ホーム

認知症を学ぶ

down compression

介護を学ぶ

down compression

専門家から学ぶ

down compression

書籍から学ぶ

down compression

健康を学ぶ

down compression
トップページ>生活>ピル>ピルの避妊目的使用ガイド: 効果、用量、副作用、おすすめクリニックについてもご紹介

ピルの避妊目的使用ガイド: 効果、用量、副作用、おすすめクリニックについてもご紹介

ピル避妊目的について

どのような目的でピルを服用するのか疑問に思ったことはありませんか?
避妊目的のみでピルを服用して良いのかわかりませんよね。

  • 避妊目的のみでピルを服用するのはおかしいことなの?
  • ピルの避妊効果はどのくらいなの?

など疑問に思うことがたくさんあると思います。
今回は、避妊目的でのピルの服用について、以下の項目を中心に解説します。

  • ピルの基本的な効果
  • 避妊目的でのピルの服用
  • ピルの避妊目的でのメカニズム

おすすめのオンラインピルクリニックについても紹介しているので、ぜひ最後までお読みください。

ピルと避妊

ピルとは、避妊を目的とした医薬品です。
しかし、その効果は避妊だけにとどまらず、生理痛の軽減や生理周期の安定、肌荒れの予防など、女性の健康管理全般に寄与します。
避妊という観点からだけでなく、女性の健康管理全般においてピルの理解は重要です。

ピルの避妊効果

ピルは、女性ホルモンを調整し、排卵を抑制することで避妊効果を発揮します。
しかし、その効果は避妊だけにとどまらず、生理痛の軽減、生理周期の安定、肌荒れの予防など、女性の健康管理全般に寄与します。

また、ピルの服用は卵巣がん、子宮体がん、大腸がんなどのリスクを軽減するとも報告されています。ピルの適切な使用と理解が、女性の健康と生活の質を向上させることにつながります。

ピルの避妊効果のメカニズム

避妊ピルは、主に女性ホルモンであるエストロゲンとプロゲステロンを含んでいます。

これらのホルモンは、女性の体内で卵子の成熟と排卵を制御する役割を果たします。
ピルを服用することで、これらのホルモンのバランスが調整され、排卵が抑制されます。

また、ピルの服用により子宮頸管の粘液が変化し、精子の侵入を阻止します。
さらに、子宮内膜の状態も変化し、受精卵の着床を難しくします。これらの一連の作用により、ピルは避妊効果を発揮します。

避妊の重要性とピルの役割

避妊は、望まない妊娠を防ぐための重要な手段です。

避妊手段の一つとしてピルがありますが、ピルは単に避妊を目的としたものだけでなく、女性の健康管理にも大いに役立つものです。
ピルの適切な使用と理解が、女性の健康と生活の質を向上させることにつながります。

避妊目的以外のピルの効果

ピルは避妊手段として広く知られていますが、その使用法や効果については誤解が多いです。
一部の人々はピルが単に避妊のためだけに存在すると考えていますが、実際にはそれ以上の多くの利点があります。

ここでは、避妊以外のピルの効果について詳しく説明します。

生理痛を和らげる

生理痛は、多くの女性が経験する辛い症状の一つです。
しかし、ピルを服用することで、生理痛を和らげる効果が期待できます。

ピルに含まれるホルモンが、子宮内膜の厚さを調整し、生理痛を軽減する効果があるためです。
また、ピルを服用することで、生理周期が安定し、生理痛の予防にもつながるでしょう。

経血量を減らす

ピルを服用すると、子宮内膜を薄く一定に保つことができ、経血量の減少・生理痛改善効果に期待できます。
また、ピルを服用すると経血量は少なくなり、出血する期間も短縮できるとされています。

以上のように、ピルには避妊効果以外にも、生理痛の軽減や経血量の減少などの効果があるのです。

月経前症候群(PMS)の症状を緩和する

月経前症候群(PMS)は、生理前にさまざまな不快な症状を抱える女性が多くいます。
しかし、ピルを服用することで、PMSの症状を緩和する効果があることが知られています。

ピルに含まれるホルモンが、生理前のホルモンバランスを調整し、PMSの症状を軽減することにつながります。
具体的には、イライラや不安、うつ病的症状、腰痛や頭痛などの身体的な不調を和らげられるでしょう。

月経前不快気分障害(PMDD)を改善する

ピルを服用すると、月経前不快気分障害(PMDD)の改善効果が期待できます。

月経前不快気分障害(PMDD)とは

  • 生理前になるとイライラする
  • 気持ちが落ち込む
  • 体調が悪くなる

という症状があらわれることです。

ピルは、排卵を抑制することで、ホルモンバランスを整え、PMDDの症状を改善する効果があるとされています。

生理周期を安定させる

生理周期が不規則だと、避妊の効果を確実に保つことが難しくなります。
しかし、ピルを服用することで、生理周期を安定させる効果が期待できます。
ピルに含まれるホルモンが、子宮内膜の成長をコントロールするため、生理周期が安定するといわれているのです。

また、ピルを服用することで、月経量や生理痛の軽減にもつながることが期待できます。

生理日をずらす

ピルは、排卵を抑制することで、生理予定日をずらすことができるとされています。
また、ピルを服用している間は生理が来ることはありません。
そのため、生理を避けたい期間服用を続けることで、生理を遅らせることもできるでしょう。

肌荒れの改善

ピルは、肌荒れを改善する効果もあることが知られています。
ピルに含まれるホルモンが、皮膚の脂肪分泌を調整し、ニキビや吹き出物の発生を抑制することにつながります。

また、ピルを服用することで、ホルモンバランスが安定するため、月経前に起こる肌荒れも予防できるとされているのです。

避妊目的でのピルの使用はおかしい?

フォトフェイシャルの注意点

このように様々な効果をもつピルを避妊目的だけで使用することは、おかしいのではないかと考えている人もいると思います。
ピルの避妊効果は約99%といわれています。そのため、望まない妊娠を防ぐためにピルは有効的な手段と言えるので、ピルを避妊目的だけで使用することはおかしくないことがわかります。
ここでは、ピルの避妊効果について詳しくご説明します。

ピルの避妊効果

ピルを避妊目的だけで使用する場合、その効果は非常に高いとされています。

理想的な使用を行った場合、ピルの避妊率はパール指数で0.3%とされています。
これは、100人の女性が1年間ピルを使用した場合、0.3人が妊娠するということを意味します。
これはコンドームの避妊率(理想的な使用をした場合で2%、一般的な使用だと18%)と比較すると、ピルの避妊効果が非常に高いことがわかります。

ピルの避妊効果は、ピルの正しい使用方法を理解し、それに従って服用することで最大限に発揮されます。
ピルは毎日同じ時間に服用することが推奨されています。

ピルの避妊効果が下がるとき

ピルの服用を忘れた場合や、吐き気や下痢などでピルが体内に留まらなかった場合は、避妊効果が低下する可能性があります。
そのため、ピルを避妊目的だけで使用する場合でも、その他の避妊方法(例えば、コンドーム)と併用することが推奨されています。

ピルの避妊は失敗するの?

ピルの避妊効果は100%ではありません。
ピルを正しく服用していても、稀に避妊に失敗することがあります。

その原因としては、ピルの飲み忘れや、服用後すぐに嘔吐や下痢をした場合などがあります。
これらの状況では、ピルの有効成分が十分に体内に吸収されず、避妊効果が低下する可能性があります。
ここでは、ピルの避妊失敗事例についてご説明します。

ピルの避妊失敗の事例とその理由

ピルの避妊失敗の事例としては、ピルの飲み忘れが最も一般的です。
ピルは毎日同じ時間に服用することが推奨されていますが、生活の中で忘れてしまうことは少なくありません。

また、ピルを服用後すぐに嘔吐や下痢をした場合も、ピルの有効成分が十分に体内に吸収されず、避妊に失敗する可能性があります。

また、ピルだけでなく、他の避妊方法でも避妊に失敗することがあります。
例えば、コンドームが途中で外れたり、破れたりした場合などです。
これらの事例からわかるように、避妊は複数の方法を組み合わせて行うことが最も安全な方法と言えます。

避妊ピルは、正しく使用すれば高い避妊効果を発揮しますが、100%の避妊効果を保証するものではありません。
避妊に関しては、自身の体調や生活習慣、パートナーとの関係などを考慮に入れ、最適な方法を選ぶことが大切です。

避妊目的のピルの副作用とその対策

避妊ピルは、その避妊効果や生理痛の改善など多くのメリットがありますが、一方で副作用も存在します。
これらの副作用を理解し、適切に管理することが重要です。ここでは、ピルの主な副作用とその対策について詳しく解説します。

ピルの主な副作用

ピルの副作用は個々によりますが、一般的には

  • 血栓症
  • 吐き気
  • むくみや乳房の張り
  • 不正出血
  • 気分の落ち込み
  • 眠気

などが挙げられます。

これらの副作用は、ピルを服用し始めてから一定期間を過ぎると解消されることが多いです。

血栓症は、血液が固まって詰まる症状で、場所によっては脳梗塞や心筋梗塞などの原因になる可能性があります。

吐き気は、ピルに含まれるエストロゲンによる副作用で、特にピルを飲み始めてから3ヶ月後以内に引き起こされることが多いです。

むくみや乳房の張りは、低用量ピルを服用すると手足や全身のむくみが気になったり、人によっては体重が増えたりすることもあります。

不正出血は、低用量ピルを飲み始めると約20%の方にみられる症状で、多くの方は、低用量ピルを3ヶ月ほど継続して服用すれば症状が落ち着きます。

気分の落ち込みや強い眠気も、低用量ピルを飲み始めた初期に感じやすい症状です。

ピルの副作用を管理する方法と対策

ピルの副作用を管理するためには、まず副作用の初期症状を理解し、異常を感じたらすぐに医師に相談することが重要です。
血栓症の初期症状としては、激しい頭痛、腹痛、胸の痛み、舌のもつれ、ふくらはぎや太ももの腫れや痛みなどがあります。
これらの症状を感じた場合、ピルの服用をやめて医師に相談することが推奨されます。

吐き気については、ピルを食後に服用することで軽減することが可能です。
また、むくみや乳房の張りについては、塩分の摂取を控えめにする、適度な運動をするなどの生活習慣の見直しも有効です。
不正出血については、3ヶ月程度服用を続けると自然に治まることが多いですが、それ以上続く場合や量が多い場合は医師に相談することが必要です。

気分の落ち込みや眠気については、ピルの種類を変えることで改善することがあります。
また、ストレス管理や適度な運動、十分な睡眠なども効果的です。副作用が強いと感じた場合や、副作用が改善しない場合は、医師と相談し、ピルの種類を変えたり、服用方法を見直したりすることもあります。

以上のように、ピルの副作用は個々によりますが、適切な知識と対策により管理することが可能です。自分の体調や症状をしっかりと観察し、必要なら医療専門家と相談することが大切です。

避妊目的のピルの用量と服用方法の理解

ピルは、避妊手段として広く認識されていますが、それだけでなく、生理痛や生理不順の治療にも活用されています。
ピルの効果を最大限に引き出すためには、適切な用量と服用方法を理解することが重要です。
ここでは、ピルの適切な用量と基本的な服用ガイドラインについて詳しく説明します。

ピルの適切な用量の理解

ピルは、卵胞ホルモンと黄体ホルモンの2種類の女性ホルモンが含まれています。
これらのホルモンのバランスと量が、ピルの効果を決定します。

現在、世界中で使われているピルの主流は、「低用量ピル」はその名の通り、含まれるホルモンの量が少ないタイプのピルです。
低用量ピルは、医師の処方箋が必要で、日本でも1999年から使用が認められています。

また、2008年からは、子宮内膜症に伴う月経困難症の治療用として保険適用されています。
低用量ピルは、生理が始まった思春期から、健康でタバコを吸わない人であれば40代でも飲むことができます。

ピル服用の基本的なガイドラインの理解

ピルの服用は、一般的に4週間を1周期とし、1パックには21錠または28錠が含まれます。
月経が始まった初日から始めて、毎日同じ時間に1錠ずつ服用し、これを3週間続けます。
その後の1週間はピルを服用せず、この期間に出血が見られますが、この出血は「無排卵月経」であり、排卵は起こりません。

もしピルの服用を忘れた場合は、気づいた時点で速やかに服用しましょう。半日程度の遅れであれば、ピルの効果は途切れません。
しかし、24時間以上経過してしまった場合は、次の日に2錠服用します。
ただし、2日以上服用を忘れてしまった場合は、ピルの効果が途切れてしまう可能性があるため、忘れた日から1週間休んだ後、新たに服用を開始しましょう。

また、28錠タイプのピルでは、最後の4~7錠がプラセボ(偽薬)となっており、これは服用を忘れないように配慮された設計です。
プラセボの成分は、砂糖やブドウ糖、乳糖などで、体にほとんど影響を及ぼさないものが使用されています。

さらに、ピルは一時的に月経を調整したい場合にも利用できます。
海外旅行や結婚式など、一時的に月経周期を調整したいときには、「中用量ピル」がよく用いられますが、低用量ピルでも調整は可能です。

月経を早めたい場合は、月経開始日の5日目からピルを服用し、月経を起こしたい日の2日前に服用を停止すると出血が始まります。
逆に、月経を遅らせたい場合は、排卵後の高温期からピルを服用開始し、服用を停止してから2~3日後に月経が始まります。
どちらの場合も、直前では対応が難しいため、予定している2~3ヶ月前には婦人科に相談しましょう。

ピルの服用は、適切な知識と理解を持つことが非常に重要です。
自身の体調や生活スタイルに合わせて、適切な用量と服用方法を選ぶことで、ピルの効果を最大限に活用することが可能になります。

避妊目的のピルの種類と価格

ピルはその種類や価格、避妊効果により、女性の生活スタイルや健康状態に合わせて選ぶことができます。
ここでは、ピルの種類とその特徴、価格と購入時の考慮事項、そして低用量ピルの避妊効果について詳しく解説します。

ピルの種類とその特徴:低用量ピルからアフターピルまで

ピルには、低用量ピル、ミニピル、緊急避妊ピル(アフターピル)など、さまざまな種類があります。それぞれのピルは、含まれるホルモンの種類や量、服用方法、効果の発現時間などにより異なります。例えば、低用量ピルはエストロゲンとプロゲステロンの2種類のホルモンを含み、毎日一定の時間に服用することで、高い避妊効果を発揮します。

一方、ミニピルはプロゲステロンのみを含み、低用量ピルに比べて副作用が少ないとされています。
アフターピルは、性交後72時間以内に服用することで、緊急的な避妊効果を発揮します。

ピルの価格と購入の考慮事項:自分に合った選択を

ピルの価格は、その種類やブランド、購入する場所により大きく異なります。
一般的に、ピルは1箱(1ヶ月分)あたり数千円から数万円で購入することができます。

購入時には、自分の生活スタイルや健康状態、予算に合ったピルを選ぶことが重要です。
また、ピルは医師の処方箋が必要なため、定期的な健康診断と相談を行うことも必要です。

低用量ピルとその避妊効果:99.7%の確率で避妊可能

低用量ピルは、1日1錠正しく服用することで99.7%の避妊効果があると言われています。

しかし、飲み忘れや間違った服用方法により、避妊効果が落ちてしまうこともあります。
そのため、低用量ピルの正しい知識を身に付けて、確実な避妊を実践することが重要です。

また、低用量ピルとアフターピルは併用しても問題ありませんが、低用量ピルだけで避妊効果があるため避妊効果は変わらないと考えられます。
ただし、低用量ピルを飲み忘れて「ゴムなしで性行為をしてしまった」「膣内に精子を出す性行為をしてしまった」場合では、併用が有効です。

【編集部おすすめ】避妊目的のピル購入でおすすめオンラインクリニック10選!

 
クリニック名mederiDMMオンラインクリニッククリニックフォアスマルナエニピルマイピルオンラインルサンククリニックエミシアクリニックケイ・レディースクリニックイースト駅前クリニック
おすすめポイント初月のピル代がかからない
※送料550円はかかります
診療が無料で気軽に相談
ピルの種類が豊富
1日あたり71円からピルを利用できる!
圧倒的な実績
支払い手段が豊富
受診方法を選べる
安くて分かりやすい料金プラン!
ピルの処方が数10分で完了
診療を24時まで受付
お得なはじめて割
学生が利用しやすい!
24時間診療可能!
無料で医師の再診を受けられる!
最短で1時間以内に薬を受け取れる!
代引き可能
ピル処方日本一の実績
対面診療も可能!
診療代がかからない!
自分に合うピルを見つけられる!
ピルの種類低用量ピル
中用量ピル
アフターピル
低用量ピル
中用量ピル
アフターピル
低用量ピル
中用量ピル
アフターピル
低用量ピル
中用量ピル
アフターピル
低用量ピル
中用量ピル
アフターピル
低用量ピル
中用量ピル
アフターピル
低用量ピル
アフターピル
アフターピル低用量ピル
中用量ピル
アフターピル
低用量ピル
中用量ピル
アフターピル
ピル処方代6シートおまとめプラン
2,970円/シート
低用量ピルらくらく定期便3ヶ月ごと
2,178円/シート
低用量ピル定期便
2,783円/シート
12ヶ月一括決済プラン
2,380円/シート

12ヶ月一括プラン
2,563円/シート
低用量ピル定期便
2,690円(税込)/シート
定期便
2,673円/シート
72時間以内アフターピル
9,350円
低用量ピル
3,300円/シート
ラベルフィーユ28・ファボワール28 6シート
2,700円/シート
診療代・送料診療代:0円
送料:550円
※2ヶ月目以降からおまとめプランにすると「送料無料
診療代:0円
送料:550円
診療代:1,650円
送料:550円
診察代:1,500円
送料:0円
診療代:2,200円
送料:370円
※12ヶ月一括プランは送料無料
初診料:1,650円
再診料:550円
送料:550円
診療代:1,650円
送料:500円
診療代:750円
送料:750円
※超特急便の場合10,000円~
診療代:3,240円
送料:0円
※オンライン診療は別途予約料:540円
診療代:0円
送料:0円
※1万円以上処方の場合
診療対応時間10:00〜22:00平日8:00〜22:00
土日8:00〜22:00
9:30~20:3010:00〜18:0010:00〜24:008:00〜20:0024時間対応24時間対応11:00〜18:3010:00〜19:00
配送時期最短当日発送
翌日到着
最短即日配送最短当日発送18時までの決済で当日発送最短当日発送翌日到着最短当日発送最短当日発送最短当日発送
最短当日発送最短翌日発送
当日診療対応
公式サイト
公式サイトはこちら
公式サイトはこちら
公式サイトはこちら
公式サイトはこちら
公式サイトはこちら
公式サイトはこちら
公式サイトはこちら
公式サイトはこちら
公式サイトはこちら
公式サイトはこちら

mederi

メデリピルはmederi株式会社が運営するオンラインピル処方専用クリニックです。

mederiのおすすめポイント

  • 初月のピル代がかからない
  • 診療が無料で気軽に相談できる
  • LINEで診療予約

mederiが選ばれる理由

mederiは安心して始めやすく、続けやすいクリニックを目指しています。
初月のピル代と診療代が無料なので、ピルの服用が初めての方でも始めやすいクリニックです。
※送料550円はかかります。

2ヶ月目以降からおまとめプランにすると「送料無料」でピルを受け取ることができます。

診療時間は5〜7分と、音声だけの電話でも可能です。
スキマ時間にいつでも、どこでも診療を受けられます。
さらに産婦人科医が診療を担当するため、安心して悩みを相談することができます。

mederiでは診療予約から受診、服薬管理を全てLINE上で行うことが可能です。
医師への相談や受付もLINE上で行えるため、何かトラブルが起きた際もすぐに相談できます。

配送は中身がわからないよう行なわれます。
飲んでいることを知られたくない人も安心して利用できます。

3シート目のお届け時にはオリジナルピルケースが届きます。
また飲み方カードやガイドブックがついてくるので、初めての方も安心して受けられます。

mederiでピルを受け取るまでの流れ

STEP1LINEで診療希望日を予約
STEP2オンライン診療を受診
STEP3最短翌日薬をポストで受け取る
STEP4定期便の場合毎月ピル配送

mederiの低用量ピル処方詳細

プラン【6シートおまとめプラン】【3シートおまとめプラン】【定期便プラン】
支払い金額2,970円/シート
総額:17,820円
2,970円/シート
総額:9,460円
2,970円/シート
総額:2,970円
割引金額年間6,600円お得年間4,400円お得

mederiの中用量ピル・アフターピル処方詳細

ピルの種類中用量ピルアフターピル
料金(1か月分)1,980円〜9,900円〜

mederiのピル処方オンライン診療詳細

ピルの種類低用量ピル/中用量ピル/アフターピル
ピル処方代6シートおまとめプラン:2,970円/シート
診療代・送料診療代:0円
送料:550円
※2ヶ月目以降からおまとめプランにすると「送料無料
割引情報プラチナ会員10%off
予約方法LINE
診療方法・診療時間診療方法:テレビ電話(Face Time/GoogleDuo)
診療時間:5~7分
診療対応時間10:00~22:00
当日診療対応
配送時期最短当日発送翌日到着
mederi
公式サイトはこちら

スマルナ

スマルナは株式会社ネクイノが運営するオンラインでのピル処方専門クリニックになります。

スマルナのおすすめポイント

  • 受診方法を選べる
  • 安くて分かりやすい料金プラン
  • プライバシーに配慮した配送

スマルナが選ばれる理由

スマルナが選ばれる理由の1つは診察の受診方法を選べることです。
他のオンラインピルクリニックでは、ビデオ通話や電話など受診方法が指定されています。

スマルナはビデオ通話はもちろん、顔や声を出す必要のないチャット形式で診察を受けることが可能です。

スマルナは低用量ピルの定期便を2,380円/シートと安くピルを利用できます。
診察代は1,500円で固定、送料が無料であるため、料金も分かりやすいです。

スマルナはピルの配送面でプライバシーに配慮しています。
他のクリニックの中では、差出人が病院となっていることも少なくありません。
しかしスマルナの場合差出人が担当医師の名前で品名は雑貨として配送されます。

プライバシーに配慮されているため、実家暮らしの方でも安心して利用可能です。

スマルナでピルを受け取るまでの流れ

STEP1本人確認
STEP2問診回答
STEP3オンライン診察
STEP4薬の受け取り

スマルナの低用量ピル処方詳細

プラン【12ヶ月一括決済プラン】【3シートずつ決済プラン】【1シートずつ決済プラン】
支払い金額2,380円~/シート
総額:28,560円
2,780円~/シート
総額:8,340円
2,980円~/シート
総額:2,980円
割引金額年間7,200円お得3ヶ月で1,200円お得 

スマルナの中用量ピル・アフターピル処方詳細

ピルの種類中用量ピルアフターピル
料金(1ヶ月分)2,900円~9,480円~

スマルナのピル処方オンライン診察詳細

ピルの種類低用量ピル/中用量ピル/アフターピル
ピル処方代12ヶ月一括決済プラン:2,380円/シート
診察代・送料診察代:1,500円
送料:0円
割引情報100万ダウンロード突破キャンペーン期間限定5,000円off
予約方法アプリ/Web
診察方法・診察時間診察方法:ビデオ通話/チャット
診察時間:5分
診察対応時間10:00~18:00
当日診察対応
配送時期18時までの決済で当日発送
スマルナ
公式サイトはこちら

おうちでクリニック

おうちでクリニックは、Medvice株式会社が運営するスマホやPCで予約から診察、お薬の処方までワンストップで完結するオンライン診療サービスです。

おうちでクリニックのおすすめポイント

  • 在籍医師が診療するから安心
  • 明確な料金
  • 取り扱いピル多数

おうちでクリニックが選ばれる理由

おうちでクリニックが選ばれる理由の1つは在籍医師が診察するなどサポートが充実していることです。
おうちでクリニックは、診察にあたる医師のほか、薬剤師や看護師など医療スタッフがサポートしてくれます。

おうちでクリニックは、お薬代2,783円~、診察料1,650円、送料550円の値段設定です。
上記以外の料金が発生することはないので、安心に利用できます。

おうちでクリニックは、多数のピルを取り扱っています。
様々なピルの取り扱いがあるので、自分自身いあったピルを見つけることができます。

おうちでクリニックでピルを受け取るまでの流れ

STEP1

診察予約

STEP2

医師との診察

STEP3

ポストへお届け

おうちでクリニックの低用量ピル処方詳細

プラン

【毎月定期プラン(マーベロン28・アンジュ28・トリキュラー28)】

【毎月定期プラン(フリウェルULD)】

【毎月定期プラン(ドロエチ配合錠)】

支払い金額

2,783円

5,610円

6,538円

割引金額

おうちでクリニックのピルオンライン診療の詳細

ピル種類

低用量ピル

ピル処方代

毎月定期プラン(マーベロン28・アンジュ28・トリキュラー28):2,783円

診療代・送料

診療代:1,650円
送料:550円

割引情報

予約方法

WEB予約

診療方法・診療時間

診療方法:ビデオチャット
診察時間:10-15分程度

診療対応時間

10:00-19:00

当日診療対応

配送時期

最短翌日ポストにお届け

おうちでクリニック
公式サイトはこちら

クリニックフォア

クリニックフォアはオンラインでも安心と丁寧を大切にするオンラインピルクリニックです。

クリニックフォアのおすすめポイント

  • 対面でクリニックで診療を行う医師から診療を受けられる
  • 圧倒的な実績
  • 支払い手段が豊富

クリニックフォアが選ばれる理由

クリニックフォアは、対面での診療も行っている医師から診療を受けられます。
患者に寄り添って、丁寧に診療を行ってくれます。

8種類のピルを取り扱っており、1人ひとりに合ったピルを処方してくれるのもクリニックフォアの強みです。

クリニックフォアの最大の特徴は、豊富な診療実績です。
2020年から2022年8月までのグループ全体診療実績は100万件を超えています。

ピル診療も2022年7月の1ヶ月間の実績で5.8万人が利用しているのです。

実績のあるクリニックで診療を受けたいという方にクリニックフォアをおすすめします。

クリニックフォアは支払い手段が豊富です。
クレジットカードのみ対応のクリニックも多いですが、代金引換やGMOあと払いにも対応しています。

そのためクリニックフォアは学生の方でも利用しやすいクリニックです。

クリニックフォアでピルを受け取るまでの流れ

STEP1WebやLINE上で診療の予約
STEP2問診と医師の診療を受ける
STEP3薬を受け取る

クリニックフォアの低用量ピル処方詳細

プラン【定期配送】【2ヶ月分】【3ヶ月分】【6ヶ月分】
支払い金額2,783円/シート
総額:2,783円
3,278円/シート
総額:6,556円
3,278円/シート
総額:9,834円
3,278円/シート
総額:19,668円
割引金額1ヶ月で495円お得2ヶ月で990円お得3ヶ月で1,485円お得6ヶ月で2,970円お得

クリニックフォアの中用量ピル・アフターピル処方詳細

ピルの種類中用量ピルアフターピル
料金(1ヶ月分)5,478円~/シート8,778円~

クリニックフォアのピル処方オンライン診療詳細

ピルの種類低用量ピル/中用量ピル/アフターピル
ピル処方代低用量ピル定期便:2,783円/シート
診療代・送料診療代:1,650円
送料:550円
割引情報なし
予約方法Web/LINE
診療方法・診療時間診療方法:ビデオ通話/電話
診療時間:15分
診療対応時間9:30~20:30
当日診療対応
配送時期最短当日発送
クリニックフォア
公式サイトはこちら

エニピル

エニピルは株式会社サルースが運営するオンライン専門のピル処方クリニックです。

エニピルのおすすめポイント

  • ピルの処方が数十分で完了
  • 診療を24時まで受付
  • 継続利用でお得

エニピルが選ばれる理由

エニピルの最大の特徴は、ピルを処方してもらうまでの時間の早さです。
LINEで5分程度問診に回答した後は、30分以内に医師から電話がかかってきます。

診療を担当する医師は薬の処方のみを行うため、診療時間は5分と短時間で済みます。
服用方法や副作用などで何か疑問点がある場合は、専用の窓口で相談可能です。

診療受付時間も朝10時から夜12時までとオンラインピルクリニックの中でも比較的長いです。
忙しい方でもスキマ時間を使ってピルの処方を受けられます。

エニピルは継続すると、通常よりお得にピルを利用できます。
12ヶ月一括プランだと送料も無料となるため、単品1ヶ月プランより年間で12,240円安くなるのです。

元々長期のピル服用を考えている方は、エニピルをおすすめします。

エニピルでピルを受け取るまでの流れ

STEP1問診票に回答
STEP2回答後30分以内に医師のオンライン診療受診
STEP3薬を受け取る

エニピルの低用量ピル処方詳細

プラン【12ヶ月一括プラン】【毎月配送プラン】【1ヶ月単品配送プラン】
支払い金額2,563円/シート
総額:30,756円
※別途診療代2,200円
2,563円/シート
総額:2,563円
※別途診療代2,200円と送料370円
3,278円/シート
総額:3,278円
※別途診療代2,200円と送料370円
割引金額年間12,240円お得年間7,200円お得

エニピルのアフターピル処方詳細

ピルの種類中用量ピルアフターピル
料金(1ヶ月分)2,563円~9,900円~

エニピルのピル処方オンライン診療詳細

ピルの種類低用量ピル/中用量ピル/アフターピル
ピル処方代12ヶ月一括プラン:2,563円/シート
診療代・送料診療代:2,200円
送料:370円
※12ヶ月一括プランのみ送料無料
割引情報12ヶ月一括割引
予約方法LINE
診療方法・診療時間診療方法:電話
診療時間:5分
診療対応時間10:00~24:00
当日診療対応
配送時期最短当日発送翌日到着
エミピル
公式サイトはこちら

マイピルオンライン

マイピルオンラインは株式会社オンラインメディカルケアが運営を行い、六本木ウィメンズヘルスクリニックと連携しているクリニックです。

マイピルオンラインのおすすめポイント

  • お得なはじめて割
  • 学生が利用しやすい
  • 産婦人科医が診療と処方を行う

マイピルオンラインが選ばれる理由

マイピルオンライン初利用かつ2シート以上の利用に限り1シート料金が半額となります。
初診の方は自動で適用されるため、割引を使い忘れる心配もありません。

学生証を提示すれば、通常550円かかる送料が毎回無料となります。
年間で6,600円も節約できることになるため、学生の方も利用しやすいクリニックです。

マイピルオンラインは提携クリニックの産婦人科医が診療と処方を行います。
マイピルオンラインは処方実績が6万件を超えており、対面での診療実績を含めた豊富な経験から適切な処方を受けられます。

さらに電話で診療を行うため、場所を選ばずに診療を受けることが可能です。

マイピルオンラインは、他のクリニックから乗り換えたい方や学生の方におすすめのクリニックです。

マイピルオンラインでピルを受け取るまでの流れ

STEP1希望するピルを選択
STEP2診療を予約
STEP3Web問診に回答
STEP4電話で医師の診療を受ける
STEP5薬を受け取る

マイピルオンラインの低用量ピル処方詳細

プラン【お得な定期便】【6ヶ月おまとめ処方】【3ヶ月おまとめ処方】【1シート】
支払い金額(税込)2,690円/シート
総額:2,690円
※再診料無料
2,849円~/シート
総額:17,644円~
2,849円~/シート
総額:8,767円~
2,849円~/シート
総額:2,849円
割引金額1ヶ月あたり最大379円お得3,850円お得(再診料550円+送料6回分3,300円)550円お得

マイピルオンラインの中用量ピル・アフターピル処方詳細

ピルの種類中用量ピルアフターピル
料金/月(税込)3,278円4,378円~

マイピルオンラインのピル処方オンライン診療詳細

ピルの種類低用量ピル/中用量ピル/アフターピル
ピル処方代(税込)低用量ピル定期便:2,690円/シート
診療代・送料初診料:1,650円
再診料:550円
送料:550円
割引情報はじめて割/学生割/再診患者割引
予約方法Web/LINE
診療方法・診療時間診療方法:電話
診療時間:5分
診療対応時間8:00~20:00
当日診療対応
配送時期最短当日発送
※平日17時、土日祝15時までの決済完了の場合
マイピルオンライン
公式サイトはこちら

ルサンククリニック Pills U

ルサンククリニック Pills Uは医療法人社団四季が運営するオンラインピル処方専門クリニックです。

ルサンククリニック Pills Uのおすすめポイント

  • 24時間診療可能
  • 無料で医師の再診を受けられる
  • 土日でも最短当日発送

ルサンククリニック Pills Uが選ばれる理由

ルサンククリニック Pills Uはオンラインピルクリニックでは珍しく24時間オンライン診療に対応しています。
アプリのDLも不要でスマホさえあれば、いつでもどこでも受診可能です。

診療はビデオ通話か電話で医師と行います。
定期便を契約している方は、更新時の診療が無料です。
続ければ続けるほどお得に利用できます。

定期便は送料無料かつ土日でも支払い後当日発送になります。
そのため最短で翌日にピルを受け取ることが可能です。

ピルも品名が化粧品として配送されるため、家族にバレる心配がありません。

医師の診療を定期的に受けたい方、長期的にピルを服用したい方におすすめのクリニックです。

ルサンククリニック Pills Uでピルを受け取るまでの流れ

STEP1Web上で診療予約
STEP2ビデオ通話か電話で医師との診療を受診
STEP3決済後薬の配送
STEP4薬を受け取る

ルサンククリニック Pills Uの低用量ピル処方詳細

プラン【定期便】【単品購入3ヶ月分】【単品購入1ヶ月分】
支払い金額2,673円~/シート
総額:2,673円
2,822円/シート
総額:8,465円
2,970円/シート
総額:2,970円
割引金額1ヶ月あたり297円お得
※送料・診療代も無料
3ヶ月あたり444円お得

ルサンククリニック Pills Uアフターピル処方詳細

ピルの種類アフターピル
料金(1ヶ月分)9,339円~

ルサンククリニック Pills Uのピル処方オンライン診療詳細

ピルの種類低用量ピル/アフターピル
ピル処方代定期便:2,673円/シート
診療代・送料診療代:1,650円
送料:500円
割引情報他院のりかえ割
予約方法Web/LINE/電話
診療方法・診療時間診療方法:ビデオ通話/電話
診療時間:不明
診療対応時間24時間対応
当日診療対応
配送時期最短当日発送
ルサンククリニック
公式サイトはこちら

DMMオンラインクリニック

DMMオンラインクリニックは、DMMグループが運営するオンライン診療専門クリニックです。

DMMオンラインクリニックのおすすめポイント

  • ピルの種類が豊富
  • 1日あたり71円からピルを利用できる
  • DMMポイントを貯められる

DMMオンラインクリニックが選ばれる理由

DMMオンラインクリニックは取り扱っているピルの種類が豊富です。
低用量ピルや中用量ピルはもちろん、ミニピルや超低用量ピルも取り扱っています。

ピルの種類だけでなく、薬剤の種類も幅広く取り扱っています。
そのため目的や悩みに合ったピルを選ぶことが可能です。

最も安いプランだと1ヶ月2,178円から利用できるため、1日あたり71円でピルを利用できます。
さらに診療料がかからないため、ピルの服用を始めやすいです。

DMMオンラインクリニックはピルの支払いでDMMポイントが貯まります。
貯まったポイントはピルの支払いだけでなく、他のDMMのサービスにも利用可能です。

DMMオンラインクリニックでピルを受け取るまでの流れ

STEP1スマホやPCで診療予約をする
STEP2ビデオ通話形式で診療受診
STEP3処方箋と決済金額を確認して支払いを行う
STEP4薬を受け取る

DMMオンラインクリニックの低用量ピル処方詳細

プラン【らくらく定期便6ヶ月ごと】【らくらく定期便3ヶ月ごと】【らくらく定期便1ヶ月ごと】【単月】
支払い金額2,178円/シート
総額:13,068円
2,178円/シート
総額:6,534円
2,783円/シート
総額:2,783円
3,179円/シート
総額:3,179円
割引金額半年で6,006円お得3ヶ月で3,003円お得1ヶ月で396円お得

DMMオンラインクリニックの中用量ピル・アフターピル処方詳細

ピルの種類中用量ピルアフターピル
料金(1か月分)4,378円8,998円〜

DMMオンラインクリニックのピル処方オンライン診療詳細

ピルの種類低用量ピル/中用量ピル/アフターピル
ピル処方代低用量ピルらくらく定期便3ヶ月ごと:2,178円/シート
診療代・送料診療代:0円
送料:550円
割引情報DMMポイント制度
予約方法WEB予約
診療方法・診療時間診療方法:マイページからビデオ通話
診療時間:10分程度
診療対応時間平日:8:00~22:00
土日:8:00~21:00
当日診療対応
配送時期最短即日発送
DMMオンラインクリニック
公式サイトはこちら

エミシアクリニック

エミシアクリニックは、アフターピルの処方を行うオンラインピルクリニックです。

エミシアクリニックのおすすめポイント

  • 最短で1時間以内に薬を受け取れる
  • 誰にもバレずに診療を受診可能
  • 代引き可能

エミシアクリニックが選ばれる理由

エミシアクリニックの最大の強みは、薬を受け取るまでの時間です。
東京・埼玉・千葉・神奈川であれば、別途配送料が1万円かかりますが、最短1時間以内に薬を受け取れます。

上記以外の地域であっても、最短翌日に薬を受け取ることが可能です。

さらに24時間診療受付、診療もLINE上で5分で完結するため、誰にもバレずに診療を受けられます。

エミシアクリニックはクレジットカードだけでなく、代金引換にも対応しています。
ポストに投函されるため、不在でも受け取ることが可能です。

エミシアクリニックは、避妊失敗して急遽アフターピルが必要となった方におすすめします。

エミシアクリニックでピルを受け取るまでの流れ

STEP1LINEで公式LINEを友だち追加
STEP2LINEで届いた問診票に回答
STEP3薬を受け取る

エミシアクリニックのアフターピル処方詳細

ピル72時間用アフターピル120時間用アフターピル
支払い金額9,350円15,950円

エミシアクリニックのピル処方オンライン診療詳細

ピルの種類アフターピル
ピル処方代72時間以内アフターピル:9,350円
診療代・送料診療代:750円
送料:750円
※超特急便の場合10,000円~
割引情報なし
予約方法LINE
診療方法・診療時間診療方法:LINE
診療時間:5分
診療対応時間24時間対応
当日診療対応
配送時期最短当日発送
※東京・埼玉・神奈川・千葉に限り最短1時間発送
エミシアクリニック
公式サイトはこちら

ケイ・レディースクリニック

ケイ・レディースクリニックは、医療法人ケイ・レディースクリニックが運営するクリニックでオンラインと対面診療に対応しています。

ケイ・レディースクリニックのおすすめポイント

  • ピル処方日本一の実績
  • 対面診療も可能
  • アフターピルの返金保証あり

ケイ・レディースクリニックが選ばれる理由

ケイ・レディースクリニックは低用量ピルの処方数が15年連続日本一を誇るクリニックです。
オンラインピル診療は2016年に開始しました。

対面診療を行っているクリニックでオンラインでピル処方を受けることができます。
低用量ピルの効果や使い方について他のオンラインクリニックより時間をかけて説明してくれます。
そのため低用量ピルを利用したことない方でも安心です。

希望する場合は、対面診療を受けることも可能です。
何か副作用が生じた際などトラブルが起きても対面診療を受けられます。

ケイ・レディースクリニックのアフターピルは成功率99%を誇ります。
返金保証制度もついているため、初めてアフターピルを利用する方も安心です。

ケイ・レディースクリニックでピルを受け取るまでの流れ

STEP1Webで診療予約
STEP2問診票記入
STEP3Zoomでオンライン診療を受診
STEP4決済
STEP5薬を受け取る

ケイ・レディースクリニックの低用量ピル処方詳細

プラン【低用量ピル】

 

※1シート=1ヶ月

支払い金額3,300円/シート
総額:3,300円

ケイ・レディースクリニックの中用量ピル・アフターピル処方詳細

ピルの種類中用量ピルアフターピル
料金(1ヶ月分)3,300円/シート11,000円

ケイ・レディースクリニックのピル処方オンライン診療詳細

ピルの種類低用量ピル/中用量ピル/アフターピル
ピル処方代低用量ピル:3,300円/シート
診療代・送料診療代:3,240円
※オンライン診療は別途予約料540円要
送料:0円
割引情報なし
予約方法Web
診療方法・診療時間診療方法:Zoom
診療時間:不明
診療対応時間平日:11:00~18:30
※12:30~14:30休診
土:14:30~18:30
日:11:00~17:30
※12:30~14:30休診
当日診療対応
配送時期最短当日発送
ケイ・レディースクリニック
公式サイトはこちら

イースト駅前クリニック

イースト駅前クリニックは、医療法人社団イースト会が運営するクリニックです。
オンライン診療はもちろん、新宿院のみで対面診療も行っています。

イースト駅前クリニックのおすすめポイント

  • 診療代がかからない
  • 自宅以外の配送も可能
  • 自分に合うピルを見つけられる

イースト駅前クリニックが選ばれる理由

イースト駅前クリニックは、診療代が無料です。
さらに1シートからピルの服用を開始できるため、ピルを試してみたい方におすすめです。
送料は1,100円かかりますが、1万円以上の契約で無料となります。

イースト駅前クリニックはピルの定期便がありません。
定期便にありがちな解約忘れがないため、安心して利用できます。

自宅への配送はもちろんヤマトの営業所への配送も可能です。
代金引換にも対応しているため、クレジットカードを持っていない方でも安心して利用できます。

ピルの種類も豊富で低用量ピルは4種類存在します。
医師の診療を受けて自分に合うピルを選ぶことが可能です。

イースト駅前クリニックでピルを受け取るまでの流れ

STEP1問診票記入
STEP2アプリダウンロード
STEP3クリニックから電話で連絡
STEP4医師との診療
STEP5薬を受け取る

イースト駅前クリニックの低用量ピル処方詳細

プラン【6シート】【5シート】【4シート】【3シート】【2シート】【1シート】
支払い金額2,500円~/シート
総額:15,000円~
2,550円~/シート
総額:12,750円~
2,550円~/シート
総額:10,200円~
2,550円~/シート
総額:7,650円~
2,700円~/シート
総額:5,400円~
2,700円~/シート
総額:2,700円~
割引金額1,200円お得800円お得800円お得800円お得

イースト駅前クリニックの中用量ピル・アフターピル処方詳細

ピルの種類中用量ピルアフターピル
料金(1ヶ月分)5,000円12,000円~

イースト駅前クリニックのピル処方オンライン診療詳細

ピルの種類低用量ピル/中用量ピル/アフターピル
ピル処方代ラベルフィーユ28・ファボワール28 6シート:2,700円/シート
診療代・送料診療代:0円
送料:0円
※1万円以上処方の場合
割引情報なし
予約方法Web
診療方法・診療時間診療方法:クリニック専用アプリ
診療時間:不明
診療対応時間平日:10:00~19:00
※14:00~15:00休診
土日祝:10:00~18:00
当日診療対応
配送時期最短翌日発送
イースト駅前クリニック
公式サイトはこちら

産婦人科でのピル処方:完全ガイド

産婦人科でピルを処方するためには、準備、医師とのコミュニケーション、そして保険の関係性を理解することが重要です。
この記事では、これらの要素について詳しく解説します。

産婦人科でのピル処方:準備の重要性

ピルを産婦人科で処方するための準備は、自身の健康状態や生活習慣を把握し、それを医師に正確に伝えることが重要です。
まず、自身の月経周期や生理の症状、過去の婦人科系の疾患や手術の有無、現在服用している薬やサプリメントなどを明確に把握しておきましょう。
これらの情報は、ピルの種類や服用方法を決定する際に重要な参考となります。

また、ピルの服用目的を明確にすることも大切です。
避妊だけでなく、生理痛の緩和や月経周期の調整、更年期障害の症状緩和など、ピルには様々な効果があります。
自身の目的に最も適したピルを選ぶためには、自身の体調や生活習慣、そしてピルの服用目的を医師に正確に伝えることが必要です。

産婦人科でのピル処方:医師とのコミュニケーションの重要性

ピルを処方する際の医師とのコミュニケーションは、適切なピルを選び、その効果を最大限に引き出すために重要です。
まず、自身の健康状態や生活習慣、ピルの服用目的を正確に伝えることが大切です。
また、ピルの副作用や服用方法、避妊効果などについても、理解しているかどうかを医師に確認してもらうことも重要です。

また、ピルの服用に関する疑問や不安がある場合は、遠慮せずに医師に質問しましょう。
ピルの種類や服用方法、副作用などについての理解は、ピルの効果を最大限に引き出し、副作用を適切に対処するために重要です。
また、ピルの服用が自身の生活習慣や健康状態にどのように影響するかについても、医師に相談することで適切な対策を立てることができます。

産婦人科でのピル処方と健康保険の関係性

ピルの処方と健康保険の関係は、ピルの種類や服用目的によります。
日本では、月経困難症や子宮内膜症の治療を目的としたピル(LEP)は健康保険が適用されます。
一方、避妊を目的としたピル(OC)は健康保険の適用外となります。

健康保険が適用されるピルは、医師の診察を受け、医師が「病気の治療の一環としてピルの服用が必要」と判断した場合のみ処方されます。
そのため、保険適用のピルを処方してもらうためには、産婦人科を受診し、自身の症状や病状を医師に詳しく説明することが必要です。

一方、避妊を目的としたピルは自由診療となり、全額自己負担となります。
しかし、避妊以外の効果(生理痛の緩和、月経周期の調整など)も期待できるため、自身の症状や生活習慣に合わせて、適切なピルを選ぶことが重要です。

ピルの処方と健康保険の関係を理解することで、自身の症状や生活習慣、経済状況に最も適したピルを選ぶことができます。
ピルの服用を考えている方は、まずは産婦人科を受診し、医師とのコミュニケーションを通じて、自身に最適なピルを選びましょう。

避妊目的のピルを処方するクリニックの選び方

ピルを処方するクリニックの選び方は、あなたのライフスタイルやニーズに合わせて慎重に行うべきです。
適切なクリニックを選ぶことで、ピルの服用を続けることが容易になり、その結果、避妊効果を最大限に発揮することが可能となります。

以下では、クリニック選びのポイントと産婦人科の選び方と評価基準について詳しく解説します。

ピルを処方するクリニック選びのポイント:あなたのニーズに合ったクリニックを見つけるための3つの要素

ピルを処方するためのクリニック選びにおいては、以下の3つのポイントを考慮することが重要です。

通いやすさ

ピルは数か月から数年単位で服用する薬です。
そのため、通いやすく、続けやすいクリニックを選ぶことが大切です。

クリニックの立地や診療時間は必ず確認しましょう。仕事帰りに処方してもらいたい方は、通勤範囲内にあるクリニックや夜まで診療しているところがおすすめです。
また、最近ではオンライン診療が可能なクリニックもありますので、利用してみるのもいいでしょう。

取り扱っているピルの種類

ピルには、「低用量ピル」「アフターピル」「生理日移動ピル」などの種類があります。
自分の目的に合ったピルを扱っているか、事前に確認しておきましょう。

また、処方されるピルの種類によって、体質と合う・合わないがあります。
特に、長期間の服用が前提となる低用量ピルの場合、自分に体質に合ったピルを服用するのが大切です。
自分に合ったピルを処方してもらえるよう、複数種類取り扱っているクリニックを選ぶのがおすすめです。

アフターケアの充実度

ピルを服用していると、まれに副作用が出るケースがあります。
初めてピルを服用する方にとっては、ちょっとした副作用でも心配になるでしょう。

そのような場合でも、安心して相談できるクリニックを選ぶことが大切です。
また、ピルの効果や副作用について詳しく説明してくれるクリニック、定期的に健康チェックを行ってくれるクリニックもおすすめです。

産婦人科の選び方と評価基準:信頼できる医療提供者を見つけるためのガイド

ピルの処方を受けるためには、産婦人科を選ぶことが一般的です。
以下に、産婦人科の選び方と評価基準について説明します。

医師との信頼関係

ピルの服用は、体調や生活習慣によって調整が必要な場合があります。
そのため、医師との信頼関係を築くことが重要です。医師が患者の話をしっかりと聞いてくれ、適切なアドバイスをしてくれるかどうかを確認しましょう。

スタッフの対応

クリニックのスタッフの対応も重要な評価基準です。

スタッフが親切で、患者のプライバシーを尊重してくれるかどうかを確認しましょう。
また、待ち時間が長くないか、予約が取りやすいかなど、クリニックの運営面もチェックすると良いでしょう。

設備とサービス

クリニックの設備やサービスも評価基準となります。
例えば、最新の医療機器を使用しているか、検査結果を早く知らせてくれるかなどを確認しましょう。また、ピルの処方だけでなく、婦人科全般の診療を行っているクリニックを選ぶと、他の婦人科系の問題も一緒に相談できるので便利です。

以上のポイントを踏まえて、自分に合ったクリニックを選びましょう。
適切なクリニック選びをすることで、ピルの服用を続けやすくなり、避妊効果を最大限に発揮することが可能となります。

ピル避妊目的についてのよくある質問

フォトフェイシャルの注意点

ピルについての知識を深めるためには、よくある質問とその回答を理解することが重要です。
このセクションでは、ピルに関する一般的な疑問や誤解を解消し、より安全で効果的な使用方法を提供します。

Q1: ピルは何歳から何歳まで飲めますか?

10代でも特に病気がなく、医師が必要と判断すれば服用できます。
また、40歳以降でも閉経前なら妊娠の可能性があるので、喫煙習慣がなく特に病気がなく避妊が必要ならば服用できます。

Q2: ピルを飲んでいて、将来妊娠できますか?

ピルを飲むと将来子供が産めなくなるのでは?という誤解がありますが、これは全くの誤解です。
ピルの服用を止めてから、35日までに80%の女性が、6ヶ月以内に99%の女性が、月経が元通りに回復するというデータがあります。

Q3: ピル(OC)は保険が使えますか?

自費のピル(マーベロン、ファボワール、トリキュラー、アンジュ、ラベルフィーユ)は避妊が目的であり、病気の治療に使用するものではないので保険は使えません。
ただし、子宮内膜症や月経困難症の治療目的で、「ルナベル」「フリウェル」「ヤーズ」「ヤーズフレックス」「ジェミーナ」というピルは保険適応になります。

Q4: ピルを処方してもらうのに内診や検査は必要ですか?

ピルの処方に内診や検査は必須ではありません。
リスクがなければ、問診と血圧測定のみで処方できます。
ただし、ピルを服用される方には、6ヶ月に1度程度の血液検査と1年に1回の子宮がん検診及び超音波検査を受けて頂くことをお薦めいたしております。

Q5: ピルを飲むと太りますか?

ピルに含まれるホルモンは、体内の水分バランスを調整する作用があり、一時的に体重が増えることがあります。
しかし、これは水分の蓄積によるもので、脂肪が増えるわけではありません。
ピルの服用を続けると体が慣れ、体重も元に戻ります。

Q6: ピルを飲むと性欲が減退しますか?

ピルによる性欲の減退は個人差があります。
一部の女性は性欲の減退を感じるかもしれませんが、多くの女性は変化を感じないと報告しています。性欲の変化を感じた場合は、医師に相談することをおすすめします。

Q7: ピルを飲むと吐き気を感じますか?

ピルを飲むと一部の女性は吐き気を感じることがあります。
これは、ピルに含まれるホルモンが胃腸に影響を与えるためです。

吐き気を感じた場合は、食事と一緒にピルを飲むと改善することがあります。
以上が、ピルに関する一般的な質問とその回答です。ピルの服用について不明な点があれば、必ず医師に相談してください。

ピル避妊目的についてのまとめ

今回は避妊目的でのピルの服用についてご紹介しました。

ピル避妊目的について以下にまとめます。

  • ピルの効果は、避妊、生理痛の軽減、生理周期の安定、肌荒れの予防など、女性の健康管理全般に寄与する
  • ピルを避妊目的だけで使用する場合、その効果は非常に高く、理想的な使用を行った場合、ピルの避妊率はパール指数で0.3%
  • 避妊ピルに含まれる性ホルモンであるエストロゲンとプロゲステロは、女性の体内で卵子の成熟と排卵を制御する役割を果たし、ピルを服用することでこれらのホルモンのバランスが調整され、排卵が抑制される

ここまでピルの効果や、おすすめオンラインピルクリニックなどを中心にお伝えしてきました。

これらの情報が少しでも皆さまのお役に立てば幸いです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

※この記事はアフィリエイト広告を含んでおります

監修者 メディカル・ケア・サービス

  • 認知症高齢者対応のグループホーム運営
  • 自立支援ケア
  • 学研グループと融合したメディア
  • 出版事業
  • 社名: メディカル・ケア・サービス株式会社
  • 設立: 1999年11月24日
  • 代表取締役社長: 山本 教雄
  • 本社: 〒330-6029埼玉県さいたま市中央区新都心11-2ランド·アクシス·タワー29F
  • グループホーム展開
  • 介護付有料老人ホーム展開
  • 小規模多機能型居宅介護
  • その他介護事業所運営
  • 食事管理
  • 栄養提供
  • 福祉用具販売
  • 障がい者雇用

スポンサーリンク