることなく診療してもらえます。
これらのことは、多忙な方にとっては大きなメリットといえるでしょう。

外出せずにピルを処方してもらえる

オンライン診療のメリットは、外出することなくピルを処方してもらえることです。

オンライン診療では、予約から診療までオンラインで行えます。
そのため、自宅にいながら外出せずにピルを処方してもらえるのです。

オンライン診療でピルを購入する場合は、ホームページや電話で診療の予約をとります。
オンライン上で医師による診療を受けるため、対面診療のように病院に直接来院する手間が省けるのもメリットの1つです。

支払い方法はクレジットカード決済や銀行振込などで行うため、外出しなくてもピルを購入できます。

ピルを配達してもらえる

オンライン診療では、ピルを自宅まで配達してもらえます。
オンライン診療でピルを購入した場合、受け取り方法は自宅まで配送か薬局受け取りが選べます。

自宅まで配送してもらう場合は送料がかかりますが、わざわざ薬局に行く必要がありません。
この点は大きなメリットの1つとなります。

一般的に薬を配送してもらう場合は、服薬指導を受ける必要があります。
この服薬指導は電話やオンラインでも可能なため、人目を気にすることなく受けられます。

オンライン診療している病院の中には、プライバシーへの考慮を徹底しているところもあります。

例えば差出人名である病院名を伏せたり、品名を化粧品や雑貨などにしたりと、工夫してくれます。

オンライン診療でピルを購入するデメリット

オンライン診療でピルを購入する場合、デメリットになることもあります。
以下で詳しく解説していくので参考にしてください。

対面診療より限定的な診療になる

オンライン診療は、問診のみの限定的な診療しか行えません。
オンライン診療は対面診療とは違い、触診や精密検査ができないため、診療できない病気があります。

問診に沿って症状を確認するため、数多くある婦人科疾患に対する診療は難しくなります。
また、オンライン診療では、ピルの処方ができない場合もあります。

肥満体質高血圧喫煙者血栓症の心配がある方は特に注意が必要です。
ピル内服による副作用症状のリスクが高いので、直接病院やクリニックで診療を受けることをおすすめします。

内診が無いため体の異変を見逃しやすい

オンライン診療では、当然ですが内診はできません。
そのため、子宮や卵巣、子宮周辺の状態が分からず、疾患による体の変化がわかりにくいというデメリットがあります。

下腹部の痛みやおりものの異常といった変化は本人にしかわからないため、必ず医師と情報共有して診療を受けましょう。
内診は子宮筋腫や卵巣嚢種、がんといった病気の早期発見につながります。

定期的に病院やクリニックで検査を受けることをおすすめします。
定期健診をしながら、オンライン診療を活用することでデメリットをカバーができます。

診療にかかる費用が高い場合もある

費用面に関しては、処方してもらう病院やクリニックが保険診療に対応しているかどうかが重要になります。

オンライン診療にかかる費用は、利用する病院やクリニックによって違いがあります。
ピルの費用だけでなく、診療にかかる費用や郵送料などを考慮しないと、対面診療よりも費用が高くなる場合があります。

現在オンライン診療している病院やクリニックは、自費診療が多く、診療にかかる費用やピルの費用もすべて自費となっています。

これらのことからピルの費用だけでなく、総額をみて検討することをおすすめします。

ネット通販でピルを購入するメリット・デメリット

ネット通販でピルを購入するには、メリットやデメリットがあります。
以下で詳しく解説していくので、参考にしてください。

ネット通販でピルを購入するメリット

ネット通販でピルを購入すると、費用や時間の面で大きなメリットがあります。
以下で詳しく説明するので、ぜひご覧ください。

安い価格でピルを買える

SNSやアプリといったネット通販では、安い価格でピルを購入できます。
そのため、少しでも費用をおさえたい方にとってはメリットです。

費用を抑えられる点は、最大のメリットです。
ただしネット通販で売られているピルには、正規品でないものが混じっている可能性もあります。

思わぬ副作用や、健康被害を受ける場合もあるのです。
さらに配達が遅延し、ピルが届かないといったトラブルも起こりかねません。

安いという理由だけで、ネット通販でピルを購入することにはリスクもあるのでよく考える必要があります。

すぐに手に入る

ネット通販は、病院やクリニックでの診療を介さずピルが購入できます。

すぐにピルが手に入る点は、メリットです。
しかし、ネット通販で購入できるピルは粗悪品だったり、海外のピルであったりします。

特に海外のピルは日本の法律に基づく安全性や有効性が確認されておらず、品質基準も日本と異なります。
不純物が混じっていたり、偽物が届く場合があるなどのリスクを伴います

これらのことからすぐに手に入るからといってネット通販でピルを購入することは避けるべきです。
急ぎでピルが必要な場合は、病院やクリニックに直接相談するのがおすすめです。

まとめて大量に買える

ピルをまとめて大量に買いたい方は、ネット通販を検討する場合もあるかと思います。
ネット通販では、価格が極端に安いため、ピルをまとめて大量に購入できます。
しかし、ネット通販で販売されているピルは個人輸入のものがほとんどです。

ピルを個人輸入してもいいのは、自分で使用する場合のみと法律で定められています。
そのため、個人輸入したものを購入することは違法となります。

病院やクリニックでは、初めての方は1か月〜3か月分程度処方され、経過観察が必要です。
2回目以降問題がなければ、最大6か月分程度のピルを処方するのが一般的です。
多めに処方してほしい場合は、一度医師に相談してみましょう。

ネット通販でピルを購入するデメリット

ネット通販でピルを購入することには、さまざまなリスクもあります。
以下で詳しく説明するので参考にしてください。

偽薬の可能性がある

ネット通販で販売されている価格が極端に安いピルは、偽物の可能性があります。

世界的にみても偽薬が出回っており、社会問題となっています。
現状として偽薬はアフリカやアジア、そしてラテンアメリカに多いとされています。
特定の地域では偽薬を買ってしまう可能性が、30%以上にもなるとされています。

日本製の薬であれば、副作用が起きても救済を受けられる制度があります。
万が一偽薬を服用した場合、思わぬ副作用が起きたとしても救済を受けられません。

何かあってからでは遅いので、ネットでのピルの購入は慎重に検討することをおすすめします。

転売された処方薬の可能性がある

ネット通販で販売されているピルは個人輸入のものがほとんどで、転売された薬の可能性があります。

日本の法律では、ピルなどの医薬品を個人輸入してもいいのは、自分で使用する場合のみが大前提です。
また、医薬品医療機器等法に違反していないことを証明する薬監証明を取得しているかどうかもわかりません。

違法にピルを販売している可能性もあるため、ネット通販でピルを購入することはおすすめできません。

危険な成分が添加されている可能性がある

ネット通販で販売されているピルは、危険な成分が含まれている可能性があります。

個人輸入のピルには、ヒ素や水銀、カドミウムといった重金属等が含まれている可能性があります。
この他にも日本では承認されていない成分が含まれている場合もあるのです。
承認がされていない成分によって、思わぬ副作用が起きても病院やクリニックでは対応できません。

重金属などが体内に蓄積されると、自分の身体に悪影響を与えるだけではありません。
将来の子どもの健康を、危険にさらすことにもつながるので注意が必要です。

ピルを購入する前に知っておきたい注意点

ピルを購入する前に副作用だけでなく、他にも知っておくべき注意点があります。
ここではピルを購入する前に知っておきたい注意点を紹介いたします。

なお紹介する注意点は以下の通りです。

  • 他の薬との併用
  • 性感染症の予防はできない
  • 定期検診を受ける

それぞれの注意点について以下の項目で詳しく解説していきます。

他の薬との併用には注意

ピルは普通の医薬品であるため、他の薬との飲み合わせには注意しましょう。
ピルの効果を弱めてしまう薬や効果を強め過ぎてしまうものなど様々です。

ピルの効果を弱めてしまう薬としては以下の薬が該当します。

  • 抗生物質
  • 抗てんかん薬
  • 精神刺激薬
  • 抗結核薬
  • 抗HIV薬

オンラインクリニックの場合診察時間が短く、コミュニケーションを取りづらいです。
しかし効果を得るためにも服用している薬は必ず医師に伝えるようにしましょう。

性病感染症の予防はできない

ピルは避妊効果が高い一方で、性病予防効果は期待できません。

性病予防として、うがいや定期的な性病検査が挙げられます。
しかし最も確実な予防方法はコンドームなど避妊具を装着することです。
予防効果は100%ではありませんが、他の方法より効果は高いといえます。

ピルを服用していたとしても、コンドームで避妊効果をより高めながら性病予防を行いましょう。

定期検診を受ける

ピルの服用を続けていくと、血栓症だけでなく子宮頸がんや乳がんのリスクが増加することがあります。

ある研究では低用量ピル使用によって乳がんリスクが24%高くなるとしています。
一方で乳がんのリスク増加が認められないという研究もあるのです。

可能性は小さいものの、可能性はゼロではないと理解しておくとよいでしょう。
子宮頸がんにおいては、服用期間の長期化とともにリスクが増加したとされています。

万が一のため定期検診を受けて、身体の状態を定期的に把握しておくことが重要です。

出典:日本産科婦人科学会【低用量経口避妊薬の使用に関するガイドライン

ピルを購入する流れ

オンライン診療でピルを購入する流れ

ビデオ通話を活用したオンライン診療により、自宅に低用量ピルを送ってもらうことが可能です。
以下はオンラインでピルを購入するための手続きです。

  • 診察予約
  • 問診表の記入
  • オンライン診察
  • 診察費用の支払い
  • ピルの配送

最初に診察の予約を行い、次に問診表に必要な情報を記入します。
その後、オンラインで医師の診察を受け、診察費用を支払います。
最後に、ピルを自宅または指定の薬局に配送してもらいます。

オンライン診療は、専用のウェブサイトやアプリ、電話を通じて手軽に予約し、診察を受けることができます。
旅行時間や待機時間を気にせずに診察を受けられるため、忙しい方や病院に行くのが困難な方に最適です。
また、プライバシーを保つことができ、24時間いつでも予約が可能なサービスが多いため、利便性が高く推奨されています。

病院でピルを購入する流れ

ピルの購入をオンラインではなく、病院で行う場合、一連の手続きが必要になります。
その手続きは次の通りです。

  • 診察予約
  • 医師の診察
  • 処方箋をもらう
  • 薬局や院内処方箋でピルを受け取る

まず予約を取り、次に問診表を記入し、その後医師の診察を受けます。
診察後、医師から処方箋をもらい、それを持って調剤薬局または院内処方箋でピルを受け取ります。

病院でピルを購入する大きな利点は、医師と直接会話できることであり、さらに血圧チェックや採血など、より安全にピルを使用するための措置が取られることもあります。
しかしながら、病院への通院や予約時間までの待機時間、また診察後の帰宅までの時間を考慮すると、一部の人々には煩わしさを感じさせるかもしれません。

さらに、他の患者が同じ空間にいることからプライバシーへの懸念もあります。
しかし、自宅の近くに婦人科があり、月経困難症や過多月経などの症状がある方には、病院での診察が最良の選択となるでしょう。

ピルをお得に購入する支払方法の選び方

ピルを購入する際に、少しでも費用をおさえたいと考える方が多くいます。
以下でピルをお得に購入する支払方法を紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

現金でピルを購入する

総合病院といった大きな病院であれば、クレジットカードで決算可能な施設も増えてきています。

中小規模の医療機関だと、カード払いに対応していないところがあります。
一方で、現金での支払いはどの病院にも対応できる支払い方法です。
現金支払いは、ポイントの付与といった特典はありません。
必要な金額をその場で払うため、現金での支払いは手数料がかからない分お得です。

クレジットカードでピルを購入した場合、商品代金をリボ払いや分割払いにすると金利手数料が発生します。

高額なピルを分割で購入した場合、金利がピル代を上回ることもあります。
そのため、カード払いで分割することはおすすめできません。

クレジットカード決済でピルを購入する

クレジットカード決済でピルを購入する場合、支払い金額に応じてポイントが付与されることがあります。

ポイント還元されるため、貯まったポイントを他のサービスに利用できます。
利用額が高いほどポイントがたまるため、現金払いよりお得です。

医療機関によって、まだまだカード払いに対応していないのが現状です。
受診前に、支払いがクレジットカード決済に対応しているかどうか、確認しておきましょう。

クレジットカード決済では、つい使い過ぎてしまう可能性があります。
高額なピルを購入した場合、リボ払いや分割払いをしてしまうと金利が発生するので注意が必要です。

電子マネーでピルを購入する

電子マネーでピルを購入する場合、支払金額に応じてポイントが付与されます。
たまったポイントは支払いにも使えるため、現金払いよりお得です。

この他にも現金のやり取りがなく会計がスムーズに行えることで、会計時間の短縮にもつながります。

電子マネーには、カード決済タイプスマホ決済タイプがあります。
カードタイプだと事前にチャージしておく必要があります。

スマホ決算タイプだと、手軽に使えるので使い過ぎてしまう可能性があるので、注意が必要です。

複数枚のシートをまとめて購入する

ピルはまとめて購入すると、単価が下がるので、その分お得になります。

診療を受けてピル処方してもらうと、ピルの費用だけでなく診療費用や交通費もかかります。
ピルを処方してもらう場合は、何ヶ月かまとめて購入する方がお得です。
ピルをどれくらい処方してもらえるかは病院やクリニック、ピルの種類によって異なります。

保険適用のピルであれば、初回は1か月分、次回からは最大3か月分までとなっています。
自費となるピルであれば、初診の方でも1〜3か月分処方してくれる場合もあります。

再診の方で副作用がなければ、希望に応じて最大約6ヶ月分まで処方してくれるところもあるので、受診の際に相談してみましょう。

安いピルの購入方法5選

工夫すれば、ピルの費用を抑えられます。
以下で安いピルを購入するためにできることを紹介します。
ぜひ参考にしてください。

低価格でピルを購入できる病院を探す

ピルは治療目的であれば保険が適用されますが、避妊目的では自由診療になるため、費用は全額、自己負担です。

同じピルでも、価格は病院やクリニックによって異なります。
複数の病院やクリニックを比較して、安く購入できるところを見つけることをおすすめします。

病院で対面診療を受けてピルを購入するとなると、診療費や交通費もかかります。
よりピルを安く購入したいのであれば、オンライン診療がおすすめです。
オンライン診療している病院には、診療料が無料だったり定期配送での割引があったりするためです。

ジェネリック(後発医薬品)を購入する

「ジェネリック」とは厚生労働省の認可を得た、新薬と同じ効果が認められる医薬品のことです。
別名「後発医薬品」と呼ばれることもあります。

ジェネリックは、新薬と同じ効果や同じ有効成分が含まれています。
開発期間や開発費が少ないため、新薬よりも低価格で手に入れられるのです。

ジェネリックは新薬の約30〜60%低価格であるといわれています。
ピルの費用をできるだけおさえたい場合は、ジェネリックを選択するといいでしょう。

最近は、診療前に問診表を記載する時点で、ジェネリックを希望するか回答できる病院もあります。
保険証に貼れる「ジェネリックを希望します」といったシールもあるので、ぜひ活用してみてください。

保険適用のピルを購入する

ピルには、保険適用される種類と、適用されない種類があります。
ピルの処方が病気の治療を目的とする場合は、保険適用が可能です。

以下で保険が適用される条件を紹介するので、ぜひ参考にしてください。

診療で生理前の不調を説明する

生理が始まる少し前に現れる、身体的・精神的な不調のことをPMSといいます。

PMSの症状には個人差があり、症状が重い方だと生活に支障をきたす場合もあります。
PMSは生理前に症状が現れ、生理がくるとともに落ち着くのが特徴です。

PMSの原因には、女性ホルモンの影響があると考えられています。
生理前の不調により日常生活に影響を及ぼす場合は、ピルを用いることで不調の改善が期待されます。

このようなPMS改善を目的として処方されるピルは、保険適用となります。
PMS改善の薬は、診療で医師が問題ないと判断したうえで処方されます。
生理前の不調を感じている方は、一度医師に相談してみることをおすすめします。

避妊を主目的にせず月経痛などを治療する

ピルを処方してもらう目的が避妊ではなく、月経困難症や子宮内膜症の治療であれば保険の適用が可能です。

「月経困難症」とは、月経のある女性の3〜7割が経験している、月経痛がとても強くなる病気のことです。
こうした治療のためには、痛み止めや排卵を抑制するために低用量ピルが処方されます。

「子宮内膜症」とは子宮内膜が本来あるべき子宮の内側でない場所で発生し増殖することによって発症するものです。
軽度な子宮内膜症であれば低用量ピルを処方し、子宮内膜の増殖を抑制します。

このように治療の場合に用いられるピルに関しては、保険適応となり費用を抑えられる傾向にあります。

ネット通販や個人輸入で購入する

ネット通販や個人輸入を利用すると、安くピルを購入できます。
そのため、費用をおさえたいという理由から、ネット通販を利用する人もいるのが現状です。

ネット通販や個人輸入で販売されているピルは、正規品でないものがあります。
服用すると重い副作用や健康を害する可能性があるので、注意が必要です。

個人輸入のピルは海外のものが多く販売されているため、日本国内では未承認のピルもあります。

日本国内で未承認のピルは、副作用が起きても病院やクリニックでは対処できない可能性もあります。
これらの理由から、病院やクリニックを介さないネット通販や個人輸入はおすすめできません。

フリマアプリで購入する

フリマアプリを利用すると、安くピルが購入できます。
しかし、フリマアプリで販売されているピルは安全性が保障されておらず副作用のリスクも高まるため、おすすめはできません。

そもそもピルは、フリマアプリといった個人間での取引は違法です。
医薬品の売買は、医薬品医療機器等法により許可のない医薬品の売買は認められていません。

万が一フリマアプリなど個人間の取引でピルを入手した場合、法律に違反し、罰則を伴う場合があります。
いくら安いからといってもフリマアプリなどでピルを購入するのはやめましょう。

オンラインクリニックで購入できるピル5つの効果

避妊

ピルは主にエストロゲンとプロゲステロンという二つの女性ホルモンを含み、これらは卵巣のホルモン分泌を抑制し、体内を妊娠状態に似せます。
その結果、脳は排卵を抑制し、避妊効果を発揮します。

しかし、ピルの効果は服用期間に限られ、停止すれば再び妊娠可能に戻ります。
しかし、停止後すぐに妊娠可能な状態に戻ることは将来の妊娠計画に影響しません。

低用量ピルの適切な使用は避妊効果を99.7%にまで高め、これはコンドームの避妊成功率より高いです。
また、多くのオンラインサービスでは通常のピルの他に、緊急時のアフターピルも提供しています。

関連記事

ピル避妊目的についてどのような目的でピルを服用するのか疑問に思ったことはありませんか?避妊目的のみでピルを服用して良いのかわかりませんよね。避妊目的のみでピルを服用するのはおかしいことなの?ピルの避妊効果はどのく[…]

月経前症候群(PMC)の緩和

月経前に見られる精神的および身体的な不調を総称して月経前症候群(PMS)と呼びます。
イライラ、不安、腹痛、頭痛、むくみなどが主な症状で、月経開始と共に通常は解消します。
PMSは、女性ホルモンのバランスの乱れが原因であり、低用量ピルの服用が症状の軽減に効果的とされています。

低用量ピルの服用は、女性ホルモンのバランスを調整し、排卵の抑制を通じてPMSの症状を緩和します。
排卵時に分泌される黄体ホルモンは、体温を上昇させたり、水分を体に留めたり、さらにはイライラや気分の落ち込みなどを引き起こす作用があります。

しかし、ピルの服用により排卵が制御され、これらのホルモンの波動が減少するため、PMSによる心身の変調も軽減します。
また、ピルは子宮内膜を薄く保つ効果もあり、月経直前の腹痛や腰痛なども軽減することが期待されます。

関連記事

PMS(月経前症候群)に悩まされている方も多くいらっしゃると思います。そもそもPMS(月経前症候群)とはなんでしょうか?「ピル」とはどのような関係があるのでしょうか?本記事では、PMSピルについて以下の点を中心にご紹介します。[…]

生理痛や月経量の軽減が期待できる

生理痛の主な原因とされるプロスタグランジンは、生理時の経血を体外へ排出するために生成され、止血を助ける役割を果たします。
しかし、この物質が子宮や血管を収縮させることで痛みを引き起こします。
低用量ピルの服用は、プロスタグランジンの生成を抑え、結果として生理痛の軽減に寄与します。

さらに、ピルは女性ホルモンの一種で、これによって子宮内膜の増殖も制御されます。
子宮内膜に含まれるプロスタグランジンが子宮収縮を刺激し、痛みをもたらすため、この増殖の抑制により、月経時の出血や痛みを緩和する効果があります。

さらに、ピルにより月経の量や痛みが管理可能となり、貧血の緩和も期待できます。
したがって、生理痛や豊富な月経に苦しむ方々にとって、ピルの利用は有益な選択と言えるでしょう。

関連記事

ピル生理痛について生理痛はどうしたら緩和することができるのか疑問に思ったことはありませんか?ピルは生理痛を緩和してくれるのかどうかわかりませんよね。ピルの効果は?ピルは生理痛を緩和してくれるの?[…]

生理予定日をコントロールできる

低用量ピルの服用により、生理のタイミングを調節することが可能となります。
特に、重要なイベントや旅行の予定がある時など、生理を避けたい日程がある場合、低用量ピルは有効な手段となります。
ただし、生理日をコントロールするためには、ピルの服用の開始や終了のタイミングが重要です。
したがって、適切な服用のために、医師の診察を受けることが強く推奨されます。

ピルに含まれるエストロゲンやプロゲステロンは女性ホルモンで、これによって生理のタイミングを管理できます。
「ピルを飲んでいる間は生理が来ない、飲まなくなったら生理が来る」ため、一般的に25日から40日程度とされる生理周期を一定に保つことができます。

さらに、ピルを飲み続けることで、生理の開始日を自分で設定することが可能です。
例えば、生理を早めたい場合は生理開始予定日の5日前から2週間、遅らせたい場合は開始予定日の10日前から特定の日までピルを飲むと良いとされています。
生理不順で悩んでいる人や特定の日に合わせて生理を調整したい人には、ピルの服用が推奨されます。

関連記事

生理痛がひどい方や旅行などで生理を止めたいと思っている方もいるのではないでしょうか。生理を止めるには、ピルを服用するのが一般的です。では、生理を止める方法には、どのようなものがあるのでしょうか。本記事では、生理を止める方[…]

肌荒れ改善が期待できる

低用量ピルの定期的な摂取は、皮脂の生成を管理し、ニキビ発生のリスクを減少させます。
ピルはアンドロゲンと呼ばれる男性ホルモンの産生を制御し、皮脂の過剰な生産を防ぎます。
結果として、ホルモンバランスが調整され、ニキビの主な引き金である皮脂の過剰分泌が抑制されます。

一方、ピルの利用は皮膚状態の改善にも寄与します。
ニキビ、皮疹、乾燥肌など、さまざまな皮膚トラブルの改善が期待できます。
排卵後の黄体ホルモンの急増は、皮脂の異常な分泌を引き起こし、ニキビや皮膚荒れの原因となります。

また、月経期間中のエストロゲンの低下は、肌の乾燥を招きます。
しかし、ピルを使用することでこれらのホルモンの不均衡が修正され、皮膚の状態が整います。
したがって、皮脂の過剰分泌に悩む人や、成人してからのニキビに困っている人には、ピルの使用がお勧めです。

オンラインクリニックで購入できるピルの種類と特徴

ピルは大きくわけて4種類あります。
それぞれの特徴をご紹介します。

低用量ピル

低用量ピルは、成分の配合量が0.05mg以下のものを指します。
日本で利用されているピルの多くは低用量ピルです。

代表的な種類は次の通りです。

  • トリキュラー
  • アンジュ
  • マーベロン
  • ファボワール
  • ルナベル

低用量ピルは、主に避妊・月経困難症の治療などに用いられます。

中用量ピル

中用量ピルは、成分の配合量が0.05mgよりも多いピルのことです。 主に月経移動などを目的に利用されます。

中用量ピルは成分量が多いぶん、低用量ピルよりも高い効果を期待できます。
ただし、低用量ピルよりも副作用のリスクも高い点に留意してください。

超低用量ピル

超低用量ピルは、成分の配合量が0.03mg以下のピルです。
避妊効果はほとんどなく、主に月経困難症の治療に用いられます。

主な種類は次の通りです。

  • ヤーズ
  • ヤーズフレックス

アフターピル

アフターピルは、緊急避妊を目的として服用するピルです。

こちらの記事でもピルの種類と効果について解説しています。
さらに詳しく知りたい方は、ぜひこちらの記事もご覧ください。

関連記事

生理痛・PMS・子宮内膜症の改善を目的として、ピルを利用する女性も増えています。しかしピルは種類によって効果が異なるため、選び方に迷う方も少なくありません。一体、ピルにはどのような種類があるのでしょうか。本記事では、ピルの種[…]

オンラインクリニックで購入できるピルの相場費用

ピルの費用相場は、ピルの種類・処方の仕方・保険適用の可否によって違います。
通常の対面診療とオンライン診療のピルの費用の例は次の通りです。

【低用量ピル】

ピル代(円)診察料・処方料(円)
対面診療2,500~3,0001,000~2,000
オンライン診療2,500~3,0001,000~1,500

ピルの値段自体は、対面診療・オンライン診療でほとんど差はありません。
ただし、診察料はオンライン診療のほうがやや安い傾向があります。

そのため、総額でみるとオンライン診療のほうが安く済むケースが多くみられます。
ただし、具体的なピルの値段・診察料はクリニックなどによって違います。

ところで、ピルは保険適用になるのでしょうか。
実は保険適用の可否は、ピルの使用目的によって違います。

ピルに保険が適用にされるのは、なんらかの病気の治療・予防に用いられる場合です。
たとえば下記の場合などに、保険適用になります。

  • 月経困難症の改善
  • 子宮内膜症
  • 子宮がんの予防など

一方、避妊が目的の場合は、原則として保険は適用されません。

こちらの記事では、ピルの費用相場についてさらに詳しく解説しています。
ピルの費用相場について気になる方は、こちらの記事もぜひご覧ください。

関連記事

ピルは、避妊や生理痛の緩和などを目的として用いられる薬です。ピルは保険適用外となるため、価格が高くクリニックによって値段が異なります。ピルの値段は、いくらくらいなのでしょうか?ピルを安く購入できる方法は、あるのでしょうか[…]

診療なしでピルを購入する方法

診療なしでピルを購入する方法がいくつかあり、忙しい人には人気です。
以下で診療を受けずにピルを購入する方法を紹介するので、ぜひ参考にしてください。

かかりつけの病院で購入する

ピルを処方してもらう場合、身体の状態や体質、処方する目的などによってピルの種類が異なります。
副作用や服用方法にも注意が必要なため、必ず病院やクリニックでの診療が必要です。

原則として病院やクリニックで診療を受けて処方箋を出してもらい、ピルを購入するという流れが一般的になります。
そのため、初診の方であれば、診療なしでピルを処方してもらうことは難しくなります。

しかし、かかりつけの病院で経過に問題がなければ、診療なしで処方してくれる病院もあります。
このように定期的に受診している場合は、診療なしでピルを購入できることがあります。

オンラインで診療を受ける

オンライン診療している病院やクリニックの中には、初診や定期健診のみ対面診療している場合もあります。

こういった病院では、その後のピルの処方や相談はオンライン診療で済みます。
そのため、毎回病院に行かなくてもピルを処方してもらえ、メリットが大きくなります。

また、診療は1回のみで毎月決まった日にピルが届くサービスを提供している病院もあります。

ピルの服用は血栓症という血管内で血が固まり血流をとめてしまう病気のリスクなどがあります。
血の塊が脳や心臓に飛ぶと脳梗塞や心筋梗塞を引き起こし、命に関わるリスクもあります。
診療でなければ、血栓症のリスクに気づくのが難しいため、定期的に対面で検査を受けましょう。

ネットで購入する

診療なしでピルを購入するには、ネットを利用する方法があります。

ネット通販であれば、病院やクリニックに行かなくてもピルを購入できます。
ただし、ネットで販売されているピルは粗悪品があります。
値段が安いピルは有効性がなく、思わぬ副作用を引き起こす偽薬もあります。
そのため、万が一服用してしまった場合、健康を害する可能性があります。

ピルは必ず病院やクリニックで診療を受けて、自分の体質や悩みにあったものを処方してもらいましょう。
自分の身を守るためにも、ネットでピルを購入することはやめましょう。

未成年が親バレなしでピルを購入する方法

未成年者であれば保護者に知られることなく、ピルを手に入れたい場合も考えられます。
以下で未成年が親にばれずにピルを購入する方法を紹介するのでぜひ参考にしてください。

保険適用外のピルを購入する

生理が始まっていれば、未成年でもピルを購入し服用が可能です。

病院やクリニックでの対面診療、もしくはオンライン診療にて医師の診療を受けましょう。

しかし、病院やクリニックによっては未成年だけではピルを購入できない可能性もあります。

薬には副作用がつきものなので、場合によっては保護者の同意が必要になります。
オンライン診療でも年齢制限を設けている場合があるため、事前に確認しておきましょう。

未成年が保護者にバレずにピルを購入するには、保険適用外のピルを購入する方法があります。

治療目的でピルを購入する場合も、保護者に知られたくないのであれば保険証を使わず自費診療で行えます。

信頼できる成人にピルを購入してもらう

ピルの処方には医師の診療が必要であり、購入できるのは使用する本人のみです。
そのため、基本的には他人が代理で購入することはできません

ピルにはさまざまな種類があり、体調や状況に応じて医師が判断し、処方されます。
適切な診療ができないまま処方されたピルは、効果がなかったり体質に合わなかったりします。

法律にて本人でない人を治療して、診療書や処方箋を交付することは禁止されています。
代理購入を請け負うサイトには、注意が必要です。

アフターピルは親バレを気にせず購入するべき

やむを得ず緊急避妊が必要な場合、可能な限り早く対応する必要があります。

アフターピルは性交後72時間以内に服用する必要があり、服用が早ければ早いほど避妊成功率が高くなります。

病院やクリニックによっては、未成年でもアフターピルを処方してくれます。
しかし、ピルは副作用のリスクもあるため、保護者同伴で診療を受け処方してもらうのが理想です。

特に、アフターピルが必要な場合は、保護者バレることを気にせずにすぐ受診しましょう。

ピルを購入する前に知っておきたい副作用

ピルは避妊や生理痛の改善などの効果がある一方で、副作用のリスクがあります。
ここではピルの服用で生じる可能性がある副作用を紹介いたします。

またピルの服用で発生しうる副作用は以下の通りです。

  • 吐き気や頭痛
  • 気分の落ち込みや強い眠気
  • 不正出血
  • 血栓症

上記の副作用について以下の項目で詳しく解説していきます。

吐き気や頭痛

吐き気や頭痛はピルの飲み始めに生じやすい副作用です。

日本産科婦人科学会によると吐き気は1.2〜29.2%の割合で起こるとされています。
頭痛は3.4〜15.7%の割合で起こるとされています。

ホルモンの配合量が多い中用量ピルなどの服用で割合が高くなります。

しかし2〜3ヶ月で治る場合が多いです。
それでも治らない場合は医師に相談することをおすすめします。

薬が合っていないことも考えられるため、薬の変更も検討しましょう。

気分の落ち込みや強い眠気

ピルを服用すると気分の落ち込みや強い眠気が生じる可能性があります。
眠気はピルに含まれるプロゲステロンによって基礎体温が上昇することが原因です。

気分の落ち込みは抑うつのような状態で、0.1〜0.6%と起こる可能性は低くなっています。

気分の落ち込みや強い眠気も2〜3ヶ月で治ることが多いです。
それでも治らない場合は、医師への相談や薬の変更も検討しましょう。

不正出血

ピルを服用してホルモンバランスが急激に変化することで、不正出血が起こる可能性があります。

ピルの休薬期間に起きる「消退出血」以外の期間に起こる出血を不正出血といいます。

実際の割合としてピルを服用した約35.6%の方が第1周期で不正出血が起きているのです。
周期を重ねる、すなわち服用を続けると発生率は低下していき、2〜3ヶ月で治るでしょう。

長期にわたって出血がみられる場合は、子宮頸がんなど病気の可能性があります。
一度医師の診察を受けるようにしましょう。

血栓症

血栓症は血液中に血のかたまりができて障害が起きてしまっている病気になります。

日本産科婦人科学会によると、低用量ピルの服用で静脈血栓塞栓症のリスクが3〜5倍増加するといわれています。

血栓症のリスク増大は、ピルに含まれるエストロゲンが関係しているのです。
エストロゲンは血液凝固作用があります。

脱水症状によって起きた血液の凝縮で血栓症のリスクが高まってしまうのです。

喫煙者や肥満の方は特に血栓症のリスクが高いため、診察時に伝えるようにしましょう。

さらに元々血栓性素因を持つ方に関しては発症率が約10倍高くなります。
そのためピルの処方の前に血液検査を受けることがおすすめです。

出典:日本産科婦人科学会【低用量経口避妊薬の使用に関するガイドライン

こちらの記事では、ピルの副作用についてさらに詳しく解説しています。
安心してピルを服用できるように、事前に副作用についてしっかり理解しておくことをおすすめします。

関連記事

「ピル」は避妊効果など様々なメリットがあります。しかし、副作用などが心配ですよね。そもそも「ピル」とは何なのでしょうか?「ピル」にはどのような効果が期待されるのでしょうか?本記事では、「ピ[…]

ピルの普及率と必要性

ピルは避妊手段としての役割だけでなく、生理痛やPMSの軽減、子宮内膜症や子宮筋腫の治療にも使用されるなど、多岐にわたる効果を持っています。
しかし、日本におけるピルの普及率は低く、その背景や必要性について考えることが重要です。

ピルの日本の普及率

日本の低用量ピルの普及率は2.9%と非常に低いです。
これは、欧米諸国や東南アジアと比較すると圧倒的な差があります。

例えば、アメリカでは13.7%、イギリスでは26.1%、フランスでは33.1%と、日本の普及率とは大きなギャップが見られます。

日本でピルが普及されていない理由

日本における低用量ピルの普及が遅れている背景には、ピルの入手方法や性教育の違いが挙げられます。
日本では、低用量ピルを手に入れるためには産婦人科医への受診が必要であり、医師による問診と検査を受ける必要があります。

一方、海外では薬局での購入が可能で、金額も比較的低いため、気軽にピルを入手できる環境が整っています。

また、日本と比べて海外では性教育が進んでおり、5歳や6歳から性教育が始まる国も多いです。

ピルの必要性

低用量ピルは、避妊や生理痛、PMSの軽減に役立つだけでなく、子宮内膜症や子宮筋腫の治療にも使用されるなど、医学的にも信頼されています。
日本ではまだ薬局での購入ができないものの、オンライン診療を通じてピルを処方することが可能です。

医師のサポートを受けながら、安全にピルを使用することが推奨されています。

ピルの購入方法に関するよくある質問

ここではピルの購入に関してよくある質問を4つ紹介していきます。
ピルの購入を悩んでいる方は、ぜひ最後までご覧ください。

高校生・未成年でもピルを購入できますか?

多くのクリニックでピルは基本的に高校生・未成年でも購入可能です。

購入する流れは、大人の方と変わりありません。
しかし購入不可であるクリニックや親の同意書が必要なクリニックも存在します。

クリニックによって対応が異なるため、事前に確かめておきましょう。

妊娠中でもピルを服用できますか?

妊娠中のピル服用は胎児への影響がないとされているため可能です。
妊娠中初期にピルを飲んでいても、赤ちゃんの奇形率は高くないとされています。

しかし妊婦の安全性は確実に保障されているわけではありません。
そのためピルの服用中に妊娠が判明した場合は、服用を中止するべきです。

ピルの1相性と3相性の違いはなんですか?

簡単にいうと、ホルモン配合量の割合が異なります。
ピルは基本的に1シート21錠で構成されています。

1シート全ての錠剤でホルモンの配合割合が変わらないものが「1相性」です。
一方で1シートの中でホルモンの配合割合が3段階に変化するものが「3相性」に該当します。

1相性の方がニキビや肌荒れに対する改善効果が高いです。
3相性はホルモンバランスが自然で、副作用が生じにくいとされています。

特徴が異なるため、自身の希望に合わせて選びましょう。

生理前にピルを飲んでも大丈夫ですか?

低用量ピルは基本的に生理開始日〜5日以内に服用を開始することになります。
すなわち生理中に服用することになるのです。

しかし生理日を遅らせたい場合は、話が別です。
生理日を遅らせたい場合は、生理予定日の5日前からイベント日までピルを服用する必要があります。

生理前にピルを服用しても問題ありませんが、目的に合わせて服用しましょう。

オンラインで購入したピルは安全ですか?

オンラインでのピル購入には警戒が必要です。
クリニックの公式ウェブサイト以外からの取得は、安全を確保するのが困難です。

個人輸入やフリマアプリなどからの購入は、副作用のリスクが高く、法律違反の可能性もあります。
個人輸入代行業者による販売は、その販売自体が認められていない場合が多く、危険性が伴います。

安全で適切なピルを手に入れるためには、医療機関での診察と処方が最も確実です。
無許可での医薬品取引は避け、法的な問題を招かないようにしましょう。

ピルを購入するのに検査は必要ですか?

ピルの購入に際して、一概に検査が求められる訳ではないことを知っておくべきです。
検査の必要性や範囲は、各医療機関の方針によるものですから、具体的な内容はクリニックごとに異なります。
さらに、問診結果からピル服用のリスクが予想される場合や、医師が検査が必要だと判断した際には、血液検査や婦人科の診察を受けることがあります。

ピルは飲んでも不妊症など妊娠に影響は出ないですか?

ピルは一時的に排卵を制御するもので、卵巣の機能を永続的に損なうわけではなく、また、不妊症を引き起こすこともありません。
服用を中断すれば、排卵は通常のリズムで再開され、妊娠可能な状態に戻ります。

さらに、ピルは子宮内膜症の治療や予防にも寄与します。子宮内膜症は不妊症を引き起こす可能性のある病気であるため、ピルによってこれを抑制することは、実質的に不妊の予防につながると言えるでしょう。

ピルを購入する際、オンラインサービス以外で発送の早い通販の方法はある?

低用量ピルを素早く購入するための通販方法としてオンラインサービス以外の選択肢は、通常、限られています。
日本では、ピルの無許可の販売は制限されており、個人輸入を通じて取得することは可能な場合もあります。
しかし、日本で認可されていないピルや不純物が混入しているもの、あるいは偽造品が送られてくる可能性もあるので、個人輸入は慎重に行うべきです。

ピルの購入方法まとめ

ここまでピルの購入方法についてお伝えしてきました。
ピルの購入方法の要点を以下にまとめます。

  • ピルは病院やクリニックでの対面診療、オンライン診療で購入できる
  • ネットで販売されているピルは偽薬の可能性があるため避けるべきである
  • ジェネリックや保険適用のピルだと安く購入できる
  • かかりつけの病院やオンライン診療だと診療なしでピルが購入できる

これらの情報が少しでも皆さまのお役に立てば幸いです。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

まとめて知りたい方必見!ピル購入でおすすめオンラインクリニック早見表

 おうちでクリニック
クリニック名mederiスマルナおうちでクリニックDMMオンラインクリニックエミシアクリニッククリニックフォアエニピル
おすすめポイント初月のピル代がかからない!
※送料550円はかかります
診療が無料で気軽に相談!
受診方法を選べる!
安くて分かりやすい料金プラン!
在籍医師が診察!
取り扱いピルが多数!
ピルの種類が豊富!
1日あたり71円からピルを利用できる!
最短で1時間以内に薬を受け取れる!
代引き可能!
圧倒的な実績!
支払い手段が豊富!
ピルの処方が数10分で完了!
診療を24時まで受付!
ピルの種類低用量ピル
中容量ピル
アフターピル
低用量ピル
中容量ピル
アフターピル
低用量ピル低用量ピル
中容量ピル
アフターピル
アフターピル低用量ピル
中容量ピル
アフターピル
低用量ピル
中容量ピル
アフターピル
ピル処方代6シートおまとめプラン
2,970円/シート
12ヶ月一括決済プラン
2,380円/シート
毎月定期プラン(マーベロン28・アンジュ28・トリキュラー28)
2,783円/シート
低用量ピルらくらく定期便3ヶ月ごと
2,178円/シート
72時間以内アフターピル
9,350円
低用量ピル定期便
2,783円/シート
12ヶ月一括プラン
2,563円/シート
診療代・送料診療代
0円
送料
550円
※2ヶ月目以降からおまとめプランにすると「送料無料」
診察代
1,500円
送料
0円
診療代
0円
送料
550円
初月500円オフ
診療代
0円
送料
550円
診療代
750円
送料
750円
※超特急便の場合10,000円~
診療代
1,650円
送料
550円
診療代
2,200円
送料
370円
※12ヶ月一括プランは送料無料
診療対応時間10:00〜22:0010:00〜18:0010:00-19:00平日8:00〜22:00
土日8:00〜22:00
24時間対応9:30~20:3010:00〜24:00
配送時期最短当日発送
翌日到着
18時までの決済で当日発送最短翌日ポストにお届け最短即日配送最短当日発送最短当日発送最短当日発送翌日到着
当日診療対応
公式サイト
公式サイトはこちら
公式サイトはこちら
公式サイトはこちら
公式サイトはこちら
公式サイトはこちら
公式サイトはこちら
公式サイトはこちら

※この記事はアフィリエイト広告を含んでおります

監修者 メディカル・ケア・サービス

  • 認知症高齢者対応のグループホーム運営
  • 自立支援ケア
  • 学研グループと融合したメディア
  • 出版事業
  • 社名: メディカル・ケア・サービス株式会社
  • 設立: 1999年11月24日
  • 代表取締役社長: 山本 教雄
  • 本社: 〒330-6029埼玉県さいたま市中央区新都心11-2ランド·アクシス·タワー29F
  • グループホーム展開
  • 介護付有料老人ホーム展開
  • 小規模多機能型居宅介護
  • その他介護事業所運営
  • 食事管理
  • 栄養提供
  • 福祉用具販売
  • 障がい者雇用

スポンサーリンク