ホーム

認知症を学ぶ

down compression

介護を学ぶ

down compression

専門家から学ぶ

down compression

書籍から学ぶ

down compression

健康を学ぶ

down compression
トップページ>生活>美容整形>フォトフェイシャルを東京で受けるには?人気クリニックの選び方と注意点を紹介!

フォトフェイシャルを東京で受けるには?人気クリニックの選び方と注意点を紹介!

フォトフェイシャルはシミや小じわなど様々な肌トラブルを改善する治療方法です。
フォトフェイシャルは主に美容クリニックなどで受ける治療方法です。

東京はフォトフェイシャルを行う美容クリニックの数が多いエリアです。
そのためフォトフェイシャルをどのクリニックで受けるか悩む方も多くいらっしゃいます。

では東京でフォトフェイシャルクリニックはどのように選べばいいのでしょうか?

本記事では、以下の点を中心に解説していきます。

  • フォトフェイシャルクリニックを東京で探すメリット
  • 東京フォトフェイシャルクリニックの探し方
  • フォトフェイシャルの注意点

最後にはフォトフェイシャルでトラブルが生じた際の対応策をお伝えいたします。
ぜひ最後までご覧ください。

フォトフェイシャルとは?

フォトフェイシャルとは?

そもそもフォトフェイシャルはどのような治療方法なのでしょうか?
ここではフォトフェイシャルの施術方法と効果について解説していきます。

治療法

フォトフェイシャルはIPLという優しい光を用いた治療方法です。
幅広い光の波長を使い分けるため、さまざまな肌トラブルに対応できます。

フォトフェイシャルと似ている治療方法として、レーザー治療が挙げられます。
レーザー治療との違いは、光の波長と照射時間です。

フォトフェイシャルの光は波長が長く、皮膚の深い層でも光が届きます。
また、メラニン色素やヘモグロビンなど特定の色に反応する光です。
トラブルがある部分のみをターゲットにできます。

効果

フォトフェイシャルはさまざまな効果を得られ、その効果は以下の通りです。

  • シミ・そばかす改善
  • くすみ・くま改善
  • 毛穴改善
  • たるみ・小じわ改善
  • ニキビ跡・赤ら顔改善

1回の施術で上記の効果を得ることはできませんので注意しましょう。
またすべての効果を得るためには、複数回の施術を受ける必要があります。

フォトフェイシャルは東京で受けるメリット

フォトフェイシャルは東京で受けるメリット

フォトフェイシャルは東京だけでなく、神奈川や埼玉など他県でも受けられます。
フォトフェイシャルクリニックを東京で探すメリットは何なのでしょうか?

ここではフォトフェイシャルクリニックを東京で探すメリットを4つ紹介いたします。
関東圏でフォトフェイシャルを探している方はぜひ参考にしてください。

本店が多い

そもそもクリニック数が多く、東京に本店がある美容皮膚科も多いです。
東京は人口が多く、多くの利用客を見込めます。
そのため本店を東京に構えるクリニックが多いです。

通常本店は最初に開院した医院が該当します。
本店には多くの場合、クリニックの代表医師や実績のある有名医師が在籍しています。

他店より実績が多い分、不安なく利用できるといえるでしょう。
その分利用客が多く、予約が取りづらいのが注意点です。

土日も営業しているところが多い

東京は土日も営業していて、年中無休のクリニックが多いです。
地方では土日だけでなく、平日にも休診日があるクリニックも少なくありません。
東京だと休診日などを心配する必要がなく、お仕事などで忙しい方でも利用しやすいです。

一方で土日の営業は平日に利用したい方にもメリットがあります。
土日も営業している分利用客が分散するため、平日の予約が取りやすくなるのです。
平日に利用する予定の方も、ぜひ土日に営業しているかどうか確かめておきましょう。

アクセスがしやすい

東京は公共交通機関が整っており、さまざまなクリニックへのアクセスがいいです。
駅近の美容クリニックが多く、職場や家からも通いやすいといえます。

フォトフェイシャルは、効果を得るために複数回通院する必要があります。
アクセス面が悪く通いにくいと、その分時間面や金銭面で負担が大きくなるのです。
そのためアクセスがよく通いやすい点は大きなメリットになります。

店舗ごとの比較がしやすい

そもそも店舗数が多いため、比較がしやすいこともメリットです。
比較がしやすい分、クリニックの良い点・悪い点がわかりやすいといえます。

また同じクリニックの中でも複数の店舗がある場合、店舗ごとに比較する必要があります。
同じクリニックの中でも導入する機械やスタッフが異なるからです。

同じクリニックを比較する場合、公式サイトの閲覧だけでは比較しにくいです。
そのため地図アプリやSNSなど、店舗名で口コミを検索して比較するとよいでしょう。

おすすめ記事

近年は、美容整形ブームで「プチ整形」や「美容医療」が人気になっています。しかし、クリニック選びで失敗して、後悔したりトラブルに巻き込まれたりすることも事実です。自分に合った美容外科クリニックを選ぶにはどうすれば良いのでしょうか?[…]

フォトフェイシャルを東京での探し方

フォトフェイシャルを東京での探し方

東京のフォトフェイシャルクリニックはアクセスがよく、通いやすいことがわかりました。
では東京でフォトフェイシャルクリニックを選ぶにはどうしたらよいのでしょうか?

ここでは東京でのフォトフェイシャルクリニックの選び方を紹介いたします。
選び方のポイントは以下の通りです。

  • 通える距離から選ぶ
  • 機械で選ぶ
  • 初回料金と2回目以降の料金から選ぶ
  • アフターケアが充実しているかどうかで選ぶ
  • カウンセリングが丁寧かどうかで選ぶ

それぞれの選び方について以下の項目で詳しく解説していきます。

カウンセリングが丁寧にされているかどうか

フォトフェイシャルクリニックのカウンセリングは無料のことが多いです。
無料である分、カウンセリングを受ける方の数は多くなります。

そのためカウンセリングの対応が悪くなってしまうクリニックも少なくありません。
カウンセリングが丁寧なクリニックは信頼できるかどうかの判断材料になるでしょう。

丁寧さをチェックすることは重要な判断材料ですがカウンセリングも大切です。
肌の悩みや治療での疑問点はカウンセリング時に解決しておきましょう。

駅から近い所を探す

東京でクリニックを探す際は、駅から近いクリニックを選ぶことをおすすめします。
駅から近いと、通いやすいことが理由です。

あるいは1つの駅からのアクセスだけでなく、他の駅からのアクセスにも注目しましょう。
電車が遅延や運転取り止めになった際に、クリニックに行けないことがあるためです。
クリニックによっては、当日キャンセル扱いでお金が無駄になることも考えられます。

お金や時間が無駄にならないよう、複数の駅からのアクセス面にも注目しましょう。

予算から料金が詳細にされているか確認する

クリニックの施術の料金が詳細にされているかどうか、確認することが重要です。
クリニックの料金と自分の予算を考慮して、予算内に収まるクリニックを選びましょう。

またフォトフェイシャルは初回施術の料金が安く設定されていることが多いです。
2回目以降の料金が目立たないような形で表記しているクリニックも少なくありません。
後々後悔しないようにするためにも、必ず料金の詳細まで確かめましょう。

プライバシーが重視されているかどうかで選ぶ

東京はクリニックを利用する人が多いため、プライバシーも重要です。
そのためプライバシーが重視されているクリニックを選ぶようにしましょう。

プライバシーを守っているかどうかは、公式サイトの「プライバシーポリシー」で確認できます。
プライバシーポリシーには個人情報の取り扱い方法や目的などの詳細が記載されています。

また施術室が個室のクリニックもプライバシーが重視されている要素の1つです。
施術環境面でプライバシーが確保されているかどうかも確かめておきましょう。

予約が取りやすいかどうかで選ぶ

東京は人口が多い分、クリニックを利用する人の数も多いです。
人気で利用する方が多く、予約が取りづらいというクリニックも少なくありません。
そのため予約が取りやすいかどうかも重要なポイントになります。

予約が取りやすいクリニックを探すうえで、重要となるポイントは以下の通りです。

  • 予約する手段が多い
  • 営業時間が長い
  • 休診日が少ない
  • 開院してあまり期間が経っていない
  • アクセスがあまりくない

予約方法が電話やネット、LINEなどさまざまな手段があると予約が取りやすいです。
またキャンセル枠に予約できるクリニックも予約が取りやすいといえます。

フォトフェイシャルが東京の地域で選び方

フォトフェイシャルが東京の地域で選び方

東京は地域ごとでみても、多くのクリニックがあります。
そのためどの地域を選ぶか、そしてその地域に合わせた探し方が重要です。

ここでは新宿・品川・銀座の3つの地域に分けて、選び方のポイントを解説していきます。
東京でフォトフェイシャルを受けたい方は、ぜひ最後までご覧ください。

新宿

新宿は東京の中でも、とくにクリニックの数が多い地域です。
本店を構えるクリニックも多くなっています。

新宿は同じクリニックでも、複数の店舗を構えていることがあります。
例として、湘南美容クリニックの店舗は3つです。

公共交通機関も整っており、多くの路線が乗り入れています。
乗り入れている路線は以下の通りです。

JR山手線JR総武線JR埼京線
JR中央線JR中央本線JR湘南新宿ライン
都営新宿線都営大江戸線京王線
京王新線小田急小田原線

千葉や埼玉、神奈川など他県からのアクセスがよいことが新宿の特徴です。
新宿でクリニックを探す際は、自宅の最寄りの路線からのアクセスを重視するようにしましょう。

品川

品川も東京の中でクリニックの数が多い地域になります。
新宿よりも本店を構えるクリニックが少ないです。

しかし国内大手の品川スキンクリニックが本店を構えています。

また新宿と同様に公共交通機関が整っていて、多くの路線が乗り入れています。
乗り入れている路線は以下の通りです。

  • JR東海道本線
  • 山陽新幹線
  • JR横須賀線
  • JR成田エクスプレス
  • JR山手線
  • JR京浜東北・根岸線
  • 京浜急行本線

上記の路線から埼玉や神奈川にお住まいの方に品川をおすすめします。

銀座

銀座も東京の中でクリニックの数が多い地域です。
新宿よりも本店を構えるクリニックが少ないです。

しかし大手の銀座よしえクリニックが本店を構えています。
また新宿や品川と同様に公共交通機関が整っていて、多くの路線が乗り入れています。

乗り入れている路線は以下の通りです。

  • 東京メトロ銀座線
  • 東京メトロ日比谷線
  • 東京メトロ丸の内線
  • 東京メトロ有楽町線

銀座は地下鉄のみでアクセスできるため、他県の方は通いにくいといえます。
一方で上記の沿線にお住まいの方は銀座が通いやすいためおすすめです。

フォトフェイシャルを受けるメリット

フォトフェイシャルを受けるメリット

そもそもフォトフェイシャルは受けることでどのようなメリットがあるのでしょうか?
ここではフォトフェイシャルを受けるメリットを3つ紹介いたします。

なお紹介するメリットは以下の通りです。

  • 幅広い範囲で様々な肌トラブルに対応できる
  • ダウンタイムや副作用が少ない
  • アンチエイジング効果が期待できる

上記のメリットについて以下の項目で詳しく解説していきます。

幅広い範囲で様々なトラブルに対処できる

フォトフェイシャルは、幅広い範囲でさまざまな肌トラブルに対処することが可能です。
1つの肌トラブルだけではなく、複数の肌トラブルをまとめてケアできます。

さまざまな肌悩みを抱えている方でも、複数のクリニックに通う必要がありません。
そのためフォトフェイシャルは複数の肌悩みを抱えている方におすすめの治療方法です。

対応できる肌トラブルとしては、以下の通りです。

  • シミ・そばかす
  • ニキビ
  • 赤ら顔
  • シワ・たるみ
  • 毛穴の開き

さまざまな悩みに対応できるのは、広範囲かつ複数の光の波長での照射が可能だからです。

ダウンタイムや痛みが少ない

フォトフェイシャルの大きなメリットの1つとして痛みが少ないことが挙げられます。
フォトフェイシャルは低出力で肌へのダメージが少ないことが理由です。

レーザー治療だと種類によっては麻酔が必要なほど痛みを感じやすいものもあります。
フォトフェイシャルは輪ゴムで弾かれたような痛みです。
痛みが苦手な方も麻酔で痛みを感じることなく受けられます。

レーザー治療はダウンタイムがあり、施術後に絆創膏やガーゼなどの保護がほぼ必須です。
一方フォトフェイシャルはダウンタイムも少ないです。
フォトフェイシャルは施術後すぐメイクすることも可能で、制限が少ないといえます。

アンチエイジングの効果が期待できる

アンチエイジングとは、加齢に伴って起きる体機能低下を防ぐことです。
フォトフェイシャルはそうしたアンチエイジングの効果が期待できます。

フォトフェイシャルは皮膚深い層に存在する線維芽細胞にアプローチすることが可能です。
刺激を受けた線維芽細胞は、美肌成分の生成が促進されます。

美肌成分とは、コラーゲンやヒアルロン酸などのことです。
結果として肌のハリや潤いがアップして、アンチエイジング効果につながるのです。

フォトフェイシャルの注意点

フォトフェイシャルの注意点

フォトフェイシャルはメリットがある一方で、デメリットすなわち注意点もあります。

フォトフェイシャルの注意点は主に以下の4つです。

  • 副作用がある
  • 受けられない人がいる
  • シミを薄くする治療である
  • 肝斑が悪化する可能性がある

それぞれのデメリットについて以下の項目で詳しく解説していきます。

副作用がある

どうしてもお肌に光を当てている関係で、副作用が生じる可能性もあります。
具体的な副作用としては、以下のものが挙げられます。

  • 火傷
  • 毛包周囲炎
  • 痛み
  • 虹彩炎
  • シミの再発

火傷や毛包周囲炎は、元々の肌における状態の影響で起こることが多いです。
痛みについては、耐えられる痛みでそこまで深刻な副作用ではありません

虹彩炎は、まぶたの照射時に目を保護していないことで起こるものです。
シミの再発は照射後の冷却が足りていないと起こります。

このように上記の副作用は元々の肌状態か、クリニックの対応によるものが多いです。
フォトフェイシャルの照射自体で起こるということではありません。

受けられない人がいる

フォトフェイシャルのデメリットは、治療を受けられない人がいることです。
とくに治療できないことが多いのは、日焼けしている人です。
日焼け肌は通常の肌より多くメラニン色素を含んでいます。

メラニン色素が多い場合、フォトフェイシャルの治療に向いていません。
フォトフェイシャルのライトが、メラニン色素に反応してしまうからです。
ケアしたい肌トラブルにアプローチできず、お肌がダメージを受けやすいのです。

お肌に優しいフォトフェイシャルでも、火傷を起こしてしまう可能性があります。
そのため日焼けをしている方は、ほかの治療法を検討する必要があります。

ほかにも妊娠中・糖尿病・皮膚炎の方は施術を受けられません。
上記に当てはまる方は、注意が必要です。

シミを薄くする治療である

フォトフェイシャルはレーザー治療と違って、ダウンタイムや痛みが少ないです。
しかしその分、効果が弱いといわれています。

濃く大きなシミはメラニンが多く含まれており、取りきるのが難しいです。
あくまでフォトフェイシャルはシミを薄く改善するもので、完治を目指すものではありません。

濃く大きなシミに対しては、効果が出にくいということを理解しておきましょう。
濃く大きなシミを取りたい方は、レーザー治療を受けることをおすすめします。

肝斑に対しては悪化する可能性がある

肝斑はシミの一種で、主に頬骨付近に発生するシミです。
左右対称で薄い褐色をしていることが特徴となります。

肝斑は低刺激の治療でも悪化しやすいシミです。
お肌に優しい治療であるフォトフェイシャルでも悪化してしまう可能性があります。

肝斑の方は、ピーリング治療や内服薬で治療することが多いです。
肝斑かどうかわからない方は、カウンセリングで一度医師に診察してもらいましょう。

フォトフェイシャルでトラブルの対応策

フォトフェイシャルでトラブルの対応策

フォトフェイシャルを含めた美容医療サービスでは、毎年数多くのトラブルが発生しています。
国民生活センターによると、2022年度の相談件数は2,464件です。

フォトフェイシャルでトラブルにならないように、以下の点を施術前に確かめておきましょう。

  • 使用する機械がどのようなものか説明できるか
  • 効果などメリットだけでなく、リスクや副作用を理解でき納得したか
  • 他の治療方法の説明も受けた上で、選択したか
  • 今自分に必要か、もう一度確認する

もしわからない点があれば、医師に聞いて理解することが重要です。
それでもトラブルになってしまった場合、以下のようなところに相談しましょう。

  • 国民生活センター
  • 消費者ホットライン

出典:国民生活センター【美容医療サービス
出典:政府広報オンライン【美容医療サービスの消費者トラブルサービスを受ける前に確認したいポイント

フォトフェイシャルと東京まとめ

フォトフェイシャルと東京まとめ

ここまでフォトフェイシャルと東京についてお伝えしてきました。
要点は以下の通りです。

  • フォトフェイシャルクリニックを東京で探すメリットは本店の多さ、土日も営業、好アクセス、店舗の比較のしやすさの4つ
  • 東京フォトフェイシャルクリニックの探し方はカウンセリングの丁寧さ、駅からのアクセス、プライバシー面、予約の取りやすさなど
  • フォトフェイシャルの注意点は、副作用や受けられない場合がある、肝斑が悪化することがあるなど

これらの情報が少しでも皆さまのお役に立てば幸いです。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

監修者 メディカル・ケア・サービス

  • 認知症高齢者対応のグループホーム運営
  • 自立支援ケア
  • 学研グループと融合したメディア
  • 出版事業
  • 社名: メディカル・ケア・サービス株式会社
  • 設立: 1999年11月24日
  • 代表取締役社長: 山本 教雄
  • 本社: 〒330-6029埼玉県さいたま市中央区新都心11-2ランド·アクシス·タワー29F
  • グループホーム展開
  • 介護付有料老人ホーム展開
  • 小規模多機能型居宅介護
  • その他介護事業所運営
  • 食事管理
  • 栄養提供
  • 福祉用具販売
  • 障がい者雇用

スポンサーリンク