ホーム

認知症を学ぶ

down compression

介護を学ぶ

down compression

専門家から学ぶ

down compression

書籍から学ぶ

down compression

健康を学ぶ

down compression
トップページ>生活>美容整形>2023年最新版!おすすめの日焼け止めと選び方ガイド

2023年最新版!おすすめの日焼け止めと選び方ガイド

日焼け止めを探しているけど、たくさんあってどれを選んで良いかわからない!
そもそも日焼け止めの種類ってどのくらいあるの?

本記事では、おすすめの日焼け止めについて以下の点を中心にご紹介します。

  • 敏感肌向け日焼け止めとは
  • メンズ向け日焼け止めとは
  • 40代向け日焼け止めとは

おすすめの日焼け止めについて理解するためにご参考いただけますと幸いです。

ぜひ最後までお読みください。

日焼け止めとは

日焼け止めは、私たちの肌を紫外線から守るために重要なアイテムです。
しかし、その使用方法や選び方によっては、肌に悪影響を及ぼすこともあります。

ここでは、日焼け止めの重要性と肌への影響について詳しく説明します。

日焼け止めの重要性と肌への影響

日焼け止めは、肌を紫外線から守るための重要なアイテムです。
紫外線は肌にダメージを与え、シワやシミ、肌の老化を引き起こす原因となります。

しかし、日焼け止めを正しく使用しないと、その効果を十分に発揮することができません。例えば、日焼け止めを塗る量が少なすぎると、紫外線からの保護効果が低下します。

また、日焼け止めを一度塗ったからといって一日中効果が続くわけではありません。
汗や皮脂によって日焼け止めは肌から落ちやすく、定期的に塗り直すことが必要です。

2023年の最新日焼け止め情報

2023年には、新たな日焼け止めの情報が多数出てきています。
その中でも注目すべきは、ヘパリン類似物質を配合した日焼け止めです。

これは、紫外線によるダメージから肌を徹底的に守る新世代の日焼け止めで、ヘパリン類似物質が肌のバリア機能をサポートし、紫外線を浴びた肌をケアします。

また、有効成分のグリチルリチン酸ジカリウムが肌あれを防ぎます。
このような新しい情報を知ることで、より効果的な日焼け止めの選び方や使用方法を理解できます。

日焼け止めの基礎知識

日焼け止めは、私たちの肌を紫外線から守るための重要なツールです。
しかし、その効果を最大限に引き出すためには、SPFやPAといった指標の意味を理解し、

紫外線の種類とそれが肌に与える影響を知ることが必要です。
ここでは、日焼け止めの基礎知識を詳しく解説します。

SPF(Sun Protection Factor)とは?

SPFは「Sun Protection Factor」の略で、日焼け止めがUV-Bと呼ばれる紫外線から肌を守る能力を示す指標です。
数値が大きいほど防御効果が高く、日本では「SPF測定法基準」によって数値が決まっています。

何も塗らない場合に比べてUV-Bによる炎症をどのくらい防御できるかを示しており、2023年時点の最高値は「SPF50+」です。
長時間屋外で過ごす場合は「SPF30」以上のものを選ぶとよいでしょう。

出典:日本化粧品技術者会 SCCJ

PA(Protection Grade of UVA)の意味と重要性:UV-Aからの保護

PAは「Protection Grade of UVA」の略で、日焼け止めがUV-Aと呼ばれる紫外線から肌を守る能力を示す指標です。

「PA+」~「PA++++」の4段階で表示され、+の数が多いほどその効果が高いことを示しています。

UV-Aは肌の深くまで侵入してシミやシワ、たるみなどの”肌老化”を引き起こす原因となるため、日焼けをなるべく抑えたい場合は、短時間の外出であっても「PA++」以上のものを選ぶとよいでしょう。

紫外線の種類と肌への影響:UV-AとUV-Bの違い

紫外線は、波長の違いによって「UV-A(A波)」「UV-B(B波)」「UV-C(C波)」の3つに分類されます。

「UV-C」はオゾン層に吸収されるため、実際に地表まで届いているのは「UV-A」と「UV-B」の2種類のみです。

A波(UV-A)は、最も波長が長く、室内にいても窓ガラスを通過して肌に届きます。これがシミやシワ、たるみなどの肌老化を引き起こします。

一方、B波(UV-B)は波長が短く、直射日光に多く含まれています。
これが日焼けや、最悪の場合、皮膚がんを引き起こす原因となります。

これらの紫外線から肌を守るためには、適切なSPFとPA値を持つ日焼け止めを選び、適切に使用することが重要です。

おすすめ記事

近年は、美容整形ブームで「プチ整形」や「美容医療」が人気になっています。しかし、クリニック選びで失敗して、後悔したりトラブルに巻き込まれたりすることも事実です。自分に合った美容外科クリニックを選ぶにはどうすれば良いのでしょうか?[…]

日焼け止めの種類と特性を理解する

日焼け止めは、私たちの肌を紫外線から守るための必須アイテムです。
しかし、その形状や特性は多種多様で、

  • クリーム型
  • ミルク型
  • ジェル型
  • スプレー型

など、それぞれに特徴と使用方法があります。

また、近年注目されているノンケミカルの日焼け止めについても、そのメリットとデメリットを詳しく解説します。

クリーム型日焼け止めの特性と適切な使用法

クリーム型の日焼け止めは、その密度の高さから肌にしっかりと密着し、長時間にわたる紫外線からの保護を提供します。
特に乾燥肌の方にとっては、保湿成分が豊富なクリーム型がおすすめです。

しかし、その密度の高さからベタつきを感じることもあります。
使用する際は、適量を手に取り、肌に均一に広げることが大切です。

ミルク型日焼け止めの特性と適切な使用法

ミルク型の日焼け止めは、軽いテクスチャーが特徴で、肌にスムーズに広がります。
これは、肌に薄く均一に塗ることができ、ベタつきを感じにくいため、オイリー肌の方に特に適しています。

また、メイクの下地としても使用できます。使用する際は、適量を手に取り、肌に均一に広げ、しっかりと吸収させることが重要です。

ジェル型日焼け止めの特性と適切な使用法

ジェル型の日焼け止めは、水分を多く含むため、肌に爽快感を与えます。
これは、肌にすっと溶け込み、さらっとした仕上がりになるため、特に夏場やスポーツ時におすすめです。

また、ジェル型は肌にやさしく、敏感肌の方にも適しています。
使用する際は、適量を手に取り、肌に均一に広げ、しっかりと吸収させることが重要です。

スプレー型日焼け止めの特性と適切な使用法

スプレー型の日焼け止めは、手軽に全身に塗布できるのが特徴です。
また、髪の毛や頭皮、体の難しい部位にも簡単に塗布できます。

しかし、風に飛ばされやすいため、屋外での使用には注意が必要です。

また、スプレー型は一度に広範囲に塗布できますが、均一に塗ることが難しいため、適切な量を確保するためには何度もスプレーする必要があります。

ノンケミカルな日焼け止めのメリットとデメリット

ノンケミカルな日焼け止めは、化学成分を使用せず、肌に優しい成分のみで作られています。
これは、敏感肌やアレルギーを持つ方にとっては大きなメリットとなります。

また、環境にも優しいという特徴があります。
しかし、ノンケミカルな日焼け止めは、化学成分を使用したものに比べて、紫外線からの保護力が低い傾向があります。

また、白浮きすることがあるため、肌になじませるのに時間がかかることもあります。

敏感肌に適した日焼け止めの選び方

敏感肌に適した日焼け止めの選び方を理解することは、肌を紫外線から守る上で重要です。

アレルギーテスト済みや無香料など、敏感肌に優しい成分や特性を持つ日焼け止めを選ぶためのポイントを解説します。

敏感肌には特別な配慮が必要で、そのためにはどの成分が肌に優しく、どの成分を避けるべきかを理解することが重要です。

また、アレルギーテスト済みの製品や無香料・無添加の製品が敏感肌にとって安心できる選択肢となります。

敏感肌向けの日焼け止めの成分と注意点

敏感肌に適した日焼け止めを選ぶ際には、成分が最も重要な要素となります。
特に、ヘパリン類似物質やグリチルリチン酸ジカリウムなどの成分が配合されている日焼け止めは、肌のバリア機能をサポートし、肌あれを防ぐ効果があります。

また、ノンケミカル乳化法を採用した製品は、肌に密着して長時間落ちにくく、しっとりした使い心地を提供します。

しかし、これらの成分が含まれているからといって全ての敏感肌に適しているわけではありません。
肌の状態や個々のアレルギー反応により、適切な成分が異なるため、自分の肌に合った製品を見つけることが大切です。

アレルギーテスト済みの日焼け止めの選び方

アレルギーテスト済みの日焼け止めは、敏感肌の方にとって安心できる選択肢となります。これらの製品は、一般的にアレルギー反応を引き起こしにくい成分を使用しています。

しかし、アレルギーテスト済みであっても、全ての方に対してアレルギー反応を引き起こさないわけではありません。

そのため、新しい製品を試す前には、必ずパッチテストを行い、自分の肌に合うかどうかを確認することが重要です。

無香料・無添加の日焼け止めの特徴

無香料・無添加の日焼け止めは、余分な成分を含まず、肌に負担をかける可能性が低いという特徴があります。
香料は肌に刺激を与える可能性があり、特に敏感肌の方にとっては避けるべき成分の一つです。

また、無添加とは、防腐剤や着色料、鉱物油などの肌にとって不必要な成分が含まれていないことを指します。

これらの成分は肌に刺激を与えることがあり、また、肌のバリア機能を弱める可能性もあります。
そのため、敏感肌の方にとっては、無香料・無添加の日焼け止めが最適な選択となることが多いです。

【編集部イチオシ!】敏感肌でも使えるヘパリン類似物質配合のUVスキンケアシリーズ

肌に優しいヘパリシエのUVスキンケア・日焼け止めシリーズ

ヘパリシエは理想のお肌を叶える製品として夜用の保湿クリームと1日中使える3種類の日焼け止めを販売しています。

ヘパリシエの製品に共通する特徴は以下の通りです。

  • 保湿・保水効果のあるヘパリン類似物質配合
  • 抗炎症効果のあるグリチル酸ジカリウム配合
  • 10のケミカルフリーによる低刺激処方*

ヘパリシエの4製品について詳しく見ていきましょう。

*ヘパリシエトーンアップUVにのみ着色料が含まれています。

 ①モイストリッチ②ヘパリシエモイストUV③ヘパリシエモイストUV+④ヘパリシエトーンアップUV
おすすめな人肌のバリア機能を回復したい人
(UV機能のない保湿クリーム)
敏感肌でも使用できる日焼け止めを探している人敏感肌でも使えてより高いUVケア効果のある日常使い用の日焼け止めを探している人高いUVケア効果透明感・血色感UP効果が両方欲しい人
特徴・高保湿
・抗炎症
・バリア機能サポート
・エイジングケア
・低刺激UVケア
・高保湿
・抗炎症
・SPF35 PA+++
・高保湿
・抗炎症
・美白サポート
・SPF50 PA++++
・高保湿
・抗炎症
・エイジングケア
・透明感・血色感
・SPF50 PA++++
使用シーン朝・日中朝・日中朝・日中
価格(税込)5,500円5,500円5,500円5,500円
詳細
公式サイトはこちら
公式サイトはこちら
公式サイトはこちら
公式サイトはこちら

①「高保湿+抗炎症+バリア機能サポート」青のモイストリッチ

まずご紹介するのは「モイストリッチ」。
これはUV機能を持たない高保湿クリームで、肌のバリア機能を強化し、紫外線や乾燥などの外部の刺激からお肌を守ります

モイストリッチには、保湿成分、保湿サポート成分、バリア機能サポート成分、抗炎症成分、エイジングケア成分が配合されています。
これらの成分が、肌になじんで滑らかさを与え、長時間の保湿効果を発揮します。

外部からの刺激の影響を受け敏感になっているお肌を守り、ダメージに強いお肌を長期的に維持したい方におすすめです。

肌のバリア機能を回復できる高保湿クリーム
モイストリッチはこちら

ヘパリシエの3種類の日焼け止めの色

②「低刺激UVケア×高保湿×抗炎症」 白のヘパリシエモイストUV(SPF35 PA+++)

ヘパリシエモイストUVは、保水・保湿有効成分のヘパリン類似物質と、抗炎症有効成分のグリチルリチン酸ジカリウムを配合した、UVスキンケアクリームです。

低刺激UVケア×高保湿×抗炎症のハイブリッド効果が期待でき、日中の日焼け止めとしても使用することができます。
独自のノンケミカル乳化技術により、汗と水に強く、こまめな塗り直しをすることなく高いUV効果と潤いを長時間維持してくれます。

さらに、ヘパリシエモイストUVは界面活性剤や紫外線吸収剤など10種類の化学物質を使用していないケミカルフリーの日焼け止めになります。
そのため、肌に優しくバリア機能の回復も促してくれるので、敏感肌でも安心して使用することができる日焼け止めを探している方におすすめです。

”低刺激UVケア×高保湿×抗炎症”のハイブリッド効果
ヘパリシエモイストUVはこちら

③「高保湿+抗炎症+美白サポート」黄色のヘパリシエモイストUV+(SPF50 PA++++)

ヘパリシエモイストUV+は、ヘパリシエモイストUVの高保湿・抗炎症効果をそのままに、SPF50、PA++++を実現したUVスキンケアクリームです。

SPFは紫外線B波(UVB)の、PAは紫外線A波(UVA)をどれくらい防げるかを示す指標です。
UVBは日焼けや赤みを引き起こしたり皮膚がんのリスクを高める紫外線で、UVAは皮膚内部の肌細胞にダメージを与えシワやシミを引き起こす紫外線です。

SPF値は日焼け止め製品を使用しない場合に比べて何倍の時間紫外線を防げるかを示しており、PA値は+が多いほどUVAからの保護力が高いことを示します。
すなわち、SPFやPAの数字が大きいほど、肌を紫外線からより長時間より強力に守れることを示しています。

さらに、ヘパリシエモイストUV+には美白成分の速攻持続型VC誘導体と、透明感を引き出してくれるユキノシタエキスが配合されています。
そのため、美白・透明感をより追求したい人にはヘパリシエモイストUV+(SPF50 PA++++)がおすすめです。

高保湿・抗炎症効果に美白・透明感をプラス
ヘパリシエモイストUV+はこちら

④「高保湿+抗炎症+エイジングケア」ヘパリシエトーンアップUV(SPF50 PA++++)

ヘパリシエトーンアップUVはUVケアとトーンアップを同時に叶えてくれる今人気のトーンアップUVです。

ヘパリシエトーンアップUVには保湿成分や保湿サポート成分に加え、バリア機能サポート、抗炎症作用、そしてシワ・たるみ改善作用を持つ成分が豊富に配合されています。
高い紫外線防止効果肌の透明感・血色感UPの作用だけでなく、光で飛ばすことで、シワ・たるみ・毛穴などの凹凸や色ムラ・くすみの解消も実現してくれる最強のUVケア製品です。

1本で紫外線から肌をしっかりと守り、透明感と血色感も手に入れることのできる化粧下地兼UVクリームを探している方にはヘパリシエトーンアップUVがおすすめです。

紫外線対策と透明感・血色感UPでを1本で
ヘパリシエトーンアップUVはこちら

これら4つの製品は、それぞれ肌の状態やニーズに応じて使い分けることができます。
さらに、これら全ての製品は、敏感肌の方でも安心してお使いいただけるよう、界面活性剤や紫外線l吸収剤などの添加物を使用していません。

全ての人の美しさと健康をサポートするため、ヘパリシエのどの製品も、お肌にやさしくしっかりとした効果を実感できるように開発されています。
ご自身のお肌が求めているものを、ぜひヘパリシエシリーズから見つけてみてはいかがでしょうか?

2023年の日焼け止めおすすめランキング

今年の日焼け止めランキングを紹介します。
各日焼け止めの特徴や効果、SPFやPAの数値、価格帯別の情報を比較し、あなたに最適な日焼け止めを見つけるためのガイドとなるでしょう。

上位20記事で使用されているキーワードを考慮したランキング

2023年の日焼け止めランキングでは、”ヘパリシエ”が注目されています。

ヘパリシエは、ヘパリン類似物質を配合した日焼け止めで、紫外線によるダメージから肌を徹底的に保護します。

また、”ノンケミカル”というキーワードも多く見られ、肌に優しい成分を使用した日焼け止めが人気を集めています。

各日焼け止めの効果と特徴の詳細な解説

ヘパリシエは、ヘパリン類似物質とグリチルリチン酸ジカリウムを主成分としています。
ヘパリン類似物質は肌の水分を保つ役割を果たし、グリチルリチン酸ジカリウムは肌荒れを防ぐ効果があります。

また、ノンケミカル乳化法を採用しているため、肌に密着しやすく、長時間落ちにくい特性があります。

SPFやPAの数値の意味と選び方のポイント

SPFは紫外線B波から肌を守る指数で、PAは紫外線A波から肌を守る指数です。
数値が高いほど保護効果が高いですが、自分の生活スタイルや肌の状態に合わせて選ぶことが重要です。

例えば、ヘパリシエはSPF35とSPF50の2種類があり、日常生活での使用やアウトドア活動時など、用途に応じて選べます。

日焼け止めの成分と美容効果についての情報

日焼け止めの成分は、その効果や安全性を左右します。

ヘパリシエのように、ヘパリン類似物質やグリチルリチン酸ジカリウムを配合した製品は、紫外線から肌を守るだけでなく、肌荒れを防ぎ、保湿効果も期待できます。

また、ノンケミカルな製品は、肌に優しい成分を使用しているため、敏感肌の方にもおすすめです。

価格帯別のおすすめ日焼け止めの紹介

価格帯別のおすすめ日焼け止めを紹介します。
ヘパリシエは、30gで5,500円(税込)と、高品質な成分を使用しながらも手頃な価格で提供しています。

また、ヘパリシエは、SPF35とSPF50の2種類があり、用途に応じて選べるのも魅力です。
これらの情報を参考に、自分の肌タイプやライフスタイルに最適な日焼け止めを見つけてください。

メンズ向け日焼け止めの選び方とおすすめアイテム

男性の肌は一般的に油分が多く、水分が少ないため、メンズ向けの日焼け止めは、これらの特性に合わせて設計されています。
また、男性の日常生活やアクティビティに適した商品も多く存在します。

ここでは、メンズ向け日焼け止めの特徴と必要なケアポイント、そして人気のアイテムを紹介します。

メンズ向け日焼け止めの特徴と必要なケアポイント

男性の肌は女性の肌よりも油分が多く、水分が少ないのが特徴です。
そのため、メンズ向けの日焼け止めは、べたつきを抑え、テカりにくい設計がされています。

また、低刺激なものや、さっぱりとした使用感のものが多いのも特徴です。
男性の肌を研究して作られた日焼け止めは、男性にとってより快適に使用できます。

日焼け止めの選び方には以下の4つのポイントがあります。

  • 1つ目は、使いやすいタイプを選ぶこと。
  • 2つ目は、使用シーンに応じてSPFを選ぶこと。
  • 3つ目は、保湿成分が配合されたものを選ぶこと。
  • 4つ目は、肌に刺激の少ないものを選ぶことです。

これらのポイントを踏まえて、自分の肌質やライフスタイルに合った日焼け止めを選ぶことが大切です。

メンズ向けに開発された人気の日焼け止めアイテムの紹介

男性向けの日焼け止めには、さまざまな種類があります。
例えば、花王の「ビオレ UV アクアリッチ ウォータリーエッセンス」は、ミクロの隙間まで届き、ムラなく角層全体の日焼けを防げます。

また、資生堂の「アネッサ パーフェクトUV スキンケアミルク」は、均一なヴェールを作る独自製法でこすれにくく、スーパーウォータープルーフタイプとなっています。

これらのアイテムは、男性の肌の特性とライフスタイルに合わせて設計されており、日焼け止めの選び方のポイントを満たしています。

これらの商品を試して、自分に最適な日焼け止めを見つけてみてください。

以上、メンズ向け日焼け止めの選び方とおすすめアイテムについて解説しました。男性の肌に合った日焼け止めを選ぶことで、肌を守りながら快適な日常生活を送ることができます。

40代におすすめの日焼け止めランキング

40代のスキンケアは、特に紫外線対策が重要です。紫外線は肌の老化を早め、シミやしわの原因となります。

また、40代の肌は乾燥しやすく、紫外線によるダメージが深刻になりやすいため、適切な日焼け止めの選択が必要です。

ここでは、40代に特に重要なスキンケアのポイントと、年齢に合わせた日焼け止めの選び方を解説します。
さらに、40代におすすめの日焼け止めのランキングも紹介します。

40代に特に重要なスキンケアのポイント

40代の肌は、紫外線によるダメージや乾燥から肌を守るバリア機能が弱まり、肌の老化が進行しやすくなります。

そのため、40代のスキンケアでは、紫外線対策と保湿ケアが重要となります。また、肌のターンオーバー(新陳代謝)も遅くなるため、古い角質が溜まりやすく、肌のくすみやざらつきの原因となります。

こうした肌の変化に対応するためには、紫外線防止効果のある日焼け止めを使用するとともに、保湿成分が豊富なスキンケア製品を選ぶことが大切です。

また、40代の肌には、ヘパリン類似物質やグリチルリチン酸ジカリウムなどの成分が含まれた日焼け止めがおすすめです。

ヘパリン類似物質は、肌の水分をキープする成分で、肌内部の角質層まで浸透して高い保湿効果を発揮します。
グリチルリチン酸ジカリウムは、肌あれを防ぐ成分で、敏感に傾きがちな肌にも使いやすい成分です。

これらの成分が配合された日焼け止めは、紫外線から肌を守りながら、肌の保湿とバリア機能をサポートします。

年齢に合わせた日焼け止めの選び方

年齢に合わせた日焼け止めの選び方は、肌の状態とニーズを考慮することが重要です。
40代の肌は、紫外線によるダメージや乾燥から肌を守るバリア機能が弱まり、肌の老化が進行しやすくなります。

そのため、40代のスキンケアでは、紫外線対策と保湿ケアが重要となります。

日焼け止めを選ぶ際には、以下のポイントを考慮してください。

SPF値とPA値40代の肌は紫外線によるダメージが深刻になりやすいため、SPF値とPA値が高い日焼け止めを選ぶことがおすすめです。
成分ヘパリン類似物質やグリチルリチン酸ジカリウムなどの成分が含まれた日焼け止めがおすすめです。
これらの成分は、肌の保湿とバリア機能をサポートします。
肌のタイプ肌のタイプ(乾燥肌、脂性肌、敏感肌など)に合わせて日焼け止めを選ぶことも重要です。
例えば、乾燥肌の方には保湿成分が豊富な日焼け止め、脂性肌の方にはさっぱりとした使用感の日焼け止めが適しています。
使用感日焼け止めは毎日使用するものなので、使用感も重要です。
肌になじみやすく、白浮きしないものを選びましょう。

おすすめの日焼け止めまとめ

ここでは、おすすめの日焼け止めについて紹介してきました。
その要点を以下にまとめます。

  • 敏感肌向けの日焼け止めは、肌あれを防ぐグリチルリチン酸ジカリウムを含み、ノンケミカルな製品
  • メンズ向けの日焼け止めは、べたつきを抑え、テカりにくい製品
  • 40代向けの日焼け止めは、保湿成分が豊富なスキンケア製品

これらの情報が少しでも皆様のお役に立てれば幸いです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

※この記事はアフィリエイト広告を含んでおります

監修者 メディカル・ケア・サービス

  • 認知症高齢者対応のグループホーム運営
  • 自立支援ケア
  • 学研グループと融合したメディア
  • 出版事業
  • 社名: メディカル・ケア・サービス株式会社
  • 設立: 1999年11月24日
  • 代表取締役社長: 山本 教雄
  • 本社: 〒330-6029埼玉県さいたま市中央区新都心11-2ランド·アクシス·タワー29F
  • グループホーム展開
  • 介護付有料老人ホーム展開
  • 小規模多機能型居宅介護
  • その他介護事業所運営
  • 食事管理
  • 栄養提供
  • 福祉用具販売
  • 障がい者雇用

スポンサーリンク