ホーム

認知症を学ぶ

down compression

介護を学ぶ

down compression

専門家から学ぶ

down compression

書籍から学ぶ

down compression

健康を学ぶ

down compression
トップページ>生活>ピル>ピルと肌荒れの関係性とは?肌荒れ改善方法、注意点を徹底解説!

ピルと肌荒れの関係性とは?肌荒れ改善方法、注意点を徹底解説!

「ピル」は避妊効果など様々なメリットがあります。
しかし、肌荒れするという報告もあり服用が心配ですよね。

そもそも「ピル」とは何なのでしょうか?

「ピル」と肌荒れにはどのような関係があるのでしょうか?
本記事では、ピルと肌荒れについて以下の点を中心にご紹介します。

  • ピルと肌荒れの関係性
  • ピルによる肌荒れの改善方法
  • ピルと肌荒れに関する注意点

ピルと肌荒れを理解するためにもご参考いただけますと幸いです。
ぜひ最後までお読みください。

”オンライン診療だから通院する必要ナシ!お手頃価格で気軽にピルを飲み始めたい人にイチオシ‼”

今話題のmederiのオンラインピル処方
WEB予約限定クーポンはこちら

まとめて知りたい方必見!おすすめピルオンラインクリニック早見表

 おうちでクリニック
クリニック名mederiスマルナおうちでクリニックDMMオンラインクリニックエミシアクリニッククリニックフォアエニピル
おすすめポイント初月のピル代がかからない!
※送料550円はかかります
診療が無料で気軽に相談!
受診方法を選べる!
安くて分かりやすい料金プラン!
在籍医師が診察!
取り扱いピルが多数!
ピルの種類が豊富!
1日あたり71円からピルを利用できる!
最短で1時間以内に薬を受け取れる!
代引き可能!
圧倒的な実績!
支払い手段が豊富!
ピルの処方が数10分で完了!
診療を24時まで受付!
ピルの種類低用量ピル
中容量ピル
アフターピル
低用量ピル
中容量ピル
アフターピル
低用量ピル低用量ピル
中容量ピル
アフターピル
アフターピル低用量ピル
中容量ピル
アフターピル
低用量ピル
中容量ピル
アフターピル
ピル処方代6シートおまとめプラン
2,970円/シート
12ヶ月一括決済プラン
2,380円/シート
毎月定期プラン(マーベロン28・アンジュ28・トリキュラー28)
2,783円/シート
低用量ピルらくらく定期便3ヶ月ごと
2,178円/シート
72時間以内アフターピル
9,350円
低用量ピル定期便
2,783円/シート
12ヶ月一括プラン
2,563円/シート
診療代・送料診療代
0円
送料
550円
※2ヶ月目以降からおまとめプランにすると「送料無料」
診察代
1,500円
送料
0円
診療代
0円
送料
550円
初月500円オフ
診療代
0円
送料
550円
診療代
750円
送料
750円
※超特急便の場合10,000円~
診療代
1,650円
送料
550円
診療代
2,200円
送料
370円
※12ヶ月一括プランは送料無料
診療対応時間10:00〜22:0010:00〜18:0010:00-19:00平日8:00〜22:00
土日8:00〜22:00
24時間対応9:30~20:3010:00〜24:00
配送時期最短当日発送
翌日到着
18時までの決済で当日発送最短翌日ポストにお届け最短即日配送最短当日発送最短当日発送最短当日発送翌日到着
当日診療対応
公式サイト
公式サイトはこちら
公式サイトはこちら
公式サイトはこちら
公式サイトはこちら
公式サイトはこちら
公式サイトはこちら
公式サイトはこちら

ピルとは

ピルは、女性の避妊を目的とした医薬品で、その働きは多岐にわたります。
主に卵胞ホルモンと黄体ホルモンという、女性の体内で生成されるホルモンを主成分としています

これらのホルモンの働きを利用して妊娠を防ぎ、さらに生理の予定日をコントロールしたり、月経の症状を軽減したりする効果もあります。
これらの特性により、働く女性にとって多くのメリットを提供します。

ピルの概要

ピルは、「低用量ピル」として広く知られています。
この薬は、女性の卵巣で生成される卵胞ホルモンと黄体ホルモンを主成分としています。
これらのホルモンの働きを利用して、妊娠を防ぐことが主な目的です。

また、ピルにはさまざまな種類があり、それぞれに特性と効果が異なります。
例えば、マーベロン28やトリキュラー28は低用量ピルであり、ドロエチ配合錠やヤーズフレックス配合錠は超低用量ピルとして知られています。

これらの選択は、個々の体質や生活習慣、健康状態により異なります。

ピルの効果

ピルは、生理予定日のコントロールが可能であり、これにより生理のタイミングを自分のライフスタイルに合わせることができます。

ピルは、適切に使用すれば、避妊はもちろん、女性の生理痛やPMSなどの症状を軽減し、生活の質を向上させることが可能です。
しかし、その使用は医師の指導のもと、自身の体調や健康状態を考慮して行うべきです。

関連記事

ピル避妊目的についてどのような目的でピルを服用するのか疑問に思ったことはありませんか?避妊目的のみでピルを服用して良いのかわかりませんよね。避妊目的のみでピルを服用するのはおかしいことなの?ピルの避妊効果はどのく[…]

ピルと肌荒れの関係性

ピルの使用と肌荒れ、特にニキビの発生との間には密接な関係があります。
ピルは主に女性ホルモンであるエストロゲンとプロゲステロンを含んでおり、これらのホルモンのバランスが肌の状態に大きく影響を及ぼします。

ピルがどのように肌荒れを引き起こす可能性があるか、またピルがニキビの治療にどのように役立つかについて詳しく説明します。

ピルによって肌荒れが引き起こされる仕組み

ピルの成分であるエストロゲンとプロゲステロンは、皮脂の生成と分泌に影響を及ぼします
特にプロゲステロンは皮脂の分泌を促進する作用があり、その結果、皮脂が過剰に分泌されると毛穴が詰まり、ニキビが発生しやすくなります。

また、エストロゲンは肌の保湿作用を持っていますが、その量が減少すると肌が乾燥し、皮脂の過剰分泌を引き起こす可能性があります。
これらのホルモンのバランスが崩れると、肌荒れやニキビの原因となることがあります。

ピルによる肌荒れの主な原因となる要素の解説(ホルモンの変化など)

ピルの使用によるホルモンの変化は、肌荒れやニキビの主な原因となります。
ピルを使用すると、体内のエストロゲンとプロゲステロンのレベルが人工的に調整されます。
これにより、皮脂の生成と分泌が変化し、肌の状態に影響を及ぼします。

また、ピルの使用によりホルモンバランスが安定し、月経周期に伴う肌の変化が抑制されることもあります。
これにより、生理前や生理中によく見られる肌荒れやニキビの発生を防ぐことが可能になります。

ピルによるニキビ治療の効果

ピルはニキビ治療にも効果的であると広く認識されています。
ピルの成分であるエストロゲンとプロゲステロンは、皮脂の生成と分泌を調整し、ホルモンバランスを安定させることで、ニキビの発生を抑制します。

特に、一相性のピル(例:マーベロンやファボワール)は、ニキビ治療に特に効果があるとされています。
これらのピルは、皮脂の過剰分泌を抑制し、毛穴の詰まりを防ぐことで、ニキビの発生を抑えます。

関連記事

「ピル」は避妊効果など様々なメリットがあります。しかし、副作用などが心配ですよね。そもそも「ピル」とは何なのでしょうか?「ピル」にはどのような効果が期待されるのでしょうか?本記事では、「ピ[…]

ピルの種類と肌荒れリスクの違い

ピルは、その成分や用量によって様々な種類が存在します。
それぞれのピルは、特性や効果、副作用が異なり、それぞれが肌荒れリスクにどのように影響を与えるかも異なります。

低用量ピルと通常のピルの違い、そして各種ピルの肌荒れリスクについて詳しく解説します。

低用量ピルと通常のピルの比較

ピルは、黄体ホルモン(プロゲステロン)と卵胞ホルモン(エストロゲン)という2つの女性ホルモンが配合されています。
エストロゲンの含有量によって、超低用量ピル、低用量ピル、中用量ピル、高用量ピルに分けられます。

高用量ピルと中用量ピルは、治療的な効果が高い一方で、副作用も大きいとされています。

一方、低用量ピルと超低用量ピルは、副作用が少なく、安全性と確実性が高いとされています。

また、ピルは黄体ホルモン(プロゲステロン)別に4種類に分けられています。
それぞれのピルは、特性や効果が異なります。

  • 第一世代のピル(ノルエチステロン)は、生理の量が減り、生理痛緩和効果に優れています。
  • 第二世代のピル(レボノルゲストレル)は、不正出血を減少させる作用があります。
  • 第三世代のピル(デソゲストレル)は、ニキビや肌荒れなどに効果があります。
  • 第四世代のピル(ドロスピレノン)は、ニキビやむくみなどの副作用が少ないですが、不正出血や血栓症のリスクは他世代の種類に比べ高い傾向があります。

各種ピルの肌荒れリスクについて

ピルの肌荒れリスクは、ピルに含まれる黄体ホルモン(プロゲストーゲン)の種類により変わります。
ニキビの3つの主要な原因の一つは、アンドロゲン(男性ホルモン)の過剰な活動です。
ピルにはエストロゲン(女性ホルモン)が含まれているため、アンドロゲンを抑制する作用があり、ニキビに有効です。

アンドロゲン活性が抑制されたタイプのピルは、ニキビに対して効果があるとされます。
例えば、第三世代のピル(デソゲストレル)は、男性ホルモンの作用抑制効果が高く、ニキビ治療や多毛症などの改善に期待できます。

また、第四世代のピル(ドロスピレノン)は、副作用が少なく、むくみやニキビが少なく、月経困難症や子宮内膜症の治療に使用されています。

しかし、ピルのニキビへの効果は即効性がないため、少なくとも3ヶ月間は様子を見ることが必要です。

また、ピルの副作用として、頭痛や悪心、吐き気や血栓の形成などの現象が発生する可能性があります。
これらの症状が出た場合は、すぐに医師に相談することが重要です。

関連記事

予定があり生理をずらしたい、生理が重いなど、様々な理由でピルに興味を持つ方がいらっしゃると思います。そもそも「ピル」とは何なのでしょうか?「ピル」にはどのような効果が期待されるのでしょうか?本記事では、「ピルを飲[…]

ピルをやめた後の肌荒れ

ピルの服用を中止した後に肌荒れが悪化することがあります。
これは、ピルが体内のホルモンバランスに影響を与え、そのバランスが変化することで肌の状態も変わるためです。

ピルをやめた後の肌荒れの原因や期間、そしてその対処法について詳しく説明します。

ピルをやめた後に肌荒れが悪化する理由

ピルは、エストロゲンとプロゲステロンという2つの女性ホルモンを含んでいます。
これらのホルモンは、皮脂の分泌を抑え、肌の状態を安定させる効果があるとされます。

そのため、ピルを服用している間は、ニキビや肌荒れが改善されることが多いです。
しかし、ピルの服用を中止すると、体内のホルモンバランスが変化します。

特に、ピルによって抑えられていた男性ホルモン(アンドロゲン)の活動が活発化し、皮脂の分泌が増えることがあります。
これにより、肌の状態が悪化し、ニキビや肌荒れが再発することがあります

ピルをやめた後の肌荒れの期間と対処法

ピルをやめた後の肌荒れは、個人差がありますが、一般的には数週間から数ヶ月で落ち着くことが多いです。
しかし、中には数ヶ月以上肌荒れが続く人もいます。

肌荒れが続く場合は、以下のような対処法があります。

  • スキンケアの見直し:ピルをやめた後は、皮脂の分泌が増えることがあるため、スキンケアを見直すことが重要です。
    洗顔は1日2回を目安に、皮脂を適度に取り除くことが大切です。
    また、保湿も重要で、乾燥は肌荒れを悪化させるため、しっかりと保湿を行いましょう。
  • 食生活の改善:食事は肌の状態に大きく影響します。
    特に、糖質や脂質の摂取が多いと、皮脂の分泌が増え、肌荒れを引き起こすことがあります。
    バランスの良い食事を心掛け、ビタミンやミネラルを豊富に含む食品を摂るようにしましょう。
  • 医師の相談:肌荒れが長期間続く場合や、自己対策で改善しない場合は、皮膚科や婦人科の医師に相談することをおすすめします。
    医師は、肌の状態を評価し、適切な治療法を提案してくれます。

ピルをやめた後の肌荒れは、一時的なものであることが多いです。
しかし、自己判断で無理に我慢するのではなく、適切な対策を行い、必要な場合は医療機関に相談することが大切です。

ピルによる肌荒れの改善方法

ピルは、そのホルモン調整作用により、ニキビや肌荒れの改善に効果的な治療法となり得ます。
しかし、ピルの効果を最大限に引き出すためには、適切なスキンケアや生活習慣の見直しが必要です。

ピルを使用しながら行うべき肌荒れの予防策と、ピルと相性の良いスキンケア製品について詳しく説明します。

肌荒れの予防策:適切なスキンケアと生活習慣の見直し

ピルの服用により、皮脂の過剰分泌が抑えられ、ニキビのできにくい肌環境が作られます。
しかし、それだけでなく適切なスキンケアと生活習慣の見直しも重要です。

スキンケアでは、肌のタイプに合った製品を選び、適切な洗顔と保湿を行うことが大切です。
洗顔は1日2回を目安に、皮脂を適度に取り除き、肌を清潔に保つことが重要です。

また、保湿は肌のバリア機能を高め、肌荒れを防ぐために必要です。

生活習慣の見直しでは、バランスの良い食事、十分な睡眠、適度な運動が肌の健康に寄与します。
特に、食事は肌の状態に大きく影響します。
糖質や脂質の摂取が多いと、皮脂の分泌が増え、肌荒れを引き起こすことがあります。
ビタミンやミネラルを豊富に含む食品を摂るようにしましょう。

ピルとの相性が良いスキンケア製品の紹介

ピルの服用と並行して、適切なスキンケア製品を使用することで、より効果的に肌荒れを改善することができます。

以下に、ピルとの相性が良いとされるスキンケア製品を紹介します。

  • ニキビケア専用の洗顔料:ニキビケア専用の洗顔料は、皮脂を適度に取り除き、毛穴の詰まりを防ぐ効果があります。
    また、肌の乾燥を防ぐ成分も含まれているため、洗顔後の肌をしっとりと保つことができます。
  • 非コメドジェニック製品:非コメドジェニック製品は、毛穴を塞がない成分のみを使用しているため、ニキビの発生を抑えることができます。
    特に、ファンデーションや日焼け止めなどのメイクアップ製品は、非コメドジェニックを選ぶことが推奨されます。
  • サリチル酸含有製品:サリチル酸は、皮脂の分泌を抑え、毛穴の詰まりを解消する効果があります。
    また、角質を柔らかくする作用もあるため、肌の表面を滑らかにし、肌荒れを改善します。

これらの製品を選ぶ際は、自分の肌のタイプや状態を考慮し、必要に応じて皮膚科医や薬剤師に相談することが重要です。

また、新しい製品を使用する際は、パッチテストを行い、肌に合うかどうかを確認しましょう。

ピルと肌荒れに関する注意点

ピルは避妊だけでなく、生理痛やPMSの緩和、さらには肌荒れの改善にも効果があるとされます。
しかし、ピルを始める前に知っておくべきポイントや注意事項があります。
これらを理解することで、ピルによる肌荒れのリスクを最小限に抑えることが可能です。

ピルを始める前に知っておくべきポイントと、ピルによる肌荒れのリスクを最小限にするための注意事項について詳しく説明します。

ピルを始める前に知っておくべきポイント

ピルを始める前には、その効果と副作用を理解することが重要です。
ピルはホルモン調整作用により、生理痛やPMSの緩和、肌荒れの改善などの効果があるとされます。
しかし、一方で頭痛やむくみなどの副作用があり、体質によっては血栓症のリスクも存在します。

特に、ピルの服用初期には「マイナートラブル」と呼ばれる軽微な副作用が起こることがあります。
これは体がピルに慣れる過程で起こり、服用を続けることで自然と治まっていきます。
しかし、副作用が続く場合や、重大な副作用が出た場合にはすぐに医師に相談することが必要です。

ピルによる肌荒れのリスクを最小限にするための注意事項

ピルによる肌荒れのリスクを最小限にするためには、以下の点に注意することが推奨されます。

  • ピルの選択:ピルには様々な種類があり、それぞれに特性や効果が異なります。
    例えば、第三世代の低用量ピルは、男性ホルモンの活性化を抑えやすいとされ、ニキビの状態を良くする見込みがあります。
  • 服用の開始:ピルを服用開始すると、最初のうちはニキビが悪化することがあります。
    これは体内のホルモンバランスが一時的に不安定になるためです。
    しかし、2〜3ヶ月ほどでホルモンバランスが安定し、肌の状態も改善されることが多いです。
  • 喫煙の禁止:ピルの服用と喫煙は、血栓症のリスクを高めるため、絶対に避けるべきです。
  • スキンケアと生活習慣:ピルの服用だけでなく、適切なスキンケアと生活習慣の見直しも肌荒れの予防に重要です。
    特に、バランスの良い食事、十分な睡眠、適度な運動は肌の健康に寄与します。

これらの注意事項を守ることで、ピルによる肌荒れのリスクを最小限に抑え、肌の状態を改善することが可能です。

ピル肌荒れに関するよくある質問|Q&A

ピルと肌荒れに関するよくある質問には、どのようなものがあるのでしょうか。
ここでは、よくある質問に答えていきます。

ピル飲み始め 肌荒れ いつまで?

ピルを飲み始めた初期には、体がホルモンバランスの変化に適応する過程で一時的に肌荒れが起こることがあります。
通常、この状態は2〜3ヶ月で改善されます。
しかし、それ以上続く場合は医師に相談しましょう。

ピル 肌綺麗になる いつから?

ピルのニキビ改善効果を実感するまでには、通常2〜3ヶ月程度かかります。
これは、ピルが体内のホルモンバランスを整えるための時間です。

個々の体質や症状により異なるため、具体的な期間は医師に相談しましょう。

ピル 肌荒れ なぜ?

ピルはホルモンバランスを調整するため、初期には一時的に肌荒れが起こることがあります。

また、ピルの種類や個々の体質により、肌荒れのリスクが異なります。
適切なピルの選択と生活習慣の見直しで、肌荒れは改善可能です。

肌荒れピルのデメリットは?

ピルには副作用があり、頭痛やむくみ、吐き気などが起こることがあります。

また、ピルの種類によっては血栓症のリスクもあります。
これらの副作用が出た場合は、すぐに医師に相談することが重要です。

ピル肌荒れまとめ

今回はピルと肌荒れについてご紹介しました。
ピルと肌荒れについての要点を以下にまとめます。

  • ピルの使用によるホルモンの変化は、肌荒れやニキビの主な原因
  • 肌荒れを改善するには、スキンケアの見直し、バランスの良い食事、十分な睡眠、適度な運動が重要
  • ピルを服用する際は、自分の体質や症状に合ったピルを選ぶことが重要

これらの情報が少しでも皆様のお役に立てば幸いです。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

※この記事はアフィリエイト広告を含んでおります

監修者 メディカル・ケア・サービス

  • 認知症高齢者対応のグループホーム運営
  • 自立支援ケア
  • 学研グループと融合したメディア
  • 出版事業
  • 社名: メディカル・ケア・サービス株式会社
  • 設立: 1999年11月24日
  • 代表取締役社長: 山本 教雄
  • 本社: 〒330-6029埼玉県さいたま市中央区新都心11-2ランド·アクシス·タワー29F
  • グループホーム展開
  • 介護付有料老人ホーム展開
  • 小規模多機能型居宅介護
  • その他介護事業所運営
  • 食事管理
  • 栄養提供
  • 福祉用具販売
  • 障がい者雇用

スポンサーリンク