ホーム

認知症を学ぶ

down compression

介護を学ぶ

down compression

専門家から学ぶ

down compression

書籍から学ぶ

down compression

健康を学ぶ

down compression
健達ねっと>生活>美容整形>クマ取り手術のダウンタイムは?腫れはひどい?経過や過ごし方をご紹介

クマ取り手術のダウンタイムは?腫れはひどい?経過や過ごし方をご紹介

クマは、多くの方にとって気になる美容の悩みです。

クマ取りはどうしたらいいの?
そもそもクマ取りのダウンタイムって?

そう思っている方も多いのではないでしょうか。

本記事では以下の項目を中心に解説します。

  • クマ取りのダウンタイムとは?
  • クマ取りのダウンタイムはどのくらい?
  • クマ取りのダウンタイムの過ごし方

クマ取りのダウンタイムについて一緒に探ってみましょう。

おすすめの美容外科・美容皮膚科クリニックに興味のある方は、こちらの記事も合わせてお読みください。

関連記事

近年は、美容整形ブームで「プチ整形」や「美容医療」が人気になっています。ISAPS最新調査レポートによると、美容整形の手術件数が近年増えています。2021年の美容外科医が執刀した手術件数は、1,280万件を超えました。また、非手[…]

クマ取り手術とダウンタイムの症状

美容クリニックで提供されるクマ取り手術は、目の下のクマを改善し、若々しい印象を取り戻すための一つの方法です。

しかし、この手術にはダウンタイムが存在します。
このダウンタイムは、手術の種類や個々の体質により異なります。

クマ取り手術3種とそれぞれのダウンタイム

クマ取り手術にはいくつかの方法があり、それぞれの方法には異なるダウンタイムが存在します。

以下では、特に効果が高いとされる3つの手術方法「脱脂」「ヒアルロン酸注入」「脂肪注入」について、その特徴とダウンタイムについて詳しく解説します。

方法ダウンタイム期間症状
脱脂1〜2週間程度腫れ
内出血
痛み
ヒアルロン酸注入1〜2日程度軽い腫れ
赤み
内出血
脂肪注入2〜3週間程腫れ
内出血
痛み

ダウンタイムの定義と期間

ダウンタイムは、手術後に一時的に生じる腫れや内出血などの症状や、その回復期間のことを指します。
脱脂手術の場合、一般的なダウンタイムは1週間ほどですが、完成形となるのは3か月後となります。

また、目の下のたるみ取り(下眼瞼切開 + 経皮的脱脂)の場合は、一般的なダウンタイムは2週間程度で、3~6か月後に正常な状態へ移行します。

こちらの記事では、クマ取り治療の費用や保険適用について詳しく解説していますので、気になる方は是非ご覧ください。

関連記事

クマ取りの費用・値段ってどれくらい?クマ取りの費用相場は5,000円~650,000円です。しかし、施術方法によって費用が異なります。そこで、本記事では以下の項目を中心に解説します。 クマ取りの[…]

クマ取り手術後のダウンタイム経過の詳細

クマ取り手術を受けると、その後にダウンタイムと呼ばれる回復期間が訪れます。
この期間は手術の影響で生じる腫れや内出血が落ち着くまでの時間を指し、個々の体質や手術の内容によって異なります。

ここでは、ダウンタイムの経過を詳しく見ていきましょう。

手術直後から数日間の経過

クマ取り手術直後から数日間は、ダウンタイムの中でも特に注意が必要な期間です。
この時期は腫れや内出血がピークに達するため、適切なケアが必要となります。

一般的には、手術直後から2日目~3日目が腫れや内出血のピークとされています。
この期間は、目元を冷やすことや頭を心臓より上にすること、血行が良くなる行為を控えることが推奨されています。

1週間を超えたダウンタイムの変化

手術から1週間が経過すると、腫れや内出血は徐々に落ち着き始めます
しかし、この時期でもまだ腫れが残っている場合があり、完全に元の状態に戻るまでにはさらに時間が必要です。

この期間は、腫れや内出血が落ち着いてきたとはいえ、まだ完全には回復していないため、適度な休息とケアが必要です。

ダウンタイム終了後の回復過程

ダウンタイムが終了し、腫れや内出血がほぼなくなると、次には回復過程が始まります。
この時期は、目元の状態が安定し、自然な仕上がりになるまでの期間を指します。

一般的には、ダウンタイム終了後から1~2か月程度で自然な仕上がりになるとされています。
この期間は、手術の結果を活かすためにも、引き続き適切なケアが必要となります。

おすすめ記事

近年は、美容整形ブームで「プチ整形」や「美容医療」が人気になっています。ISAPS最新調査レポートによると、美容整形の手術件数が近年増えています。2021年の美容外科医が執刀した手術件数は、1,280万件を超えました。また、非手[…]

クマ取りのダウンタイムの過ごし方|ケア方法と注意点

目の下のクマは見た目の印象を大きく左右する要素となります。
疲れやストレス、加齢など、さまざまな要因で目立つようになったクマを効果的にケアし、改善に導くための方法は、多くの人々の関心を集めています。

以下では、クマ取り治療後のダウンタイムの過ごし方に焦点を当て、効果的なケア方法や注意点を詳しく解説します。

クマ取り治療後のダウンタイムのケア方法

クマ取りダウンタイムのケア|冷却

治療後すぐに冷却を行うことは、腫れや内出血を軽減するために非常に効果的とされます。

ただし、過度に冷やしすぎると逆効果になる可能性があるため、適度な冷却を心がけてください。

具体的なケア方法
  • ゲルパックやアイマスクで目の下を冷却する
  • 15分ごとに冷却し、休憩を挟む

クマ取りダウンタイムのケア|保湿

術後の肌は敏感になっているため、適切な保湿が欠かせません
保湿剤やクリームを使用して、肌を乾燥から守りましょう。

具体的なケア方法
  • 無香料・無着色の保湿クリームやジェルを使用する
  • 朝晩のスキンケア時に忘れずに保湿する

クマ取りダウンタイムのケア|紫外線対策

紫外線は術後の肌にとって大敵です。

紫外線を浴びることで色素沈着や炎症が悪化するリスクがあります。
外出時には必ず日焼け止めを使用し、帽子やサングラスで物理的に紫外線を遮るようにしましょう。

具体的なケア方法
  • UVカット効果のあるサングラスや帽子を使用する
  • 日焼け止めクリームを忘れずに塗布する

クマ取りダウンタイムのケア|栄養補給

治療後の回復を促進するためには、バランスの取れた食事が重要です。
特に、ビタミンCやビタミンE、亜鉛などの栄養素は、傷の治癒を助け、肌の健康を維持するために効果的とされます。

具体的なケア方法
  • ビタミンCやEを多く含む食品を摂取する
  • フルーツや野菜を中心とした食事を心がける

クマ取りのダウンタイム中の注意点

クマ取りダウンタイム中の注意点|過度の運動

術後しばらくは激しい運動を避けることが重要です。
運動により血流が促進されると、腫れや内出血が悪化する可能性があります。

軽い散歩程度であれば問題ありませんが、少なくとも1〜2週間は激しい運動や重量挙げなどを控えるようにしましょう。

具体的な注意点
  • 軽いウォーキング程度に留める
  • 激しい運動は避け、心拍数を上げないようにする

クマ取りダウンタイム中の注意点|アルコールの摂取

アルコールは血管を拡張し、腫れや内出血を悪化させる可能性があります。
術後少なくとも1週間はアルコールの摂取を控えることが推奨されます。

また、アルコールは体内の水分バランスを崩し、脱水状態を引き起こす可能性があるため、注意が必要です。
水分補給を心がけ、健康的な生活を維持しましょう。

具体的な注意点
  • 施術後数日はアルコールを控える
  • アルコールを摂取する場合は、量を減らしてゆっくりと摂る

クマ取りダウンタイム中の注意点|長時間の画面の使用

パソコンやスマートフォンの画面を長時間見続けることは、目の周りの筋肉に負担をかけ、回復を遅らせる原因となります。

術後は適度な休憩を取り、目を休めるよう心がけましょう。

具体的な注意点
  • 休憩を取りながら使用時間を短縮
  • ブルーライトカットのメガネを使用する

クマ取りダウンタイム中の注意点|摩擦や刺激

目元の皮膚は非常にデリケートであるため、摩擦や刺激を避けることが重要です。
洗顔やクレンジングの際には、優しく行うようにし、ゴシゴシと擦らないようにしましょう。

また、寝る際には顔を直接枕に押し付けないよう注意し、できるだけ仰向けで寝ることが推奨されます。
これにより、摩擦による皮膚へのダメージを最小限に抑えることができます。

具体的な注意点
  • 化粧品やスキンケア製品は刺激の少ないものを選ぶ
  • 施術部位を触る際は、手を清潔に保ち、優しく触れるようにする

クマ取り治療後の内出血がひどい理由と対処法は?

目の下のクマ取り治療は、目元の美容を追求する多くの方に選ばれる施術となっています。

しかし、治療後の内出血が気になる方も多いのは事実です。
この内出血は、どのような原因で起こるのか、そして一度起こってしまった内出血にはどのように対処すれば良いのでしょうか。

クマ取り治療後の内出血がひどい理由

クマ取り治療は、目の下のたるみや膨らみを改善するための施術として知られています。
しかし、施術後には内出血が起こることがあり、これにはいくつかの原因が考えられます。

  • 施術中に顔に力を入れること
  • 体質によるもの
  • 施術を受ける部位の皮膚の薄さ
  • 使用する針の太さ
  • 施術者の技術や経験

などが内出血のリスクを高める要因として知られています。

特に、アルコールを摂取していると血がサラサラになり、出血しやすくなるため、施術の数日前からはアルコールの摂取を控えることが推奨されています。

クマ取り治療後の内出血の対処法

クマ取り治療後の内出血に対する対処法として、以下の方法が推奨されています。

  • 目の周りを冷やす
    内出血を早く治すためには、血液の循環を遅らせることが重要です。
    氷や保冷材で目の周りを冷やすことで、内出血の範囲を狭めることができます。
  • 力を入れない
    顔に力を入れると、血液が一か所に集まり、内出血を引き起こす可能性があります。
  • 目の周りを刺激しない
    内出血部分はデリケートなので、触ることで治りが遅くなる可能性があります。
  • 血行を良くする行動を控える
    運動やサウナ、アルコール摂取など、血行を良くする行動は内出血を悪化させる可能性があるため、控えることが必要です。
  • 頭を身体より高い位置に固定する
    頭の位置が低いと血が集まりやすくなります。
    寝るときやリラックスするときは、頭を高くすることで内出血のリスクを低減できます。

クマ取りの失敗例と失敗しないためのポイントについて解説していますので、興味のある方は、こちらの記事も合わせてお読みください。

関連記事

クマは、顔が疲れて見えたり、老けて見えたり、顔のイメージに大きな影響を与えてしまいます。クマ取りについて気になっているけど、失敗しないのか、ちゃんとクマが無くなるのかなど、施術について心配されている方も多いはずです。しかし、失敗[…]

クマ取りのおすすめクリニック7選!

クマ取りにおすすめのクリニックを7院ご紹介します。

クリニック名TCB東京中央美容外科ガーデンクリニックTAクリニック品川美容外科SBC湘南美容外科もとび美容外科S.T Styleクリニック
無料カウンセリング無料カウンセリング無料カウンセリング無料カウンセリング無料カウンセリング無料カウンセリング無料カウンセリング無料カウンセリング
おすすめポイント目元施術顧客満足度

No.1

高品質な治療を地域最安レベルの
低価格で提供
開院20年以上の熟練技術と
最新の美容医療の融合
開院以来10万症例以上の実績で
美容整形に関する知識や経験が豊富
開院30年以上、
症例1,300万以上の実績と信頼
全国100院以上展開、リピーター率90%以上、低価格で高品質な施術を提供15年以上の経歴、積極的に学会・セミナーに参加しより良く新しい施術を提供解剖学を熟知した女性院長ならではの
治療と術後のデザイン性を両立
料金クマ取り再生注射¥9,800

切らない目の下のクマ取り
¥83,600

ヒアルロン酸注射¥19,200〜
ニュープレミアムオートファイバ
¥440,000
下瞼脱脂法
¥330,000

クマ治療コンプリート法
¥770,000
下眼瞼脱脂術¥198,000

下眼瞼切開術¥328,900
目の下のふくらみ取り
¥108,900
切らないクマ取り
¥113,000

切らないクマ取り+コンデンスリッチフェイス
¥275,200

切らないクマ取り+SBCリッチフェイス
¥209,200
目の下脂肪取り
¥184,800

目の下のたるみとり(裏ハムラ法)
¥428,000

目の下脂肪取り+目の下脂肪注入(コンデンス)
¥428,000
経結膜脱脂
¥220,000

脂肪注入
¥242,000

Fontonaアイリフト¥66,000
カウンセリング無料無料無料無料無料無料無料
こんな人におすすめ!・低価格で高品質な治療を受けたい方
・美容医療を受けるのがはじめての方
・分割払いやモニター応募で治療を受けたい方
・最新の美容施術を受けたい方
・カウンセリングにしっかり時間をかけたい方
・ダウンタイムが少ないことを重視する方
・施術後のアフターケアや診察を重視したい方
・リーズナブルな価格で質の高い施術を受けたい方
・経験豊富なドクターの施術を受けたい方
・全国展開していて通いやすさを重視する方
・保証制度を重視して施術を受けたい方
・新宿で実績のあるクリニックを探している方
・形成外科を応用した高度な技術を受けたい方
・感染症リスクを抑えて安全に施術を受けたい方
詳細公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト

TCB東京中央美容外科

TCB東京中央美容外科の3つのおすすめポイント

  • 品質・価格・保証全てがトップレベル
  • 専門医の熟練した高い技術
  • 豊富な施術メニューが選び放題

TCB東京中央美容外科が選ばれる理由

TCB東京中央美容外科は、全国に97院を展開する大手のクリニックです。

大手の美容外科のなかでも比較的料金が安いという特徴があります。

また、TCBには日本形成外科学会の認定医が多数在籍しているため、低価格でも安全性で心配する必要はありません
感染症などのトラブルは「生涯保証」で、各施術ごとに保証制度が充実しています。

美容外科大手のTCB東京中央美容外科は医師の技術だけでなく、カウンセリング対応の丁寧さ院内の清潔感正しい価格設定にも徹底して力を入れています。
初めて美容医療が不安な方や無理な勧誘をされないか心配な方でも、TCB東京中央美容外科なら安心して任せることができるのでおすすめです!

TCB東京中央美容外科のクマ取り施術メニュー

TCB東京中央美容外科のクマ取り症例

施術名:切らない目の下のクマ取り・目の下のたるみ(ふくらみ)取り
料金:83,600~458,000円

引用:TCB東京中央美容外科 公式HP

TCB東京中央美容外科の基本情報
施設名TCB東京中央美容外科
店舗情報全国99院(都内21院、関西18院)
営業時間10:00~19:00
※店舗ごとに異なります
定休日不定休
予約方法WEB・公式LINE・電話
公式サイトはこちら

ガーデンクリニック

ガーデンクリニックの3つのおすすめポイント

  • 20年以上変わらぬ美への追求
  • オーダーメイドの美容医療を提供
  • 時代に合ったマシン設備の導入

ガーデンクリニックが選ばれる理由

ガーデンクリニックは、2019年で開院20年を迎えた人気クリニックです。
老若男女関わらず患者様の人生を豊かにすることを大事にしています。

徹底的な施術の説明で、不安や不明点を解消します。
また、日々進化する美容医療を随時取り入れています。

ガーデンクリニックのクマ取り施術メニュー

施術名ニュープレミアムオートファイバー下瞼脱脂法クマコンプリート法
費用440,000円
253,000円(モニター価格)
330,000円
165,000円(モニター価格)
770,000円
385,000円(モニター価格)
カウンセリング0円0円0円
詳細
公式サイトはこちら
公式サイトはこちら
公式サイトはこちら

ガーデンクリニックのクマ取り症例

施術名:ニュープレミアムオートファイバー注入法
料金:440,000円

引用:ガーデンクリニック 公式HP

ガーデンクリニックの基本情報
施設名ガーデンクリニック
店舗情報東京大阪福岡含む8院
営業時間10:00~19:00 
定休日不定休
予約方法WEB・電話
公式サイトはこちら

TAクリニック

TAクリニックの3つのおすすめポイント

  • ダウンタイムが短く負担が少ない
  • 希望や要望に沿った施術
  • プライバシーの保護の徹底

TAクリニックが選ばれる理由

TAクリニックはインスタグラマーや芸能人も通っている人気のクリニックです。

丁寧なカウンセリングを重視していて、十分な予約時間が確保されています。
また、プライバシーへの配慮も徹底されているので、心配無用です。

TAクリニックには鼻整形や豊胸など、各分野での実績・経験が豊富な医師が在籍しています。
公式HPに医師の得意分野が記載されているため、自分に合う医師を探してみましょう。

TAクリニックのクマ取り施術メニュー

施術名下眼瞼脱脂術裏ハムラ法下眼瞼切開術ハムラ法
費用198,000円
79,100円(モニター価格)
660,000円328,900円770,000円
カウンセリング0円0円0円0円
詳細
公式サイトはこちら
公式サイトはこちら
公式サイトはこちら
公式サイトはこちら

TAクリニックのクマ取り症例

施術名:下眼瞼脱脂術
料金:198,000円

引用:TAクリニック 公式HP

TAクリニックの基本情報
施設名TAクリニック
店舗情報東京大阪福岡含む9院
営業時間10:00~19:00
定休日不定休
予約方法WEB・電話
公式サイトはこちら

S.T styleクリニック

S.T styleクリニックの3つのおすすめポイント

  • 女性院長ならではの美を追及された施術
  • プロフェッショナルが行う質の高い施術
  • 徹底的な衛生管理で感染症のリスク軽減

S.T styleクリニックが選ばれる理由

S.T styleクリニックでは女性院長だからこその観点で、理想を叶えられるようにサポートしています。

美のプロフェッショナルである医師によって行われる安全で高品質の施術が受けられます。
また、手術に伴う合併症である感染症のリスクを徹底的に減らせるように環境が整えられています。

S.T styleクリニックのクマ取り施術メニュー

S.T styleクリニックのクマ取り症例

施術名:目の下脂肪注入(CRF)
料金:385,000円

引用:S.T styleクリニック 公式HP

S.T styleクリニックの基本情報
施設名S.T styleクリニック
店舗情報麹町駅 徒歩3分
営業時間10:00~19:00
定休日火曜日
予約方法WEB・電話・LINE
公式サイトはこちら

品川美容外科

品川美容外科の3つのおすすめポイント

  • BMS会員制度や誕生日割引などのキャンペーンが豊富
  • 継続しやすい料金設定
  • 1300万件越えの症例数

品川美容外科が選ばれる理由

品川美容外科は創業34年の実績がある、大手の美容外科クリニックです。

BMS会員制度や誕生日の割引などのキャンペーンが多く、お得に美容医療を受けられます。

さまざまな科目の専門医や認定医が在籍していて、症例数は1,300万件です。
独自の治療を研究開発し、施術の痛みや腫れを抑える工夫が行われています。

品川美容外科のクマ取り施術メニュー

施術名目の下のふくらみ取り
料金(税込)108,900円
カウンセリング0円
詳細
公式サイトはこちら

品川美容外科のクマ取り症例

施術名:目の下のふくらみ取り
料金:108,900円

引用:品川美容外科 公式HP

品川美容外科の基本情報
施設名品川美容外科
店舗情報全国28院
営業時間10:00〜20:00
※店舗ごとに異なります
定休日不定休
予約方法WEB・電話
公式サイトはこちら

SBC湘南美容外科

SBC湘南美容外科の3つのおすすめポイント

  • 全国・海外127院に展開する最大手としての信頼と実績
  • 90%越えのリピート率
  • 充実した安心保証制度

SBC湘南美容外科が選ばれる理由

SBC湘南美容外科は、全国・海外に127院を展開する大手美容クリニックです。

2021年の1年間の来院者数が308万人を超えていて、90%がリピートしています。
「美容医療をもっと身近に」を合言葉に、オープンな環境で治療を受けることができます。

施術ごとに充実した安心補償制度があり、無料で再施術を行うことが可能です。

SBC湘南美容外科のクマ取り施術メニュー

SBC湘南美容外科のクマ取り症例

施術名:目の下の切らないクマ・たるみ(ふくらみ)取り
料金:113,000円

引用:SBC湘南美容外科 公式HP

SBC湘南美容外科の基本情報
施設名SBC湘南美容外科
店舗情報日本・海外144院(都内52院、関西20院)
営業時間10:00〜19:00
※店舗ごとに異なります
定休日なし
予約方法WEB・電話
公式サイトはこちら

もとび美容外科クリニック

もとび美容外科クリニックの3つのおすすめポイント

  • 徹底的なカウンセリングで理想を叶える施術
  • 痛みや腫れを最小限にした施術
  • 質の高い新しい施術を取り入れている

もとび美容外科クリニックが選ばれる理由

もとび美容外科クリニックでは、理想に合わせた施術が行えるように丁寧なカウンセリングを受けられます。

また、最新式の施術を提供しており、質の高い効果的な施術が受けられます。
ダウンタイムが少しでも少なく済むように負担を最小限にした施術が特徴です。

もとび美容外科クリニックのクマ取り施術メニュー

施術名目の下脂肪取り目の下脂肪取り+目の下脂肪注入目の下脂肪取り+目の下脂肪注入(コンデンス)裏ハムラ法ハムラ法
費用184,800円
162,800円(モニター価格)
382,800円428,000円
348,000円(モニター価格)
428,000円
348,000円(モニター価格)
498,000円
418,000円(モニター価格)
カウンセリング0円0円0円0円0円
詳細
公式サイトはこちら
公式サイトはこちら
公式サイトはこちら
公式サイトはこちら
公式サイトはこちら

もとび美容外科クリニックのクマ取り症例

施術名:目の下の脂肪取り、コンデンス脂肪注入
料金:348,000〜428,000円

引用:もとび美容外科クリニック 公式HP

もとび美容外科クリニックの基本情報
施設名もとび美容外科クリニック
店舗情報新宿駅 徒歩5分
営業時間10:00~19:00
定休日不定休
予約方法WEB・電話
公式サイトはこちら

大阪・福岡でクマ取りができるクリニックをお探しの方は、以下の記事でそれぞれ紹介していますので、是非ご覧ください。

関連記事

顔が疲れて見えたり、老けて見えたりする原因であるクマ。そんなクマにも種類があり、クマができてしまう原因は人それぞれです。マッサージをしたり、クマ取りグッズを使ってもなかなか改善されず、悩んでいる方も少なくはないはずです。[…]

関連記事

クマによって顔が疲れて見えたり、老けて見えたりしてしまい、悩まされている方は少なくありません。なかなか改善されなかったり、メイクをしても隠れなかったり、そんな悩みを抱えていらっしゃる方におすすめなのがクマ取りの施術です。そこ[…]

クマ取り手術後のダウンタイムと仕事の両立戦略

クマ取り手術後のダウンタイムは、仕事との両立が課題となることがあります。
しかし、適切な対策を講じれば、ダウンタイム中でも日常生活や仕事に支障をきたすことなく過ごすことが可能です。

仕事への復帰時期と注意点

クマ取り手術後、平均的に3日間は安静に過ごすことが推奨されます。

ただし、個々の体調や回復状況により、早く仕事に復帰できる場合もありますし、逆にもう少し時間を休む場合もあります。
復帰時には、まずは軽い業務から始め、無理をせず体調を第一に考えることが大切です。

メイクやカバーパッチで隠す方法

ダウンタイム中でも、メイクやカバーパッチを使用すれば、クマや腫れを上手く隠せます。

特に、カバーパッチは肌に負担をかけにくく、見た目も自然なため、仕事中でも気軽に使用できます。
ただし、メイクは肌への負担を考慮し、必要最低限に留めることが推奨されます。

オンライン会議時の対策策

オンライン会議が増える現代では、クマ取り手術後のダウンタイム中でも、カメラオフにする、背景をぼかすなどの対策を取ることで、他の参加者に手術の事実を気づかれることなく会議に参加することが可能です。

また、必要であれば、自分の顔を映さないようにするなど、自分自身が心地よく感じる方法を選ぶことも重要です。

クマ取りと脂肪注入のダウンタイム比較

美容手術の選択をする際、多くの人が気になるのが「ダウンタイム」、つまり手術後の回復期間です。

特に、顔に関する手術は外見に直接影響するため、ダウンタイムの長さやその間の生活の制限は大きな選択の要因となります。

ここでは、クマ取り手術と脂肪注入手術のダウンタイムを比較し、それぞれの特徴やメリット・デメリットについて詳しく解説します。

クマ取り手術と脂肪注入手術のダウンタイムの違い

クマ取り手術のダウンタイムは手術の方法や個人の体質によって異なります。
数日から1週間程度が一般的な期間とされています。

一方、脂肪注入手術は、約2週間とされています。
これは、脂肪を採取する部位と注入する部位の両方にダウンタイムが発生するためです。

施術内容とダウンタイムの関係

手術の内容や方法によって、ダウンタイムの長さは大きく変わります。
例えば、クマ取り手術の中でも、レーザーを使用する方法や切開を伴う方法など、様々な手法があります。

レーザーダウンタイムが短いとされています。
ただし、効果の持続性や取り除けるクマの範囲に制限があります。
切開ダウンタイムが長くなる可能性があります。
しかし、患部に対し直接アプローチするため、根本的な改善につながりやすいです。
脂肪注入手術採取する脂肪の量や注入する部位、使用する技術によってダウンタイムが変わることがあります。
ヒアルロン酸注入ダウンタイムがほとんどなく、治療後すぐに日常生活に戻ることが可能です。
しかし、ヒアルロン酸注入の効果は一時的で、定期的に注入を繰り返す必要があります。

それぞれの手術のメリットとデメリット

クマ取り手術のメリットは、目の下のクマを取り除ける点です。
また、手術方法によっては、ダウンタイムが短いという利点もあります。
しかし、手術にはリスクも伴いますので、十分な情報収集と医師との相談が必要です。

脂肪注入手術のメリットは、自身の脂肪を使用するため、アレルギーのリスクが低いという点や、自然な仕上がりが得られる点です。
しかし、ダウンタイムが長めであることや、脂肪の採取部位にもダウンタイムが発生することを考慮する必要があります。

クマを自力で改善することはできる?

フォトフェイシャルを受けるメリット

以下では、クマを自力で改善する方法を紹介します。
ただし、根本的な解決には限界があることも覚えておいてください。

血行を良くする

血行が悪くなると、目の下の毛細血管に血液が溜まりやすくなり、青黒く見えるようになります。
血行を良くするには、以下のことを心がけましょう。

  • 睡眠不足やストレスを避ける
  • 食事はバランスよく摂る
  • 適度な運動をする
  • 目の周りをマッサージする
  • 目の下に冷やしたスプーンやアイスノンを当てる

これらの方法は、血行を促進し、目の下の血管の圧力を和らげる効果があります。
血行を良くすることで、クマの色が薄くなったり、目の下のむくみが解消されたりする可能性があります。

メラニンの生成を抑える

メラニン色素は、紫外線や炎症などによって刺激されて生成されます。
メラニン色素が目の下の皮膚に沈着すると、茶色く見えるようになります。

メラニンの生成を抑えるには、以下のことを心がけましょう。

  • 日焼け止めを塗る
  • サングラスや帽子をかぶる
  • 目の周りにビタミンCやハイドロキノンなどの美白成分を含む化粧品を塗る

これらの方法は、メラニンの生成を抑制し、既に沈着したメラニンを分解する効果があります。
メラニンの生成を抑えることで、クマの色が明るくなったり、目の下のシミが薄くなったりする可能性があります。

目の下の脂肪を減らす

目の下の脂肪は、加齢や遺伝などによってたるみやすくなります。
目の下の脂肪がたるむと、目の下に影ができて、黒く見えるようになります。

目の下の脂肪を減らすには、以下のことを心がけましょう。

  • 塩分や油分の多い食事を控える
  • アルコールやタバコをやめる
  • 顔全体の筋肉を鍛える
  • 目の周りの皮膚を引き締める化粧品を塗る

これらの方法は、目の下の脂肪の代謝を促進し、目の下の皮膚の弾力を高める効果があります。
目の下の脂肪を減らすことで、クマの影が薄くなったり、目の下のたるみが改善されたりする可能性があります。

根本的な解決には限界がある

クマを自力で改善する方法は、いくつかありますが、根本的な解決には限界があることを知っておきましょう。

クマの原因は、個人差があり、一概には言えませんが、加齢や遺伝などの要素も大きく関係しています。
クマを自力で改善する方法は、クマの症状を緩和することはできても、クマの原因を取り除くことはできません。

クマの原因を取り除くには、医療機関での治療が必要です。
クマの治療法には、レーザー治療やヒアルロン酸注射などがありますが、費用やリスクも考える必要があります。

クマの治し方により興味のある方は、こちらの記事も合わせてお読みください。

関連記事

「クマ」は多くの人々が気にする肌の悩みの一つです。日常的なストレスや睡眠不足、遺伝などさまざまな要因がクマの形成に関与します。では、クマにはどのような種類があるのでしょうか?また、種類によって治し方は違うのでしょうか?本[…]

クマ取りのダウンタイムまとめ

ここまで、クマ取りのダウンタイムについてご紹介しました。
要点を以下にまとめます。

  • クマ取りのダウンタイムとは、手術後に一時的に生じる腫れや内出血などの症状や、その回復期間のこと
  • クマ取りのダウンタイムは、「脱脂手術の場合、一般的なダウンタイムは1週間程度」「目の下のたるみ取り(下眼瞼切開 + 経皮的脱脂)の場合は、一般的なダウンタイムは2週間程度」
  • クマ取りのダウンタイムの過ごし方は、「冷えピタを使用」「眼を冷やす」「適切な休息とリラクゼーション」

これらの情報が少しでも皆さまのお役に立てば幸いです。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

※この記事はアフィリエイト広告を含んでおります

監修者 メディカル・ケア・サービス

  • 認知症高齢者対応のグループホーム運営
  • 自立支援ケア
  • 学研グループと融合したメディア
  • 出版事業
  • 社名: メディカル・ケア・サービス株式会社
  • 設立: 1999年11月24日
  • 代表取締役社長: 山本 教雄
  • 本社: 〒330-6029埼玉県さいたま市中央区新都心11-2ランド·アクシス·タワー29F
  • グループホーム展開
  • 介護付有料老人ホーム展開
  • 小規模多機能型居宅介護
  • その他介護事業所運営
  • 食事管理
  • 栄養提供
  • 福祉用具販売
  • 障がい者雇用

スポンサーリンク