ホーム

認知症を学ぶ

down compression

介護を学ぶ

down compression

専門家から学ぶ

down compression

書籍から学ぶ

down compression

健康を学ぶ

down compression
トップページ>生活>美容整形>敏感肌のおすすめの下地をご紹介!低刺激で日焼け止め効果もバッチリ!

敏感肌のおすすめの下地をご紹介!低刺激で日焼け止め効果もバッチリ!

人の肌は同じように見えて複数タイプがあるのはご存知でしょうか。
普通肌・脂性肌・乾燥肌・混合肌の4タイプが存在します。

更に、肌が敏感かそうでないかにも分けられます。
敏感肌の場合、化粧品の選び方やケアの仕方に気を付けなければなりません。

化粧品を選ぶうえで、一番初めに気を付けるのは下地です。

そこで、この記事では

  • 敏感肌と下地の重要性
  • 敏感肌向けの下地の選び方
  • 下地の紹介

について紹介していきます。

ぜひ最後までお読みください。

敏感肌とは

敏感肌は、外部刺激に対して過敏に反応しやすい肌のことを指します。
そのため、スキンケアやメイクアップの際には、肌に負担をかけない製品選びが重要となります。

メイクアップの第一歩となる下地選びは、その後のメイクの仕上がりや肌への影響に大きく関わるため、敏感肌の人にとっては特に重要です。

敏感肌について

敏感肌は、外部環境やスキンケア製品などの微細な変化に対して過敏に反応し、肌トラブルを引き起こしやすい肌質を指します。

乾燥、紫外線、気温や湿度の変化、化粧品の成分など、さまざまな要素が肌にストレスを与え、肌のバリア機能を低下させます。これにより、肌はさらに外部刺激に対して敏感になり、赤み、かゆみ、炎症などの症状を引き起こす可能性があります。

敏感肌の人は、低刺激の製品を選ぶことが重要であり、特にスキンケアとメイクアップの第一歩である下地選びは、肌への負担を軽減し、肌トラブルを防ぐために重要なステップとなります。

敏感肌の下地選びの重要性

下地は、メイクアップの基盤となる製品であり、肌の凹凸を整え、毛穴やシミを目立たなくし、ファンデーションのノリを良くします。

また、化粧崩れの原因となる余分な皮脂やテカリを抑え、メイクを長持ちさせる効果が期待できます。

さらに、紫外線や外部刺激から肌を保護する役割も果たします。
敏感肌の人にとっては、肌に刺激を与えず、肌の状態を整える下地を選ぶことが、肌トラブルを防ぎ、美しいメイクを持続させるために重要となります。

しかし、下地選びは容易なことではありません。
肌の状態や季節、目指すメイクの仕上がりなどによって、適した下地は異なります。

また、下地にはさまざまな種類があり、それぞれに特徴と効果が変わります。

  • リキッドタイプ
  • クリームタイプ
  • UVカット効果が期待できるもの
  • 肌色補正機能のあるもの

など、自分の肌の状態やニーズに合ったものを選ぶことが求められます。

敏感肌の人は、刺激の少ない下地を選ぶことが大切です。

また、紫外線は肌トラブルの原因となるため、UVカット効果が期待できる下地を選ぶことも重要です。
下地選びによって、肌の状態を整え、美しいメイクを持続させることが可能となります。

敏感肌の特徴と下地の重要性

敏感肌は、肌のバリア機能が低下し、外部刺激に対して過敏に反応する肌質を指します。
その特徴として、乾燥やニキビ、肌荒れなどの肌トラブルが頻繁に起こります。

また、生活習慣やスキンケアの方法、紫外線などがその原因となります。
このような敏感肌に対して、下地の役割は非常に重要です。

下地は肌を保護し、メイクのベースを作ることで、外部刺激から肌を守り、肌トラブルを防ぐ役割を果たします。

敏感肌の主な特徴とトラブルの原因

敏感肌の主な特徴は、肌のバリア機能が低下し、外部刺激に対して過敏に反応することです。
これにより、乾燥、赤み、かゆみ、ニキビなどの肌トラブルが頻繁に起こります。

また、肌が乾燥しやすく、皮脂でベタつくのに乾燥もする、季節の変わり目に肌トラブルを起こしやすい、生理の前にニキビができるなどの症状が見られます。

敏感肌のトラブルの原因としては、誤ったクレンジングや洗顔、不十分な保湿、紫外線によるダメージ、生活習慣の乱れなどが挙げられます。

特に、クレンジングや洗顔の際に肌をこすりすぎたり、洗顔料をよく泡立てずに使用したりすると、肌のバリア機能を低下させ、肌を敏感にしてしまいます。

また、保湿が不十分だと、肌のバリア機能が低下し、肌が乾燥しやすくなります。
紫外線は肌の水分を奪い、バリア機能を低下させます。
そして、睡眠不足や栄養バランスの偏った食事などの不適切な生活習慣も、肌のバリア機能を低下させ、肌を敏感にする原因となります。

これらの原因を理解し、適切なスキンケアと生活習慣を心掛けることで、敏感肌のトラブルを予防することが可能です。

また、メイクアップの際には、低刺激の下地を選ぶことで、肌を外部刺激から守り、肌トラブルを防げます。

下地は、肌の凹凸を整え、肌色を均一にし、ファンデーションのノリを良くするだけでなく、肌を保護する役割も果たします。
敏感肌の人にとって、下地選びは肌トラブルを防ぎ、美しいメイクを持続させるために重要なステップとなります。

敏感肌におすすめの化粧下地の選び方

敏感肌の人にとって、化粧下地の選び方は非常に重要です。
適切な下地を選ぶことで肌トラブルを防ぎ、メイクの持続性を高めます。

この章では、低刺激のチェックポイント、SPFやPA値の意味と紫外線対策の重要性、そして敏感肌に適した下地のテクスチャーやタイプの選択方法について詳しく解説します。

低刺激のチェックポイント

敏感肌の人は、化粧品の成分に特に注意を払う必要があります。
肌に刺激を与える可能性のある成分を避け、低刺激の製品を選ぶことが大切です。
具体的には、アルコールや香料、パラベンなどの刺激性のある成分を含まない製品を選びましょう。

また、肌を保湿し、肌バリアを強化する成分(セラミドやヒアルロン酸など)を含む製品もおすすめです。
さらに、肌を落ち着ける成分(アロエベラやカモミールなど)を含む製品も敏感肌には良い選択となります。

SPFやPA値の意味と紫外線対策の重要性

紫外線は肌に様々なダメージを与え、敏感肌の状態を悪化させる可能性があります。
そのため、紫外線対策が重要となります。

化粧下地には、紫外線を防ぐSPF値とPA値が表示されています。
SPF(Sun Protection Factor)は紫外線B波(UVB)を防ぐ指標で、数字が大きいほど紫外線B波を防ぐ効果が期待できます。

一方、PA(Protection Grade of UVA)は紫外線A波(UVA)を防ぐ効果の程度を表す指標で、”+”の数が多いほど紫外線A波を防ぐ効果が期待できます。

敏感肌に適した下地のテクスチャーやタイプの選択方法

化粧下地のテクスチャー(質感)は、その製品が肌にどのように感じられ、どのように広がるかを示します。
テクスチャーは、下地が肌にどのように適合し、どのようにメイクをサポートするかに大きく影響します。

一般的に、化粧下地のテクスチャーは以下のように分けられます。

  • 透明で液体のようなタイプ
  • シャカシャカ振るミルクタイプ
  • 伸びの良いクリームタイプ
  • 伸びが悪く固くてこってりしたクリーム

これらのテクスチャーは、肌質や季節によって選び方が変わることがあります。
例えば、脂性肌の方はサラサラのタイプが崩れにくく、乾燥肌の方はクリームタイプが崩れにくいと言われています。

また、季節によっても使い分けることが推奨されています。
春夏はサラサラタイプ、秋冬はクリームタイプというように、肌の状態と季節に合わせて選ぶことが大切です。

また、敏感肌の人は特に、肌に刺激を与える可能性のある成分を含まない製品を選ぶことが重要です。
低刺激の製品を選び、肌に適したテクスチャーの下地を選ぶことで、肌トラブルを防ぎ、美しい仕上がりを実できます。

おすすめ記事

近年は、美容整形ブームで「プチ整形」や「美容医療」が人気になっています。しかし、クリニック選びで失敗して、後悔したりトラブルに巻き込まれたりすることも事実です。自分に合った美容外科クリニックを選ぶにはどうすれば良いのでしょうか?[…]

【編集部イチオシ!】敏感肌でも使えるヘパリン類似物質配合のUVスキンケアシリーズ

肌に優しいヘパリシエのUVスキンケア・日焼け止めシリーズ

ヘパリシエは理想のお肌を叶える製品として夜用の保湿クリームと1日中使える3種類の日焼け止めを販売しています。

ヘパリシエの製品に共通する特徴は以下の通りです。

  • 保湿・保水効果のあるヘパリン類似物質配合
  • 抗炎症効果のあるグリチル酸ジカリウム配合
  • 10のケミカルフリーによる低刺激処方*

ヘパリシエの4製品について詳しく見ていきましょう。

*ヘパリシエトーンアップUVにのみ着色料が含まれています。

①モイストリッチ②ヘパリシエモイストUV③ヘパリシエモイストUV+④ヘパリシエトーンアップUV
おすすめな人肌のバリア機能を回復したい人
(UV機能のない保湿クリーム)
敏感肌でも使用できる日焼け止めを探している人敏感肌でも使えてより高いUVケア効果のある日常使い用の日焼け止めを探している人高いUVケア効果透明感・血色感UP効果が両方欲しい人
特徴・高保湿
・抗炎症
・バリア機能サポート
・エイジングケア
・低刺激UVケア
・高保湿
・抗炎症
・SPF35 PA+++
・高保湿
・抗炎症
・美白サポート
・SPF50 PA++++
・高保湿
・抗炎症
・エイジングケア
・透明感・血色感
・SPF50 PA++++
使用シーン朝・日中朝・日中朝・日中
価格(税込)5,500円5,500円5,500円5,500円
詳細
公式サイトはこちら
公式サイトはこちら
公式サイトはこちら
公式サイトはこちら

①「高保湿+抗炎症+バリア機能サポート」青のモイストリッチ

まずご紹介するのは「モイストリッチ」。
これはUV機能を持たない高保湿クリームで、肌のバリア機能を強化し、紫外線や乾燥などの外部の刺激からお肌を守ります

モイストリッチには、保湿成分、保湿サポート成分、バリア機能サポート成分、抗炎症成分、エイジングケア成分が配合されています。
これらの成分が、肌になじんで滑らかさを与え、長時間の保湿効果を発揮します。

外部からの刺激の影響を受け敏感になっているお肌を守り、ダメージに強いお肌を長期的に維持したい方におすすめです。

肌のバリア機能を回復できる高保湿クリーム
モイストリッチはこちら

ヘパリシエの3種類の日焼け止めの色

②「低刺激UVケア×高保湿×抗炎症」 白のヘパリシエモイストUV(SPF35 PA+++)

ヘパリシエモイストUVは、保水・保湿有効成分のヘパリン類似物質と、抗炎症有効成分のグリチルリチン酸ジカリウムを配合した、UVスキンケアクリームです。

低刺激UVケア×高保湿×抗炎症のハイブリッド効果が期待でき、日中の日焼け止めとしても使用することができます。
独自のノンケミカル乳化技術により、汗と水に強く、こまめな塗り直しをすることなく高いUV効果と潤いを長時間維持してくれます。

さらに、ヘパリシエモイストUVは界面活性剤や紫外線吸収剤など10種類の化学物質を使用していないケミカルフリーの日焼け止めになります。
そのため、肌に優しくバリア機能の回復も促してくれるので、敏感肌でも安心して使用することができる日焼け止めを探している方におすすめです。

”低刺激UVケア×高保湿×抗炎症”のハイブリッド効果
ヘパリシエモイストUVはこちら

③「高保湿+抗炎症+美白サポート」黄色のヘパリシエモイストUV+(SPF50 PA++++)

ヘパリシエモイストUV+は、ヘパリシエモイストUVの高保湿・抗炎症効果をそのままに、SPF50、PA++++を実現したUVスキンケアクリームです。

SPFは紫外線B波(UVB)の、PAは紫外線A波(UVA)をどれくらい防げるかを示す指標です。
UVBは日焼けや赤みを引き起こしたり皮膚がんのリスクを高める紫外線で、UVAは皮膚内部の肌細胞にダメージを与えシワやシミを引き起こす紫外線です。

SPF値は日焼け止め製品を使用しない場合に比べて何倍の時間紫外線を防げるかを示しており、PA値は+が多いほどUVAからの保護力が高いことを示します。
すなわち、SPFやPAの数字が大きいほど、肌を紫外線からより長時間より強力に守れることを示しています。

さらに、ヘパリシエモイストUV+には美白成分の速攻持続型VC誘導体と、透明感を引き出してくれるユキノシタエキスが配合されています。
そのため、美白・透明感をより追求したい人にはヘパリシエモイストUV+(SPF50 PA++++)がおすすめです。

高保湿・抗炎症効果に美白・透明感をプラス
ヘパリシエモイストUV+はこちら

④「高保湿+抗炎症+エイジングケア」ヘパリシエトーンアップUV(SPF50 PA++++)

ヘパリシエトーンアップUVはUVケアとトーンアップを同時に叶えてくれる今人気のトーンアップUVです。

ヘパリシエトーンアップUVには保湿成分や保湿サポート成分に加え、バリア機能サポート、抗炎症作用、そしてシワ・たるみ改善作用を持つ成分が豊富に配合されています。
高い紫外線防止効果肌の透明感・血色感UPの作用だけでなく、光で飛ばすことで、シワ・たるみ・毛穴などの凹凸や色ムラ・くすみの解消も実現してくれる最強のUVケア製品です。

1本で紫外線から肌をしっかりと守り、透明感と血色感も手に入れることのできる化粧下地兼UVクリームを探している方にはヘパリシエトーンアップUVがおすすめです。

紫外線対策と透明感・血色感UPでを1本で
ヘパリシエトーンアップUVはこちら

これら4つの製品は、それぞれ肌の状態やニーズに応じて使い分けることができます。
さらに、これら全ての製品は、敏感肌の方でも安心してお使いいただけるよう、界面活性剤や紫外線l吸収剤などの添加物を使用していません。

全ての人の美しさと健康をサポートするため、ヘパリシエのどの製品も、お肌にやさしくしっかりとした効果を実感できるように開発されています。
ご自身のお肌が求めているものを、ぜひヘパリシエシリーズから見つけてみてはいかがでしょうか?

敏感肌に効果的とされる下地の使い方

敏感肌や乾燥肌の方がベースメイクを行う際には、特に注意が必要です。
肌に負担をかけず、美しい仕上がりを実現するためには、下地の適切な塗り方とメイクのベース作りのコツを把握することが重要です。

また、下地の重ね付けやトラブル防止のためのテクニック、メイク崩れを防ぐための下地の活用法も理解しておくと、より効果的とされるメイクが可能になります。

下地の塗り方とメイクのベース作りのコツ

化粧下地は、お顔を明るく見せ、毛穴の凹凸をカバーし、赤みやくすみなどを補正する役割を果たします。

敏感肌や乾燥肌の方は特に、メイクアップに取り入れることが推奨されています。

下地の塗り方は以下の通りです。

  • パール粒大の化粧下地をお顔の5点(両頬・額・鼻・あご)に置きます。
  • 顔の中心から外側に向かって、指先で均一に広げます。
  • 手のひら全体で、ムラつきやベタつきがないか確認します。

特に、目の周りや小鼻などの細かい部分は、指の腹を使って丁寧に広げることが重要です。
また、一度に大量につけるのではなく、少量ずつ丁寧につけていくことが推奨されています。

下地の重ね付けとトラブル防止のためのテクニック

下地の重ね付けは、肌の状態によっては有効とされている手段です。
しかし、敏感肌の方は肌に負担をかける可能性があるため、必要最低限の量を使用し、なじませることが大切です。

また、下地を重ね付けする際には、各層がしっかりと乾いてから次の層を塗ることが重要です。
これにより、下地が肌に均一に広がり、肌トラブルを防げます。

メイク崩れを防ぐための下地の活用法

メイク崩れを防ぐためには、下地の選び方だけでなく、その活用法も重要です。
特に、下地のテクスチャーによっては、その使い方や適用方法が異なることがあります。

透明で液体のようなタイプ

これは軽い感触で、肌にすっとなじむ特性があります。
肌に自然な仕上がりを与え、メイクのベースとして適しています。

シャカシャカ振るミルクタイプ

これは肌にしっかりと密着し、メイクの持続力を高める特性があります。
特に、暑い季節や汗をかきやすい人におすすめです。

伸びの良いクリームタイプ

これは肌に深く浸透し、乾燥から肌を守る特性があります。
乾燥肌の人に特におすすめです。

伸びが悪く固くてこってりしたクリーム

これは高いカバー力を持ち、肌の凹凸を補正する特性があります。
肌のトラブルが気になる人におすすめです。

これらのテクスチャーの違いを理解し、自分の肌質やメイクの目的に合わせて適切な下地を選び、活用することで、メイク崩れを防ぐことが可能になります。

敏感肌に負担をかけない下地アイテムの紹介

敏感肌に負担をかけない下地アイテムの紹介として、ヘパリシエのUVスキンケアシリーズを取り上げてみましょう。

このシリーズは、ノンケミカルで、ヘパリン類似物質を配合した、紫外線によるダメージから肌を徹底的にプロテクトする次世代型のUVスキンケア商品です。

ヘパリシエのUVスキンケアシリーズは、紫外線によるダメージから肌を徹底的にプロテクトすることを目指しています。
そのために、グリチルリチン酸ジカリウムが肌あれを防ぎ、ヘパリン類似物質がバリア機能をサポートして、紫外線を浴びた肌をケアします。

これにより、なめらかで美しい肌へと導きます。

シリーズには、ヘパリシエモイストUV、ヘパリシエモイストUV+、ヘパリシエトーンアップUV、ヘパリシエモイストリッチなどの商品があります。
これらの商品は、肌に良いから塗るという逆転の発想が起こっているという点で、次世代型のUVスキンケアと言えます。

特に、ヘパリシエモイストUVは、肌を整えて輝きあふれる美肌へ導くマルチUVスキンケアとして注目されています。
界面活性剤フリー・紫外線吸収剤フリー・エチルアルコールフリー・パラベンフリー・鉱物油フリー・香料フリー・プロピレングリコールフリー・小麦由来タンパクフリー・合成酸化防止剤フリーと、低刺激の成分で作られています。

これらの商品は、敏感肌の人でも使用できるように配慮されており、紫外線から肌を守るだけでなく、肌の保湿や肌あれの防止など、肌の健康を総合的にサポートすることを目指しています。

これらの商品を使用することで、敏感肌でも美しい肌を保つことが可能になります。

敏感肌のための下地のトラブル対策

敏感肌の方にとって、メイクアップは肌への負担となりがちです。
特に下地は肌に直接触れるものなので、選び方や使い方には十分な注意が必要です。

この章では、敏感肌のための下地のトラブル対策について詳しく解説します。

下地による肌トラブルの原因と予防策

下地は肌の表面を整え、ファンデーションのノリを良くする役割を果たします。
しかし、敏感肌の人にとっては、下地が肌トラブルの原因となることもあります。

例えば、肌に合わない成分が含まれていると、肌荒れやニキビなどのトラブルを引き起こすことがあります。

肌トラブルを防ぐためには、まず自分の肌質を知ることが重要です。
肌が乾燥している場合は保湿成分が豊富な下地を、ニキビが気になる場合は抗炎症作用のある成分が含まれた下地を選ぶと良いでしょう。

また、低刺激の「医薬部外品」の下地もおすすめです。
これらは厚生労働省が認めた効果・効能に有効とされている成分が配合されており、予防や衛生を目的に作られています。

敏感肌向け下地の選び方と使い方によるトラブル回避の方法

敏感肌向けの下地を選ぶ際のポイントは、肌に負担をかけない成分が含まれているかどうかです。

例えば、トラネキサム酸やグリチルリチン酸(グリチルレチン酸)などの成分は、肌荒れやニキビを防ぐ効果が期待できます。

また、保湿成分が豊富な下地は、乾燥肌の人におすすめです。

下地の使い方も重要です。下地は肌に薄く均一に塗ることが大切です。
また、下地を塗る前には必ず肌を清潔に保つこと、そして肌に直接触れる手も清潔にすることが必要です。

これらのポイントを押さえて下地を選び使うことで、敏感肌でもメイクアップを楽しめます。

また、下地を選ぶ際には、SPF値やPA値もチェックしましょう。
これらは紫外線から肌を守る効能を示す値で、敏感肌の人は特に紫外線によるダメージを受けやすいため、高いSPF値とPA値の下地を選ぶことをおすすめします。

さらに、下地を塗る際には、優しくなじませるように心掛けてください。
力強く塗ると肌に負担をかけてしまう可能性があるためです。

また、下地を塗った後には、肌が落ち着くまで少し時間を置くことも大切です。
これにより、下地が肌にしっかりと馴染み、ファンデーションのノリも良くなります。

以上のように、敏感肌のための下地のトラブル対策は、下地の選び方と使い方によるものです。
自分の肌質に合った下地を選び、正しい使い方を心掛けることで、敏感肌でも美しいメイクアップを楽しめます。

敏感肌のための下地ガイドまとめ

今回は、敏感肌の下地についてご紹介しました。
要点を以下にまとめます。

  • 肌に刺激を与えず、肌の状態を整える下地を選ぶことで敏感肌の対策になる
  • アルコールや香料、パラベンなどの刺激性のある成分を含まない製品を選ぶ
  • 下地には「リキッドタイプ」「クリームタイプ」「UVカット効果」「肌色補正機能」がある

これらの情報が少しでも皆様のお役に立てば幸いです。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

※この記事はアフィリエイト広告を含んでおります

監修者 メディカル・ケア・サービス

  • 認知症高齢者対応のグループホーム運営
  • 自立支援ケア
  • 学研グループと融合したメディア
  • 出版事業
  • 社名: メディカル・ケア・サービス株式会社
  • 設立: 1999年11月24日
  • 代表取締役社長: 山本 教雄
  • 本社: 〒330-6029埼玉県さいたま市中央区新都心11-2ランド·アクシス·タワー29F
  • グループホーム展開
  • 介護付有料老人ホーム展開
  • 小規模多機能型居宅介護
  • その他介護事業所運営
  • 食事管理
  • 栄養提供
  • 福祉用具販売
  • 障がい者雇用

スポンサーリンク